2020年09月21日

第2525夜:徒然コロナ草【stay-home】(その四)

 当初の緊急事態宣言解除初日であるはずの5月7日を待ちわびたが、さらに3週間以上延長に。私のような自宅事務所の自由業は外出自粛容易だが、ただでさえ数少ない脳細胞がさらに死滅寸前。そんな中でも、北九州市若松の若松商店街連合会は私を月1回ペースで招聘し続けた。

 緊急事態宣言自粛要請解除または緩和のニュースの一喜一憂。我が兵庫県は大阪府が解除されぬ限りコバンザメ状態だろうが、やむおえぬ。

 この数年、何故か私の担当エリアは拠点のある関西「以外」がほとんど。その傾向はますます加速。今回のコロナでしみじみ関西(兵庫)に拠点を構える必要のなさを実感。兵庫で仕事がないのに「兵庫県民」であるという理由で他県へ出禁になるのだから。

 従業員もいない自宅事務所で独り暮らし私は、平日休日関係なく寝間着のまま寝たいだけで寝て好きな時間に起き、ミステリ&漫画読んで、録画観て、泥酔するほど酒呑んで……。

@何の食事制限もない入院
A限りなく自由な見張りの無い軟禁
B仕事をリタイアし年金だけで生活する身寄りのない独り暮らしとはいえ割と元気だけど身近に友人がいない高齢男性

 上記@〜Bを疑似体験できるチャンスと考えることに。……。Bがキツい。毎日激安立ち呑み屋に通うねずみ色のオヤジさんたちの心情を痛感。

 このご時世、有難いことにシゴトのご依頼だけは(すべて近畿以外ですが)緊急事態後も例年ほどではないとはいえ五月雨式に頂戴しているが、軟禁状態ゆえミッションがこなせぬ。

 自堕落が続くとこのままなら宣言解除後に対応できると1oも思わぬので、せめて9時から17時までは書斎(仕事机)に寄生を心掛け。しかしそれが16時、15時と繰り上がり、酒浸りに。

 5月下旬が近いのに、暑くならずずっと肌寒い状態が。経済活動が止まると温暖化まで止まってしまうのか。

 緊急事態宣言解除を受け、我が兵庫を含む関西3府県の外出自粛要請解除や営業自粛要請緩和は23日午前0時。岩手県は見事に感染者ゼロを継続中(2020年5月時点)。故に兵庫県民の私はワクチンが開発され三陸宮古の商店街関係者の不安が完全に払拭されるまで出禁継続でミッション遂行不可。

 引き籠り開始当初の一週間は新鮮。それから3週間がきつかった。ところがGW開けから体も精神も慣れて妙に快適に。日が沈む19時前後には寝室で太陽が昇る朝5時には起床。散髪も2カ月半行かなかった。散歩を試みたが初日に足を痛め、以降断念した。

 ある朝、トイレ(大)の後に尻を拭く際、背中がツラなくなった。久々に体重計に乗ると7s痩せていた。そして2か月の間に10s痩せた。脳の活力は失ったが、健康を手に入れた。揚物を喰う機会がないので痩せたのか。

 緊急事態宣言が開けることをあれほど楽しみにしていたのに、特に生ビールと焼鳥を渇望したのに、専門店のラーメンに溺れたかったのに、さらに1週間自主的に外出自粛した。外に出たいと思わなくなった。ストックホルム症候群の変種なのだろうか。

 ニュースも見なくなり仕事のことも含めて世間のあらゆることに関心が無くなってきた。渡ってはいけない川を渡ってしまったのかもしれない。

 そして、私の生業である「まちづくり(中心市街地・商店街活性化)」がいかに不要不急なモノであるかを思い知った。

 商売人は商売辞めたらボケることを肌身で実感。不要不急なまちづくり関係のシゴト以外で死ぬまで働こうと決めた。

 皆さま、外食やテイクアウトうんぬん以前に、金は天下の回りもの、とにかくお金を使いましょう。きっと返ってきますから。

200921ステイホームC.jpg
解除後の6月。2か月以上ぶりの生ビールと揚げたてポテトフライ。

(付記)
解除後の6月以降、瞬殺でリバウンドしました。
posted by machi at 12:10| Comment(0) | あ〜ほボイルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月16日

第2524夜:徒然コロナ草【stay-home】(その三)

 この数年、いや、30年以上じっと耐えてきたことがあった。ドラゴンクエスト、いわゆる「ドラクエ」である。私が小学生の頃発売され、日本中を熱狂と徹夜の渦に巻き込んだRPGの奇跡である。現在は11作目まで発売されているらしい。

 私は小学生の頃にドラクエに目覚めたがゲームそのものにハマらなかったため、2作目以降やったことがない。そもそもゲームというものに30年以上触れていない。

 私は45歳である(緊急事態宣言中)。いつになるか分からぬが、老後の楽しみに取っておいたのがドラクエだった。しかしあまりにもヒマで人生設計より20〜30年ほど早くヤリたくなった。

 しかし、ドラクエをTからやりたいがどうしたらいいか全くわからない。アプリというものを購入したことなく、AップルのIDなども失念して上手くいかない。

 スマホでやるとコロナ終息後もひたすら移動中にやりつづけるだろうからPC猿打せず支障をきたすこと確実。できれば自宅でないとやれないハードがベストだけど、それすらよく分からない。確かTは超絶長文のひらがなパスワードをメモしていたような。

 FBでドラクエTからやりたいと熱筆したら旅の仲間たちから有難いアドバイスを拝受。アイフォン保有して丸9年。有料アプリを初購入。T、250円。ネットで「ドラクエT攻略」と検索したら鬼のように百花繚乱。ダンジョンマップなどZンリンなみの詳細さ。

 攻略を参照にズルしながら、眼精疲労と肩凝りに老いを感じつつ、気づけばレベル15。姫の救出にも成功。どこかの町で約35年ぶりに「ぱふぱふ」して頂きました。その翌日(2日目)にはクリアしてしまった。このままでは緊急事態宣言解除後も社会復帰できそうにないので、U以降は自粛した。

 あるヒマな日の午後。栃木県鹿沼市最強ラーメン店<山いち>さんで4日仕込チャーシューのブロック2 ヶお願いしたら、24時間後にはもう神戸の自宅に。魔女の宅急便より正確で迅速。夢枕獏先生の剣豪小説を読みふけりながらのウィスキーのツマミは何にしようかなと思案の矢先。巣篭もりの充実度、レベル100に。

 Aメトーク『鳥K族芸人』の録画を観た。これまで1度だけ、それも守山店のみ経験。その時はピンと来ずに2軒目の店にハマったが、トリキの奥深い楽しみ方が良く分かった。

 学生や新卒の頃は「S木屋」で一番安い焼酎ボトルと鶏軟骨ばかりだった記憶が。40代後半に差し掛かった私が好きな大型居酒屋は「一軒めS場」「Yるき茶屋」が二強。岡山表町の幹線沿い「味一番」はチェーンっぽくも他に見かけぬが、ここは世界最強。

 この回が放映されている最中トリキ全店休業中という皮肉だが、再開したらぜひ行ってみようと決心。ついでに『SONGS』S木雅之40周年15曲ノンストップメドレーも録画で。スナックでカラオケが無性に歌いたくなった。〔次夜最終〕

200916ステイホームB.jpg
ステイホーム最強の友。栃木県鹿沼市<山いち>さんの焼豚。
posted by machi at 08:40| Comment(0) | あ〜ほボイルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月15日

第2523夜:徒然コロナ草【stay-home】(その二)

 日本中でテイクアウトなどによる飲食店支援が隆盛に。誠に心強く頼もしい。我が家の冷蔵冷凍庫&ストック庫には消費期限など100万光年彼方に過ぎ去った大量の食材が備蓄。ゆえに引き籠り中はテイクアウトすらほぼしなかった。

 北九州を訪問した際、飲食店テイクアウトのコスパに衝撃を受けた。FB上でもテイクアウト情報が花盛り。我が神戸の自宅事務所周辺は飲食店の絶対数が少なすぎてリアル面では少々寂しいが、FBを拝見しているだけで満たされた気分に。

 ある巣ごもり真っ最中の5月中旬。昼前に気分転換を兼ねて自宅マンションから徒歩1分のショッピングモールへ酒を買い出しに行ったら、私が知る限り駅から徒歩10分圏内唯一の居酒屋が昼限定でテイクアウト弁当販売中。カツ丼、唐揚&出し巻き弁当など400円(税込)。

 カツ丼を初テイクアウト。ボリューム、味、そして芸の細かい技術に脱帽。大満足。しかし他でみかける居酒屋さんとかのテイクアウト弁当や総菜はあまりにも利幅を度外視したっぽい期間限定のお祭り的な気合満点ぶり。従来からテイクアウト専門店が割高に感じて少し気の毒に感じた。

 引き籠り中、平日休日問わずミステリ乱読と録画乱観と酒。時折プチ仕事。自由業者だが、あまりにも自由すぎて溶解寸前。この数年出張の繰り返しでリズムを作っていたので波に乗れぬ。

 例年3月後半からGWまでヒマだが、今年は輪をかけてヒマ。出張できない分オンライン&メール&メッセージ対応ゆえ余裕時間増量。

 特急案件もなく、ヒマを持て余し、まだ今年度の契約も締結していないミッションの来年3月に提出する報告書を30枚近く空想と予測の羽を広げながら猿打。賽の河原で石を積み上げるがごとき不毛っぷりに哭けてくる。

 一人暮らしの私は人間との直接肉声会話ゼロ。緊急事態宣言期間は出張もすべて延期に。どうせならこの勢いで人間と全く直接肉声会話せずとも精神に変調をきたさないか自己人体実験を試みる。……。5日間でツラくなってきた。日頃から自宅どころか部屋すら出ることなく引き籠られている方々の精神力の強さにある意味で脱帽する。

 4月18日からマンションのエレベーターすら乗らない完全引き籠りを4月末まで続けていたが、緊急事態宣言が1か月延長らしいとの情報を受け、約2週間ぶりに外出し自宅近くで日用品、食料品、本、酒等を買い出し。たったこれだけのことで緊張と不安と喜びが入り混じる。

 何度かオンライン呑み会に誘われた。何故か異様に酔いが回る。極めつけは「オンライン結婚式」。5月中旬の土曜日に予定されていた神戸新長田時代の会社の後輩の結婚式だったが中止に。そして、その代わりにご両人にサプライズな「オンラインウェディング」なるものに参戦。

 最初この企画を聞いた時は世も末かと悲嘆したが、いざやってみると実に良い。幹事の皆さまに感謝。最後は泥酔。記憶なし。この1カ月半ですっかり酒が弱くなった。〔次夜その三〕

200915ステイホームA.jpg
400円の至福。
posted by machi at 06:52| Comment(0) | あ〜ほボイルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする