2019年01月05日

第2109夜:危険物を持ち込んだバカは誰だ?【神戸(兵庫)→久慈(岩手)】

 8時16分発新幹線のぞみ114号東京行き。ある秋の朝、名古屋まで軽快に快走していたが、名古屋駅で停車したまま動かなくなった。停止信号か。それにしては、動かない。台風や豪雨は関係ない。車両不具合が、事故か。

 しばらくして、警察官が何人も乗り込んできた。……。うん?喧嘩か?。それにしても迷惑な話だ。私は東京駅で乗り換えて盛岡に向かわねばならない。乗換時間に余裕があるわけではない。

 車内アナウンスが流れた。2号車か3号車だかに危険物を持ち込んでいるバカがいるらしい。放送によると、2号車から4号車の乗客全員に手荷物検査への協力を呼び掛けている。

 私は遠く離れた14号車なので全然関係ないが、先頭座席で最も喫煙スペースの近い座席に座っていた。喫煙ルームの前はイライラした乗客が織りなす長蛇の列。気持ちは理解できる。

 解決したことを伝えるアナウンスが流れ、40分遅れてようやく出発。不審物を持ち込んだ輩は無事逮捕されたのだろう。

 東京駅に30分以上遅れて到着。予定していた東北新幹線に間に合わず。次の便まで45分も待たねばならなぬ。時間つぶしに京葉線乗場近くまで歩き、食べ飽きた<いRり庵きらく>へ。

 様々な立ち蕎麦の中でも、好みは別としてコスパ最強は恐らく「ちくわ天そば」。ライス系を合わせるか大盛もよいが、あえてトッピングを増やしていく作戦を選択。コロッケと生卵を追加。コロッケはよく分からんが北海道産という。

 ブツ降臨。ちくわがデカイ。普通サイズの倍はありそうだ。コロッケも分厚い。この店はすりごまが卓上に常備されている。一味を普通に、すりごまを多めに振り、まずは出汁。

……。ごまが効いている。出汁のパンチはネコパンチ程度。トッピングを増やしたので出汁に浸すと一気に冷たくなり人肌の温度に。しかしこれは、時間なき現代人が短時間で啜れるようにという配慮と捉えたい。

 コロッケはソリッド感があり、後半はモロモロと崩れる。このモロモロが旨い。卵の黄身をつぶし、麺と絡めながら啜りこむ。笑顔がにじむ。腹は満たされた。

 啜り終え、新幹線ホームへ向かう。仙台まで爆睡し、14時30分過ぎに盛岡着。合流した岩手県庁3人組に遅れたことを詫びながら、公用車で久慈へ向かう。

 車中で私が乗っていた「のぞみ114号」のニュースがネットに流れた。危険物とは、拳銃。それを保持していたのは、……。O阪府警からK視庁へ研修に向かう3人の私服警官。

 あまりにも御三方が怪しすぎたようで、乗客が通報したそうだ。愛知県警から警察官が30人ほどかけつけたらしい。まるでコント。よほどイカつかったのか。JRは大S府警に損害賠償請求して頂きたい。私も昼の立ち食い蕎麦590円を請求したい気分だ。

 3人の私服警官のご尊顔を拝見してみたいものである。恐らく正体を隠さねばならない隠密の部署からは異動された方がよいだろう。私服警官に向いていないことだけは推測ではなく確信できる。

190105いろり庵きらく@東京駅.jpg
ちくわ天そばにコロッケと生卵をライドオン。
posted by machi at 08:36| Comment(0) | あ〜ほボイルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月04日

第2066夜:居酒屋の昼ランチ【Aho-Boiled】

 居酒屋のランチメニュー。私の昼は基本的に麺類が8割、1割がカツ丼またはカツカレー、そして残り1割が定食である。<Yよい軒>や<宮本むNし>ら定食専門チェーンよりも、居酒屋のランチを好んでいる。量も味も満足で、値段も安い。かなりお得である。

 一般的に居酒屋のランチはサービスメニューである。つまり、儲からない。では、なぜ行うのか。夜の飲食に繋げるためである。昼は宣伝のようなものであり、ゆえに手抜きが見られない。夜に行ってみようと思わせなければ、それこそ徒労に終わるからだ。

 居酒屋ランチで圧倒的な存在感とコスパを誇るのが<Sくら水産>。平日限定だが日替わりが2種類(魚系・肉系)があり、ライス、味噌汁、生卵、漬物が食べ放題。以前はさらにフリカケと味付海苔も食べ放題に含まれていた。様々な事情があったのだろうが、税込500円をキープしていることに最敬礼である。消費増税後の動向が気になるところだ。

 この数年、日本中の駅前繁華街のド一等地に進出している24時間海鮮居酒屋(●●水産など)も熱い。1000円以下でかなりも満足感を得ることができる。

 私の自宅事務所(神戸市須磨区の妙法寺駅前)近くは居酒屋が1軒だけ。ショッピングセンター内にあり閉店時間も速いが、ランチが安くてボリューム満点。味も申し分ない。

 ある秋の午後。小倉駅付近で昼食を取ることに。駅構内のラーメン屋数店はさすがに飽きてきた。小倉滞在時の我が定宿は小倉駅の北側(新幹線口)。よって魚町や旦過から離れている。

 ホテルへ向かう途中、これまた日本中で看板を掛け変えている<M利きの銀次>が視界に入った。小倉店は未踏だが、愛知県安城市で呑む際、2、3軒目としてよく利用した。昼ランチをやっているとは知らなかった。

 飛び込む。13時だったが客は誰もいない。不安を覚えながら席につく。メニューを見る。

 牛丼400円、シーフードカレー500円、日替わりの値段は忘れたがトンカツか唐揚だった。定番の定食はマグロ系や焼魚系が大充実。ライス、味噌汁食べ放題という剛毅さである。

 「ミックスフライ定食」を選択。880円。居酒屋ランチゆえ悠々と煙草を吸いながらぼんやりしていると、ブツ降臨。エビフライ2本、魚フライ2ヶ、コロッケ1ヶを軸に、冷奴、小鉢、漬物がわきを固めている。ライスと味噌汁はすでに大盛だ。

 ソースを垂らし、ワシワシ飯をかきこむ。旨し。十分なボリュームゆえ、ライスお替りにたどり着かなかった。これから小倉新幹線口のホテルに滞在する際の昼は、この店にしよう。そして、夜も一軒目に訪れてみよう。しかし、昼からビールを飲んでしまいそうになる危険性もたっぷりとはらんでいる。

181104居酒屋ランチ@あんばいや.jpg
我が自宅近くの昼ランチ。この内容でたしか600円程度。

181104居酒屋ランチ@さくら水産@.jpg
181104居酒屋ランチ@さくら水産A.jpg
<さくら水産>の500円ランチ。

181104居酒屋ランチ@目利きの銀次@.jpg
<目利きの銀次>の定食。

(付記)
翌日の昼もこの店へ。「まぐろ定食」、おいしゅうございました。
181104居酒屋ランチ@目利きの銀次A.jpg

posted by machi at 10:36| Comment(0) | あ〜ほボイルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月09日

第2031夜:ダルマ投入【Aho−Boiled】

 ダルマ。一般的にはどっしりした赤い縁起物を連想するだろうが、私のような呑んだくれダメ人間にとって、ダルマといえはウィスキー。サン●リーオールドである。

 地酒、地ビールならぬ地ウィスキーなるものもイチロ●ズモルトを代表格として親しまれつつあるが、日本はサン●リーとニ●カが寡占。ダルマはサ●トリーのラインナップ中でもちょうど真ん中ぐらいか。720mlとして、トリスや角よりも高級で、ロイヤルや山崎よりは安価。

 2018年7月上旬の夜。秩父の玄関口・寄居からの終電帰り道。私はカバンからロイヤルを取り出し、紙コップへ注いで同行氏たちへ手渡す。恒例となりつつある東武東上線寄居終電社内2次会である。

 翌日。すさまじい雨が西日本を襲っている。昼過ぎにネットニュースを見ると、我が自宅事務所のある神戸市(須磨区)は避難勧告ではなく「避難指示」が発令されている。

 午前中にふじみ野、午後は蕨。タフな埼玉ミッション終え、東京駅へ。西日本の大雨でダイヤが大幅に乱れているという。ネットは正確な情報が掴めず、新幹線の発着駅に行かねば分からぬ状態だ。

 東京駅、いつもに増して凄まじい混雑ぶりである。切符売り場は長蛇の列。私の目的地は新神戸だが、新大阪以西は運休という。新大阪までならたどり着けそうだ。一部ダイヤ乱れはあるものの、ほぼ時刻通りに発車している。電車は普通車どころかグリーンも満席状態だったが、何とか溜まったポイントを駆使してグリーン確保。

 我が自宅の神戸市須磨区は避難指示が解除されていないが、そんな時に平和な関東から飛び込んでいくバカらしさ。もう今日はPCしない。
ツマミになりそうな駅弁&ビール&超伝奇ミステリを準備し、靴も靴下も脱いでスリッパに。

 新幹線は定刻に動き出した。早速一人宴会の準備に取り掛かりる。私の隣に座る若き美女、何故かかなりお引きになられているご様子。距離は20cmしか離れていないのに、心理的には東京〜新大阪の距離感。これでカバンから720mlウィスキーボトル(ダルマ)を出してラッパ飲みし始めたら、月の彼方までドン引きされだろうう。

 新幹線は名古屋駅手前の三河安城付近で動かなくなった。新大阪駅から名古屋までの間に27本の新幹線が動けずに順番待ちという。しみじみとグリーン座席でよかった。しかし、本日中には自宅の神戸に帰れるだろう。

 しかし、新幹線は牛歩のスピードに。定刻より3時間以上遅れで23時にようやく京都。ここからも動かない。

 当日中に帰れないかもしれない。タクシーも捕まらないだろう。新大阪からは普通と快速限定で神戸付近までは動き始めたという情報を得た。

 酒もツマミもとっくに消失。隣の若き美女が月の彼方までドン引きされるのを覚悟で、カバンから「ダルマ」を投入。本来のダルマは縁起物である。無事の帰還をダルマに託すことに。美女はたまたまかもしれぬが、荷物を置いたまま席を立ち、戻ってこなくなった。

 ダルマを口に含んですぐ、新幹線が動きだした。新大阪駅に6時間かけて到着。ベストとタイミングで普段より空いていると感じた快速列車に乗り、三宮へ。そして、ダイヤ通り力強く動いている神戸市営地下鉄終電に間に合った。

 まさに幸運のダルマである。それ以上に驚かされたのが、神戸市営地下鉄である。運不運関係なくダイヤ通りに運行し、普段から人身事故もあんまりなさそうで、悪天候に強く、3週間前の大阪北部地震でも地震の10分後には徐行運転だが走り出した。私の知る限りアジア最強である。

豪雨足止めA.jpg
まだまだ余裕な出発直後。

豪雨足止めB.jpg
祈る気持ちの到着間近。

豪雨足止め@.jpg
九州の台所・小倉旦過市場も水没寸前(見事回避)。
posted by machi at 09:06| Comment(0) | あ〜ほボイルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする