2021年01月04日

第2598夜:拉麺三国志〜お店イチオシ編〜【宇都宮(栃木)】(後編)

 毎週のように九州(ほとんど北九州市ですが)に足を運んでいるので九州以外で豚骨を啜ろうと普段1gも思わぬが、3店舗しかないので攻めきらねばならぬ。

 ノーマルな「白」が600円。マー油と思しき「黒」と辛味噌と思しき「赤」が700円。イチオシは「赤」の全部乗せ(980円)らしい。380円も違う。

 写真で判断すると、煮卵の有無とチャーシューの枚数か。普段ならノーマルだが、郷に入らば何とやら。贅沢にも「赤の全部乗せ」のボタンを押す。替玉1ヶ無料表示が力強い。

 店内はサラリーマン風2名。夢中で啜っている。程なくして着丼。……。写真ではチャーシューはかなり分厚くて大きい。現物はかなり薄くて小さい。顎が疲れないようにという配慮だろう。

 胡椒パラリし、まずはスープ。……。お風呂なみの温さ。火傷しないようにという配慮だろう。

 麺を啜る。……。硬さは「普通」だがかなりふやけている。たっぷり食べてという配慮だろう。

 麺を啜り、無料替玉は硬めで。辛子高菜と紅生姜をぶち込み、40秒ほどで完食。スープは何故か飲み干さなかった。気分は20点差つけられた9回に登板させられた敗戦投手である。

 緊急事態宣言を挟み、約7か月以上ぶりにらーめん横丁へ。これまで横浜家系(白)、博多豚骨系(黄)と啜ってきた。3部作最終章は、赤。<春樹>である。

 店頭メニューと対峙。つけ麺、濃厚豚骨、醤油、味噌と豊富。逆に迷う。しかしメニュー写真や字体の大きさ、そして‘特製一押’とのスラッシュ。「えび豚骨塩らーめん(750円)」である。

 豚骨と塩は相性が良い。新千歳空港でえびと味噌のコラボも啜りこんだことがある。えび+豚骨+塩は想像つかぬ。しかし圧倒的センターかつイチオシを初めての店でスルーできぬ。

 時間は14時半。朝から何も腹に入れておらず空腹の極み。しかし初めての店なので大盛にせず、トッピングも追加せずノーマルで。しかしプラス50円でライスを追加する。

 レモン水を飲みながらぼんやり店内メニューを眺めていると、ブツ降臨。その瞬間、海老が香った。思わず目を剥いた。鼻の穴が蠢いた。

 胡椒を少しだけパラリし、まずはスープ。……。うぉッ。海老と豚骨と塩がこってりと一体化している。しかしサッパリ感もある。

 あるようでない取り合わせ、味わいである。麺とのカラミも良い。チャーシューも1枚かと思いきや底にもう1枚沈んでいるというサプライズ。気づけばあっという間に熊啜り。

 宇都宮らーめん横丁3部作「お店イチオシ対決」終了。今後も宇都宮を、JR近くを拠点とする。ゆえにこの横丁への訪問頻度は減ることな
し。3店とも11時から23時までで昼休憩なし。

 各店でいろいろ試したいメニューがある。新3部作のテーマは「●ながらの●●そば対決」である。 

210104宇都宮長風.JPG
「黄」のイチオシ。

210104宇都宮春樹.JPG
「赤」のイチオシ。

210104宇都宮らーめん横丁.JPG
三国のイチオシ(たぶん)。
posted by machi at 08:57| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月03日

第2597夜:拉麺三国志〜お店イチオシ編〜【宇都宮(栃木)】(前編)

 「宇都宮らーめん横丁」。北関東最大の都市・JR宇都宮駅前商業ビル地下に咲くプチフードテーマパークである。3店舗のラーメン店で構成している三すくみならぬ三国志状態である。

 宇都宮における私の定宿は三国の真隣にある<T横イン>。連泊の際はこのビルの地下で昼食を取ることが多かったが、他にも探訪するようになり足が少し遠のいていた。

 バカウィルスが世界中で蔓延し、様々なイベントや催しや自粛・中止され始めた令和2年2月下旬。宇都宮の定宿でPC猿打していると、我がミッションにもついにいくつかの中止連絡が。

 私は毎晩のように様々な方々とお会いするものの「不特定多数の人が集まる」ことは年間数える程度ゆえあまり影響なかったが、ついに実害発生。私のようなフリー稼業の正念場である。

 陰鬱とした気分を蹴散らすべく、遅めの昼食に駅前商業ビルの地下へ。このビルは巨大書店、巨大100均、巨大家電などが充実しており極めて便利である。

 地下へ降りて、いつもと様相が異なることに気づいた。10店舗近いお店の中で、ある一角だけが「赤」「黄」「白」で同一イメージを構成。「宇都宮らーめん横丁」とあった。

 気づかなかったが、リニューアルしたようだ。ひらがな(らーめん)表記に本家(札幌)との差別化というか、遠慮が感じられてイジらしい。

 「白」の店である<希家>へ。「家」で分かる御仁はかなりのラーメン者。横浜家系である。

 券売機の前に佇む。ベーシックが730円。一番人気らしい(店が一番売りたいのだろう)スペシャルが930円。200円の違いはチャーシュー1枚追加、煮卵追加、海苔2枚追加といったあたり。ちなみにライス食べ放題という。

 気分を上げるため「スペシャル」選択。好みはすべて「普通(脂の量・麺の硬さ・味の濃さ)」。

 ぼんやり待っていると、ブツ降臨。ニンニクたっぷりぶち込みたいが、ミッションを控える身。

 胡椒をパラリし、まずはスープ。醤油強めな私好みの家系。麺とスープの絡み良し。海苔をスープに浸し、ライスをクルンと巻いて頬張る。すかさずスープで追いかける。家系の醍醐味である。

 チャーシューでライスを食べ、麺を啜り、スープを飲む。半熟卵をライスにオンして崩し、スープをぶっかける。さらに胡椒を追加して特製ねこまんま。これが旨し。

 ライスお替りするほど胃に余裕がなかった。この店は横浜家系以外にも「二郎系」まである。力強すぎる。二郎系に挑む前に、他の2店舗を制覇してまずは横丁を平定せねばならない。

 その翌日。昨日と判を押したように似たような1日。朝から夕方までホテル引き籠り珈琲&煙草PCし、18時に外出。昨日との違いは、昨昼は横浜家系ラーメンで今昼は博多豚骨ラーメン。「黄」の博多豚骨である。〔次夜後編〕

210103宇都宮らーめん横丁@.JPG
JR宇都宮駅前商業ビル地下。

210103宇都宮らーめん横丁A.JPG
三國志。

210103宇都宮希家.JPG
「白」の国の横浜家系。
posted by machi at 09:57| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月02日

第2596夜:紙エプロンの惨劇【名古屋(愛知)】

 八丁味噌。言わずと知れた名古屋味噌で、赤だしとも違う独特の風味。味噌カツなどでは甘味が加えられ、名古屋人以外には賛否両論分かれるところだが、名古屋グルメの一つ「味噌煮込うどん」は、甘味がないので意外と攻略しやすい味である。ところが…。

 味噌煮込うどんで著名なのは、大正14年に名古屋・大須地区で創業した<Y本屋総本家>。多数ある支店の中、JR名古屋駅高島屋のレストラン街で、定番らしい玉子入りに挑戦した。

 鍋焼きなので時間がかかると読み、ビールを最初でなく料理と一緒に持ってきてもらう。ちなみに、ひとりビールは生より瓶が好ましい。手持無沙汰がほんの少しでも解消できるからだ。

 幾分ずらしぎみのフタが載せられた鍋焼きがきた。グツグツ煮えたぎっている。忘れてはならないのが、紙エプロン。恰好を気にして付けないでいると、シロウトは大惨事になる。

 まずは汁を一啜り。思ったよりさらりとしているが、深い。八丁味噌と白味噌をブレンドしていると雑誌で知った。冷えたサッポロ瓶ビールをグビリ。旨い。味噌煮込みうどんは、味が濃いうえに熱々で喉が渇くため、酒よりビールがよろしい。

 かまぼこ、ネギ、刻み揚げなどを肴にビールを呑む。玉子の固まった白身部分もいいアクセント。汁も十分にビールの肴になる。鍋フタが取り皿の役割を果たしている。なるほど。

 うどんをフタに入れ、フウフウして口に運んだ。熱すぎてとても一気に啜れない。口の中で噛むように食べる。

 ……!?なんだ、この硬さは?

 本当に煮えているのか。‘小麦粉と水だけで打つ独特のコシ’(某ムック本より引用)だそうだが、あまりにも独特すぎる。麺は固めを私は好むが、これは……。その代わり、麺が伸びるという心配が全くない。

 鍋焼将軍として、私はうどんにしばらく放置プレイを施した。具をつまみにビールを呑み、その間に柔らかくする作戦である。

 ビールも無くなり、麺に没頭する。多少食べやすくなった。この妥協のない硬さ(コシ?)が、この料理一番の個性かもしれない。他の店も同様なのだろうか…。

 後半のハイライトは、玉子を食べるタイミングである。鍋の中でつぶしてしまうと拡散してもったいない。

 鍋蓋にうどんを入れ、玉子を乗せ、汁を少し入れた。白身をつぶして黄身をトロ〜リ、と期待したが、大失敗。うどんと共に玉子も放置していたので、半熟が固ゆでになってしまった。

 玉子は前半で勝負すべきだったようだ。この料理、あまりにも奥が深すぎる。

 周囲のスーツを着た出張族のサラリーマン諸氏も、紙エプロンにたっぷり飛沫を付けている。私も現代アート画のごとく白いキャンパスに味噌飛しぶきが飛び散っている。ところが、地元名古屋人と思われるオヤジ氏は、紙エプロンを使わず悠然と啜っている。見事な技術である。

210102名古屋味噌煮込みうどん.JPG
ガラケーで撮ったと思しき画像が残存。

(付記)

新年あけましておめでとうございます。年越しそばは完全に定着しているが、某食品メーカーの戦略だろうが依然浸透しているとは言い難い「年明けうどん」。しかし私は激しく賛同。

ほんの少しでも片棒を担ぐべくうどんネタを死蔵ストックから探していたら、ありました。2010年4月頃のネタ。画像も奇跡的に残存。ほとんど覚えていないが、この頃はヒマを持て余していたので今より遥かにネチっこく書いている。

2020年は500年後の世界史の教科書でも太字で紹介される1年。私自身、いろいろ気づかされることの多かった1年でした。あくまでも私個人ですが、コロナ禍も決して悪いことばかりではなかった。どんなマイナス局面もプラスに転じさせるよう2021年も精進してまいります。

このバカブログをご笑覧の紳士淑女にとってもステキな1年になりますように。本年も御贔屓に!
posted by machi at 06:44| Comment(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月30日

第2595夜:麺街道をゆく・令和元年【博多(福岡)】

 令和元年一発目の麺街道。平成の終わりに街道を全店制覇した(はず)。しかし令和になり、店舗が入れ替わって新たな宿場町(麺屋)が生まれているようである。

 ある朝の博多駅。前夜に北九州折尾で試した「焼ちゃんぽん」が思いのほか旨く、「博多麺街道」で焼ちゃんぽんの店を探す。しかし、「博多ちゃんぽん」は長崎のように‘汁チャン’。

 方針を切り替え、まだ未踏の店へ向かう。4月下旬に新オープンしたらしい<名島亭>で「スペシャル豚骨ラーメン」。券売機ではなく最初にレジで支払うスタイル。

 それは良しとして、まさかのセルフサービス。しかもスペシャル、定番の300円増の税込1069円。チャーシュー麺より100円高い。失敗したかとほろ苦い気持ちで辛子高菜と紅生姜をぶち込み、全力で熊啜。ちなみにお味はあっさり。九州ラーメン総選挙2008のグランプリ店らしい。

 ある風の強い冬の正午前。麺街道に久々に足を運んだ。数店舗が入れ替わっているような気がした。かなりの激戦である。空き店舗などないところにポテンシャルの高さを感じさせる。賃料は決して安くないだろうが、順番待ちなのかもしれない。

 お初の<博多辛麺 狛虎>へ。券売機スタイルでない点も好感が持てる。初めての店ではルールが分からず後ろに並ばれるとプレッシャー甚だしい。じっくり戦略を練りたいものである。

 4種類の辛麺から選択。醤油ベース「黒辛麺」、豆乳ベース「白辛麺」、炙りモツみそベース「博多辛麺」、トマトベース「赤辛麺」。どう見ても「黒」が定番っぽいので迷わなかった。

 次に辛さを選ぶ。0辛から25辛まで。0辛がベースで辛さが5段階上がるごとに値段が100円上がる。高い金を払って辛さでツラくなるのもバカらしいが、0辛も味気ないので「5辛」で。

 麺の量はレギュラーとスモール(3分の2)。ここは迷わずレギュラーだ。ちなみに黒が750円、白が900円、赤が950円、博多が1300円。やはり黒である。

 麺は3種類から。そば粉ベースの「韓国麺(太・細)」。定番っぽい「ちぢれ麺」、ストレート細麺な「生麺」。

 少し迷ったが「ちぢれ」に。トッピングも色々あったがスルー。その代わりにランチ限定セットが4種。私は高菜一枚葉おにぎり2ヶ(+330円)を召還。

 ブツ降臨。なかなかパンチのあるビジュアルである、スープの黒赤、ニラの緑、玉子の白黄。カラフルである。これで5辛なら25辛はどんなに激しいのか。

 紙エプロンを装着し、まずはスープ。……。思ったより辛くない。辛さよりも旨みが濃い。汗びしょびしょではなく、じんわりと体内の芯から暖まる。

 店員さんにオススメの辛さを聞いたら「みなさま5辛をよく頼まれます」。模範解答通りである。麺の絡みもセクシー。温かな高菜おにぎりのほのかな塩気が食欲を刺激する。

 替玉は150円なのだが、平日限定ですべての種類の麺が替玉無料。それも食べ放題とある。今度は「韓国麺(太)」に。

 食感が幾分異なるが、スープが強いので一気呵成。さすがにスープは呑みきらんかったが、大満足で外に出る。

 何となくだが、デジャブがあった。いつか忘れたが、小倉の鍛冶町か栄町あたりで深夜に同じような辛麺を啜ったような気が……。

201230博多名島亭.jpg
九州ラーメン総選挙2008グランプリ。

201230博多狛虎.jpg
黒の5辛。

(付記)
世界史の教科書に500年後も太字で記されるであろう激動と1年もあとわずか。麺街道へ令和2年は足を運ぶことができませんでした。その分、福岡空港ラーメン滑走路を攻めました。2020年ラストは年越しそばがわりのラーメンブログで。このバカブログをご笑覧の全人類30名ほどのセニョール&セニョリータ、よいお年をお迎えくださいませ。来年も細々と続けてまいりますので、これからも御贔屓に!皆さま、大晦日イブの夜もご安全に。
posted by machi at 10:05| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月29日

第2594夜:パークアベニュー【沖縄(沖縄)】

 パークアベニュー。沖縄市胡屋地区の緑と個性溢れる蛇行一方通行の商店街である。正式名称は沖縄市センター街だが、市民には「パークアベニュー」として親しまれている。

 グッと涼しくなった9月下旬。半年以上ぶりに神戸空港へ。2020年9月現在、航空各社絶賛減便中。よって空港も空いている。

 那覇空港着陸時も発着便が少ないためか15分も前に到着。混んでいる時は上空を旋回してテイクダウンできないのに。しかし那覇空港は3月と比べたら幾分利用者が増加しているような気がしないでもない。

 半年ぶりに潟Cドムス(沖縄市)H瀬氏と合流。氏の運転で沖縄市へ向かう途中、宜野湾の<根夢>でミックスそば大盛。半年ぶりの沖縄そば、泣けてくる旨さ。

 ソーキと三枚肉にかぶりつき、コーレーグースーと紅生姜を後半たっぷり一気呵成のシーザー啜。<根夢>本店(沖縄市)は何度も足を運んだが、宜野湾店も天晴なシゴトぶりである。

 ドン引きなスコールがワイパーを叩く。沖縄市内に入った頃、サクっと雨が止む。女心と沖縄の天気は移ろいやすい。そして、内地では考えられぬほど蒸し暑い。汗、ドボドボである。

 ミッション先である沖縄センター街(通称:パークアベニュー)をH瀬氏の案内で視察。丸2年間、月1回ペースで沖縄市へ通い続けたので数え切れぬほどこの通りを歩いているが、全長450mという蛇行した一車線通行の緑あふれる商店街をじっくり歩くのは初めてである。

 築35年というアーケードの老朽化が著しい。ところどころ天井が落ちている。渋滞緩和のため道路拡幅による相互通行が市の整備事業として予定されており、アーケードを撤去せねば工事ができない。要注目である。

 じっくり歩いて初めて分かる。あまりにも個性的な専門店群である。内地(沖縄以外)ではまず見かけない業種業態が混在している。夜間営業中心で昼間は幾分閑静だが、実に味わい深い。

 絶賛生放送中っぽいFM局。様々な映画やドラマ、PVのロケ地。商店街にあったキャバレーを改装した(変な)ホテル。マニアック極まりないパッチ(ワッペン)専門店。タコス発祥の店。ドルしか使えないトップレスなポールダンスショーパブ。バスケ専門店。焙煎専門店。石鹼専門店。老舗の楽器店や制服店……。飲食店割合高めだが、どこも魅力的。猫も多い。

 一番街のアーケードエリアも飲食中心に新店ラッシュ。北九州小倉で無敵の流行りっぷりな奇跡の手羽先も進出。

 極めつけは<勝手にしやがれ>という居酒屋。何から何まで完全無人化を実現。まさにウィズコロナ、アフターコロナ時代の新商法だろう。これを大手でない個人飲食店が展開している点が頼もしい。

 半年の間に大きく様変わりしている。まだまだ新規出店が増えそうな勢いという。

 来年(2021年)3月にはプロバスケ「琉球キングス」の本拠地(沖縄アリーナ)がこけら落とし。相乗効果も期待できそうだ。

 途中、商店街エリアの2階で気になる展覧会を開催していた。その名も「おっぱい展」。

 『乳場料810円』に手が出ず断念したが心騒ぐ。期間も「8月1日」から「81日間」。開館時間は「午後1時8分から8時1分」というこだわりぶり。「泥酔者等の『御乳場』はお断り」も笑わせる。保護者同伴ならば小学生以下は「乳場無料」でしかも1ドリンクサービス付き。とんでもないおっぱい星人に成長しそうである。

 モデル希望者は入場無料で、顔なし写真データ5枚頂けるという。女性限定と書かれていないので、Bカップは確実な私もモデルになれば「乳場無料」になるのだろうか。ちなみに9月下旬で乳場者3000人を突破したそうな。

 パークアベニューミッション終了後、ヘンなホテル(オーナー談)が経営するパブで懇親会。オリオンの生が滑るように爽快。ハイボール、泡盛ソーダ割、赤ワインをグイグイやりながら談笑。ポーク玉子、鶏ももステーキ、三枚肉小鍋、サンドイッチなど抜群に旨い。

 3人で半年ぶりのリカママのお店へ。シャンパンを開け、ママ手作りのケーキも満喫。フィニッシュはママやお客さんたち4人でバーで深夜2時まで。ホテル直帰。深夜のフリーダム(24時間ステーキ)の誘惑に勝ち切った。

 翌朝。<中央マート>に立ち寄りNカウド社長にご挨拶。H瀬氏にオミヤでおにぎりサンド3ヶ(鶏天・マヨ・しそ昆布)を頂く。那覇空港の搭乗ロビーでかぶりつく。さんぴん茶で流し込む。これぞ沖縄の醍醐味。

 沖縄県内滞在時間は毎回21時間ほどだが、満足度無限大。私の沖縄モードが少しづつ戻ってきた。

201229沖縄@.jpg
那覇空港から沖縄市へ向かう途中の我がルーティン。

201229沖縄A.jpg
パークアベニュー。

201229沖縄B.jpg
究極。勝手にさせていただきます。

201229沖縄C.jpg
入れば良かった。

201229沖縄D.jpg
センスの塊。

201229沖縄E.jpg
半年ぶりの「オリオン」。

201229沖縄F.jpg
タマリマセン。

201229沖縄G.jpg
このサンドイッチ、最強のツマミ。

201229沖縄H.jpg
ママありがとう♬

201229沖縄I.jpg
沖縄市から那覇空港へ戻る際の我がルーティン。
posted by machi at 07:46| Comment(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする