2020年09月03日

第2515夜:合同会社イドムス【沖縄・宜野湾(沖縄)】

 合同会社イドムス。2018年度から設立が検討され、2年間の紆余曲折を経て2020年3月9日に設立された沖縄市胡屋地区を拠点とするまちづくり会社である。代表社員は仲U氏。両輪としてH瀬氏と石H氏が支える体制である。

 2020年3月16日、神戸空港から閑散としている那覇空港経由して沖縄市入り。イドムス三銃士から会社概要の説明を受ける。さっそく様々な案件が飛び込んできているようで何より。新型コロナで世界中がふさぎ込んでいる仲、久々に明るい話題だった。

 宜野湾市へ移動し「ぎのわんヒルズ通り会活性化プラン検討委員会」に参加。私は委員長であるものの何のお役にもたてなかったが、なかなかユニークで現実性の高いプランが出来上がった。2020年度はシャッターアートに取り組むという。

 40ページに及ぶ報告書の原案をパラパラしていたら、2ページ目に目が留まった。人口に関してである。2020年2月の人口は5年前より3.2%増加している。まあ、首都圏などは増加しているから驚くに当たらない。ところが、次の一文に目を剥いた。

「将来展望においても人口は減少することなく増加し続けることで2060年には約109,700人を推計している」

 ちなみに2020年2月時点で96,528人である。せいぜい人口が増え続ける予測は2025年まで。2050年には日本の人口は8000万人、または4000万人というような予測もある。根拠はともかく、今から40年人口が増え続けるポテンシャルは恐るべしだ。

 沖縄市に戻り、21時過ぎに<ドラキン>へ。合同会社イドムス設立祝いである。イドムス三銃士、市役所から3名、LBから3名、そして私という陣容。

 センベロでツマミ2品とオリオン生2杯。泡盛に切り替える。水割りを頼むと店員さんが「薄かったら言ってくださいね!濃くしますから!」。一口つける前に「濃くして!」と懇願。

 出汁巻玉子、ポテトフライ、アスパラベーコン炒めという沖縄でなくとも日本中で味わえる料理をツマみに談笑しているとあっという間に23時過ぎ。この店もお客がひっきりなしだ。

 日本どころか世界中が新型コロナでパンデミックな2020年3月中旬。観光が主要産業である沖縄県は大苦戦を強いられていると思いきや、一部の地域や商店街・商業施設を除けば生活は全くの日常。マスクしている人もほとんど見かけない。呑み屋も普通に盛況。イベントも特段中止せず大盛況。3月16日時点で学校も通常登校再開。

 さすが琉球王国。経済的な損失も真っ先にリカバーしそうだ。ちなみに沖縄が21世紀になって最も景気が落ち込んだのが、9・11同時テロの時だったらしい。

 23時半頃<利加>へ。ママたちとも談笑しながらあっという間の深夜1時半。沖縄へは2015年から御縁を頂き続けてきた。特に沖縄市・宜野湾市・北谷町という2年間の沖縄中部ミッションが今回の訪問で終了する。

 皆さんと別れ、私は〆の〆として24時間<フリーダム>でステーキに挑もうと足を運んだ。……。閉まっていた。こんなことがあるのか。
〆ることができずトボトボ歩いていたら、「また〆るんじゃない。沖縄中部にまた来い」というステーキの神様からの叱咤が聞こえてきた。

200903沖縄@.jpg
イドムス説明会。

200903沖縄A.jpg
ぎのわんヒルズ通り会活性化委員会。

200903沖縄B.jpg
2年間苦楽を共にしたメンバー。

200903沖縄C.jpg
最後もリカバーで。

(付記)
この時(2020年3月)の沖縄はまだ平和。今や独自の緊急事態宣言発令。今年度も沖縄市内でミッションを賜っているのだが、現時点で沖縄入りできる見通し立たず。
posted by machi at 08:37| Comment(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月02日

第2514夜:アルコール消毒の流儀【春日部(埼玉)】

 新型コロナ。世界中を大恐慌に陥れているとんでもないウィルスである。2020年3月現在で収束の気配がみえない。五輪延期論も本格化し始めた。

 1998年に社会を出て二十数年。たくぎん破綻、リーマンショック、SARS(懐かしい)、東日本大震災、日本各地を襲った台風や地震……。体感的にこれらを遥かに上回る悲惨さだ。

 私は例年3月から4月にかけてカキモノ中心のオフシーズン。要するに、オフ期間である。よって2020年3月時点でそれほどキャンセル等の実害はあまり被っていないが、一部の業種業態を除き大ダメージを被っている。我が同業者(まちづくり屋)も同様だろう。

 日本中が自粛ムードに突入している2020年3月中旬。私は浅草から東武特急「きぬ」で新鹿沼へ。浅草を出てスカイツリー、北千住、春日部、栃木、新鹿沼……終点は鬼怒川温泉。東武特急、よく新鹿沼に止まって頂けるものである。感謝である。

 鹿沼の名店<山いち>さんで三年熟成味噌ラーメンや餃子を大満喫し、2019年度から始まった「やどかりプロジェクト」の大転機となる緊急ミッションを終え、再度東武特急で春日部へ。東武スカイツリーラインをフル活用である。私にとってこれほど便利な路線はない。

 2020年度の埼玉県春日部市ラストミッション。1gも延期や中止を匂わせる情報はなかった。当然のように決行。日本中に存在する我がクライアントはどこも頼もしく力強い。出席者全員にマスクが配られる。予防も万全である。

 次年度が極めて楽しみなまま無事終了。打ち上げ懇親会は私が春日部で最も惚れたもつ串屋<丸金>さん。「粕壁音バル」の1軒目でお伺いした際、感動のあまりバル周りを辞めてひたすら居座ったほどである。

 もつ串は言わずもがなで、何喰っても旨し。世間の飲食店はかなりのダメージを被っているみたいだが、地元密着の実力店は関係なし。この夜もカウンターも座敷もびっしり満員だ。

 ハイボールやホッピーでしっかりと喉をアルコール消毒。春日部の皆さまには御縁頂いて9カ月ほどだが、本当に良くして頂いた。感謝してもしきれない。素晴らしい御縁を頂いた。

 Y口先生にホテルまで送って頂き、部屋で荷を解いていると、チョッキから電話が。春日部NEXTプロジェクトのK子リーダーと関東一の公務員美女・事務局M田嬢で2次会を決行するから来てくれという内容。

 新型コロナの被害状況をパトロールしなければならない。ただし、ホテルは西口なので東日へ戻るのは少々大変。西口の24時間居酒屋<T良商店>を指定。広い店内だが、若者でびっしり。活気に溢れている。新型コロナ、どこ吹く風である。

 ホッピーで喉をアルコール消毒していると、K子リーダーが椅子から滑落。リーダーはアルコール消毒しすぎてグロングロン。翌朝は二日酔いでタイヘンだろうけど、新型コロナに感染することだけは1万%なさそうである。

200902春日部@.jpg
まずは3杯。

20902春日部A.jpg
いまでは考えられぬ3密。

200902春日部B.jpg
ホッピー中もガンガン。

200902春日部C.jpg
2軒目にて。

(付記)
このバカブログ原稿を書いたのが3月中旬。それから世界は一変。5か月ぶりに読み返すと、当時はまだ平和だったなとしみじみ。
posted by machi at 12:36| Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月01日

第2513夜:四日熟成と三年熟成【鹿沼(栃木)】

 チャーシュー。ラーメン好きであるかどうかに関わらず心震える魅力満点の響きを有するスターである。私の体はラーメンと酒で出来ているが、ラーメンを頼む際は9割以上の確率でチャーシューメンを召還する。バラよりも脂身の少ないロースが好みである。

 私には、夢があった。それは絶品のチャーシューをブロック(塊)で入手し、自分で好きな厚さ、好きな量を切り分けて思う存分満喫することである。ただし食品会社のパウチものではなく、専門店が総力をこめた‘絶品’であることが譲れない希望。特に旨しラーメン店なら最高である。

 ある氷雨が降り続く3月上旬。神戸の自宅事務所に引き篭もりPC猿打してたら宅急便が。

 送り主は平成の終わりから令和にかけて凄まじくお世話になり酒席も数多くご一緒した栃木県鹿沼市の<スキップ>オーナーのⅯ子氏。中味は……鹿沼が誇るラーメンの名店<山いち>さんの超絶絶品チャーシュー。それも巨大な塊で。

 <山いち>女将のA子氏の鹿沼愛溢れるラッピングやM子氏のご子息を吹き出しで登場させる飛び出る絵本のごとき仕掛けに感激。各界で活躍する鹿沼スターたちの応援パンフ入り。

 <山いち>さんでラーメン啜るたびに、絶品すぎるチャーシューを酒のツマミに思う存分味わいたいと願っていた。感動の絶頂である。こんな旨い肴がたっぷりあれば、ますます自宅に引き篭もってしまうこと鬼の如し。

 早速切り分ける。慎重に、慎重に。チビチビ大切に刻もうと思うが、もう1枚、もう1枚…。酒は同じく栃木の日本酒で。小山市まちの駅で捕獲したその名も「この酒小山のコシヒカリ」。

 一口齧る。……。スモーキーな旨味が口の中で溢れる。噛みしめるほどに旨さが増す。口内は彫刻屋台が乱舞。チャーシュー6切れで地酒1本(720ml)が空になった。

 このチャーシューをインスタントの袋麺に載せると、そのヘンのやる気ないラーメン屋の1000倍旨い逸品に確変する。

 私は自宅滞在時はほぼ毎日インスタント麺を食するが(袋麺が好き)、一番のお気に入りは「サッポロ一番しょうゆ味」。ただでさえ旨いポロイチ醤油がさらに大化けする。味噌派か塩派かを問うCMが流れているが、私は醤油派である。

 山いちチャーシューを塊で頂いてから約1週間後の木曜日。M子氏とYスシ氏と13時過ぎに<山いち>へ向かった。貴重な定休日なのに店を特別に開けて下さるという。

 着後、入口見て驚愕。アヅマの貸切POPが。感謝感激と申し訳なさががっぷり四つである。

 ノンアルコールビールをジョッキで注いで頂き、絶品の水餃子と焼餃子を平らげた後は1年半越しの悲願であるK渕氏の味噌を使った「三年熟成味噌ラーメン」。

 こんな熟成味噌は初めて。そのへんの味噌ラーメンを100万年置き去りにする深すぎる熟成っぷり。三年熟成味噌に、四日熟成チャーシューが絡む。手間と労力と時間が作り上げる奇跡の一杯である。

 チャーシューは4日かけて作り上げるそうだ。麺に合い、酒に合い、ご飯に合う。この4日間熟成チャーシューを味わってしまえば、もう引き返せない。

 マスターがさらにチャーシューや特殊な葱もトッピングサービスして下さる。マスターと女将さんに感謝感激昇天。本当にありがとうございました。私は、果報者です。

200901鹿沼@.jpg
最高の贈り物。

200901鹿沼A.jpg
地酒にも合う(小山ですが)。

200901鹿沼B.jpg
袋ラーメンが旨さ万倍に。

200901鹿沼C.jpg
<山いち>本店。

200901鹿沼D.jpg
感激と恐縮。

200901鹿沼E.jpg
ノンアルも最高。

200901鹿沼F.jpg
熟成の極み。

200901鹿沼G.jpg
葱も甘し。
posted by machi at 08:05| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月31日

第2512夜:あなたの夜道を歩ける街【八王子(東京)】

 海賊船。世に様々な海賊船はあれど、私が乗船できるのは海のない東京都多摩地区の大都市・八王子だけである。

 東日本大震災から9年目を迎えた日の午後。信じられぬほどガラ空きの新幹線で新横浜駅へ。横浜線ホームで20分待ちゆえ、駅ホーム<濱そば>でかき揚げ天玉そば。安定の組合せである。

 私が都内で他人様と呑むのは八王子だけ。それも何のミッションもなくただ呑むためだけに。ギャラを貰わねば基本的に1oも動かぬヨゴレまちづくり屋の私が自腹で足を運ぶのも、自分でもよくわからんが何故か八王子だけ。私のようなヨゴレに呑みにおいでよとお誘い頂けるだけでS木会長に感謝である。

 会長がわざわざホテルまで迎えに来て下さり、まずは<海賊船>に乗船。ここは旨そうなメニューが安くてびっしり。全部注文したくなる。程なくしてU本氏合流。梅M氏の新型コロナの商売への影響はドン引き級。呑まないとやってられないだろう。心中お察しする。

 炙り〆鯖は目の前でバーナーで焙る見事な演出。蛍烏賊も噛みしめるほどに旨味が溢れる。私はこの店3回目のはず。必ず注文するのが鮪の刺身。こぼれんばかりにたっぷり。確かエベレスト盛りだったかチョモランマ盛りだったか。

 鯨の竜田揚げ、フィッシュ&チップスも熱々のサクサク。酒が進む。豆腐ステーキには刮目。これほど豆腐がこってりと旨く化けるのか。

 市役所の職員には現在戒厳令が布告されているようで呑みに行ってはいけないらしい。そんな戒厳令の夜にレジスタンスとしてU奥氏が合流。嬉しい限りだ。

 気づけばホッピー12杯(たぶん)、ワインボール3杯、出汁割焼酎……。この出汁割焼酎、「昔懐かしい」とキャッチにあったが、懐かしいどころか全く新しい22世紀の味。2020年現在ではあまりにも前衛的である。

 5時間呑みっぱなし。しゃべりっぱなし。会長にお礼を申し上げ、U本氏とU奥氏でさらにもう一軒。新型の影響で人通りはかなり減っているらしいが、それでも十分に賑やか。夜の街はポン引きで大賑わいである。

 ポン引き氏たちの軽妙トークをかいくぐりながら向かった先は2階にある<シラサキBar>。マスターは福井出身らしく、両氏とも知り合い。

 今日の八王子は夏の暑さ。ジントニックとバーボンソーダで火照った心を冷ます。カリッとパンを温め直せる機会に驚嘆。3万円ぐらいするそうだが、思わず欲しくなる。まあ、買っても年に1回も使わないだろうけど。

 深夜1時を回った。八王子にはご当地ラーメンがある。その名も「八王子ラーメン」。カップ麺として見かけることもある。刻み玉葱のトッピングが特徴である。ただし刻み玉葱は地元人にも賛否があるらしい。

 ラーメンで〆ねば私の夜は終わらない。八王子はラーメン激戦区。地元人が好む店に何も考えずついていくのが最も優れた戦法である。

 向かった先はホテルからほど近い<一麵>。店の外で啜っている御仁がいる。超満員か……。ところが、スっと入れた。普段は行列必至らしい。かなりの幸運である。

 私はネギチャーシューメン召還。談笑していると、仕事終わりのポン引きがひっきりなしにご来店。後3分遅かったら入れなかったかもしれない。

 ブツ降臨。ネギたっぷり。その下に刻み玉葱が沈殿。チャーシューもたっぷりと潜んでいる。

 胡椒をパラリ。まずはスープ……。呑み〆最強系である。ネギと玉葱の爽やかな辛みが舌を洗う。スープな濃厚な濃い口醤油。ストレート麺とのカラミも良い。チャーシューはモモであっさりと私好み。バラチャーシューメンは別にある。見事な使い分けである。

 途中から談笑も辞めて一心不乱。汁一滴残さず全力フィニッシュな深夜1時半である。

 翌朝。駅に向かう途中、どこかで朝ラーしようとした。駅前には24時間営業のH高屋やF士そばがある。ラーメンではないがM屋の新作丼(ガリたま牛めし)も旨そうだ。

 キョロキョロしていると、あるバナーが視界に。「あなたのみちを、あるけるまち 八王子」。

 私は日本中でラーメンを啜り、深夜まで酒友たちと鯨飲し、漆黒の業界でもあるまちづくりという修羅の道を歩き続けるだけである。

200831八王子@.jpg
新横浜駅ホームにて。

200831八王子A.jpg
200831八王子B.jpg
200831八王子C.jpg
海賊船の絶品メニュー。

200831八王子D.jpg
200831八王子E.jpg
謎の出汁割り焼酎。

200831八王子F.jpg
毎年ありがとうございます。

200831八王子G.jpg
2軒目のバーにて。

200831八王子H.jpg
普段は行列必至という。

200831八王子I.jpg
泣けてくる旨さ。
posted by machi at 13:02| Comment(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月30日

第2511夜:検索と嗅覚【岡山(岡山)】

 検索。私がネットで検索する際、ほとんどが訪問地でのラーメン情報である。

 ある3月の生暖かい午後。岡山は寒くないが霧雨である。岡山では初めて路面電車で田町駅下車。いつもの駅前定宿が満室のため、表町商店街に一番近そうだった<岡山Sクエアホテル>へ。それにしても新型コロナで宿泊施設大打撃中に満室とは見事である。

 そのホテルから一番近そうなラーメン屋を検索。……。発見。<ラーメンDかいち>。二郎系インスパイア店のようである。店内はカウンターで7名も座れば満席か。

 券売機の前で佇む。大きく分けてラーメンとつけ麺の2種。つけ麺は私の視界にも入らんのでラーメン一択。並が200g、大が300g、特大が400g。そして、トッピング(別料金)がある。

 二郎系の特徴として「無料」トッピングがある。野菜を思いっきり「増し増し」にできること。とても飲み干せない濃厚スープ。極太麺。量を増やし過ぎると食べきれない恐れがある。

 ここは初めての店ゆえ「並」で妥協。年齢不詳の笑わない感じの職人肌の店主にチケットを渡す。すべて「普通」に。麺大盛やトッピングが有料の場合は残してもギリギリセーフだが無料トッピングを残すことは絶対にご法度。これは譲れない天地の法則である。

 ぼんやり水を飲みながら待つ。店内は30〜40代と思しき男性3名。一心不乱に啜っている。

 我がブツ降臨。すべて普通。量も並。それでもモヤシたっぷり。ニンニクだけは増し増しにしたかったが、この後ミッションを控える身。世間は新型コロナ一色のご時世なのでマスク着用のままミッションかましても許されるだろうが、自分自身で窒息するかもしれぬ。

 スープは二郎系にしては薄めでマイルド。全部呑み切れないが、私好み。二郎系初心者には最適だろう。モヤシをまずなかったことにして、太麺に全力で挑む。

 この太さとコシは濃厚スープでなくては釣り合わなぬ。チャーシューも分厚い。背脂が良い仕事をしている。汁は5分の1ほど残したが、麺1本残さず桃太郎啜を決める。

 初めて利用するこのスクエアホテル。設備もサービスも大充実。ミッション先からも近い。これから岡山表町ミッションの際の定宿に定める。

 広域型商店街ゆえ新型コロナ自粛が深刻な岡山最大最強の表町商店街ミッション終了後、Y部氏とサシ呑みを決行。

 昭和レトロなラーメン居酒屋だがオープンして1年ちょっとな独特の世界観を放つ<桃T郎商店>へ。ジャンボ串カツや餃子をメガハイでやり、店主の奥さんとも話し込む。

 Y部氏はネギ中華そばを旨そうに啜っている。私も惹かれたが、何故か1軒目からラーメンを啜る気になれない。酒が進まないからか。〆には早すぎるという体内アラームゆえか。

 店内POP「児島デニム生地ラーメン」が強烈である。あまりにもラーメンからかけ離れたビジュアル。これぞSNS時代のラーメンといえよう。
 
 キャッチコピーの「ウキウキ♪」「わくわく♪」まではわかるが「食べづらい♪」が怖い。いつか試そうと思うが、これは一人ではなく誰かツッコミを入れてくる人がいないと寒いことになる。

 2軒目はバーとカラオケスナックが融合した独特の場末感を放つ<コイン>へ。2020年3月、10年前まえは神戸市内に何本あったか覚えていないほどあった我がキープボトルが20年ぶりに滅失。その反動でラフロイフをボトルキープ。テンション高めのママとも話し込む。

 24時ごろY部氏と別れてホテルに向かう道すがら。絶対に旨そうな「中華そば」表記が視界に。<山F士>という夜から深夜3時までしか営業しないラーメン屋へ。

 店内はまだ酔いの口なのか先客は1人だけ。「チャーシュー中華」召還。ビジュアルがぼっけえ美しい。思わず生唾。

 胡椒をパラリし、まずはスープ。……。最初あっさりすぎるかと思いきや、食べ進めるごとにコクと旨さ増す。シメに無敵系。チャーシューも味わい深く、刻み葱が最高のアクセント。ぼっけぇ旨い。岡山はちぢれ系ではなくストレートな麺が主流のようである。

 岡山ラーメンの定義はないそうだが、何となく以前<桃T郎商店>で啜った炙り中華そばとこの店のチャーシュー中華はビジュアルは異なれど味の系統は何となく似ている気がする。ラーメンのレベルが高い街は無条件で私にとっては素敵な街である。

200830岡山@.jpg
岡山の二郎系。

200830岡山A.jpg
ジャンボ串カツ。

200830岡山B.jpg
いつか挑まねばならぬ。「食べづらい♬」が笑わせる。

200830岡山C.jpg
<コイン>にて。

200830岡山D.jpg
入らずにいられない。

200830岡山@.jpg
間違いのない美。
posted by machi at 10:41| Comment(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする