2021年07月18日

第2727夜:直帰(チョッキ)な男【大宮(埼玉)】

 チョッキ。超一流大企業からS玉県庁へ転職した三十路の県庁末端公務員である。あだ名の由来は1年目早々の試用期間の最中から「直行直帰」を繰り返していたためである。

 チョッキは2018年入庁。我が埼T県庁ミッションは2017年から4年続いた。チョッキはその内の3年間、私の担当というか秘書的業務を担っていた。ゆえにこの3年間、最も酒席を共にしたのがチョッキである。

 「超やばいっす」
 「鬼クソまじっす」

 三十路の社会人とは思えぬ貧相極まりない髪の毛よりも軽い数語の相槌ボキャブラリーだけで私と数時間も2人で呑んでいる。98%私がしゃべり、チョッキは「マジすっか?」「鬼ヤバくないっすか?」「パネェっすね」など相槌を打つばかり。

 2019年4月。春日部市役所にて商業者や市役所職員約30名の前で「埼玉県NEXT商店街プロジェクト」の説明をチョッキが担った。要約すると、以下である。

 「このプロジェクト、結構マジハンパなくて、結果ヤバイっす」

 ?マークが飛び交った。誰一人理解していないようだったので、私がすぐに補足説明。にわかに信じがたいが、社会人枠採用の中でトップの成績だったらしい。

 そんなチョッキが異動することに。私との3年間のコンビも解消である。異動の内示が出る2週間ほど前、春日部のラストミッションでチョッキが挨拶。異動する気満々である。

 「もう春日部に来ることないっすが、皆さんのおかげでオレの課内での評価、うなぎのぼりっス。いつか春日部に住みたいっスね」

 2年前、寄居の皆さまの前で寄居に住みたい的なことを話していたことを思い出した。

 異動内示が出た当日。チョッキと大宮で呑むことに。チョッキとのラストナイト。恐らく今後、チョッキと呑むことはあっても仕事を共にすることはない。

 密な南銀を避け、アーケード商店街内の適当な居酒屋へ入った。異動部署を訪ねると「いやぁ〜アヅマさん、マジでパネェっすよ!まずは乾杯しましょう。チ〜ス!」ともったいぶっている。

 乾杯を終え、再度尋ねた。2拍ほど間を置き、一言つぶやいた。

 「春日部っす」

 一瞬、何のことか分からなかった。春日部に県庁のオフィスなどあったか…?数秒後、思い当たるフシがあった。春日部駅鉄道高架の一大プロジェクトが始まる。県との共同事業である。

 再度確認すると、やはり春日部市役所の鉄道高架課だった。市役所の敷地内の離れに県が間借りしているらしい。

 S玉県庁様と4年続いた御縁は2020年度で打ち止めだが、2021年度の1年限定で私も春日部市と直接御縁を頂けることがつい先日確定していた。

 なんやかんやで4月以降もチョッキと絡みそうな気配がある。ホッピーを何杯呑んだか分からぬほど鯨飲した。

(付記)
それから約1か月後。春日部入りした翌日、チョッキに仕事の具合を尋ねるメッセージを送ってみた。すぐに返信があった。
「3割ぐらいはスパイシーな感じです」
よく分からないが、春日部ライフを満喫しているようで何よりである。

210718チョッキ.jpg
入庁1年目。2018年ごろ、埼玉県寄居町にて。
posted by machi at 09:15| Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月16日

第2726夜:日本一住みやすい街の気合【川口(埼玉)】

 川口商工会議所地域振興委員会。日本で一番住みやすい街2連続1位の埼玉県川口市の地域振興を司るT中委員長率いる経営者の集まりである。コロナ禍の2020年12月から月1回ペースで計4回、地域振興委員会に参加させて頂く機会に恵まれた。

 商圏人口(消費人口)を増やす(減らさない)ためには、消費流出を防ぎ市内経済循環(買い回り)を高めるには、新住民へのアプローチ手法は、長期視点で考える教育とは……。

 委員の皆さまの気合のこもった提案や発言に首肯させられっぱなし。やる気に満ち溢れている。大きな方向性や具体策まで100近い提案がなされた。

 2020年3月下旬。計4回の委員会を無事終了することができた。川口のミッションは我がスキルを大幅に上げて下さる。ドラクエのレベルが上がったような気分に浸ることができる。

 最終回の3日前まで、埼玉県を含めた首都圏(埼玉・東京・神奈川・千葉)は飲食店においてアルコール提供が19時までだった。この日は20時までに延長されている(閉店は21時)。飲食店経営者曰く、アルコール提供が1時間延長されただけでも全然違うとのこと。

 18時過ぎ、埼玉県内の我が定宿の一つ、西川口駅西口徒歩2分<T横イン>へ。宿泊は2年ぶり。駅からホテルまでの間は風俗店林立。こちらも元気いっぱい営業しているようである。

 荷を解き、駅前の<やる気茶屋>へ私は普段全国規模のチェーン居酒屋にはまず足を運ばないが、ここは別格。料理がとにかく旨い。ホッピーもメガサイズ。平時は深夜遅くまで開いているが、他店と同様にアルコールが20時、完全閉店が21時だった。

 2020年度、規模の大きなミッションは5つ。その一つが川口。無事終えた安堵感を噛みしめながら3カ月ぶりのホッピーを鯨飲。新聞を読みながら絶品料理に舌鼓を打ちまくる。

 味付けが大人のマカロニサラダ、いくらでも酒が進む三陸わかめチップス、小鍋仕立てのもつ煮込、薬味たっぷりの鰹たたき、蕩けるようにクリーミーなレバーソテー。そして、野菜やハム、ラーメンをキムチ味で煮込んだ部隊鍋。2時間たっぷり満喫する。

 店内で呑んでいるのは私を含め数名だったが、ひっきりなしにU―バーイーツが。ゆえに厨房は忙しそうで誠に結構なことである。

 2軒目の選択肢はない。東口のスーパーでSントリーオールドを捕獲して部屋呑み。22時には爆睡。実に健康的である。

 翌夜。大宮で呑んだ後、22時前に西川口へ戻る。泥酔しながらも駅前の横浜家系ラーメン店で気合の二郎インスパイア系ラーメン。気合で啜った記憶あるがほとんど覚えておらず。

 朝目覚めたらブレザーが何かのシミでドロドロだった。気合のこもった表紙の『刃牙道』が枕元に落ちていた。

210716川口@.jpg
住みやすさ、日本一。

210716川口A.jpg
挨拶させていただく私(奥の立っている輩)。

210716川口B.jpg
やるき茶屋@

210716川口C.jpg
やるき茶屋A

210716川口D.jpg
やるき茶屋。

210716川口E.jpg
やるき茶屋。

210716川口F.jpg
定宿にて。

210716川口G.jpg
2日目の夜。記憶ほぼなし。
posted by machi at 11:32| Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月15日

第2725夜:アプリとサプリ【小倉(北九州)】

 アプリ。ちなみに私はアプリとサプリとの違いもよく分かっていないアナログオヤジである。スマホのパスワードを覚えていないので無料アプリしかダウンロードできない。

 令和3年1月末に西日本の台所・旦過市場がアプリを専用開発した。そして2月上旬には市場再整備と連動した旦過市場を一元管理する新会社「旦過総合管理運営梶vも設立。一気に動き出した。逐一まではいかぬが、私にも情報が届く。

 福岡県にて緊急事態宣言が本格的に解除された記念すべき3月22日。私は15時頃小倉駅に着くなり、カツカレーモードがフル発動していた。小倉カツカレーアプリのようなものはたぶんないので適当に検索し、駅からすぐの良さそうな店に行ったら閉まっていた。

 昼めしどころか24時間胃袋非常時のセーフティネットといえば、魚町の<資さん>。私の定番はカツカレーうどん、かつ丼、肉ごぼう天うどんが御三家。敢えてカツカレーライスに。 

 卓上漬物食べ放題を福神漬に見立てる。胃袋にスパイスの効いたサプリを放り込む。チャージ完了である。

 2夜連続となった旦過ミッション。主なテーマに「旦過市場アプリ」の有効活用が。運用間もないため改善点や付加機能はこれからブラッシュアップ。無限の可能性が広がっている。

 冒頭のようにアプリとサプリの区別も怪しい私は何のお役にもたてないが、まずはスマホのパスワードを再設定して様々なアプリをダウンロードだ。

 飲食店営業自粛が解かれた初日の夜ゆえ、旦過市場の旦那衆たちと年末にオープンした洋風居酒屋<龍>へ。気心の知れた皆さまと呑むビールやハイボールは一人呑みより億倍旨し。

 ホテル(クラウンヒルズ)が堺町公園の真ん前。ゆえに23時過ぎ、超久々にムーラン行ってみたら閉まってた。夕方のカツカレーが胃に残留して居酒屋であんまり食えなかったゆえ、24時過ぎに空腹が。コンビニで買い出し。独り2次会。

 このホテルは備え付け漫画が充実。『GANTZ』は20年ほど前のヤンジャン連載作品(奥付より)。いかにもヤンジャンらしいエログロ不条理SF。夜中3時頃まで呑み喰いしながら没頭。

 翌日は夕方までホテル引き籠り。小倉駅北口の漫画ミュージアムでは諸星大二郎展開催中。伝奇漫画の巨匠・諸星先生は私も大ファン。作品も多数保持しているが、コマが小さく字が多いの老眼には少々キツい。

 ホテル引き籠りPC猿打の気分転換かつ昼めしついでに諸星ワールドに浸るか、それとも引き籠ったまま『GANTZ』の続きを読むべか迷ったあげくに『GANTZ』。1冊5分で読めてしまう。

 2夜連続の旦過ミッション終了後、旦過市場プロジェクトチーム7人でとオオバコ居酒屋(黒舟)へ。若者で大賑わい。飲み放題などいつぶりか。焼鳥&サラダ(ポテトフライ)大満喫。

 4人で2軒目のフレンチバー<T&H>でちょっと1杯のつもりが、気づけばワインが3本空に。オツマミの粋を超えたステーキが深夜の背徳。

 部屋に戻り、旦過のN村氏からオミヤで頂いたかしわおにぎりを頬張りながら『GANTZ』な深夜2時。食べすぎ呑み過ぎを制御するアプリを開発してほしいものである。

210715小倉@.jpg
旦過市場アプリ。ぜひインストールを。

210715小倉A.jpg
<資さん>のカツカレー。

210715小倉B.jpg
初日の会議終了後。

210715小倉C.jpg
2日目の会議終わりの2軒目。贅沢の極み。

210715小倉D.jpg
ワザモノ。

210715小倉E.jpg
深夜の背徳罪悪サプリ。
posted by machi at 10:39| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月14日

第2724夜:シュウマイと新生姜【足利・栃木(栃木)】

 シュウマイ。栃木県内において、餃子と言えば宇都宮、ラーメンと言えば佐野、シュウマイ(シウマイ)と言えば鹿沼。しかし、足利もシュウマイをウリにしているという。

 3月中旬の暖かな平日の朝。濃厚な二日酔いのまま小山商工会議所S氏のご案内で栃木県南部エリアを視察観光することに。

 ロードサイド沿いはのどかな田園風景中心で、信号機のように等間隔で美味そうなラーメン屋が聳え立っている。

 まずは足利市。2020年4月から1年間、30年ほど前の大河ドラマ再放送(太平記)をすべて鑑賞したので何となく感慨多し。

 日本で一番古い学校らしい足利学校へは門前で入学を辞退。お目当ては日本最古の学校でもない。すぐ横の立派な神社でもない。シュウマイである。

 小山市内の居酒屋で吞んでいた際、たまたまTVで足利シュウマイが特集されていた。以来、気になり続けていた。街なかにあまりシュウマイ屋は見当たらない。家庭料理であるらしい。

 足利初訪問の私にはさっぱり攻め方が分からぬが、S氏は超絶ディープなスポットを隅々まで熟知。神社境内の茶屋で「足利シュウマイ(蒸・揚)」試食。水を一切提供しないと張り紙で吠えられているので、瓶コーラも。

 鹿沼が「シウマイの街」として大ブレイク予定なので、コロナ前までシュウマイに興味ある人生を送っていなかったが最近は目に入れば迷わず注文するようになった。

 足利シュウマイ、肉が入っておらず具は玉葱だけでソースで味わうそうな。肉のないシュウマイなのにシュウマイの味がする摩訶不思議。美味しいという事実も何故か不思議である。

 足利商工会議所1階の絵画ギャラリーなどマニアックすぎるスポットを見学し、栃木市へ。東武百貨店の中に市役所があるというシュールな市である。

 全国的な知名度を誇るのが「岩下の新生姜」。私は岩下を地名と思い込んでいたが、人名だった。そのミュージアムが圧倒的存在感を放っている。

 館内はポップでキュート。期間限定のプロジェクションマッピングや季節の生姜料理も。売店も異様に充実。見所たっぷりで、明らかに凡百の博物館よりお金が掛かっているだろう。本格的なのに、遊び心充実。館内は卑猥な形状のグッズで溢れ、狂気との紙一重が広がっている。

 正午過ぎに小山駅へ。予定の電車まで1時間半。シュウマイで空腹感は無かったが、前夜の深酒は抜けてきた。駅構内<藤エ門>で唐揚げ3ヶ定食。たぬきうどんが旨い。さすが、うどんの街である。栃木県内で、うどんと言えば小山である(たぶん)。

 都内で所用を済ませ新幹線を予約しようとしたら6割以上の乗車率。かなり戻ってきた感触。コロナ前は金曜18時以降に新大阪方面の新幹線など満席で確保不可能。もう一息である。

 溜まりまくった有効期限切れ間近のポイントでグリーン車にランクアップ。ツマミは鹿沼と縁深い「崎陽軒シウマイ弁当」。足利シュウマイと別物。昼も夜も焼売三昧。昨昼感動したラーメン屋さん(一品香)のテイクアウト焼豚&メンマもツマミに投下。

 栃木県南部エリア1泊2日。同部屋宿泊も含め正味24時間お相手して下さったS氏に大感謝。年度末の平日にマニアック観光を楽しめる自由業者の特権を満喫。

 皆さま、重厚な歴史と弾けたポップが融合する栃木県南部へおよれんせ。

210714足利栃木@.jpg
足利尊氏公。

210714足利栃木A.jpg
足利学校の入口。

210714足利栃木B.jpg
歩道橋から眺めた足利学校。

210714足利栃木C.jpg
いざ、足利シュウマイ。

210714足利栃木D.jpg
味わい深い壁メニュー。

210714足利栃木E.jpg
これが、足利シュウマイ。

210714足利栃木F.jpg
卑猥なオブジェが目印。

210714足利栃木G.jpg
メルヘンと狂気は紙一重。

210714足利栃木H.jpg
小山駅構内にて。小山は、うどん(らしい)。

210714足利栃木I.jpg
鹿沼名物K陽軒シウマイ弁当。
posted by machi at 11:19| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月12日

第2723夜:思川温泉のログハウス【小山(栃木)】

 思川。新幹線も停まる小山駅西口から徒歩10分程度に位置する風光明媚な河畔である。スポーツをはじめ様々なイベントも開催されている。ほぼすべての小山市民が誇りに感じ愛するスポットである。

 コロナ禍以降は都内から思川までのウォーキングが流行っていると伝え聴く。新幹線で40分を歩くとはとんでもない距離だけど。

 そんな思川河畔には遊園地跡に商業施設が誕生している。そしてスーパー銭湯も。その銭湯に併設するかのごとくログハウスが建っている。

 2019年度から小山と御縁を頂いてから、宿泊の際は東西の違いはあれど駅から徒歩3分以内のホテルだった。2021年3月中旬、小山商工会議所S氏が宿を手配して下さった。前述のログハウス。小山駅からは車で10分ほどである。

 URLを覗いてみる。……。目を剥いた。室内はロフトでこたつもあり、部屋には露天風呂もついている。グループやカップルで利用するのが王道。一人利用はあまりにも切なすぎるゆえ、S氏にも一緒にお泊り頂くことに。

 その夜は小山駅西口の創業50年を超える名店中の名店<東>。私も何度か通わせて頂いている。店の屋号と同じ苗字ゆえか、毎回漬物はないのかと騒いでいるからか私の顔を女将さんは覚えて下さっている。

 店内はお客が独り。出張族でイチゲンで飛び込んだという。素晴らしい嗅覚をされている。

 瓶ビールと後は、いくらでも酒が進むお通し(ホタルイカの煮付)を。そして、宇宙一旨い白菜の漬物。「タレ」を用いるそうだが、大将一子相伝の秘伝中の秘伝である。

 稚鮎の天ぷらに春を感じる。もつ煮込に緊急事態宣言の解除を感じる。大将と女将の掛け合いに安定と風雪と慈愛と緊張を感じる。この居酒屋、私が小山で最も通うお気に入りである。

 初めてこの店に来たというイチゲン客が会計で揉めていた。揉める理由が「安すぎる。ありえない」。これぞ実力の証。一長一短の創業者では決して真似できぬ境地である。

 S氏と2人で呑んでいたらどんどん仲間が合流。気づけば貸切状態に。ウィスキーの角瓶が空になった。ほとんど一人で吞み干した気がする。

 タクシーでログハウスへ。S氏と大浴場へ向かう。顔が凄まじく広いS氏はどんな店でもどんな場所でも知人友人と出会う。私が露天風呂に浸かっていると、氏は室内風呂で知人の社長と話し込んでいた。そのあたりで、私の記憶が飛んでいる。S氏と部屋呑みしたらしいが、記憶なし。 

 翌朝。目覚めたら炬燵で爆睡。S氏が布団をかけてくれていた。朝食を食べるパワーなく、思川を眺めながら部屋の露天風呂で酒を抜こうと試みた。しかし、抜けなかった。

210712小山E.jpg
ショッピングモールに隣接。

210712小山F.jpg
ロフト付き。

210712小山G.jpg
部屋にも露店風呂。

210712小山H.jpg
創業五十余年の超名店。

210712小山I.jpg
毛細血管に沁み込む。

210712小山J.jpg
何喰っても旨すぎ。

210712小山K.jpg
私もグデングデン。
posted by machi at 11:52| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする