2021年01月12日

第2604夜:カクテルの街【宇都宮(栃木)】

 カクテルの街(町)。こんなステキな街がヨーロッパではなく日本国内に存在する。東京?横浜?神戸?北九州?会津若松?宮古?沖縄?どれも大外れ。正解は……栃木県宇都宮市である。

 北関東屈指の大都市・宇都宮は「餃子の街」である。もう一つピンとこないが「プロスポーツの街」であるらしい。それ以上にピンとこなかった3つ目の顔が「カクテルの街」だった。

 餃子日本一の覇権を浜松と激しく競り合っていることは、私のような餃子偏愛まちづくり屋にとって基礎中の基礎知識。ちなみに京都市も日本屈指の餃子シティ。1000年の都は奥が深い。

 宇都宮駅改札内の日光線ホームへ向かうエスカレーターの壁面に「プロスポーツの街」「カクテルの街」と書かれている。国民誰もが認めているのか、自称なのかは分からない。たとえ自称でも「カクテルの街」というキャッチの魅力は褪せることなし。

 9月の一気に肌寒くなってきた夜。鹿沼ミッションを終え、22時半ごろ宇都宮へ。同行の若手エース・S木氏とバーで軽く一杯ヤることに。

 かなり呑み歩いているっぽい氏が向かった先は、北関東最大の歓楽街(たぶん)・泉町。呼び込みをかき分けながら<パイフのけむり>へ。マスターと息子さんで切盛りしているっぽい、創業40年を超える老舗バーである。

 壁面のゴルゴ巨大タペストリーに圧倒される。2代目(息子さん)が私の顔を見て「ゴルゴ?」と問いかけてきた。

 歴史を積み上げた風格がある。しかし重さ一辺倒でなく、どこかポップな雰囲気も醸し出している。

 私はバーではギネス、スコッチ、バーボンをヤることがほとんど。しかしここはカクテルの街。「ギムレット」を召還。2杯目はラフロイグの10年ではない見たことなき上物だ。

 バーに煙草はつきものだが、禁煙嫌煙の流れには抗えぬ。私は四半世紀「ラッキーストライク」。しかし最近、電子タバコに必死で慣れようと努力している。電子ならOKな場合があるからだ。

 パイプは吸ったことないが、パイプでなくても煙草のケムリは夜を彩る必須アイテムだったはず……。時の流れに身をまかせ♪ながら深夜1時半までS木氏と話し込む。

 緊急事態宣言中から、再度鯨統一郎先生の著作に改めてハマりだした。年間数冊も発刊する多作の鬼才。私は中でも鯨先生のバーミステリ―シリーズがお気に入り。

 大傑作の『邪馬台国はどこですか?』に代表される歴史の謎を解き明かす<スリーバレー>(バーの名前)。美貌の女子大生が中年オヤジトリオのマニアック極まりないサブカル蘊蓄に耳を傾けながら犯罪を暴く安楽椅子探偵ものの<森へ抜ける道>(バーの名前)。

 私も20〜30代前半まではバーに足しげく通った。最近は足が遠のいている。カクテルの街でバー巡りしながら夜の社会復帰を目指さねばならない。

210112宇都宮パイプのけむり.jpg
posted by machi at 08:23| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月11日

第2603夜:拉麺三国志〜がっつり編〜【宇都宮(栃木)】

 ‘がっつり’。この単語はラーメン界においては一般的に「二郎系」を示す(と思われる)。

 コロナ禍が少し落ち着いたような気がしないでもない初秋の正午前。3日連続で宇都宮駅前商業ビル地下らーめん横丁へ。

 横浜家系の<希家>へ半年以上ぶりに。前回は家系スペシャルだった。今回は「ガッツリらーめん(820円)」。いわゆる‘二郎系’である。‘がっつり挑戦してみませんか’というポスターに挑発される。

 ジロリアンの皆さまには説明不要だが、野菜、脂、ニンニクがそれぞれ「増し」「増し増し」と選べる。私は「野菜増し」「ニンニク増し増し」。この日が終日宇都宮かつミッション無く誰とも会う予定がないからだ。ニンニクをたっぷり体内に注入する。

 ぼんやり呆けていると、ブツ降臨。丘というより、山。これが野菜増し増しだったらチョモランマだ。分厚いチャーシューが2枚、モヤシという名のビッグウォールに張り付いている。

 まずはスープ。……。二郎系にしてはマイルド。実に飲みやすい。初心者向けかもしれぬが、私もまだまだ二郎道の白帯。ちょうどよい浸透圧である。

 野菜に全力で挑む。麺になかなか到達せぬ。大量のニンニクがスープに溶け味が確変していく。

 野菜を喰い切った。極太ごわごわ二郎麵に挑む。手ごわいが、この太さと硬さがスープと組むには必須。チャーシューもかなりのボリュームだが脂少なく好ましい。

 気合で麺、野菜、肉を喰い切った。たっぷりニンニクが浮かぶスープはさすがに飲み干せなかった。

 横浜家系と二郎系。中毒性の高い2大拉麺が1店舗で、それも栃木(宇都宮)で楽しめるキセキ。天孫降臨である。

 マスクの中がニンニクの臭いで循環。満腹で苦しい。少し運動せねばならぬ。そのまま駅前でレンタサイクル(1日100円)を借り、宇都宮市内を3時間ほどブラブラ。久々の運動である。

 翌昼もらーめん横丁。これで4日連続。1日2度の日もあった。海老豚骨塩、煮干し中華、二郎系、鶏ガラ醤油と続いたので、目先を変えて「超濃厚魚介豚骨つけ麺(860円)」。

 私はつけ麺にあまり興味がなかった。2017年から激しく関東へ足を運ぶようになり接する機会が増えたこと、毎月恒例となりつつある北九州市小倉駅構内(フジヤマ55 注:現在改装休業中)での魚介豚骨つけ麺が影響し、私なりのつけ麺カスタマイズが仕上がってきた。惚れてきた。

 飛び込んだのは<春樹>。4日連続5回突撃うち3回が<春樹>。懐の広い店である。

 麺の種類が2種から選べるそうで一般的な「もちもち麺」に(もう一種は良く分からぬが胚芽麺)、そして茹で上がりを水でシメない「あつもり」。ここまでは迷わない。

 問題は量である。並(女性向き)・大盛(男性向き)・特盛(大食向き)・山盛(超大食向き)。並は論外。私は一般男性ではないので大盛もパス。特盛か、山盛か……。

 量はサービスなので、喰いきらんかったらお店に申し訳ない。様子見も含め「特盛(750g)」に。

 8分ほどしてブツ降臨。丼いっぱいに広がる黄金。焼豚、葱、海苔、メンマ、ゆで卵が別皿という点はポイント高し。徐々に味を確変できるからだ。

 まずはストレート…。濃厚。典型的な魚介豚骨。紙エプロンを装着。これが無ければ大惨事だ。

 葱、メンマ、焼豚を投下。絡めながら啜る。時折メンマ、焼豚を齧る。順調である。海苔は麺に巻いて浸して啜る。これも良い。

 半分ほど啜り切った。かなり苦しくなってきた。濃厚極まりないジャブの連打にKO寸前。

 店員さんに早めの「スープ割り」を依頼。この店はなんとつけダレもお代わり自由だったが、ここはスープで割ってあっさりに。啜り続ける。ゆで卵を浸し頬張る。笑みが漏れる。後半のスープ割り作戦が成功し、美しく完食した。

 二郎系、つけ麺特盛。地下闘技場で繰り広げられるガッツリな宴。三国志の群雄割拠ぶりはますます激しさを増しそうである。

210111宇都宮ラーメン横丁B.jpg
二郎系。野菜増し、ニンニク増し増し。

210111宇都宮ラーメン横丁C.jpg
腹ごなし。

210111宇都宮ラーメン横丁D.jpg
特盛。
posted by machi at 07:36| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月10日

第2602夜:拉麺三国志〜昔ながら編〜【宇都宮(栃木)】

 昔ながらの中華そば。この語感からの連想は、鶏ガラ醤油スープ、チャーシュー、海苔、葱、メンマ、ナルト、ゆで卵(固ゆで)などを従えた昭和イメージではなかろうか。昭和生まれの昭和育ちは同じような連想を持つだろう。九州では豚骨かもしれませぬが。

 外呑みせず宇都宮駅前ホテルで独り晩酌していた初秋の夜。酒もツマミも胃袋へ滅失。ミステリ読んでいると小腹が空いてきた。着替えて歩いて3分の駅前の商業ビル(トナリエ)地下らーめん横丁へ。ちょうど宇都宮で4連泊中。このらーめん横丁へ結果的に5回も通ってしまった。

 博多ラーメン<長風>にて「昔ながらの中華そば(780円)」とライス&餃子セット(300円)召還。ブツ降臨。確かに昭和だが、華がある。凄まじく旨そうなビジュアルである。生唾を飲む。

 まずはスープ。……。煮干しがばっちり効いている。完全に私好み。半熟卵も黄も映える。チャーシューは分厚いのが2枚。メンマ、ネギと完璧な美を表している。そばはストレートの細麺。スープとのカラミも良い。呑んだ後には無敵級である。

 翌日の夜。同じホテルの部屋で『麒麟がくる』観ながら呑んでいると、腹が、減った(五郎さん風に)。再度らーめん横丁へ。前夜は<長風>。当夜は一昨昼に訪れた<春樹>。

 昨晩は部屋呑みの後に<長風>の「昔ながらの中華そば」。当夜は部屋呑みの後に<春樹>の「昔ながらの中華そば」。向かうまでのシチュエーションも、隣り合う店舗で商品名も全く同じ。違いは値段。長風が780円、春樹は730円。50円の差を突き止めねばならない。

 レモン水を飲みながら、1日に2度もらーめん横丁に訪れる、4日に3度も横丁に訪れる自分自身を鑑みて疑問と一抹の不安を感じていると、着丼。

 50円の違いを瞬間で見抜いた。チャーシューが1枚(長風は2枚)、半熟卵が1/2ヶ(長風は1ヶ)である。チャーシューは1枚80〜100円の追加料金が相場ゆえ、あくまでもビジュアルだが軍配は長風にあがる。

 問題は、味。見た目は非常に似ている。長風は煮干し風味満点。24時間前に啜ったのでさすがに我がバカ舌も覚えている。

 胡椒をパラリ。レンゲに掬い、口へ……。思わず目を剥いた。呻きが漏れた。全く違う。鶏ガラ醤油だった。それも、かなりパンチが強い。特殊な脂を使っているのだろうか。

 私が最も愛しているのは鶏ガラ醤油。呑んだ後は他の追従を許さない。煮干しはセカンドラブである。

 2つの「昔ながらの中華そば」。赤壁の闘いのごとき熱戦。どちらも大満足で甲乙つけがたし。

 しかし「昔ながら」と「昔」の違いは何となく掴んだ。「昔」の卵は半熟ではなく固ゆで、スープはもっとあっさりしていた。「昔」がすでに昭和ではなく平成なのかもしれない。

210110宇都宮ラーメン横丁@.jpg
<長風>の「昔」。

210110宇都宮ラーメン横丁A.jpg
<春樹>の「昔」。
posted by machi at 10:55| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月07日

第2601夜:とちぎコーヒーフェスティバルinおやま【小山(栃木)】

 とちぎコーヒーフェスティバルinおやま。9月26日に小山駅西口エリア(まちの駅思季彩館・祇園通り)で開催されたイベントである。

 このイベントの存在を私が知ったのが前日(小山商工会議所S氏より)。少なくとも、コロナ禍以降「フェス」と称されるイベントは私にとって初である。

 フェス当日。私は15時半に5〜10分間のミッションのために宿泊先の宇都宮から小山入りする必要があった。電車で約30分。西口のイベントをついでに視察できる機会が訪れた。

 我がミッションの2時間前に小山入り。当日は天気予報では終日雨のはずだが、強烈な晴れ女が居られるようで見事にギリギリ保っている。

 小山市内だけでなく栃木県全域から珈琲をこだわり抜いた名店が複数出店。本格的な移動式ピザ釜やどら焼き専門店、カレー専門店などがひしめいている。珈琲店の前はどこも行列である。

 会場で商工会議所S氏や市役所H場氏とお会いし、S氏に香ばしい珈琲をご馳走になりながら談笑。途中、S氏にフェス実行委員長や栃木の地酒蔵元「若駒酒造」の女将さんをご紹介頂く。

 若駒酒造の蔵はドラマ『仁-JIN』のペニシリン工場のロケ地。仁は全世界で配信されているようで、アフリカからも観光客が蔵を訪れるという。

 この話をコロナ前に聴いていたら全くピンと来ていなかったが、外出自粛中に再放送ドラマを初めて鑑賞して激ハマリ。すかさずコミックを全巻揃えたほど。思わず身震いした。ぜひ見学してみた位。『仁』の世界に溺れたい。

 S氏にスィーツ系ピザをご馳走になる。そして、我が小山ミッションに多大なご協力を賜っているエスティラインのS藤先生とも遭遇。ついでにミッションの打合せをさせて頂く。

 S氏にミッション会場まで車で送って頂く。終了後、今度は市役所のW邊氏に再度まちの駅(思季彩館)まで送って頂く。今夜も宇都宮のホテルで晩酌。昨晩は日光セット。今夜は小山セット。店内を物色する。

 小山は地酒の蔵元が数多い。その中でも先ほどお会いした若駒酒造さんの純米吟醸酒「小山評定(720ml)」捕獲。そして小山市内の深川フーズファクトリーさん製造のポテチ。

 メインディッシュは……。<おとっぺ>の「あらびきソーセージ」である。私は宇都宮のホテルで独り小山フェスを決行予定である。

210107小山珈琲フェス@.jpg
コロナ禍で初めて私が視察したイベント。

210107小山珈琲フェスB.jpg
3密対策も万全。

210107小山珈琲フェスA.jpg
S氏とH場氏と。

210107小山珈琲フェスC.jpg
S藤先生と。

(付記)
宇都宮駅前ホテル部屋での独り小山フェスの顛末は前夜参照。
posted by machi at 10:28| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月06日

第2600夜:地元名産でホテル晩酌【日光・小山(栃木)】(後編)

 かぶりつく。……。どのあたりが日光なのか七福なのか分からぬが、しっかりと旨い。「日光誉」をラッパ呑み。口の中で旨さが確変。揚げの甘さと具沢山の酢飯が絶妙。稲荷すしを晩酌の肴に指名したのは初めてかもしれぬが、日本酒にはど真ん中ストレートである。

 七福が気になったので、成分表示を読む。卵、椎茸、干瓢、人参、蓮根、ゆば、水菜。油揚げと酢飯以外に7種類の具が混ぜ込まれているから七福なのか。

 さらに読み進める。PH調整剤、アミノ酸、カラメル、モナスカス、アナトー、ソルビン酸K、赤106、赤102……。少し詳しく読み過ぎたようである。

 稲荷6ヶが無くなるころ、日光誉の300mlが空に。ラスク開封。「日光路」も開封。同じようにラッパ呑み。……。誉に比べるとサラリとした印象。口当たりが抜群。しかし舌に自信がない。

 ラスク、最高。このまま呑み屋やバーで提供しても人気メニューになること請け合い。カリカリ度合いが増した極上のガーリックトーストな塩梅。次回大量購入かお取り寄せしそうである。

 ラスク滅失。日光路も空に。読んでいたミステリの字が追えなくなった。そのまんまベッドへダイブ。宇都宮で味わう日光セット。至福の雨の夜である。

 翌日の夕方。小山ミッション終了後、まちの駅<思季彩館>へ。昨晩は日光セット。今宵は小山セット。二夜連続の宇都宮ホテル晩酌決行のため店内を物色する。

 小山は地酒の蔵元が数多い。迷いながらも若駒酒造の米吟醸酒「小山評定(720ml)」捕獲。

 ツマミの一つ目は小山市内の深川フーズファクトリーさん製造のポテチ。そしてメインディッシュは……。<おとっぺ>の「あらびきソーセージ」である。

 おとっぺ代表のM田女史は1か月ほど前にお会いした。私もシゴト柄様々な経営者とお会いするが、これほどバイタリティと勢いの満ち溢れた若手経営者は希少。ぜひ試してみたかった。

 宇都宮のホテルに戻り、晩酌の準備開始。ところが、おとっぺソーセージは冷凍。ボイルする設備など部屋どころかホテル中にない。5秒ほど思案…。天啓が下りた。

 ユニットバスに湯を張り、素っ裸で体を浸けるついでに凍ったソーセージも一緒に。ちなみにソーセージの原材料はおやまブランド「おとん」。まさか、おとんと混浴するハメになるとは。

 おとんソーセージ解凍。人肌の温度に。しかし、もう少し熱々を頬張りたい。

 寝間着に着替え部屋を見渡す。湯沸かしポットがあった。これに開封してぶち込んでボイルしてやろうかと思ったが、ホテル側にとっては大迷惑なご法度。

 我が部屋にはコーヒーカップが2ヶあった。一休さんのごとく閃いた。カップの一つに解凍されたソーセージを6本ツッコミ、沸騰したお湯を注ぐ。待つこと1分。かぶりついてみる。

 ……。しっかりと熱々である。ジューシーである。ボイルしなかったことで旨味が外に逃げず凝縮している味わいだ。

 若駒をもう一つのカップに注ぎ、グビリ。……。パンチある芳醇な切れ味である。カミソリというより、よく切れる鉈。ソーセージとの相性も良い。

 ポテチは薄味でじゃがいもの風味をしっかりと味わえる。ソーセージとジャガイモ。まるでドイツ料理だが、これらを地酒で合わせる。2夜連続の野趣あふれるホテル晩酌である。

210106宇都宮ホテル晩酌D.jpg
小山市のライフライン<まちの駅 思季彩館>で捕獲。

210106宇都宮ホテル晩酌E.jpg
ボイル成功。
posted by machi at 08:50| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする