2024年03月03日

第3370夜:12泊13日【Aho-Boiled】(後編)

 諸事情あり、私が全国各地を飛び回ることができるのが、2023年で最後。今後はせいぜい4泊程度。12泊を飛び回ることが、我が人生最後の冒険になるだろう。

 金さえあれば、日本一周、世界一周など何泊も、何十泊も、何百泊も飛び回ることはできる。しかし、これがすべてシゴトとなると容易には飛び回れない。シゴトで全国を冒険できる喜びをかみしめていた。どんなにタフでハードでも。

 そんな私にとって、12泊13日の間に超弩級の悲嘆ニュースが飛び込んできた。新幹線のワゴン販売の廃止である。2023年夏現在、南は筑前若松(北九州)から北は会津若松まで、12泊13日の間に7回新幹線に乗車。平均して月10回は新幹線を利用している

 私が新幹線をヘビーユーズするようになったのは2010〜11年頃から。食堂車の時代は存じ上げない。ゆえに、私にとっての車内販売はワゴンだった。

 駅ホームや改札内の売店で駅弁や冷えたビールなどを買い込み、新幹線晩酌を開始する。1時間も経てば、駅弁も買い込んだビールも滅失する。そんな時、ワゴン車が心強い。

 缶ハイボールをワゴンで買うとき、プラカップにたっぷり氷を入れて頂く。冷えた缶ハイボールはそのまま味わい、氷カップにはカバン内のバーボンや温くなった缶チューハイを注ぐ。

 頻繁に新幹線を使うのでJRカードをゴールドにした。主な特典は…。車内販売ワゴンの珈琲を買う際、Mサイズが同料金でLサイズに。50円もお得…。ただし、いちいちカード決済せねばならない。しかも、博多〜新大阪限定のサービスである(要するに、山陽新幹線)。

 人件費が問題なのか分からぬが、こんな時こそロボットで良いのでないか。狭い通路を乗客とすれ違う際によけることができる機能があれば可能だろう。ただ、疲れた夜に上品な口調と振舞の女性から購入することにワゴン車の醍醐味と癒し機能がある。

 大詰が近い11泊目の夜。小山から東京へ向かう17時半の東北新幹線は満席。大宮まで立ちんぼ。東京から名古屋へ向かう新幹線も指定席を確保できたがたぶん満席。仕事が溜まっているが、缶ハイボールのロング缶を1本だけ売店で購入して乗り込む。20時過ぎ、名古屋着。

 空腹である。多治見方面の乗車まで10分。駅ホームできしめんを啜る余裕はない。

 名古屋始発の快速が入線。意外なほど空いている。出発まで5分。ホーム売店で発泡酒ロング缶とプリングルス(エビガーリック味)購入。横一列シートでカシュっと開け、グビビビビ。プリングルスをパリパリ。

 列車が動き出した。ちょっとづつ乗客が増え、千種だかあたりでかなりの立ち客も。私は人目を気にしながら上品に発泡酒とプリングルス。

 割と混んでいるのに、私の隣の席と前のスペースが台風の目のごとく真空状態だったのは何故だろう。

240303名古屋→多治見.jpg

posted by machi at 07:24| Comment(0) | あ〜ほボイルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月09日

第3351夜:12泊13日【Aho-Boiled】(前編)

 12泊13日。2023年7月下旬から8月上旬にかけての我が出張期間である。

 7月30日に神戸を発ち、8月11日に神戸に戻る。以下がざっくりした私の行程。うち10泊は呑み会が入っている。途中、何度も最寄駅の新神戸を下車せず通過する。

30日【春日部(埼玉)】武里西口夏祭り

31日【北九州・若松(福岡)】空き店舗対策会議

1日【北九州・枝光(福岡)】本町商店街火災1年復旧復興支援感謝イベント会議

2日【北九州・小倉(福岡)】黄金市場商店街再開発会議

3日【多治見(岐阜)】第2回出店塾

4日【北九州・門司港(福岡)】空き店舗対策会議

5日【北九州・小倉(福岡)】北九州商工会議所創業塾→【春日部(埼玉)】ゆかたDEナイト

6日【野田(千葉)】空き店舗まちゼミ

7日【下野(栃木)】チャレンジショップ会議

8日【栃木(栃木)】創業プロデュース会議→【会津若松(福島)】空き店舗対策会議

9日【佐野(栃木)】創業者ヒアリング

10日【多治見(岐阜)】第3回出店塾

 コロナ禍以降、東武鉄道沿線(栃木県・埼玉県・千葉県)と豊前筑前(北九州市)に極めて偏っている。この2大エリアを交互しながら、紀州(田辺市)、美濃(多治見市)などがスポットに。

 12泊を乗り切るために重要な点がいくつかある。

 一つ目は、いかに荷物を減らすか。特に、衣類である。こまめに洗濯できることが荷を減らすコツ。コインランドリーが利用できるビジネスホテルを優先して予約する。

 二つ目は、極力往復切符や通し切符を購入すること。窓口に並ばねばならぬが、私の場合、こまめに往復経路や通し経路を設定すれば、月に2〜3万円は浮いている。バカにならない。

 三つ目は、移動のストレス低減。スリッパは高校時代から履き続け、もう何足目なわからないアディダスのアディレッタ(もう廃版だろうが、進化した類似あり)は欠かせない。新幹線等の長距離移動時は裸足にスリッパに履き替える。

 四つ目は、ホテルの朝食をしっかりと。昨今のビジネスは無料朝食サービスが一般化している。以前は食べなかった(二日酔いで食べれなかった)が、昨今はしっかり腹に入れておく 夜まで固形物を口に入れるタイミングがないことも多いからだ。

 コロナになり、出張そのものが減った。コロナをきっかけに御縁が滅失した全国の商店街がいくつもある。一方、コロナの3年間も関係なく御縁を頂き続けた街も。

 東日本大震災から2か月後、約1か月間岩手県宮古市に滞在したことがある。はっきりした期日は失念しているが、30泊31日のようなものである。ただし、一度だけ東京へ行かねばならなかったが、基本的には期間中はほぼ同じ街の同じホテルに滞在する。

 以降、平均して2〜5泊の飛び回り出張が多くなった。1泊の時もあれば、10泊ほどしたことも。ただし、飛び回りで12泊13日は記憶がない。〔後編は十数夜後に〕

240209往復切符.jpg

こんな感じで購入し、途中何度も途中下車。

posted by machi at 10:02| Comment(0) | あ〜ほボイルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年06月14日

第3190夜:到着遅れ2時間の壁【Aho-boiled】

 最強寒波。朝7時、一面雪景色とまでいかぬが北九州小倉馬借の定宿窓から道路凍結が視界に入る。私は朝10時の新幹線を予約していた。この日の夜は栃木県佐野市へ。19時からアヅマプレゼンツ「さの創業塾」の1回目。絶対に遅れるわけにはいかない。

 新幹線の運行状況を確認。10〜15分遅れとある。経験上、米原あたりが相当に危険。予定の時刻に乗り、到着が遅れて結果辿り着けなかったら目も当てられぬ。最善を尽くすしかない。

 一念発起し、予定より90分早くチェックアウト。アーケードのある魚町銀天街までは滑らぬようにペンギン歩き。途中、市役所の若手職員(♀)とばったり。政令市だが実に狭い。

 小倉駅新幹線改札口着。6分後に出発する東京行きがあった。放送によると、5分弱の遅れで小倉到着らしい。スマホで座席検索。普通車指定席を抑えていたが、変更せねばならない。

 東京までの長丁場かつさらに遅れた際はそれだけ長時間乗ることに。グリーン車ランクアップポイントも13回分溜まっていたのでグリーン座席確保。改札内のコンビニでホットコーヒーを買い、ホームに上がったら1分後に入線した。

 結果的に予定より90分も早い新幹線に乗れた。小倉発時点で5分遅れ。新幹線は関門海峡を抜けた。トンネルというか、海峡を抜けると雪国だった。徳山駅など吹雪いている。

 小倉では5分遅れだったが、広島では20分遅れ、岡山では21分遅れに。私がいつも降りる新神戸駅では30分ほどの遅れになった。新大阪。京都あたりまではこの遅れをキープしていた。

 京都を超え、牛走になった。案の定、鬼門の京都〜名古屋間、特に伊吹山の裾野である米原付近が豪雪。思いっきり徐行モードに。まだ滋賀あたりを牛歩しているが、いつの間にか東京到着予定時刻を過ぎていた。まだ名古屋にもたどり着けない。腹も減ってきた。

 名古屋に約2時間遅れで到着。いったい東京に着くのは何時になるか…。ところが名古屋から東京はほぼ定刻スピード。しかし、結果的に東京駅へは2時間5分ほどの遅れで到着。

 下車直前、あるアナウンスが聴こえてきた。到着予定から2時間遅れると、特急料金が払い戻しされるという。これまで何百回(1000回以上かも)も新幹線に乗っているが、知らなかった。2時間以上も遅れたことがなかったからかもしれない。

 払い戻し窓口、長蛇の列かと思いきや数人しかいない。あっという間に順番が回り、あっという間に返金手続き完了。1時間59分遅れも2時間遅れも感覚的には変わらないが、わずか1分の差が、天国と地獄の境目に。ただただ辛い1時間59分と、精神的にかなりリカバーできる2時間ちょうど。しかも私は小倉から東京。恐らく返金最高金額である。

 ミッション先に連絡し、設営準備に間に合わないことを詫びる。しかし、本番には間に合いそうだ。安堵感からか、空腹が激しくなった。

 とりあえず改札内のコンビニへ。レンジで温める「天ぷら二八蕎麦」があった。セルフレジで購入し、ホームへ。特急料金が浮いた分、グリーン車という贅沢。

 ゆったり座り。温めた蕎麦のフタを外す。まだ温かい。車内に私のズルルルルが響き渡る。安堵、空腹、江戸、二八、蕎麦…。

 コンビニのレンジ麺だけど、これまで啜ってきた駅そばの中でもベスト3以内に入る旨さに感じた。翌日、同じシチュエーションならベスト100位以下かもしれないけれど。

230614新幹線@.jpg

寒波のホームの熱い珈琲。

230614新幹線A.jpg

たまったポイントでグリーン車に。

230614新幹線B.jpg

瀬戸内と思えぬ風景。

230614新幹線C.jpg

2時間の壁を突破。

230614新幹線D.jpg

しみじみ旨し。

posted by machi at 09:05| Comment(0) | あ〜ほボイルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする