2022年08月22日

第2999夜:トップガンまでの距離【Cinema】(後編)

 空軍所属の若手パイロットたちのヤンチャな青春が活写されていた。飛行シーンもスリリング。映画館のスクリーンならもっと凄いだろうが、自宅TVでも楽しめた。しかし、若き主人公たちに感情移入できない。

 アラフィフの私は、主人公たち若手ではなく、上官どころか大佐や提督とかに近い年齢。無鉄砲な彼らを注意して説教する役回り。34年の歳月を思う。一方、80年代テイストな音楽が心地よい。主題歌は私でもアガる。

 映画を本格的に見るようになったのは大学生になってから。私にとって、トム氏は空軍パイロットでなく、スパイ。『ミッション:インポシブル』である。確か大学生の頃、寮の同部屋の数人で札幌狸小路の映画館でレイトショーを観た記憶がある。

 携帯かPHSが出回りだした頃。マナーも何もあったものじゃなく、そこらじゅうで上映中に着信音が鳴り、大きな声で通話していた。おおらかな時代だったともいえる。

 我らは酒を呑んだあとのレイトショーゆえ、ほぼ全員寝ていたのではないか。観終わてから誰一人内容を理解していなかったように思える。もちろん、私も。感想も何もなかった。

 トップガンの製作はJェリー・ブラッカイマー氏。アクション大好きな私には、監督や役者を知らなくてもブラッカイマー印で映画を観ることもある。

 1986年トップガン、最後は実戦に。途中で相棒が亡くなるお約束の展開も。全体的にバブルな空気が漂っている。 

 続編大ヒットを受け、ネットニュースに『ベストガイ』という1990年公開の邦画がごく一部で話題になっているらしい。私ももちろん知らない。記事に目を通す。主演はO田裕二氏。

 航空自衛隊全面協力による、トップガンのオマージュ、というかパクリ作品らしい。全くヒットしなかったそうで、織田氏の黒歴史映画であるそうな。逆に見たくなってきた。

 北九州4泊5日の最終日。定宿から徒歩5分のシネコンで続編『マーヴェリック』鑑賞。観客の年齢層の高さに驚く。山田洋次監督作品と間違えたのかと不安になったほどだ。

 オープニング映像でいきなりKO。最高の出だし。年齢的にも私はマーヴェリックにグッと距離が近くなり共感充分。圧倒的迫力のフライト&戦闘シーン。どうやって撮影したのか不思議。結果、私にとっては前作の数億倍面白かった。これぞ、映画。さすがトム様。

 本編上映前の予告でミッション:インポシブル7の予告映像が。強烈に面白そう。トム様、還暦ぐらいと推測されるが超絶無比なスーパースター。地味な映画でなく、度肝抜きまくりの超大作のみに出続けて頂きたいものである。

 トップガン前作をご覧になっていない皆さま、観たけどすっかり内容をお忘れの皆さま、予習してから続編を鑑賞すると、数億倍楽しめますぜ。

220822トップガンマーベリック.jpg
2022年公開版。
posted by machi at 09:27| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月21日

第2998夜:トップガンまでの距離【Cinema】(前編)

 『トップガン』。1986年公開の大ヒット作。言わずと知れたトム氏の大出世作である。

 公開時、私は12歳。小学校6年生である。ポスターのイメージは何となくあったが、リアルタイムで見ていない。クラスでの話題にもならなかったはずである。後年、もしかするとどこかの映画館でリバイバル上映を観たかもしれないが1gも覚えていない。

 続編『トップガン マーヴェリック』がメガヒット中という(2022年6月現在)。私のフェイスブック友人たちも感動と熱狂の感想が多数を占めている。

 インスタやツィッターと異なり、フェイスブックは中高年が多用するSNS。要するに、私を含めた中年男女のリア充であり、自慢の投稿である。ゆえに、若い人がフェイスブックなど見向きもしない大きな理由がここにある。

 このバカブログを別にすれば(SNSではないので)、SNSでは何故かフェイスブックしかしていない。ツィッターやインスタはアカウントすらなく、LINEすらやっていない。

 前述したとおり、48歳の私のFB友人は私と同年代かその先輩方ばかり。私より若い人も繋がっていることはいるが、ほぼ投稿を見かけない。私(48歳)のフェイスブック友人たちが『マーヴェリック』で盛り上がっている点がミソである。ここに微妙な差がある。

 40歳以下の男女はリアルタイムで『トップガン』を観ていないだろう。30歳以下となると生まれる前の作品である。彼ら彼女たちにちっては、何故オヤジやお姐さんたちが続編に熱狂しているのか意味不明かもしれない。

 私より2、3歳以上年配の紳士淑女、つまり50歳以上がハマっているようである。リアルタイムの世代、そして青春真っただ中の思春期にリアルで鑑賞されているのだろうから、衝撃はさぞ凄かったのだろう。

 当時小学6年生の私はランドセルを背負い、そのちょっと前はラピュタ、2,3年前までは大長編ドラえもんに没頭していたただのガキ。

 小学校高学年で洋画に触れる機会があった。確か『グーニーズ』だったと記憶する。小学生ぐらいのガキが主人公の冒険譚だから感情移入できたのだろう。そこからトップガンまでの距離は心理的にかなりあった。

 1986年に公開されたレジェンド作品が2022年正月にTVで放映されていた。それを録画し、続編の予習に備えた。自宅で酒を浴びるように呑みながら、再生ボタンを押す。

 最初に驚いたのが、マーヴェリックの意味。主人公(トム氏)の名前(コードネーム?ニックネーム?)だったとは。もし私なら、もっと痩せている時は「ゴルゴ」、今なら「サイゴウ」「ツーフー」などのコードネームを頂けるのか。〔次夜後編〕

220821トップガン.jpg
80年代バージョン。
posted by machi at 10:14| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月02日

第2964夜:1年で一番ヒマな2日間の過ごし方【Cinema】

 3月31日と4月1日。まっとうな世間様と異なり、自宅を事務所とする何の資格もない自称コンサル(要するにほぼ無職)な私にとって、公務員や勤め人には最も忙しいはずのこの両日が1年で最強にヒマな2日間である。

 ちなみに次に暇なのが世間様の仕事納め日(12月28日頃)と仕事初め日(1月4日頃)。何故なら、電話もメールも1000%こないからである。

 普段から私の携帯が着信するのは5日に1度あれば多い方で、後は通販の営業か間違い電話のみ。メールなど普通の要件は迷惑メールの50〜100分の1程度。ゆえに世間様が最も忙しい2日間は神戸三宮で映画三昧をキメさせて頂く。

 <シネリーブル>の会員(500円)になったので1,100円で鑑賞できた3月31日。1本目は『フォレスト・ガンプ 4Kリマスター版』。恐らく初めて観た。大傑作じゃないか。トム・Hンクス氏の超絶演技に圧倒。

 2本目は同じくシネリーブルで『ベルファスト』。北アイルランドの陰気な街の、宗教間の住民対立をかいくぐる1960年代の家族の物語。主人公の子役が凄い。ケネス・Bラナー監督の演出も冴えまくり。ただ、こんな街には絶対に住みたくない。

 映画サービスデーだった4月1日もシネリーブルへ。

 1本目は前日観た予告編が面白そうだった<アネット>。救いようのない結末のダークファンタジー・ミュージカル。主人公はスターウォーズのカイロ・レン(ハン・ソロとレイア姫の息子)役の男性。スターウォーズより1万倍以上ダークサイドへ墜ちていく悲惨っぷりにクギヅケ。

 2本目はミント神戸に移動して『ナイトメア・アリー』。ギレルモ・デル・トロワールド全開。最後の最後で伏線を壮大かつ豪快に回収する手腕に唖然と脱帽。フォレストガンプを別格とすれば、他の3本の中でこれに一番惹きこまれた。

 過去の名作が4Kリマスター版で蘇り映画館で再上映されるのがブームと3月31日に知った。翌週から『サタデー・ナイト・フィーバー』『フラッシュダンス』などが上映されるそう。

 撤退した神戸国際松竹の後に4月1日から「キノシネマ」に生まれ変わったことも当日知った。シネコンだけでなく映画館の多い街は心の底から大好きである。

 私は映画好きというより、映画館で観る映画が好き。貧乏性なので何らかの割引が効かないと足を運ぶ勇気はありませんが。

 大満足の2日間4本鑑賞後、近くの<マクド>で3ヶも夜マック(パテ2倍)をテイクアウトして帰宅。風呂入ってビール(珍しく発泡酒以外)を飲み、ナイター観ながらワクワクと包み紙を開けたら3ヶともただのマック。涙、流れるまま。

220702映画4本.jpg
posted by machi at 09:07| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする