2022年05月09日

第2924夜:パッション【会津若松(福島)】

 小山商工会議所青年部(YEG)。栃木県内屈指に活動活発な若手経済人組織である。

 オミクロンが世界を席巻する1月中旬。YEGを中心とした約10名のご一行が会津地方最大最強商店街・神明通り商店街を視察されることに。

 ちょうど同じ日、前夜に栃木県内(鹿沼)で雑魚寝して会津若松へ向かう私は、朝8時半過ぎにまちの駅新鹿沼宿までYEGご一行様バスに迎えに来て頂き、便乗して雪降る会津若松へ。インターで3回ほど休憩しながら3時間で到着。

 那須を超え福島県に入ったあたりから路面が白くなり、郡山インターからトンネルを抜けたあたりからはっきりと雪国になった。

 バスは市役所に停車。アイスバーンに注意しつつ総勢15名で神明通り<桐>さんへ。

 私はこれまでこの店でソースカツ丼、煮込みカツ丼(一般的な卵とじ)を食してきた。我が3大昼メシはラーメン、カツ丼、カツカレー。私はカツカレー定食に。小山チームはほとんどがソース系丼である。

 私のカツカレーが最初に降臨。なめこおろし、味噌汁、漬物を従えて。卓上のソースを垂らしスプーンで喰らいつく。分厚い揚げたて。ルーは家庭的な私好み。あっという間に完食。

 14時から<ハジャイ>で小山meets神明通り商店街に同席。神明通りD平理事長の講話もキレキレ。視察後の小山チームの質問もさすがの着眼点でアタシは首肯の連続。

 理事長が3階建てのビルを側近で購入した話も度肝抜かれる。ちなみに、小山チームの視察テーマ&キーワードは「パッション」であるらしい。確かにパッションが溢れている。

 16時、小山チームは東山温泉郷へ。私はこれからが本番。2年越しの「空き店舗ゼロプロジェクト」。コロナ禍の2021年度だけで7店舗が新規出店した成果報告会を終える。

 神明通り商店街理事長&専務理事のツートップたちと超人気店<TARO食堂>。私はお初。目くるめく絶品料理のつるべ打ち。今年一番度肝抜かれたかも。絶対に再訪を誓う。

 馬筋煮込、鰤照燻製、鱈白子天ぷら、奥会津牛のかいわれ巻、豚タン照焼、馬指貫炒め、漬物…。料理の説明を店員さんから耳にしたがうる覚え。

 馬、鰤、鱈、牛、豚、そして馬。山と海。天と地。攻と守。どれもプロの技である。会津と御縁を頂き5年ほど。とにかく1品あたりの量が多いことに今更ながら気づく。

 メガハイボールや地酒をヤっていると東山温泉に泊る小山チームの事務方ツートップが下向。小山の御両人とは小山駅で毎月呑む間がら。会津で酒席を共にするシュール感。

 2軒目は4人でスナックへ。ハイボールさらに鯨飲。豪雪を踏みしめながら部屋に戻ると深夜1時。コインランドリー利用可能時間(深夜1時)に間に合わず爆睡。

 翌朝も会津は大雪。電車が遅れそうなので予定より100分ほど早くホテルを出て会津若松駅へ。吹雪で眼が開けられない。

 8時18分ごろ出発の在来線はほぼ定刻通り郡山着。ところが東北新幹線は遅れている。乗り換え6分が20分に。よって改札内で天玉そば立啜。

 郡山駅新幹線改札内でも喜多方ラーメンを啜ることができるなら、もっと私のパッションも跳ね上がるのだけれど。

会津若松@.jpg
磐越道に入ると雪国に。

会津若松A.jpg
<桐>さんのカツカレー。

会津若松B.jpg
TARO@

会津若松C.jpg
TAROA

会津若松D.jpg
TAROB

会津若松E.jpg
TAROC

会津若松F.jpg
TAROD

会津若松G.jpg
TAROE

会津若松H.jpg
2軒目。

会津若松I.jpg
翌朝。郡山駅新幹線改札内にて。
posted by machi at 11:03| Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月08日

第2923夜:昭和47年生まれ【鹿沼(栃木)】

 第2次ベビーブーム。昭和47年を人口ピークとしたアラフィフ世代である。団塊の世代(戦後生まれ)についで人口規模が大きい。理由は単純。最も大きな団塊世代の娘や息子だからである。

 オミクロンが世界中を席巻する1月下旬。新飯塚(福岡県)のホテルを9時に経ち18時に鹿沼(栃木県着)。2021年度第2回創業塾会場であるWi−Fiが入らない市の情報センターへ。

 テーマは「開業資金と運転資金の違い」。3年連続登板をお願いしたU井講師は最新データから読み取れる危機をはじめ、壮絶に分かりやすく実践的で為になる抜群の内容をご披露。資金繰りに悩むすべての事業者に聴いて頂きたいほどである。

 終了後、栃木県はまん延防止未発令ゆえ、鹿沼商工会議所シウマイ課長と<パブリックハウス六本木>。カウンターには女性が2人。うち一人が「水越クン!」。

 今や栃木県内のみならず全国の商工会議所経営指導員の中で最もメディア露出の高い漢である。鹿沼での知名度も経済界に留まらない。

 いつも丁寧で部下にすら敬語を使っている感があるⅯ越氏の口調が、その女性には珍しくクダけている。逆に新鮮である。よほど親しいのだろうか。

 この女性は私も何度かお会いした常連さん。Ⅿ越氏と同年齢どころかガチの同級生という。

 同級生熟女がⅯ越氏の過去を暴く。氏は小中学生の頃から優しくて頼りがいがあり、後輩男子からは崇拝の対象。女子からはモテまくっていたそうである。ちなみに40年近く経った今でも、氏は優しくて頼りがいがあり、女性にモテモテである。

 お二人は私より2学年上の昭和47年生まれ。第二次ベビーブーム世代(団塊ジュニア)の中心である。年齢でいえばアラフィフ。仕事も家庭も脂が乗り切った世代と言える。

 私は全く同い年(昭和49年生まれ)とお会いすることが何故かあまりない。代わりに、当然かもしれぬが何故か昭和47年生まれが周囲に異常に多い気が。もう一人のカウンター女性も47年生まれ。そして、Ⅿ越氏も。

 アラフィフでも創業を目指す人は少なくない。開業資金だけでなく運転資金も必要だが、社会人生活を20年以上送っていても資金繰りには苦労するものである。

 ハイボールをグイグイやりつつ2代目六本木経営者A田氏の手の込んだ小鉢料理を堪能。揚げ餅が抜群のツマミ。麻婆豆腐も。煮物の旨さに目を細めるのは中年オヤジならではである。

 23時お開き。チャレンジキッチン<串カツJu-So>2階で爆睡。自宅より眠りが深い至福。

 キリリと寒いが爽やかな朝。1階のカウンターで勝手にT-falで湯を沸かしてインスタント珈琲。カウンターでPC。ホントに便利である。

 自宅のある神戸は最早アウェー。毎週のように通う北九州はフランチャイズ(ホーム)。我がセカンドハウスが屹立する鹿沼は準フランチャイズ。鹿沼ライフを満喫する、雑魚寝のダメージが翌朝の背中に残る昭和49年生まれである。

220508鹿沼@.jpg
六本木にて。

220508鹿沼A.jpg
旨し肴と。

220508鹿沼B.jpg
我が秘密基地。

220508鹿沼C.jpg
朝のひと時。
posted by machi at 09:43| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月07日

第2922夜:焼鳥屋の蕎麦、OK【飯塚(福岡)】(後編)

 卓上には一味しかなかったが、何もかけず出汁……。絶品の中華スープだった。そちらであったか。和風出汁でなく、中華スープ。焼鳥屋なのだから、鶏ガラはたっぷりなのだろう。

 これを550円で啜れるとは。瞬殺の山笠啜。1.5倍の値段でも余裕で売れるだろう。この蕎麦だけを啜りに来る客もいるそうだ。アタイのその蛮勇はないけれど。

 ラストオーダーを過ぎても快くアルコールの注文を受け付けて下さるが、さすがにかなりオーバーした時間にフルーツが運ばれてきた。いわゆる京都の「ぶぶ漬」的役割を担っているのだろう。口内をサッパリさせて2軒目へ向かう。

 幹事のN田氏が向かったのは、ビルの3階。この4年ほどで常連になったという<SNACK 横浜>。飯塚で横浜とは…。それ以上に見逃せないというか、凄まじい存在感で入口付近を飾っている横文字が視界に飛び込んでくる。

 ドアに貼られた「E.YAZAWA」ステッカー。蛍光管ネオンで「It′s Only YAZAWA」。ドアの横にはY沢氏の等身大パネルも。

 思わず怯む。生半可な気持ちでドアを開けられない。

 蛮勇を振り絞って店内へ。壁面はYAZAWA一色。トイレも。マスターはオールバックでいかにも永ちゃんっぽくてカッコいい。この店で永ちゃんを批判しようものなら、追い出されるどころで済まないかもしれない。お客さんも永ちゃん風だ。

 日本中を旅して感じることがある。人口10万人を超える街の歓楽街には永ちゃんフリークの店が1軒は必ずあるような気がする。

 私はそこまで熱狂的フリークではないけれど、ウォークマン(古いですね)には永ちゃんの曲が。CDもライブDVDも有している。真っ赤なロゴ入りタオルも。10年ほど前に神戸のライブに行った経験も。神戸の馴染の店のマスターが永ちゃんフリークゆえチケットを取って頂いた。

 カラオケタイムに。永ちゃん風のマイクスタンド登場。白である。

 我らの一曲目、二曲目は永ちゃん以外。永ちゃん以外を唄うことは禁止されていない。

 永ちゃんの顔マネが鉄板クオリティな久G先輩がキャロル時代の永ちゃんを唄う。明らかにマスターやお客さんがノリノリに。はっきりと店の雰囲気が変わった。

 我らは7人は最年少40代後半(私)から70代。永ちゃんが歌える世代といえる。

 永ちゃんの歌が入りだした。アタシもスタンドマイクで『Somebody’s Night』恥唱。我らの同行氏もマスターも他のお客さんも壮絶に永ちゃんの歌が上手い。シビれる。

 永ちゃんの流れが出来上がった後で、我らの同行氏の一人が他の客も巻き込んで浜省を熱唱する強心臓ぶりを見せつけたけれど。

220507飯塚E.jpg
ぶぶ漬的役割。

220507飯塚F.jpg
フリークでなければ怯む外観。

220507飯塚G.jpg
店内もE. YAZAWAが制圧。

220507飯塚H.jpg
鉄板のクオリティ。

220507飯塚I.jpg
スタンドマイクで永ちゃん以外を唄う強心臓。
posted by machi at 06:09| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月06日

第2921夜:焼鳥屋の蕎麦、OK【飯塚(福岡)】(前編)

 永ちゃん。言わずと知れたジャパニーズロックの帝王・矢沢E吉氏である。ご本人は御年70歳を超えられているが、現役バリバリなエネルギッシュで超絶にカッコいいオヤジでもある。

 まん延防止の適用をすり抜けた1月中旬の福岡・筑豊地方。飯塚市商連の旦那衆と創業数十年という老舗焼鳥<竹房>へ。皆さんすっかり通いなれているが、俺は初。

 我が飯塚第2期は履物のN田氏が懇親会幹事ゆえ初ダイブ店多し。当然のことながら、どこも最高級の満足度である。

 乾杯と同時に焼鳥がどんどん運ばれてくる。串に刺さった一辺は小さめだが、たくさん刺さっている。練り辛子で味わうのがこの店のスタイルという。

 噛みしめる‥‥‥。タレが上品で旨味が凝縮。老舗の名店しか醸し出せぬ風格。

 ハイボールから熱燗に切り替え。焼鳥と熱燗。俺は今、筑豊にいるんだという蓮っ葉な気持ちに。

 事前に注文していたようでどんどん串が運ばれてくる。メニューを見て目を剥いた。

 定番から創作風まで約30串ぐらい。手羽先を除きすべて70〜100円。手羽先でも150円。一品料理も350円〜550円。感動的なまでに昭和価格である。

 一品料理はにら玉が降臨。酒にももちろん合うが、白飯でワシワシとヤリたくなる。

 この店の蕎麦が、無双であるという。他にない革命という。ラーメンではなく蕎麦らしい。

 俺が毎週のように足を運ぶ福岡(北九州・飯塚)は豚骨ラーメンかうどん。蕎麦のイメージが全くない。

 老舗焼鳥屋の、蕎麦。中華そばではなく、和そばという。同行の飯塚市商連旦那衆は皆さんこの店の蕎麦を絶賛されている。

 ヒントが与えられた。「七味や一味ではなく胡椒が欲しくなる蕎麦」。

 胡椒と、蕎麦。そういえば、この取り合わせは経験したことは‥‥‥。あった。福島県の郡山駅構内で「唐揚げそば」を頼んだ際、胡椒をどうぞと渡された。唐揚げに少し振りかけた。濃い目の和風だしに胡椒が広がった。

 ここは焼鳥屋。焼鳥か唐揚をトッピングした蕎麦なのだろう。ゆえに胡椒が欲しくなるのか。俺は、先手が読めた。

 メニューを再度見る。2種類の蕎麦があった。「竹房そば」と「土鍋そば」。ともに550円である。ちなみに雑炊550円でおかゆが500円。おかゆ500円という値付けも相対的に見れば独特の世界観を醸し出している。

 屋号を冠した「竹房そば」降臨‥‥‥。豆腐が乗っている。豚肉もあった。おや、唐揚や焼鳥ではない。麺の色はしっかりと蕎麦色。出汁は透き通っている。〔次夜後編〕

220506飯塚@.jpg
老舗の実力。

220506飯塚A.jpg
酒が進む。

220506飯塚B.jpg
熱燗に切り替え。

220506飯塚C.jpg
毎月ありがとうございます。

220506飯塚D.jpg
降臨。
posted by machi at 09:53| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月05日

第2920夜:まん延防止をすり抜けて【北九州(福岡)】(後編)

 東筑軒は450円。北九州駅弁当は440円。10円安いが、東筑軒は天かす無料という飛び道具。夏ならエアコンの効いた涼しい屋内の東筑軒だが、寒い日は小倉駅ホームの吹きさらしが旨さを倍加させる。

 味は恐らく小倉駅の方が濃い。折尾駅は淡麗。似ているのだが、違う。しかし甲乙つけがたい旨さ。夢中で啜り込む。満足感に浸りながら東京へ向かう新幹線に乗りこんだ。

 それから2日後(金曜日)。再度北九州へ。福岡独自のコロナ警報が週明けから発令されることび。そしてまん延防止も適用に。ウィークデーとしてソトノミできる最終日に。

 プラザ祇園ミッション終了。月曜から北九州小倉(福岡)→飯塚(福岡)→鹿沼(栃木)→会津若松(福島)→北九州門司港(福岡)とコロナ禍の我が2021年度を象徴するような5日間が完遂。安堵がこみ上げる。

 事務局の商工会議所チームがソトノミ御法度発令のため懇親会なし。スゴスゴと小倉に戻り、女性バイトが6人も増えていた<ムーラン>でⅯ渡アニキのプレミアム焼酎を勝手にヤリながら1時間ほど飲み食い。カウンター越しの女性、大学生だったが某所に共通の知人が3人も。

 小倉第二の定宿(Cラウンパレス)に向かう途中<丸和前>でおでん(厚揚・卵・春菊)&ビール。シウマイのおでんも追加。〆はチャーシューメン。獣臭でマスクの中はカオス。

 定宿で眠りに着こうとしたら揺れだした。地震のようである。しかし、疲れがまさっている私にはゆりかごのごとき心地よさ。揺れが収まらないうちに寝てしまった。

 翌朝。いったん神戸に戻り、明後日再び北九州。今日と明日の晩酌用に、帰りに大賑わいな西日本の台所・旦過市場でツマミを仕入れる。明後日も旦過だけど。

 <宇佐美>でぬかみそ炊き(鯖・鰯・卵)。<今井商店>で鶏肝・高菜炒め。<中村商店>で生鮮野菜(葱・ニラ)。<小倉かまぼこ>で得々パック。昼飯は魚町銀天街の<餃子のたっちゃん>で餃子&ハムカツ定食。たっちゃんのランチ、私の中では小倉最強。

 旦過市場に隣接する某大型古書店に立ち寄ったら『Kン肉マン』文庫全18冊が1800円でさらに1割引。気づけばレジへ。小学生の頃ジャンプで読んだ以来。当時(1980年代)は我が生活圏(神戸新長田)にY野屋はなかった(小学生なので知らなかっただけかも)ので憧れた。

 小倉で全巻買ったはいいけど、神戸までテイクアウト。凄まじく重い。自宅にはまだ未読のマンガや本が数百冊あるのに。ちなみに購入から数カ月たっても、未読のまま。老眼進行著しく、小さな会話文字が読めないからである。

220505北九州@.jpg
小倉駅7・8番ホームの至宝。

220505北九州A.jpg
<丸和前>にて。

220505北九州B.jpg
おでんとビールから始めずにいられない。

220505北九州C.jpg
呑んだ後の〆に無双級。

220505北九州D.jpg
我が定宿。

220505北九州E.jpg
旦過市場@

220505北九州F.jpg
旦過市場A

220505北九州G.jpg
旦過市場B

220505北九州H.jpg
魚町銀天街で昼メシ。

220505北九州I.jpg
Kン肉マン全巻と長葱。

(付記)
2022年4月19日深夜2時ごろ、旦過エリアを猛火が蹂躙。約40店舗が焼失。その中に<丸和前ラーメン>と<小倉かまぼこ>が含まれている。一日も早い復旧と再建を心より祈念申し上げます。
posted by machi at 09:48| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする