2022年09月19日

第3019夜:両毛線10分間の使い分け【栃木・小山(栃木)】

 両毛線。栃木県小山市と小山駅と群馬県高崎市の高崎駅を繋ぐローカル線である。昼はほとんどの乗客が学生。朝夕以外は1時間に1本程度である。

 7月上旬の暑い水曜日。両毛線約25分乗換で13時過ぎに栃木駅着。電車では初上陸である。

 市役所の御両人に公用車で大平町&都賀町エリアをたっぷりご案内頂く。1市と5町が合併した栃木市はかなり広大。1日で回り切れず。

 街なかに戻り、嘉右衛門通りをたっぷり徒歩視察。風情たっぷり。古民家風を改装した感度の高そうなお店が軒を連ねる。

 久々によく歩いて汗ダク。夕方、栃木駅横のほぼ新築ホテルチェック<シャンブル>へ。チェックインも完全無人化。部屋に入り、まずは荷を解く。

 この夜は初栃木だが孤独晩酌。市の方に駅前に居酒屋があるか尋ねたら、2軒あるとおっしゃる。その2軒、U民とS年の宴だった。

 チェーン居酒屋の個室で独りで呑んでたらホテル部屋でコンビニ晩酌と変わらない。そんな孤独に耐えられないので、駅から電車で10分の小山へ。

 S氏&H場氏にラブコール。両アニキ、降臨。愛してやまない創業50年以上の超絶名店<東>で旨すぎる料理を肴に鯨飲。汗かいたのでチンチンに冷えた瓶ビール旨すぎ。

 鰹刺身や鯖と胡瓜の海苔巻き、アジフライ、漬物…。ハイボールを濃い目にド鯨飲。S氏がボトルから直接注いで作って下さる。

 大将、女将、両アニキと楽しく談笑していたら22時に。両毛線は15分後。これを逃すと1時間後の終電のみ。

 22時半ごろホテル戻り。駅構内のコンビニはすでに閉店。周りを見渡せば、711発見。

 711はご当地系総菜豊富。探すと、ありました。栃木市が本社の「岩下の新生姜いなり寿司」をハイボールで。

 まだまだ腹に入るので、〆に蒙古タンメン中本北極カップ麺。コンビニで買ったグルメマンガ(めんつゆひとり飯)を読みながら。これ、抜群に面白かった。

 翌朝。9時に栃木市役所の男女と商工会議所のベテランも合流。途中、市役所で打合せを挟んだが、たっぷり3時間近くで「蔵の街」エリアをた〜っぷり徒歩視察。

 市役所は東武百貨店の中にあり、1階が百貨店、2階以上が市役所。エスカレーターで本庁舎を移動したのは初めてだ。

 会議所N中氏、蔵の街の生き字引であり、知らぬことなしパワフルなお方。心強い限りである。いろいろと勉強させて頂いた。目からうろこが落ちまくった。

 途中、少ししゃがんだ際にズボンの内ももが30pほど引き裂かれた。地肌丸見え。替えのズボンなし。蔵の街で私は超絶非常事態に襲われた。両毛線で移動するまでに、対処できるか。

220919栃木@.jpg
大平町エリア。

220919栃木➁.jpg
都賀町エリア。

220919栃木3⃣.jpg
嘉右衛門通り

220919栃木C.jpg
小山の名店へ。

220919栃木D.jpg
久々に両アニキたちと。

220919栃木E.jpg
小山から両毛線で10分。栃木駅へ。

220919栃木F.jpg
コンビニで栃木名物。

220919栃木G.jpg
〆は北極。

220919栃木H.jpg
ミツワ通り。

220919栃木I.jpg
蔵の街大通り。この後、悲劇が。
posted by machi at 11:20| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月18日

第3018夜:激辛蒙古は出張族の味方【品川(東京)他】(後編)

 店を出た。芯から温まっている。温まるというより、熱い。電車に乗っても汗が引かず、1時間後に新幹線乗換のためにホームに立っていても汗が沸き出す。

 それから数年後。品川駅高架下の「品達」も閉鎖されて幾年月。『Aメトーーク』で蒙古タンメン中本芸人を観た。私は1度行ったことがあることを思い出した。すっかり味を忘れているが、旨いというより、めちゃくちゃ辛かった記憶が蘇った。

 番組によれば、中本は関西にはないようで、都内中心。私の知る限り、大宮の南銀通りにある。この前は何度も通ったことがある。お客がひっきりなしに出入りしているイメージがある。

 大宮は超絶ラーメン激戦区。家系、大勝軒系、二郎系…。加齢とともに辛さへの耐性と渇望度合いが低下。愛してやまないレトルトカレー「LEE」は20倍が定番、30倍を数多く常備していたが、今は10倍の辛さでも十分すぎる。ゆえに、中本へ足が向かなかった。

 ところが、アMトーークを観て異様に啜りたくなった。視聴者がほぼ全員同意見のはず。その番組を見ていた時、毎週のように東日本へ通い大宮を通っていたヘビーな時期ではなかった。

 私はAメトーークの影響をかなり受ける。<T下一品>はあまり好まなかった(今は中毒)。『キングダム』にハマることもなかった。コロナ禍3年目には今更「菓子パン」にぞっこんである。

 中本のカップ麺は私の知る限り<711>限定で販売されている。番組放映後、711店内でかなりプッシュされていた。番組効果でよく売れているのだろう。定番の「辛旨味噌味」を購入し、自宅で啜った。たしかに辛旨だった。余裕で啜れた。物足りなさを感じたほどだった。

 それから約2週間後。小山駅前で呑み、栃木駅前のホテルに戻って独り2次会のため近くの<711>に立ち寄った。新生姜いなりと共に中本の「北極」ラーメンを捕獲。新発売なのか、前から売られていたのか。明らかに狂暴そうなパッケージである。

 ホテルの部屋で湯を沸かし、注ぐ。程なくして完成。紙フタを外す。

 狂暴そうなビジュアルである。まずはスープ…。噎せた。涙と鼻水が出た。噎せが止まらない。ハイボールを慌てて呑む。辛さが増した気がしたので水をごくごく。辛い。辛すぎる。

 麺をおそるおそる…。激辛スープが絡み合い、もはや拷問。涙と鼻水を垂らしながら気合で麺を啜りきるった。スープは、無理。

 最後に一口だけ。ああ、辛い。もう一口。…。辛いけど、旨い。さらに一口…。めちゃくちゃ旨い。気づけば汁をすべて飲み干していた。汗ドボドボだが、サウナ的爽快感がある。

 カップ麺でも十分すぎる旨さだが、お店で啜りたくてたまらない。栃木からの帰路、必ず大宮を通過する。途中下車するか、その時間はあるか。

220918蒙古タンメン中本辛旨味噌.jpg
定番?

220918蒙古タンメン中本北極ラーメン.jpg
極北。

(付記)
後日、カップ焼きそば試啜。インスタントという事実が信じられぬ奥深い辛さと旨さだった。

220918蒙古タンメン中本辛旨魚介味噌まぜそば.jpg
posted by machi at 07:13| Comment(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月17日

第3017夜:激辛蒙古は出張族の味方【品川(東京)他】(前編)

 <蒙古タンメンN本>。都内を中心にチェーン展開する激辛系超有名ラーメン店である。カップ麺もコンビニ(711)等で見かける。我が愛読コミック『めしばな刑事タチバナ』(徳間書店)でもこの店をご紹介。コミックを読み、ぜひ啜ってみたくなった。

 品川駅から高架下を歩いてすぐに「品達」というラーメンや丼・カレーの人気店を12軒集めたゾーンがあった。私も品川で下車する際は、つい立ち寄っていた。

 最近は梅田でも楽しめるようになった<伝説のすた丼>や金沢<ゴーゴーカレー>などがお気に入り。ラーメンエリアで初めてダイブしたのが、前述の蒙古タンメンである。

 昼ど真ん中の時間を外しても、ほぼ店内満席。私はスーツケースのまま入ることが多い上に関西弁を下敷きに北九州弁や宮古弁が混じった謎の言語を駆使していた。明らかに出張族かオノボリさん丸出し。入口の券売機で最もオーソドックスな「蒙古タンメン」を注文。

 有名店だからこその接客の素晴らしさに感動しつつカウンターに腰掛けていると、遠方からの客限定サービスがあるという。何か証明できるものを魅せると、「麺大盛」「ミニ麻婆豆腐ライス」「烏龍茶」がいずれかサービスに。私はミニ麻婆豆腐ライスを選択。

 期待を膨らませて店内をキョロキョロする。店内は「蒙古」「北極」という言葉が飛び交う。頻度で言えば、北極が7で定番であるはずの蒙古が3といった雰囲気。はて、北極とは?

 ブツが運ばれてきた。トロミのかかった麻婆豆腐がラーメンにかかっている。朱色が映え、かなり辛そうだ。時は真夏。ビジュアルだけで汗が吹き出しそうである。

 スープを啜る。……。見た目以上に辛くはないが、旨辛である。トロミがいつまでもスープを冷まさない。極太麺が絡みあい、クセになる味。箸とレンゲが止まらない。

 麻婆豆腐ライスを食べながら、麻婆豆腐ラーメン。ラーメンライスのごとき炭水化物×2以上に不思議な取合せだが、似て非なる味わい。これがサービスなのだから、遠路足を運んだ値打ちも倍加する。

 それから半年後。氷雨降りしきる冬空の中、この店を再訪。店の雰囲気やルールは掴めた気がする。前述の『タチバナ』で紹介された「北極ラーメン」のボタンを押す。出張特典は「麺大盛」。店内の活気に目を細めなながら、遥か北極に想いを馳せる。

 ブツが運ばれてきた。……。定番が朱色なら、北極は黒みがかった深紅。鼻に入ってくる湯気がすでに辛い。麻婆豆腐ではなくモヤシがこんもりトッピング。オアシスのようである。

 ヤバすぎるビジュアルに怯みながら、スープを一啜り。……。旨さの後に辛さが押し寄せる。辛いだけでなく、甘さと深さと奥行きがスゴイ。重層的なスープに頭皮から汗をタレ流しながら夢中で啜る。麺大盛が手ごわいものの、スープもほとんど呑み干した。〔次夜後編〕

220917蒙古タンメン中本@.jpg
定番(たぶん)。

220917蒙古タンメン中本➁.JPG
北極。
posted by machi at 07:57| Comment(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月16日

第3016夜:風雲児な男【多治見(岐阜)】

 たじみDMO。多治見市内のまちづくり会社2社と観光協会が合併して2022年4月に設立された新組織である。率いるのは、多治見の風雲児・O口氏である。

 略語の意味は忘れたが、「D」はディスカバリー。観光に比重を置いた地域活性化組織である。その初代COOが旧多治見まちづくり且ミ長のO口氏。パートさんを含めると約50名を統括する巨大帆船・多治見丸の艦長。狭く閉鎖的なまちづくり業界で突き抜けた存在になりつつある。

 氏とは数年前から面識こそあったが、本格的な御縁は2021年度から。DMOの前身・多治見まちづくり且蜊テ「本気の出店!創業塾」という催事に6回お招き頂いた。そして2022年度も7月から8月にかけてDMO主催の創業塾に5回も御縁を頂いた。

 O口氏は3つの統合組織とトップになったため、単純計算でも守備範囲は3倍。氏は足し算でなく掛け算ができる漢。無限の広がりを展開しそうである。

 2階のシェアオフィスにはミーティング無料スペースがあり、2坪弱で4万/月。敷金は1か月。24時間出入り可能で、スマートキーで管理。出入り時間も分かるそうだ。

 3階のDMO本社は女性たっぷり。隣接する会議室のようなスペースにO口氏が案内しようとドアを開けようとした瞬間、彼は「うわっ」と叫んだ。

 私は気づかなかったが、足元に泥のような黒い物体が。コウモリらしい。踏みつぶされているようでよく分からないが、コウモリとは1oも思わなかった。

 氏がコウモリだと叫んだ時、会議室の天井にたくさんぶら下がっていると思い、思わず上を見上げてしまった。コウモリ、よく事務所に入ってくるそうである。

 ミッション前に駅前の定宿へ。フロントへ向かうと、女性受付は私が名乗らずとも顔を見ただけで鍵を手渡してくれた。一切の記帳もなし。10か月ぶりだけど、覚えて下さっているのか。

 ツインルームは広々と快適。工事関係者が多いそうで、今回はシングルが確保できず。ちなみに次週は満室で取れない。 

 初回終了後、リアル参加して頂いたテコリンのNオミ女史、O口氏と3人で多治見最強無双の人気焼鳥屋<だいき>。ホッピーがあることに驚愕。カウンターは満席。種類豊富で安い。何喰っても旨い。人気店として突き抜ければ、立地関係なしと思ってしまう。

 1軒目の<だいき>で独り酒されていたO口COOの知人も合流し、2軒目は多治見駅前のロマンス。ここでもホッピー発見。多治見、暑く、篤く、厚く、熱い街。途中からO口氏やNオミ女史と親しいエステシャンも合流。

 人気店巡りを満喫した1日。それ以上に、行く先々で眼にする小G氏の人気者っぷりに驚嘆。まさに、多治見の、日本のまちづくり業界の風雲児。

 イケメンで爽やかな風雲児はもともと長野県民らしい。私もそんな風雲児が大好きであります。

220916多治見@.jpg
たじみDMOの拠点であり、多治見のシンボル。

220916多治見A.jpg
2階への階段の

220916多治見B.jpg
左が喫茶わに

220916多治見C.jpg
右がセレクトブックショップ

220916多治見D.jpg
愛する駅前の定宿

220916多治見E.jpg
掛け値なしに名店。

220916多治見F.jpg
魅力すぎるメニュー群。

220916多治見G.jpg
ホッピーが嬉しい。

220916多治見H.jpg
2軒目は駅前で。

220916多治見I.jpg
風雲児。
posted by machi at 10:08| Comment(0) | 岐阜県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年09月15日

第3015夜:レッツTRY!イケイケ出店プロジェクト【門司港(北九州)】

 九州で一番本州に近い市場。北九州市門司港地区の「プラザ祇園」の新たなキャッチコピーである(らしい)。ちなみに「九州最北端の市場」でもある。このキャッチはインパクトあれど、遠いイメージも喚起してしまうため扱いに困る。

 プラザ祇園と老松公園を挟んで伸びる門司中央市場はコロナ真っ盛りな2020年〜21年に「結果にコミット!地産地消の将来を見据えてプロジェクト」と冠した空き店舗対策を展開。

 追いかけるようにプラザ祇園は1年遅れの2021年度から空き店舗対策に着手。2021年度は計画づくり、そして今年(2022年度)は実行。種まき期間を超え、実りを刈り取る麦秋年でもある。

 プロジェクト名は「レッツTRY!イケイケ出店プロジェクト」。新たに組合ホームページも開設(https://www.plazagion.com)

 2022年10月1日、出店希望者の夢をアシストする貸店舗ツアーが開催される。午前の部(10:30〜)、午後の部(13:30〜)どちらでも参加OK(内容は一緒)。特別オプションとして、午前と午後の部の間に近接する門司中央市場の貸店舗ツアーも決行する。

 そして、10月中旬から1月下旬まで、無料でお試し出店できるチャンスをプレゼント。3日からでも1か月程度でも可能。特に12月はフィーバー期間である。

 プラザ祇園で出店するとメリットもたっぷりである。

メリット@「貸店舗出店補助金の対象になります!(上限75万)」
メリットA「市場の仲間が全力で応援します!」
メリットB「経験豊富な商工会議所経営指導員が伴走型でサポートします!」

 市場やその周辺も魅力たっぷりである。

魅力@「小さなお店が多く出店しやすいです!」
魅力A「周辺には新たな住宅が続々と増えています!」
魅力B「飲食向け、物販向けなど多様な物件があります!」

 物件を観てみたいな、今すぐお店は無理でも将来の準備をしたいな、という方も大歓迎。10月1日のツアー、ぜひお申し込みを。お問い合わせは「祇園商店街」事務所(пF093-332-2338)。受付時間は平日10:00〜16:00。

 上記のような内容を検討した会議終了後、プラザ祇園を全力で伴走サポートする北Q州商工会議所の若手と門司港の人気居酒屋へ。焼鳥が旨い。鯨カツ無双。ハイボール超濃い目。

 門司港の呑み屋はどこも満杯なイメージ。プラザ祇園や門司中央市場から歩いてすぐに、全国屈指の観光エリア「門司港レトロ地区」も。プラザや中央市場は「ホンモノのレトロ」でもある。

 私が知る限り、2022年度における北九州市内での貸物件ツアーや無料お試し出店を体験できるのはプラザ祇園だけ。皆さまのご来場、心よりお待ち申し上げます。

220915プラザ祇園@.jpg

220915プラザ祇園➁.jpg

220915プラザ祇園B.jpg
posted by machi at 11:08| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする