2022年05月14日

第2929夜:守護神な男【小山(栃木)】

 守護神。栃木県南の大都市・小山市内の中小企業事業所にとっては小山商工会議所が誇るS氏がまさに「守護神」である。

 第6波席巻中の節分の日の朝。まん延防止以降は西(北九州)への比重高しだが、久々に東(北関東)へ。新幹線車窓から富士の小山、じゃなかった御山が。

 東京着後、眠気と壮絶バトルしながら小山着。3年間に渡る我が小山最終回である。

 S氏と合流し商工会議所へ。すぐ横の小山最強の人気行列ラーメン店<一品香>へ。私はこれで3度目。この店で啜れるだけでも小山入りの価値がある。

 13時を回っていたからか、行列待ちから着丼まで30分も掛からなかった。行列が大大大嫌いな私でもこの店は別格。30分なら待ち時間無きに等しい。

 初回はチャーシューメン、2回目がチャーシューメン肉増しダブル。3部作最終章がチャーシューメン肉増し。チャーシューメンサーガである。2回目の肉増しダブルは強烈過ぎた。チャーシューメンでは少し物足りない(私には)。痒すぎるところに手が届くラインナップである。

 ブツ降臨。圧倒的迫力。S氏のチャーシューメンがノーマルに見える。

 胡椒パラリ。後は無我夢中。途中でラー油を投下すると確変。ミッションが片っ端から延期、中止になる中、ラスト小山の昼をこの名店で飾れて心の底から感動が湧きあがる。

 14時から18時過ぎまでミッチリな最後の小山。栃木県内は絶賛まん延防止発令中。とちまる認証店は酒類提供20時、完全閉店21時。とちまる認証店でプチ打ち上げ。

 入れ替わり立ち替わりで楽しい夜を過ごす。牛タン焼などをツマミにハイボール。いくら飲んでもキリがないので、ラスト1時間弱の段階で焼酎をボトルで。21時、完全お開き。

 小山駅前の定宿チェックイン。北京冬季五輪開幕前夜はモーグル。私は昔から何故か夏季より冬季五輪好き。開幕直前のコロナ陽性で出場辞退のニュース続出。気の毒すぎて目も当てらぬ。翌日ら本格的に開会だそうな。

 持参のバーボンの残りを飲み干し、店から持ち帰った焼酎ボトルをラッパ呑みしながら、持参した駄菓子カツ、干梅、ミックスナッツ。この日は節分だったが、手巻寿司をかぶりつくタイミングなかった。

 酒をあおり、五輪をぼんやり観ながら50年以上前の東京五輪の時より築年数が古そうな駅前ホテルの一室で、小山の3年間が走馬灯に。

 S氏は小山の中小事業者、特に若手の守護神。これほどフットワーク軽く、行動力と知識と見識があり、街の事業者に頼られ愛されている漢はめったにいない。

 3年間のとちごまるごと創業プロデュース事業の「小山編」においても、S氏はこの事業の、そして私の守護神だった。たった3年の付き合いとは思えない。

 鹿沼のM越氏と並び、北関東に新たな盟友を得た。そして、人懐っこく気さくな小山の皆さまとの御縁。私にとって素晴らしい財産となった。

220514小山@.jpg
いいことがありそうな朝の風景。

220514小山A.jpg
行列も納得。大好きです。

220514小山B.jpg
守護神な漢と(奥の紳士)。

220514小山C.jpg
定宿にて。
posted by machi at 08:01| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月13日

第2928夜:焼きカレーは慌てずに【門司港(北九州)】

 焼きカレー。北九州というより、九州屈指の観光地・門司港名物である。

 まだ本格的に北九州と御縁がなかった三陸常磐大津波が太平洋沿岸を襲う約半年ほど前、近畿地方のまちづくりに関わっていた小物どもを引き連れて門司港へ視察した際、口にした記憶がある。店の名前も味も全く覚えていない。

 その翌年から北九州と毎年御縁を頂き丸11年。いつの間にか神戸新長田で働いていた年数より長くなった。毎月どころか隔週、毎週のように通っている。感覚的に、もはや「通勤」。

 何故かコロナが世界を席巻する前年まで門司港エリアとは全く御縁が無かった。ゆえにレトロで味わい深い駅舎が新しくなっていたことも知らなかった。ゆえに、焼きカレーも11年間口にする機会がなかった。

 オミクロンという感染力だけは一人前な「風邪」が世界中を席巻し、福岡県全域にまん延防止が適用されている真っ最中の2月初日。本格的な「強風」吹き荒れる晴れ間の見える門司港に13時過ぎ降り立つ。徒歩5分強のミッション会場への約束時間まで50分。空腹である。

 駅前広場でぐるりと首を回した。門司中央市場やプラザ祇園というガチに本物なレトロ地区と逆側のハイソでどこか人工的な香りもする関門海峡方面に3,4店舗「焼きカレー」の店が並んでいた。まさに駅の真ん前である。

 美味しいカレーは星の数ほど存在すれど、不味いカレーという物体に少なくとも外食で出会うことはめったにない。「どこでもいいや」的厭世気分で、屋号が王道っぽい2階のお店へ。

 トッピング豊富である。迷う時間がもったいないので最もシンプルな焼きカレーに。卵と2種類のチーズのみ(メニューより)。何も足さない(大盛・辛さ)、何も引かない(甘さ)。昔のCMのようなキャッチコピーを思い出しながら、シブい声でシンプルを注文した。

 窓から見える波頭。こんな場所からGは対岸(下関)への狙撃を成功させたのか。

 門司港エリアを舞台にしたGの神回を思い出していると、ブツが降臨。グツグツという音がする。凄まじく熱そうである。口に運べるのか。

 水を飲んで心落ち着かせ、卓上の福神漬を脇に投下。スプーンで端っこを軽く絡めるようにかき混ぜ、口に運ぶ。‥‥‥。

 熱い。ふほふほと口内に酸素を送り込む。2口目、少し余裕が出る。濃厚である。よくわからないが欧州風の味といおうか(現地で食べたことありませんが)。チーズが合う。

 半分ほど食べ終え、卵を絡める。マイルドとコクが増す。石焼ビビンバのごときおこげも味わい深い。850円は決して安いと思わぬが、この手間を考えれば十分に納得。

 私にとってカレー最大最強のパートナーは「カツ」。「焼きカツカレー」に出会うことはできるのだろうか。

220513門司港焼きカレー.jpg

(付記)
それから3日後の夜、再び門司港(プラザ祇園)へ。まん延防止中のため、門司中央市場の対面の聳える北九州最強スーパー(Hローディ)で晩酌の肴の買い出し。焼きカレーどころかカレー系弁当も売っていなかった。閉店間際ゆえ売り切れていたのかもしれない。
posted by machi at 08:35| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月12日

第2927夜:「オミ」クロンなどぶっ飛ばせ【小倉(北九州)】(後編)

 翌朝(金曜)。13時から会議所に急遽対面お呼び出し。午前中ぽっかりと穴。急ぎもない。

 ブラブラ20分以上歩いてチャチャタウンへ。映画『ノイズ』鑑賞。金曜は会員デーで1100円。春日部で会員カードを作り、小倉で使う。

 時間つぶしに最適だった映画の内容はネタバレ厳禁なので詳細は明かせぬが、デスノートのゴールデンコンビが大熱演する後味の悪いサイコサスペンス。

 鑑賞後、訪問対面不可によるオンラインや中止、延期連絡に追われる。その中、小山商工会議所S氏は私が現地入りできるよう全力で骨折り。3年間で培った氏との邂逅は我が財産に。

 気分かなり上昇。その勢いで北Q州商工会議所へ。対面禁止攻勢にヤラれている中、会ってもらえるだけでもシアワセなことである。

 M氏&M渡氏へアブラ売りに行ったら単発とはいえ濃厚な対面ミッションを3つも下賜。その中の一つは、ついにまさかの実現企画。凄いぜ、キタキュウ。

 気持ちハッピーに旦過市場へ。5店舗で収穫。焼鳥、牡蠣フライ&烏賊天麩羅(エビフライ1本サービス)、辛口手羽唐、本鮪ヅケ&本鮪鉄火巻、ラーメン屋風煮卵。

 今週は土、月、金と旦過で買物。平均的な北九州市民より良く通っているんやなか。ちなみに神戸の自宅から旦過までの往復交通費は約27,000円である。

 ゴキゲンに小倉駅へ向かおうとしたら、旦過市場内で美女に声を掛けられた。マスクと眼鏡でほんの一瞬誰か分からなかったが、門司駅前のマッサージ嬢かつスナック嬢のY子ちゃんがお子様を連れて。Y子ちゃんのもぐもぐママ(ガチのママ)もご一緒。

 門司からご来訪とはさすが旦過と思いきや、私の数日前のFBでスーパーだけじゃなく旦過とかの市場で食料品は買物しましょうね的な檄文を見て旦過まで来て頂いたそうな。

 感激の極みで昇天。私のバカSNS(FBしかしてませんが)やバカブログ(たまにそれを見てご来店もあると聞く)もごく稀に役立っているのか。凄すぎるぜ、キタキュウ。

 浮き沈みの多い怒涛の1泊2日、最後はハッピーに大団円。急ぎもない。缶ビールと缶チューハイのロング缶を改札内の売店で捕獲、リュックの中のバーボンで新幹線夕酌。ツマミは仕入れた旦過総菜。あまりの至福に昇天。

 コロナ禍の2年間、まん延防止どころか緊急事態宣言が発令されても、キタキュウの多くの皆さまは市役所も会議所も商店街も市場も、ヨソモノの私に変わらぬ手を差し伸べて頂いた。 

 ミッションを延期、中止されることもなく、何事も無かったように集まって下さる。非常時ほど、変わらぬ優しさが染みる。

 皆さま、スーパーやチェーン店もよかですが、商店街や市場でお買い物を。殺伐とした世知辛い世の中でも、清涼と芳醇と暖心を思う存分満喫できますぜ。

220512旦過G.jpg
チャチャタウンにて。

220512旦過H.jpg
新幹線にて。
posted by machi at 10:45| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月11日

第2926夜:「オミ」クロンなどぶっ飛ばせ【小倉(北九州)】(前編)

 オミクロン。もういくつめの変異株か分からぬ、2022年早々に日本中を席巻しているバカウィルスである。重症化しにくいが異様に感染力が強い特徴が伝えられている。

 風邪やインフルエンザは自覚症状がある。私は50年近く生きてきてたぶんインフルエンザに一度も罹ったことがない。罹患経験者曰く「インフルの方がよほどオミクロンより危険」。

 TVで死神のように私でも言える感染リスクを吐き散らしている専門家の先生方やコメンテーターの先生方に牛耳られた空白どころか無間地獄の2年間が過ぎようとしている1月下旬。福岡県独自のコロナ警報が発令された初日(月曜)、1時間ミッションのため旦過市場を訪ねた。

 15時過ぎには完了ゆえ、余裕で神戸まで日帰り可能。泊まって飲み食いしたいのだが、県独自の「コロナ警報」発令中でお店は早じまい。

 不要不急の極みのような生業ゆえ、翌日翌々日は神戸の自宅で誰にも逢わず引き籠り。故に帰路にたっぷりと旦過で晩酌の肴を買い出し。自宅で録画観ながらの旦過晩酌がシアワセ。 

 旦過から神戸に直帰できる日は旦過買物が何よりもお楽しみ。どうしても店は一部重複するが、毎回可能な限り初めての店を加えた上で4,5店舗回り、3〜5000円程度使う。

 月曜の収穫は5店舗。本鮪中落ち&本鮪鉄火巻、黒瀬スパイス&唐揚&焼鳥、玄米稲荷鮨&栗おこわ(半額タイムセール)、カナッペ&半熟玉子。そして、旦過じゃないけどSロヤ食パン。ちなみにその2日前も旦過を5店舗回ってお買い物。神戸自宅晩酌している。

 それから3日後の木曜。この日からコロナ警報がまん延防止に強化された。小倉へ向かうガラガラ新幹線車内でも、小倉第二の定宿(クラウンパレス)にチェックインしても、17時半の旦過ミッションギリギリまでひたすらメールや電話で詫びやら延期中止調整にバタバタ。

 まん延防止終了予定期間までほぼすべての対面が全滅状態。3年間の最後の最後で出禁となり切なくて悲しすぎるミッションも。一方、同時刻に北九州市内の商店街ミッションが2つ飛来。しかも、どちらもまん延防止中の依頼。凄いぜ、キタキュウ。

 全国各地の役所関係はオンライン限定に切り替わる中、北Q州市役所は何の迷いも憂いも無く木曜の夜にたっぷりミッション決行。2月中の案件は中止か延期かと思いきや、さらに会議マシマシの出席依頼が。凄いぜ、キタキュウ。

 20時過ぎから旦過総合管理運営会社のT中常務とサシ呑み。まん延防止中ゆえ、酒類提供は20時30分、閉店は21時。コンビニで何か買って事務所呑みも考えたが、旦過市場内<KOKURA堂>へ。酒類提供30分3杯勝負。

 お通しのもつ煮込(牛)や烏賊下足バター炒めをツマミに瓶ビール。牛タンステーキ、雲仙ハムを焼いてもらい、ハイボール。最後はチーズとトマトを焼いた逸品。ハイボールおかわり後、21時前撤収。ホテルに戻り風呂入り、バーボンとゆで卵とスナック菓子〔次夜後編〕

220511旦過@.jpg
鉄火巻きを買わずにいられない。

220511旦過A.jpg
手羽唐とスパイスを買わずにいられない。

220511旦過B.jpg
お買い得をスルーせずにいられない。

220511旦過C.jpg
得々パックを買わずにいられない。

220511旦過D.jpg
駅前の行列をかき分けずにいられない。

220511旦過E.jpg
雲仙ハムとタンステーキ。

220511旦過F.jpg
チーズが香ばしい。
posted by machi at 09:28| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年05月10日

第2925夜:新幹線改札内のVIPルーム【小倉(北九州)】

 新幹線ラウンジ。私が知る限り、山陽新幹線(博多〜新大阪)では小倉駅と博多駅しか存じ上げぬ何故なら、JR西日本ゴールド会員特典として利用できるラウンジがこの2駅しかないから。

 オミクロンが世界を席巻し、再び新幹線がガラ空きモードになった1月下旬。朝8時過ぎに会津若松駅を発ち、郡山で東北新幹線に乗り換える。車内で郡山名物という「クリームボックス」を珈琲で流し込む。

 大雪でかなり遅れて東京駅着。11時半の東海道新幹線に乗車。広島を超えたあたりで、駅弁を使うことに。郡山駅弁「麓山高原豚」。紐を引っ張る加熱式である。

 引っ張って5分。蓋を開ける。湯気が立ち上る。福島のブランド豚らしい。角煮、しぐれ煮、みそそぼろ、炙りベーコン、あぶり豚で白米を覆いつくしている。

 これは完全に酒の肴駅弁だった。味付けが濃い。一品がどれも見事な仕事っぷり。肉系駅弁は冷えるより温かい方が旨いことを改めて思い知らされていると、小倉に到着した。乗車前は大幅に到着遅れる見込みとアナウンスあったが、まさかの定刻到着。

 この夜の門司港ミッション開始は19時。お宿は旦過市場に近接する馬借の小倉第二の定宿(Cラウンパレス)。そこまで歩いてチェックインし、また駅に戻るのが面倒。

 改札出て、どこか駅近くの喫茶店でPCするか。すると新幹線改札内のラウンジが視界に。狂ったように新幹線移動な私はJRカードを確か1年ほど前にゴールドに切り替えていた。ラウンジが無料で使えることを思い出す。

 ちなみにこのカードはJRだが、厳密には「西日本」限定。使えるラウンジは小倉駅と博多駅のみ。私は博多駅を利用しない。

 その他の特典として、私が利用しない駅構内の店のわずかなカード割引。そして、新幹線車内販売でホット珈琲を買うと、サイズを無料でLに。ただし、カード年会費で元を取ろうと思えば、1年間で数百杯飲まねばならない。

 一度、静岡あたりで車内販売でコーヒーを買った。Lサイズにしてもらおうとしたら対応してくれない。このカードは「西日本」ゆえ、博多〜新大阪間限定のサービスだった。

 年会費の元を取らねばならない。VIPルームに突入‥‥‥。

 誰もいない。ソファー&テーブルが2セット。そして、パソコンデスクが一つだけ。飲み物もない。洗面台が隅っこに。ソファーテーブルに日経新聞が1部だけ無造作に置かれている。

 パソコンデスクにはコンセントが2ヶ。パソコンと資料を広げる。‥‥‥このデスクが超絶に快適。改札内のコンビニの珈琲飲みつつ90分間全集中。素晴らしい秘密基地を発見。究極のシェアオフィスである。

 門司港に向かおうとしたら人身事故で大幅なダイヤ乱れ。何とかミッション開始1分前に会場入り。早く北九州に着きすぎて危うく遅刻しそうになるマヌケっぷりである。

220510新幹線@.jpg
謎の郡山名物。知りませんでした。

220510新幹線A.jpg
東北新幹線車内。

220510新幹線B.jpg
東海道新幹線車内。

220510新幹線C.jpg
小倉駅新幹線改札内の隅にひっそりと。

220510新幹線E.jpg
ラウンジ@

220510新幹線D.jpg
ラウンジA

220510新幹線F.jpg
これまで壁側のテーブル席でPC猿打。
posted by machi at 08:36| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする