2024年05月16日

第3419夜:小湊の流儀【春日部(埼玉)】

 <小湊>。武里駅東口の居酒屋である。そして、武里東口商店会の本部である。本部プレートが商工会議所会員章よりも大きく目立っている。オーナーのS田氏は東口商店会の会長。超御多忙の折、我が武里ミッションの「昼の部」にご参加賜っている。

 幾分夜に涼しさが混じりだした初秋の夜。この日の月イチ武里ミッションは初の夜開催。居酒屋を営むS田会長はご参加できぬ。ゆえに、ミッション終了後に独りで東口本部(小湊)へ。

 ドアを開ける。そこには、15分までまでミッションでご一緒した西口商店会のT中会長がご臨席されていた。T中会長とキンキンに冷えた生ビールで乾杯。

 毎回、昼ミッション時は15時過ぎに終了するので、他の街に旅立つか神戸に戻ってしまう。T中会長とは夏祭りの際に少しの時間酒席をご一緒した。<小湊>で我がプロジェクトの事務局チームたちと懇親したことも。

 S田会長は他のお客のさばきもこなしつつ、時にを我らのテーブルにも顔を出して下さる。そしてたっぷり3時間以上、T中会長と話し込んだ。

 T中会長は貸本屋からスタートし、現在は西口駅前で古本店を経営。私も読書が圧倒的な趣味。ただし漫画とミステリ小説に偏っているが。

 私も仕事柄、本屋経営者とこれまで何度か呑んだことがある。ただし、サシ呑みでなく、大勢の懇親会の中の一コマ。今回、たっぷりと本屋業界のことをお聞きした。どれも興味深く、目からうろこが落ちる話ばかり。私の杯を開けるピッチもあがる。

 数種類の小鉢やもつ煮込、海老餃子スープなどを肴に、群馬の地酒「水芭蕉」。純米吟醸と、その冷やおろしを飲み比べ。素晴らしい口当たり。バカ舌の私には厳密な味の違いは正直分からぬ。けど、口当たりの良さと深さは実感できる。

 S田会長からお店の内装や厨房などを見学させて頂く。私はついつい内装に目をヤってしまう。随所に工夫が施されている。

 東京方面の普通電車は1時間前に終電終了。一方、南栗橋まで向かう普通電車は遅くまで走っている。両会長にお礼を告げ、二駅離れた春日部へ。

 定宿へ向かう途中、某牛丼チェーン(Nか卯)の前を通る。特に入る気はなかったが、店頭のノボリやポスターに驚嘆。「和風ぼっかけカレー」が新発売されていた。

 二十数年前、神戸新長田で産声を上げた「ぼっかけプロジェクト」、遠くなはれた春日部まで、そして天下の大チェーンまで広がってきた。

 春日部の、武里の名物が新たに生まれ、神戸や全国でも見かける日が来ることを夢見ながら店をスルーした。私、お好み焼としての「すじコン」は大好きだが、それ以外には惹かれないからである。

240516武里@.jpg

味わい深い武里駅東口エリア。

240516武里A.jpg

東口活性化の拠点。

240516武里B.jpg

キンキンに冷え冷え。

240516武里C.png

地酒を満喫。

240516武里D.jpg

なみなみと。

240516武里E.jpg

絶品のもつ煮込み。

240516武里F.jpg

感慨深い。

240516武里G.jpg

結局道路対面の<M屋>でオーソドックスに。

posted by machi at 09:28| Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年04月03日

第3390夜:ブログ(HP)の流儀【春日部(埼玉)】

 ブログ系ホームページ。SNSが主流の昨今だが、用途によってはホームページも重厚かつ不可欠なビジネスツールである。商店街(商店会)という組織にとっては、ないよりある方が良い。ただし更新せず放置ならば作らぬ方がまだマシである。

 令和5年度から2年間限定で始まった「武里スクラム商店街プロジェクト」。ただし2年という期間は私が関与する期間というだけで、永続的な活動の継続が期待されている。

 武里駅間地区では商店会以外にも数多くの団体が地域活性化のためにすでに活躍されている。市のサポート体制も複数部所に跨る。

 武里スクラム商店会プロジェクトは平成通り商店会、西口名店会、東口商店会が中心になって発足。初年度は共有財産となる超高性能小型スピーカーを取得。武里地区商店会連絡協議会も発足させることができた。そして、情報発信の受け皿となるホームページを作成した。

 世にHP業者はゴマンと存在する。ただし業者選定にいくつかの条件を設定した。

 武里地区で活動されている方かつ商店会組合員ならベスト。デザインよりもシンプルかつ更新頻度が大切ゆえ、フレキシブルに対応して下さる方。そしてマジメで仕事が早く知見を有し、スクラムPJの趣旨を理解されている方。

こんな複雑な条件を満たす御仁が存在した奇跡。平成通り商店会<おしごとカフェAGE>のN本氏である。

 氏は費用や更新頻度および容易さを勘案し、ブログ系HPの骨子を創って下さった。3月上旬、ヨチヨチ歩きだが立ち上がった。本稿のアップがいつか分からぬが、さらに充実していることだろう(https://takesatoscrum.blogspot.com/)。

 この夜が令和5年度のラストステイだった。終了後、3商店会の会長方と西口の韓国居酒屋。お通しがたっぷりの種類で豪快である。チヂミや名前知らぬが甘辛料理も旨い。

 私は瓶ビールで喉を開いた後、チャミスル(韓国焼酎)をストレートで2本開けた。プロジェクトがスタートしたのが9カ月ほど前。私は当時、武里エリアに知り合いは一人もいなかった。そして、ラストナイトを3会長と杯を重ねられるとは感無量である。

 スクラムPJは令和5年度が合意形成や方向性策定が中心だった。令和6年度が実本番であり、実践コース。次回の春日部(武里)は最短で2カ月後と間隔が空いてしまうが、その間も何らかの進捗が進む気配が漂っている。

 楽しみである。遠足を翌日に控え眠れない小学生のようである。アラフィフの私は出張無き自宅デイズでは20時には寝てしまうようになったけれど。

240403スクラムHP.jpg

posted by machi at 06:39| Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月26日

第3385夜:野田流れの流儀【春日部(埼玉)】

 <義丸>。春日部駅西口から徒歩数分の超人気海鮮居酒屋である。

 私も2回ほど春日部駅東口商店会の若手商業者らとこの店で宴会した。ただし、料理を食べた記憶がほとんどない。超満員のギュウギュウだったので、ホッピーかハイボールを呷っただけでほとんど箸を手にすることはできなかった。

 暑さ和らぐ気配無き初秋の夜。野田カイギ終了後は毎回10名前後で懇親会が常。しかしこの夜、懇親会のコの字も無かった。ほとんどの方が素早く退散されていた。私のお宿は隣町の春日部。雨も降り出した。とりあえず春日部に帰り、定宿近くで独酌するか…。

 切ない思案を巡らせていると、てっきり懇親会があるものと思い込んでカイギに参加したものの、ハシゴ外され途方に暮れていたオヤジ2人と邂逅。私と同世代なアニキである寝具店のH谷川氏と新聞販売店のF本氏である。

 3人でどこでヤるか協議。ものの2秒で野田市内でなく、私の宿がある春日部と決まった。私は大助かりだが…。お二人とも全く異存はないようだ。

 お酒を1滴も嗜まないF本氏の車に乗り込む。氏は出発前、ある店に電話予約を試みた。冒頭の<義丸>である。

 最初、さすがにどの店のことか分からなかった。私の春日部駅周辺呑み、9割5分の確率で東口の<楽笑>と<けいらく>だから。そして、その聞き覚えのある屋号、F本氏の「とにかく安くて美味しい」という推し…。もしかして、あそこか。そもそも当日予約で大丈夫か?

 F本氏、サクっと予約に成功。いやはやこんな奇跡があるのか。もしかして、違う店か?

 渋滞を軽快にかわしつつナビの到着予告時刻ぴったりに到着。駐車場の真横は、我が定宿。<義丸>から徒歩30秒強。超絶に楽。申し訳なさと幸運な気分が高度にクロスする。

 店内びっしりだったが、小上がりの4人席が予約されていた。初めてゆったりとこの店で座る。H谷川氏は瓶ビール、F本氏はジャワティ(居酒屋で見たの初めて)、私は生で乾杯。

 もつ煮込280円は欠かせない。3ヶ頼む。刺身店主おまかせ盛り3品、店主のサービスで4品に。明太じゃがバターも絶品。

 極めつけはほっけ。半身でなく、全身。これが1000円以下。サイズ、掛け値なしに北海道サイズ。脂のノリも上等。他にも旨そうな料理目白押しだが、ほっけにひたすら向き合ったのでポテトフライや唐揚に手が伸びない。

 ホッピーを十数杯ヤリながら、話題は森羅万象。オトコという生き物の悲哀と不条理を考えさせられる。F本氏はソフトドリンクを痛飲、H谷川氏はメガハイボールを鯨飲。気づけば日付が変わりそうに。

 お二人とお別れし、私は30秒ほど歩いて定宿へ。野田で呑めなかったけど、まさか千葉県の野田人たちと春日部の定宿麓で呑めるとは。

 野田ミッションは後3回。最高に楽しかったNoda-Men in KASUKABEだったが、最後の最後は野田人と野田で鯨飲したいものである。

240326義丸@.jpg

居酒屋に珍しい青基調は海をイメージ?

240326義丸A.jpg

ホッピーが好きでたまらない。

240326義丸B.jpg

鮮度最強。

240326義丸C.jpg

やめられない。

240326義丸D.jpg

とまらない。

240326義丸E.jpg

ただの春巻きじゃない。

240326義丸F.jpg

白眉のほっけ。

posted by machi at 05:41| Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする