2021年06月24日

第2712夜:昼メシは「ずらす」と面白い【神戸(兵庫)】(その4)

●2月某日 11時10分 三宮駅<やよい軒>

 ラーメン、カツ丼系が続きすぎてツラくなり、急遽三ノ宮駅高架下<やよい軒>へ。

 私が利用する2大定食チェーンが<宮本むなし>とコチラ。やよいの方が幾分高級感があり、むなしは庶民的なパワフルさが好ましい。漬物、ライスはどちらも食べ放題。

 この店では塩鯖定食をよく頼むが、今回はさらにバラエティを広げ「やよい御膳」。牛肉と白滝の煮物、揚げたてサクサクの天ぷら、鯖塩焼にひじきや山芋おくらなどシブい脇役。

 むなしもだが、ボタンを押すとドボドボとZOOチック、アニマルチックに茶碗をライスが注がれるマシン導入。コロナ対策、ジャーをバタンと閉める輩対策として首肯だが、風情はありませんな。お味はしみじみと旨かったです。

210624【定食】210207神戸地下鉄ランチ@やよい軒.jpg

●2月某日 15時 三宮駅<吉兵衛(旭通)>

 年に数本ある100ページ以上のカキモノの1本を仕上げ、意気揚々と我がソウルフード<吉兵衛>へ。高校生のころは5席ほどしかなく1,2時間待ちが当たり前だったが、今や数店舗あり待たなくて良い分ほんのわずかの物足りなさも。

 旭通店にて15時頃にガツンと「肩ロースかつ丼だぶる」をワシワシ。時折無料の食べ放題沢庵でリフレッシュ。ペロリ完食。

 吉兵衛かつ丼だぶるが楽勝で平らげられる日は気力体力が充実している証。いつか「とりぷる」に挑戦したいが、我がポテンシャルは年々反比例。

210624【かつ丼】210208神戸地下鉄ランチ@吉兵衛.jpg

●2月某日 11時15分 三宮駅<まきの>

 三宮センタープラザ地下でいつも行列の人気天麩羅店。難波にもある。しかし11時過ぎと「ずらし」ながら、しかも独りゆえカウンターに待たずに着席可能。初ダイブの着地が決まる。

 屋号を関した「まきの定食」に。揚げたての海老、烏賊、鱚、白身(ほっけ?)、舞茸、那須、南瓜が1品づつ揚げたてで。玉子天も追加。

 天つゆとアヅマオリジナル(一味唐辛子+塩)という2大薬味を駆使し、揚げたて満喫。卓上のゆず大根と烏賊塩辛、そしてライスも食べ放題。塩辛とライスは無敵の相性。無限ループに。

 一品づつ追加したりビールを飲んでいる御仁も。羨ましいが酒は緊急事態宣言明けの楽しみに。行列のできる人気店のランチ時間に酒を呑んで長っ尻するのは野暮の極みである。

210624【定食】210212神戸地下鉄ランチ@まきの.jpg

●2月某日 17時15分 三宮駅<三宮そば>

 ランチというより最早夜めし。阪神三宮駅改札真横にいつの間にかオープン。阪神尼崎駅開催内の立ち蕎麦に酷似。こちらは改札に入らずとも啜れるのでポイント高し。

 フラフラと初ダイブ。1番人気のスタミナそば(天ぷら+卵)。関東や北九州で立ち蕎麦(うどん)を啜ってきたが、関西では少なくともコロナ以降啜った記憶なし。

 久々の関西風出汁。DNAが喜んでいる。天ぷらも関東風のしっかりした具沢山かき揚げではなく、関西風のカップ麺に入っているようなタイプ。このショボさがたまらなく旨い。〔次夜その5〕

210624【立ち蕎麦】210213神戸地下鉄ランチ@三宮そば.jpg
posted by machi at 08:42| Comment(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月23日

第2711夜:昼メシは「ずらす」と面白い【神戸(兵庫)】(その3)

●2月某日 11時45分 旧居留地・大丸前駅<天下一品>

 地下鉄沿線駅から徒歩圏内の天一は私が知る限り元町駅前店のみ。当然のごとく「こってり」。麺とスープを大盛に。ニンニク味噌も追加召還。

 久々の天一。スープと麵とのカラミが最早ロマンポルノ級の淫靡なエロさ。夢中で啜りこむ。スープ大盛はラストの数口がかなりヘビー。大盛にして残したらバカなので当然飲み干したが。

210623【ラーメン】210201神戸地下鉄ランチ@天下一品.jpg

●2月某日 14時 大倉山駅<こふじ>

 言わずとしれた大盛の店に数年ぶりダイブ。店内は学生カップルなど。メニューがさらに増加。

 カツカレーと出し巻き玉子召還。卓上のゆで卵が1ヶ無料。福神漬、沢庵、昆布佃煮食べ放題。

 ご飯もすごいが、ルーがさらに多い。ライスよりルーが多いカレーは世界遺産級の歓び。カレーは飲み物という至言を実践。

 ルーの掛かっていない部分のご飯で醤油を垂らした出し巻き玉子を頬張る至福。この量が胃袋に消えるという人体の摩訶不思議。

210623【カレー】210203神戸地下鉄ランチ@こふじ.jpg

●2月某日 13時20分 三宮駅<街かど屋>

 あじさい通りを抜けたところに屹立する定食屋。ライス食べ放題らしい。宮本むなし、やよい軒が2強と思いきや、こんな素晴らしい店があったとは。初ダイブを試みる。

 ソースカツ丼とミニうどんセットを召還。丼は日替わりで異なる模様。漬物食べ放題。ソースかつ丼は会津若松など本場でかなり食しているが、負けていない実力。このセットで590円は無双。他にも旨そうなメニューがびっしり。毎日でも通ってしまいそう。

210623【かつ丼】210204神戸地下鉄ランチ@街かど屋.jpg

●2月某日 13時30分 三宮駅<マッチョ>

 10人も入れば満席な神戸で貴重な二郎系インスパイア店。私は「塩」が好み。ラーメン(並)に野菜増し、ニンニクと魚粉を増し増し。生卵も追加。豚(肉)もダブルに。

 魚粉を親の仇のごとく振りかけている様子が見えた。もはや魚粉ラーメン。これがモヤシによく絡む。後半は生卵でつけ麺して味のグラデーション。

 服が汁ハネでいくら汚れても良いように黒のYニクロのフリース装着。毎日は無理だが月1日は確実に啜りたくなる二郎系の誘惑に抗えぬ。

210623【ラーメン】210205神戸地下鉄ランチ@マッチョ.jpg

●2月某日 三宮駅<ながた園>

 三宮センタープラザ地下の飲食ゾーンは私が高校生の頃から老朽化していた記憶が。2010年ごろまでは割と頻繁に利用していたが、先日久々に訪れて驚愕。凄まじくお店が充実して目移りするほど。テナントのリーシング担当者がよほど優秀なのだろう。

 <ながた園>もすっかりご無沙汰だったが無敵のサービス健在。キムチや沢庵などの漬物系や肉味噌などが10種以上、生卵、納豆、板海苔、ライス、味噌汁、そしてカレーまで食べ放題。これでほとんどの定食が1000円以下。ひれ伏するしかない。

 「ビフカツ定食」。トンカツの方が安くて旨くて好みだが、たまにはデミグラスたっぷりの「ビフカツ定食」で。ステーキよりもビフテキの響きの方が旨そうに思える。

 基本形がビフカツ、ライス、味噌汁、生野菜、おかず3種、デザートゼリー。これに加えて前述が食べ放題。

 ビフカツ定食は最高値だったが(1500円+税)感謝の気持ちを込めて敢えて注文。お会計時に100円割引券を数枚押しいただく。大満足の極致。〔次夜その4〕

210623【定食】210206神戸地下鉄ランチ@ながた園.jpg
posted by machi at 10:41| Comment(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月22日

第2710夜:昼メシは「ずらす」と面白い【神戸(兵庫)】(その2)

●1月某日 11時 板宿駅<もっこす>

 記念すべき1食目は我が最寄り駅から1駅隣へ。もっこすチェーンは我がソウルフードの一つ。「ラーメン(チャーシューメンに確変)」「餃子」「ライス」のお得なランチセット。麺は固め。

 無料の卓上沢庵をボリボリ食い散らかし、ニンニクを大量にぶち込み、啜りこむ。チャーシューを齧る。餃子でライス。無我夢中。トドメはスープに卓上ニラキムチ。汗タラタラ。

210622【ラーメン】210123神戸地下鉄ランチ@もっこす.jpg

●1月某日 10時45分 三宮駅<丼丼亭>

 春にはインフィオラータで彩られる三宮駅前のあじさい通り商店街。ここは昼めし可能店が集積しており極めて便利。

 どこかの外食チェーンのグループである<丼丼亭>が開いていたので初ダイブ。「満腹かつ丼」に「ミニかけそば」セット。この店は初めて。満腹になりました。

210622【かつ丼】210124神戸地下鉄ランチ@丼丼亭.jpg

●1月某日 13時15分 三宮駅<第一旭(三宮本店)>

 この日もあじさい通り付近へ。第一旭も我がセイシュン。ランチサービスのBラーメンに半チャーハンセット。ニンニクたっぷり投下。沢庵ボリボリ、焼飯ガツガツ。

 Cラーメンは苦しくなってきたことに老いを痛感。個人的には阪急高架下店がより我が好み。

210622【ラーメン】210125神戸地下鉄ランチ@第一旭.jpg

●1月某日 12時15分 三宮駅<希望軒(三宮東口店)>

 うっかり混雑ドンピシャ時間。ゆえに空いてそうな店を物色し密を避けて「店をずらす」。このラーメン店は何店舗があるが、三宮駅北口の高架下を東へすぐの店。ランチ時は麺大盛無料。豚骨ラーメンに半チャーハンセット。

 この店は海苔入れ放題に加え、ニラキムチもあり。そしてニンニクの塊を自分でつぶしてぶち込める裏技が可能。海苔以外は店員さんにお願いすればご提供頂ける。

 ニンニクを4ヶもつぶしてぶち込む。帰路、マスク内で循環して目が回りそうに。

210622【ラーメン】210126神戸地下鉄ランチ@希望軒.jpg

●1月某日 9時30分 ハーバーランド駅<宮本むなし>

 私は朝昼兼用で1食が大半。24時間営業チェーンなど除くと昼めしは11時が多い。しかしもっと早くに昼めしを済まさねばならぬ日もある。こんな日は朝定食が重宝する。

 朝定は10時までが大半だが、たまに11時ごろまで注文できる店も。私が朝定食で最も利用してきたのが<宮本むなし>の朝の和定食(明太子付)。ご飯お替りし放題。これまで自分で炊飯ジャーを開けしゃもじでよそっていた。知らぬ間に「おかわりロボ」が導入されていた。

 ひと口から大盛まで4つのボタン。押してみると、1秒ほどでドボドボっと補充。科学の進歩、人類の進化に唖然。バンパクバンザイ状態。

 ボタン押すだけゆえロナ対策の一環であろうし、ジャーを乱暴に閉める輩が多く注意書きもこれまで張り出されていた。納得の導入だがZOOチック、またはアニマル風味と申しますか、動画でお見せできるようなビジュアルではなく、あまり風情あるものではありませんな。〔次夜その3〕

210622【朝定食】210127神戸地下鉄ランチ@宮本むなし(神戸駅前).jpg
posted by machi at 07:21| Comment(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月21日

第2709夜:昼メシは「ずらす」と面白い【神戸(兵庫)】(その1)

 「旅は『ずらす』と面白い」。コロナ真っ盛りの秋ごろから、東京駅構内や新幹線車内で見かけるJRの新幹線利用促進ポスターのキャッチコピーである。モデルは斎藤道三ことⅯっクン。このポスターおよびコピーは私が近年見て感じた中でダントツである。

 「ずらす」は「避ける」と言い換えても良い。時間帯、移動手段、屋外、ビューポイントなどソーシャルディスタンスを避けるポイントをクールに紹介。なるほどと唸らされる。全体的にポジティブなのも良い。

 2017年から完全フリー稼業(自由業)になり、神戸市内の自宅マンションを事務所とした。事務所と言っても、設立して丸4年になるが(2021年2月現在)、事務所で打合せなどしたことがない(会計事務所の先生方との決算打合せは別)。

 2021年1月早々に緊急事態宣言が再発令され、神戸市を含む兵庫県も対象県に指定された。

 2020年4月の全国一律時は極端に引き籠り、特に4月などは3週間スーパーやコンビニすら行かなかった。2か月で10sも痩せたけど、渡ってはいけない川を渡りそうな気分でもあった。5月から引き籠りにも慣れ、少し楽しくなってきた。

 2度目の宣言中、外泊出張が激減した。春先よりも外出機会は多いとはいえ、引き籠りモードが発令した。私は全国各地をフラフラすることが生業だが、旅先でよく「神戸や関西の現状はどうなんだ?」と聞かれることが多かった。

 ところが私は神戸には週1日滞在するかどうか。仮に滞在しても自宅に居て外に出ない。三宮などの繁華街は用事が無い限り行かない。一人で呑みに行こうとも年々思わなくなった。

 そもそも神戸を含めた関西エリアでシゴトが全くない。友達もほぼ皆無。つまり、先ほどの質問に全く答えられない。

 前置きが長くなった。要するに、経済と外出自粛とのバランスを保ちつつ、会話でなく肌感で街の現況を感じ取るために、神戸滞在時はあまり引き籠らずに頻繁に街へ出ることにした。ただ、はっきり言ってかなり面倒くさい。

 面倒くささを上回る外出モチベーションを保つために、神戸市営地下鉄のゾーン定期(妙法寺〜新神戸)を購入した。いくらかプラスすると海岸線すべて乗り放題になる。モトを取るためにも利用せねばならない。1月23日から1か月(2月22日まで)。定期購入など数年ぶりだろうか。

 定点観測などつまらない。経済と自粛の両立……。ランチである。昼メシである。神戸にいる際は、毎日定期で地下鉄沿線で昼メシを喰ってみる。それも、毎回違う店で。プチ冒険と言える。

 私が居を構える妙法寺駅周辺に関し、徒歩圏内で昼メシできる店は私が知る限り空き店舗が増殖中の駅前ショッピングモール<リファーレ>内に数店舗。ラーメン屋など1軒もない(2021年4月に爆誕)。よって、自宅を出るだけでは気分転換にあまりならない。

 外出の気分転換になり、多少なりとも経済に貢献、独りぼっちなので定員さんに注文する以外は会話もしない。券売機ならほぼ完璧。長居しないためにも、昼メシ時に酒は飲まない。自由業者らしく込み合う時間(12時から13時)を避けることに。

 地下鉄ランチを始めて、朝から今日は何を食べに行こうかと考える楽しみが生まれた。特に思い浮かばない日は、とりあえず地下鉄に乗って、下車してブラブラしながら決めるなどのオトナな楽しみも覚えた。混みあう時間帯は「ずらす」と様々なモノやコトが見えてきた(気がする)。

 1か月ずっと神戸に居たわけではない。例年1〜2月など6泊7日の連続で月に2,3日も神戸にいない。令和3年は週の半分以上神戸にいた。

 自分自身に課したルールの中で、意外に困ったのが「毎回違う店」である。私は気に入れば同じ店ばかり通う。これはランチに限らず居酒屋、スナックなどほぼ全業種である。神戸だけでなく複数回訪れる街も同様。いかに自分自身が店を知らないかを思い知らされた。

 神戸のランチ、というとオシャレなイメージが漂うだろうが、私の神戸ランチは濃厚極まりない。オシャレ感皆無で閲覧注意レベル。心して次夜以降スクロールあれ。〔次夜その2〕

JRポスターB.jpg

JRポスター@.jpg

JRポスターA.jpg
posted by machi at 09:34| Comment(0) | 兵庫県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月18日

第2708夜:徒然コロナ草・冬【Aho-boiled】(後編)

 12月頃TVで再放送していた『鬼滅の刃』をこまめに録画していた。これを一気鑑賞。第8話から観たので最初さっぱり分からんかったが途中からドハマリ。大ヒットも納得。

 それにしても悪い鬼がいるものである。彼岸島の雅のようだ。全巻買ってしまいそうだが、文庫かコンビニ廉価版を待つことに。しばらくすれば、中古で全巻一気に1冊100円程度で購入できるだろう。

 2月中旬。何かのロゴが入ったボールペンがポストに。『創立4周年記念 株式会社商業タウンマネジメント』と印字されている。???。某社による販促グッズ割引のご提案だった。

 どうやって調べたのか分からぬが素晴らしい販促アプローチである。そのグッズによって2月13日が弊社設立丸4年だったことを思い出した。

 一応記念すべき5年目初日は、栃木県小山市で「起業家フォーラム」。当初はリアルだったが諸般の事情でオンライン(Zoom)に。拙職も神戸の自宅から参戦。Zoomの凄さを思い知った。

 東北で大きな地震もあった。コロナ以降出禁になった宮古へ安否確認。無事で安堵。さすが岩手県は県名が示す通り岩盤が強固。

 N〇Kで鹿沼のニラが特集されていた。激シブすぎる内容。鹿沼でほとんどニラを食べた記憶ないが、実に旨そうである。鹿沼と言えばニラ、園芸土、木工、苺、本格串カツ、そして焼売。緊急事態宣言再発令後は鹿沼出禁になったが、入市が認められたらニラを買いだめする所存。

 コロナ禍で改めて拙職弊社のようなシゴトの不要不急っぷりを実感させられた。これから創業を目指す御仁、創業まもない御仁には、5年間続けば外部要因(環境)や本人都合(体調や家庭の事情等)を除けば経営は安定するから頑張ってねと、ほぼ我が肌感覚経験値を根拠に臆面もなく伝えてきた。

 緊急事態宣言再発令中に5年目を迎えた。我が理論を実践すべく、引き続きコロナ禍もあって不要不急ぶりに拍車かかるが、この1年に集中して何とか5年生存できれば。

 再発令早々、コロナ感染者の数よりも自殺者の急増(特に女性や20歳以下の若者らしい)ニュース記事にドン引きした。30年ほど前にたまたま目にした、やなせたかし先生の詩を思い出す(うる覚えなので少しアレンジが混じってるかもしれませんが)。

『絶望のとなり』

絶望のとなりに、誰かがそっと腰かけた。
絶望は、となりの人に聞いた。
「あなたの名前は、何ですか?」
となりの人は、にっこりほほ笑んだ。
「わたしの名前は、希望です」

 皆さま、人生は日々ケセラセラ。難しく考えず、明日や明後日よりも今を楽しみましょう。今現在もどんな小さなショボいことでも楽しみを見つけたら、明日もきっと何か小さなシアワセが転がってますぜ。

 緊急事態宣言解除後も、アフターコロナ時代もご安全に。

210618商業TM4周年販促提案.jpg
posted by machi at 10:38| Comment(0) | あ〜ほボイルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする