2022年09月27日

第3023夜:好感度の上げ方【駅弁】

 『カンナムの彩り膳』。東京駅改札内で捕獲した韓国テイスト溢れる駅弁である。カンヌムの意味は分からない。特に調べようとも思わない。

 東京駅から18時前に新幹線に乗り込む。ネット予約で何とか普通車指定席2人掛け窓側を確保。発車13分前の時点で隣がいないことが確認。ゆえに、気兼ねなく新幹線晩酌を決行できる。

 持ち時間、13分間。まずは新幹線改札付近のコンビニで発泡酒、缶チューハイ、ハイボールのロング缶を捕獲。

 車内一人2次会(名古屋を超えたあたりから)用には残量わずかだがバーボンのフルボトルとミックスナッツがスーツケースに。後は、車内1次会(新横浜から名古屋)のメインディッシュ、駅弁である。東京駅で駅弁を捕獲する際、2択である。K陽軒シウマイ弁当か、それ以外か。

 この日は「それ以外」モード。あまりじっくり選ぶ時間ないが、コンビニの近くに駅弁売場ではない専門店が集まった弁当や総菜を売っているエリアがある。そこがリニューアルされていた。以前はよくT田農場を利用していた。

 時間がない。なるべくおかずの多そうな店とブツを選ぶ…。発見。コリアン系のお店<Kムナム>。1番人気とある「カンナムの彩り膳」を手にレジへ。

 新幹線に乗り込む。終点は博多。この夜は新神戸で下りて巣にいったん戻る。翌日は小倉。そのまま小倉まで行ってしまう方が楽なのだが、ズボンは昨日大きく破れたまま。今回は4泊5日で、翌日から7泊8日。やはり、素戻りせねばならない。

 新幹線は品川、新横浜を通過。そこからは名古屋までは1時間以上の極楽タイム。新横浜を超えてから晩酌するのが望ましい。しかし、キンキン冷え冷えがぬるくなるのは我慢できない。

 1本目の発泡酒を品川どころか有楽町を超えたあたりでカシュ。たっぷり汗(冷や汗も)をかいた4泊5日のご褒美。品川到着までに500mlが空になる。

 新横浜を通過。「カンナムの彩り膳」のフタを外す。美しい韓国曼荼羅が描かれている。

 韓国風の巻きずしが2種類6ヶ、プルコギ、チヂミ、コチュジャン風の唐揚げ。これは最強クラスのツマミ駅弁である。そして、駅改札内で売られる弁当や総菜は匂いテロを起こさない。

 まずはプルコギから。しっかりと味が着いている。肉の旨味が染み込む。チヂミはカバンに常備している超ミニボトル醤油を少し垂らして。ツマミ感が増す。韓国風巻きずしは具沢山で酒のツマミにしっかりと役割を果たす。

 大満足で口に運び、呑む。名古屋到着前にカンヌムの彩りとロング缶3本が滅失した。

 名古屋を超えた。2次会である。カバンからナッツとバーボンを取り出す。これまでバーボンをラッパでグビグビしてきたが、ワイルドを通り越して香ばしい雰囲気に。

 ゆえにお猪口サイズのステンレスカップに注ぐ。しかし、テーブルにバーボンのフルボトルが乗っていると存在感を放ちすぎている。

 ただでさえゼロに近い私の好感度が完全滅失。ズボンは内ももが破れ、安全ピンでとめている。足は裸足にスリッパ。ゴルゴ刈のデブ。

 私は、ヒラメいた。バーボンをテーブルから遠ざけ、代わりにペットボトルの呑みかけジュースを置いてみた…。

 そこには、爽やかで普通の光景が広がっていた。これまで1oも無かった私の好感度も爆上がり(のはず)である。

220927東京駅弁@.jpg
名古屋までの1次会。

220927東京駅弁A.jpg
名古屋からの2次会。

220927東京駅弁B.jpg
ボトルの代わりに、ジュースのペットボトル。爽やか。
posted by machi at 07:30| Comment(0) | 駅弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月20日

第2975夜:郡山駅「海苔のり」シリーズ【駅弁】

 のり弁。いわゆるホカ弁におけるド定番商品である。私も稀に弁当チェーンで注文する際は9割以上の頻度で「のり弁」。タルタルソースを追加購入する。出来立てよりも少し時間をおいて、熱々ご飯と海苔がなじむ頃合いが食べ頃。弁当界のノーベル賞である。

 ホカ弁屋以外でもスーパーやコンビニでも最安値ラインとして「のり弁」は活躍の場を広げている。しかし、駅弁売場ではあまり私は見かけない。東北本線・郡山駅を除いては。

 郡山の駅弁世界を統べる調整元は<福豆屋>。この調整元は日本屈指の実力。ハズレなく、定期的に新製品も投下。郡山は乗換だけといえ2016年度あたりから毎月のように福島県(会津地方)に通っている私のルーティンの一つが、郡山駅の駅弁売場を覗くことである。

 小原庄助べんとう、福の島おとなの幕の内、福島まるごと弁当、豚の醍醐味……。綺羅星の中でも私もお気に入りは「海苔のりべん」。充実のおかず陣に米の上一面に広がる海苔。ずしりとした重さも頼もしい。

 この駅弁に「海苔のり牛めし」が加わっていた。もう一味欲しいという御仁たちの心がわかっていらっしゃる。牛肉系駅弁も充実しているので、ダブルで楽しめる秀作である。

 そして、2021年4月上旬。桜満開の会津若松から在来線でトコトコと郡山へ。駅弁売場を覗くと、新たな「海苔のり」シリーズを発見した。『海苔のり弁887』。「海苔のり牛めし」より50円高い。牛めしより高価なのり弁。心が騒ぎ踊る。

 迷わず捕獲し、新幹線車内で掛け紙を外す。白米の上には海苔が2枚、そして玉子焼と海苔の天ぷら。海苔の天ぷらがジャンク加減に微笑させられる。

 おかずも充実。別の種類の玉子焼、塩鮭、牛肉煮、煮物、漬物。ご飯メインの駅弁だが、おかずも盤石で隙がない。

 米が旨い。海苔が旨い。おかずはすべて米に合う。熱々ではない冷えた旨さが底堅い。福豆屋さんの駅弁、これもそうだが醤油やソースが入っていない。すべて味付けが絶妙に施されている。

 いちいち封を切ったり手を拭いたりせずに済む。小袋をちぎった際に飛び跳ねてシャツを汚した経験数え切れず。小袋に頼らない駅弁こそ、王道といえる。

 気になったのが「887」。意味が懸け紙に書かれていた。88の手間と7つの生産基準を満たす福島県郡山産米「あさか舞」の中の最高品種が「ASAKAMAI887」という。「88の手間」に自信と誠実がにじみ溢れている。あっという間に食べ終えた。

 ちなみに春限定っぽい「日本三大桜 三春滝桜べんとう」もおかずの気合と充実ぶりが磐梯山直滑降級のグレード。酒の肴に無敵系駅弁である。

 福豆屋さんの駅弁、まだ未食もある。終わりなき至福の駅弁道である。

220720海苔のりべん@郡山.jpg
基本。「海苔のりべん」。

220720海苔のり牛めし@郡山@.jpg
アップグレード。「海苔のり牛めし」。

220720海苔のり牛めし@郡山A.jpg
海苔のり牛めしの正体。

220720海苔のり弁887@郡山.jpg
更なる高みへ。887。

220720三春滝桜べんとう@郡山.jpg
まさに、春。
posted by machi at 10:37| Comment(0) | 駅弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年05月25日

第2692夜:令和の嗜み【駅弁】

 嗜み(たしなみ)。人間には社会生活を営む上で嗜まねばならぬことが数限りなく存在する。

 その中でも、令和時代、より具体的に言えば令和2年春からの嗜みとは何か。マスクであり、3密回避であり、ソーシャルディスタンスであり、その他もろもろである。

 すべてに共通するのは「飛沫防止」。ウィズコロナだけでなくアフターコロナになっても、飛沫防止は令和時代の嗜みとして定着するだろう。

 令和3年1月の「いい肉」の日。北九州折尾ミッション終了後、通常なら商連の旦那衆とどこかで呑み会なのだが、緊急事態宣言絶賛発令中。よって20時以降は漆黒。商工会議所の若手と缶ハイボール呑みながら電車で小倉へ。北口の定宿にチョッキする。

 今週はステイホテルが続く。呑み屋が空いておらず懇親会もないことは事前に把握していたので、私はステイホテルの肴として新神戸駅で駅弁を捕獲していた。ただしこの日は1月29日。「にくの日」である。

 そのためか、新神戸駅構内で幅を利かせている肉系駅弁がほとんど売り切れ。ゆえに未食だった「令和の嗜み弁当」を捕獲。1000円。駅弁にしては良心的な価格設定である。

 どことなく嗜みを感じさせる。ただし、パッケージだけ見ると、確かに上品な雰囲気あれど、どのあたりが嗜みなのかイマイチ伝わってこなかった。

 ユニットバスに浸かり、缶ビールをカシュ、ゴキュッ。プハ〜である。缶類は大量に冷蔵庫にキープ。バーボン(オールドクロウ)もボトルで机上に屹立している。

 駅弁のフタを開けた。思わず目を剥いた。アマビエ様のイラストが飛び込んできた。アマビエ様の羽のごとく弁当のフタの裏側を広げる。そして、差込口へ。飛沫防止シールドだった。まさに「令和」の「嗜み」「弁当」である。

 正直、全く防げないとは思うがご愛敬。何とも言えない淫靡な個室感がある。こそこそ隠れて駅弁を喰っている気分。しかし内容は大充実。おかず多く酒のツマミに最適。

 中は12ブロックに区切られている。煮物、肉、魚、ご飯……。バラエティ豊かである。

 私は小市民なので、いきなり肉から行けない。まずは蒟蒻や蓮根の煮物、そして山菜。玉子焼などをかわしつつ、魚へ。クライマックスは肉。飯系を平らげ、フィニッシュはデザート。

 肉を頂きとして、そこまでのルートをどう攻略するかが駅弁の醍醐味である。いきなり肉、または好きなものから攻めていく突貫侍に私は慣れない。ラーメンでいきなりチャーシューから攻める御仁にも私は慣れそうにない。これが私の駅弁の「嗜み」である。

210525令和嗜み弁当@.jpg
太ゴシック体に嗜みが感じられる。

210525令和嗜み弁当A.jpg
御開帳、その1。

210525令和嗜み弁当B.jpg
御開帳、その2。
posted by machi at 11:01| Comment(0) | 駅弁 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする