2021年02月03日

第2618夜:キャバレーを改装したホテル【沖縄(沖縄)】

 <トリップショットホテル・コザ>。沖縄市センター商店街(パークアベニュー)にある「へんなホテル」(オーナー談)である。

 GOTOの恩恵か一気に日本人が国内を流動しだした10月中旬。パークアベニューミッション前に「へんなホテル」にチェックイン手続きした。

 オーナーのSゲ氏は人脈凄まじく映画をはじめ様々な事業のプロデューサー。パークアベニューにて<トリップショット>というcaféバーを経営しており、その上層階がホテル。

 沖縄県中部(私にとっては沖縄市・宜野湾市・北谷町)滞在時の定宿は沖縄市胡屋地区のビジネスホテル(デイゴホテル)。実に快適で気に入っている。

 9月にSゲ氏と御縁を頂いた際に「へんなホテル」を予約した。どうせ泊まるなら、ミッション先のお世話になっている方を頼るのは人間としての普遍的道理である。

 スタッフの方に案内された。あれ、2階ではないのか。店の前の信号を渡ると、ドアがあった。10ほど部屋があるそうで、私が案内されたのは「RED」。

 ドアを開けるとすぐに階段が。両横の壁にはびっしり寄せ書きというか落書きというかメッセージが書き込まれている。1ドル札も貼り付けられている。良かったら自由に書いてくださいねとのこと。本物の1ドル紙幣も手渡された。

 階段を上がると、もう一つドアが。入室。……叫んだ。目を剥いた。なんだここは。

 アンティークな造り。3人掛けソファーが2つ、巨大なソファーが1つ、ダブルベッドが2つ。4人掛けテーブルもある。

 我が家より広くて設備が充実したキッチン。冷蔵庫、電子レンジ、フライパンなどの調理器具、乾燥機付き洗濯機……。風呂とトイレはもちろん別。すべてを足すと私の自宅マンションより広い。昔のレコードも壁に飾られている。

 この部屋はもともとキャバレーだったそうで、Sゲ氏がリフォームしてホテルに。元キャバレーのホテルなど未経験。少々のことでは驚かない私の度肝を打ち抜かれた。

 Sゲ氏を中心とした若手商業者たちとの充実ミッション終了後、重鎮たちも加わりSゲ氏が経営するcaféバーへ。百軒とおり会Tクマ夫妻につられて私もオリオン生とハイボールを大ジョッキ。この店のチキンサンドは掛け値なしに絶品。アメリカンな気分を満喫する。

 店内でなくオープンデッキで皆さんと談笑。日中の蒸し暑さも緩くなり、絶妙の外気。酒も肴も話も弾む。いきつけのお店がどこも閉まっていたのでAキラ氏と<パナマ原人>という私も数回足を運んだ居酒屋の店頭でレモンサワーと豚キムチ。

 REDルームに戻る。広すぎて落ち着かない。ベッドではなくソファーで爆睡。

 翌朝。チェックアウトしようと荷造りし、着替えていたらジャケットがない。部屋のどこを探しても見つからない。部屋が広すぎてどこかに隠れたのか……。

 もしかすると、昨晩のトリップショットのcaféバーに忘れているかもしれない。しかし、私はチェックイン時にジャケットを脱ぎ、そのまま着ることなく夜を過ごしたはず。案の定、カフェバーに行ってもジャケットがない。

 Aキラ氏が車で迎えに来てくれた。氏に開口一番ジャケットを無くした旨を伝えようとしたら、よくわからないが昨晩Aキラ氏が私のジャケットを何故か部屋から持ち出して持ち帰っていた。無事回収。トリップショットというより「トラップ」ショットな気分である。

210203沖縄@.jpg
魔宮への入り口。

210203沖縄A.jpg
壁面も個性的。

210203沖縄B.jpg
驚愕。

210203沖縄C.jpg
絶句。

210203沖縄D.jpg
絶品のチキンサンド。

210203沖縄E.jpg
毎月ありがとうございます。

210203沖縄F.jpg
路上にて。

210203沖縄G.jpg
落ち着かない。
posted by machi at 08:03| Comment(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年12月29日

第2594夜:パークアベニュー【沖縄(沖縄)】

 パークアベニュー。沖縄市胡屋地区の緑と個性溢れる蛇行一方通行の商店街である。正式名称は沖縄市センター街だが、市民には「パークアベニュー」として親しまれている。

 グッと涼しくなった9月下旬。半年以上ぶりに神戸空港へ。2020年9月現在、航空各社絶賛減便中。よって空港も空いている。

 那覇空港着陸時も発着便が少ないためか15分も前に到着。混んでいる時は上空を旋回してテイクダウンできないのに。しかし那覇空港は3月と比べたら幾分利用者が増加しているような気がしないでもない。

 半年ぶりに潟Cドムス(沖縄市)H瀬氏と合流。氏の運転で沖縄市へ向かう途中、宜野湾の<根夢>でミックスそば大盛。半年ぶりの沖縄そば、泣けてくる旨さ。

 ソーキと三枚肉にかぶりつき、コーレーグースーと紅生姜を後半たっぷり一気呵成のシーザー啜。<根夢>本店(沖縄市)は何度も足を運んだが、宜野湾店も天晴なシゴトぶりである。

 ドン引きなスコールがワイパーを叩く。沖縄市内に入った頃、サクっと雨が止む。女心と沖縄の天気は移ろいやすい。そして、内地では考えられぬほど蒸し暑い。汗、ドボドボである。

 ミッション先である沖縄センター街(通称:パークアベニュー)をH瀬氏の案内で視察。丸2年間、月1回ペースで沖縄市へ通い続けたので数え切れぬほどこの通りを歩いているが、全長450mという蛇行した一車線通行の緑あふれる商店街をじっくり歩くのは初めてである。

 築35年というアーケードの老朽化が著しい。ところどころ天井が落ちている。渋滞緩和のため道路拡幅による相互通行が市の整備事業として予定されており、アーケードを撤去せねば工事ができない。要注目である。

 じっくり歩いて初めて分かる。あまりにも個性的な専門店群である。内地(沖縄以外)ではまず見かけない業種業態が混在している。夜間営業中心で昼間は幾分閑静だが、実に味わい深い。

 絶賛生放送中っぽいFM局。様々な映画やドラマ、PVのロケ地。商店街にあったキャバレーを改装した(変な)ホテル。マニアック極まりないパッチ(ワッペン)専門店。タコス発祥の店。ドルしか使えないトップレスなポールダンスショーパブ。バスケ専門店。焙煎専門店。石鹼専門店。老舗の楽器店や制服店……。飲食店割合高めだが、どこも魅力的。猫も多い。

 一番街のアーケードエリアも飲食中心に新店ラッシュ。北九州小倉で無敵の流行りっぷりな奇跡の手羽先も進出。

 極めつけは<勝手にしやがれ>という居酒屋。何から何まで完全無人化を実現。まさにウィズコロナ、アフターコロナ時代の新商法だろう。これを大手でない個人飲食店が展開している点が頼もしい。

 半年の間に大きく様変わりしている。まだまだ新規出店が増えそうな勢いという。

 来年(2021年)3月にはプロバスケ「琉球キングス」の本拠地(沖縄アリーナ)がこけら落とし。相乗効果も期待できそうだ。

 途中、商店街エリアの2階で気になる展覧会を開催していた。その名も「おっぱい展」。

 『乳場料810円』に手が出ず断念したが心騒ぐ。期間も「8月1日」から「81日間」。開館時間は「午後1時8分から8時1分」というこだわりぶり。「泥酔者等の『御乳場』はお断り」も笑わせる。保護者同伴ならば小学生以下は「乳場無料」でしかも1ドリンクサービス付き。とんでもないおっぱい星人に成長しそうである。

 モデル希望者は入場無料で、顔なし写真データ5枚頂けるという。女性限定と書かれていないので、Bカップは確実な私もモデルになれば「乳場無料」になるのだろうか。ちなみに9月下旬で乳場者3000人を突破したそうな。

 パークアベニューミッション終了後、ヘンなホテル(オーナー談)が経営するパブで懇親会。オリオンの生が滑るように爽快。ハイボール、泡盛ソーダ割、赤ワインをグイグイやりながら談笑。ポーク玉子、鶏ももステーキ、三枚肉小鍋、サンドイッチなど抜群に旨い。

 3人で半年ぶりのリカママのお店へ。シャンパンを開け、ママ手作りのケーキも満喫。フィニッシュはママやお客さんたち4人でバーで深夜2時まで。ホテル直帰。深夜のフリーダム(24時間ステーキ)の誘惑に勝ち切った。

 翌朝。<中央マート>に立ち寄りNカウド社長にご挨拶。H瀬氏にオミヤでおにぎりサンド3ヶ(鶏天・マヨ・しそ昆布)を頂く。那覇空港の搭乗ロビーでかぶりつく。さんぴん茶で流し込む。これぞ沖縄の醍醐味。

 沖縄県内滞在時間は毎回21時間ほどだが、満足度無限大。私の沖縄モードが少しづつ戻ってきた。

201229沖縄@.jpg
那覇空港から沖縄市へ向かう途中の我がルーティン。

201229沖縄A.jpg
パークアベニュー。

201229沖縄B.jpg
究極。勝手にさせていただきます。

201229沖縄C.jpg
入れば良かった。

201229沖縄D.jpg
センスの塊。

201229沖縄E.jpg
半年ぶりの「オリオン」。

201229沖縄F.jpg
タマリマセン。

201229沖縄G.jpg
このサンドイッチ、最強のツマミ。

201229沖縄H.jpg
ママありがとう♬

201229沖縄I.jpg
沖縄市から那覇空港へ戻る際の我がルーティン。
posted by machi at 07:46| Comment(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年09月03日

第2515夜:合同会社イドムス【沖縄・宜野湾(沖縄)】

 合同会社イドムス。2018年度から設立が検討され、2年間の紆余曲折を経て2020年3月9日に設立された沖縄市胡屋地区を拠点とするまちづくり会社である。代表社員は仲U氏。両輪としてH瀬氏と石H氏が支える体制である。

 2020年3月16日、神戸空港から閑散としている那覇空港経由して沖縄市入り。イドムス三銃士から会社概要の説明を受ける。さっそく様々な案件が飛び込んできているようで何より。新型コロナで世界中がふさぎ込んでいる仲、久々に明るい話題だった。

 宜野湾市へ移動し「ぎのわんヒルズ通り会活性化プラン検討委員会」に参加。私は委員長であるものの何のお役にもたてなかったが、なかなかユニークで現実性の高いプランが出来上がった。2020年度はシャッターアートに取り組むという。

 40ページに及ぶ報告書の原案をパラパラしていたら、2ページ目に目が留まった。人口に関してである。2020年2月の人口は5年前より3.2%増加している。まあ、首都圏などは増加しているから驚くに当たらない。ところが、次の一文に目を剥いた。

「将来展望においても人口は減少することなく増加し続けることで2060年には約109,700人を推計している」

 ちなみに2020年2月時点で96,528人である。せいぜい人口が増え続ける予測は2025年まで。2050年には日本の人口は8000万人、または4000万人というような予測もある。根拠はともかく、今から40年人口が増え続けるポテンシャルは恐るべしだ。

 沖縄市に戻り、21時過ぎに<ドラキン>へ。合同会社イドムス設立祝いである。イドムス三銃士、市役所から3名、LBから3名、そして私という陣容。

 センベロでツマミ2品とオリオン生2杯。泡盛に切り替える。水割りを頼むと店員さんが「薄かったら言ってくださいね!濃くしますから!」。一口つける前に「濃くして!」と懇願。

 出汁巻玉子、ポテトフライ、アスパラベーコン炒めという沖縄でなくとも日本中で味わえる料理をツマみに談笑しているとあっという間に23時過ぎ。この店もお客がひっきりなしだ。

 日本どころか世界中が新型コロナでパンデミックな2020年3月中旬。観光が主要産業である沖縄県は大苦戦を強いられていると思いきや、一部の地域や商店街・商業施設を除けば生活は全くの日常。マスクしている人もほとんど見かけない。呑み屋も普通に盛況。イベントも特段中止せず大盛況。3月16日時点で学校も通常登校再開。

 さすが琉球王国。経済的な損失も真っ先にリカバーしそうだ。ちなみに沖縄が21世紀になって最も景気が落ち込んだのが、9・11同時テロの時だったらしい。

 23時半頃<利加>へ。ママたちとも談笑しながらあっという間の深夜1時半。沖縄へは2015年から御縁を頂き続けてきた。特に沖縄市・宜野湾市・北谷町という2年間の沖縄中部ミッションが今回の訪問で終了する。

 皆さんと別れ、私は〆の〆として24時間<フリーダム>でステーキに挑もうと足を運んだ。……。閉まっていた。こんなことがあるのか。
〆ることができずトボトボ歩いていたら、「また〆るんじゃない。沖縄中部にまた来い」というステーキの神様からの叱咤が聞こえてきた。

200903沖縄@.jpg
イドムス説明会。

200903沖縄A.jpg
ぎのわんヒルズ通り会活性化委員会。

200903沖縄B.jpg
2年間苦楽を共にしたメンバー。

200903沖縄C.jpg
最後もリカバーで。

(付記)
この時(2020年3月)の沖縄はまだ平和。今や独自の緊急事態宣言発令。今年度も沖縄市内でミッションを賜っているのだが、現時点で沖縄入りできる見通し立たず。
posted by machi at 08:37| Comment(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする