2020年07月02日

第2476夜:漆黒の小宇宙【北谷(沖縄)】

 <ポークたまごおにぎり本店>。那覇空港1階の行列が絶えない沖縄県北谷町が本拠地な店名通りのお店である。

 ある1月下旬の遅い昼。この店が行列ゼロという奇跡に遭遇。豊富なメニューからエビタル・油みそ・明太マヨ捕獲。1ヶ300〜350円。実演を眺めることができる。

 出来立てを受け取り、店内ではなくロビーのソファーで齧りつく。……。笑みが止まらない。どれも旨すぎ。他にも試したい逸品が豊富。空港内はFァミマ、Lーソン、そしてこの店がシノギを削っている。搭乗口近く売店でも見かける。ポーク玉子系、外れ無しである。

 混みあうカードラウンジでPC猿打。珈琲サーバーの横にお茶請けが。よく見ると「伍魚福」の小袋。なんか嬉しい。

 北谷町へ向かうバス乗車。空港始発だが、乗車区間は誰も乗ってこなかった。掛け値なしで乗客は私一人。貸切ゴージャス気分というより、ただでさえ1日6本しか運行していない貴重なバス路線なのにますます減らされそうで心配。それにしても暑くも寒くもない最高の快適さだ。

 通算5回目の北谷町ミッション終了後、役場のK村氏、よし八2代目のM川氏と<一本松>へ。痛風の予兆ゆえ昨晩はビールをやめてハイボールと焼酎とバーボンしか呑まなかった。それが功を奏したのか予兆が消え去っている。しかし油断は禁物。最初から泡盛をジョッキで決める。

 この店で初めてメニューを拝見。毎回オーナーのQ友名氏のお任せゆえに。何とかという沖縄の魚の刺身はあっさり淡白で私好み。オニオンリング、アスパラ炒めなど健康留意系旨し。泡盛ジョッキのピッチも進む。

 沖縄の〆のいえば、ステーキか沖縄そば。和風サイコロステーキを注文。それにしても安い。そして旨い。これでステーキ欲は満たされた。

 〆の〆はそば。この店は居酒屋だが沖縄そばがメイン。種類もすさまじく豊富だ。

 テビチ(豚足)と三枚肉と軟骨が豪快な人気1位らしい「一本松そば」、2位が「山羊そば」。ツートップはパンチが強すぎる。

 他にもゆし豆腐、中味(豚ホルモン)、牛中味(牛ホルモン)、タコス、豆腐野菜、麻婆豆腐、三枚肉チーズ、担々麺、豚骨、かけ、山芋とろろ……。この文字の下にすべて「そば」が付く。タコスそば、担々麺そばなどあまりにもシュールだ。

 かなりのカオスっぷりに混乱し、結局無難な三枚肉にしようかと意を決したら、地元のM川氏が「イカスミそば、オススメですよ!」とぶっこんでくる。

 地元民が勧める逸品に外れ無し。メニューのビジュアルもかなり黒いが、イカスミパスタは10年ほど前食べたことあり。しかしイカスミのスープは初めて。ここは、勝負である。

 談笑しつつ泡盛をガバガバ痛飲していると、ブツ降臨。

 ……。思わず絶句した。麺も具も見えない。真っ黒な丼鉢と同じ色。鏡のように天井が写っている。墨汁にしか見えない。店の番頭が「Yシャツ気をつけてね。絶対に落ちないから!」。危険極まりないアドバイスである。

 紙エプロンなど当然ないので、卓上の紙ナプキンを2枚襟元に引っ掛ける。眼前のブツを眺めていると、ブラックホールに吸い込まれそうな気分。命綱のない宇宙遊泳である。

 まずは出汁。……。イカの風味が思いっきり溶け込んでいる。和風であり、様々な味が溶け込んでいるのだろうがイカスミのパンチが強すぎる。

 麺も慎重に慎重を重ねて啜る。究極まで口を丼に近づける。それでも紙エプロンが現代アートのように飛沫が跳ねる。

 麺を喰い切った。具材のイカも喰い切った。汁を半分飲み干した。

 オーナーのQ友名氏は私に一言。「明日のトイレが楽しみだね」。

 私も楽しみである。

200702北谷F.jpg
これほど黒い蕎麦は初めて。吸い込まれそう。

200702北谷A.jpg
那覇空港1階の行列店。

200702北谷@.jpg
出来立て最高に旨し。

200702北谷B.jpg
那覇空港のカードラウンジには伍魚福つまみが。

200702北谷C.jpg
やっぱり泡盛。

200702北谷D.jpg
サイコロステーキ、好き。
posted by machi at 10:17| Comment(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月06日

第2413夜:大人の……【沖縄(沖縄)】

 出資者説明会。いったい何の説明会か。沖縄市胡屋地区に2020年3月に設立されるまちづくり会社「合同会社イドムス」である。

 2018年度からこのまちづくり会社設立PJに関わってきた。平均月1回ペースで胡屋に足を運んでいた。様々なオトナの事情が絡み、二転三転し、なかなか公に発信することができなかった。

 2019年12月中旬、ついに出資者説明会までこぎつけた。私は直接の当事者ではないといえ、感無量である。情報発信も解禁される。そして、もう後戻りはできない。この会社の活躍は、従来のアドバイザーとしてでなく今後応援団の一人として見守っていくつもりだ。

 説明会終了後、発起人3人を力強く支え続けてきたパートナー会社の計7人で<との馬>。刺身、あぐ〜豚カツ、大人のポテトフライ、なかみ〜チャンプル、ソーメンチャンプル、豚串、白身フライ、厚揚…。どれも絶品。泡盛鯨飲しながら4時間以上。談笑溢れる決起集会に。

 大人のポテトフライが気になったので真っ先に頼んだ、出てきた時、牛蒡の天ぷらかと思った。齧りつくと、ねっとりとしたポクポクとした純朴な旨味。沖縄で獲れる里芋の一種。塩加減も抜群。オトナの味わいである。

 2軒目は居酒屋風スナックとでも表現するしかない独特の世界観<サシミハウスあいか>。私は2度目なのだが、入るなり「あら、アヅマさん」。ママは私の顔と名前を覚えて下さり感無量。

 常連さんらとも談笑。キープしている極レア泡盛ロックで鯨飲。お会計は2人で1000円。繰り返すが、スナックで2人で1000円。大人気の理由も、常連が入りびたる理由も激しく納得。

 それにしても沖縄市の目視70歳以上のオヤジたちは元気である。白髪長髪に髭、ロックなTシャツやかりゆし、全身タトゥーなどざらである。

 チョイ悪の斜め上を行くオヤジたちで呑み屋は溢れている。内地では絶対に見かけない光景だ。そして深夜24時を超えてもデロンデロンになりながら呑み続けている。

 沖縄市の〆はカレーとカツカレーが同じ値段という圧倒的な世界観の24時間洋食<フリーダム>でステーキ〆。H瀬発起人はステーキセット。私はステーキ丼(みそ汁・アイスティ付)980円。セットより500円以上も安いので、ダイエット効果高しのはず。

 ……、凄まじく旨いが、量も凄まじい深夜1時過ぎ。瓶ビールで流し込みながら。腹周りにオトナの魅力は増すばかりだ。

 翌朝。凄まじい胃もたれの中、H瀬氏に那覇空港まで送っていただき、搭乗までの間に愛してやまないFァミマ沖縄おにぎり、新作2ヶ発見。温めてもらい、搭乗口で頬張る。

 ……。ポークカツタコスソースはジャンクで旨すぎ。そして、タルタルチキン南蛮。パッケージではタルタルがこぼれんばかり。タルラーの私には垂涎。鼻息荒くかぶりつく。

 ……。タルタルどころか甘酢ソースもなく、ただ味付けしていないパサパサの唐揚らしき物体が挟んでいるだけ。大人の事情というヤツか。
……まあ、1万個の中の1ヶの大当たりとする。こんなことで運を使いたくないけれど。

200406胡屋@.jpg
イドムス説明会。

200406胡屋A.jpg
大人のポテトフライ。

200406胡屋C.jpg
サシミハウスあいか。

200406胡屋B.jpg
ボトルキープ。

200406胡屋D.jpg
胡屋特集で40ページ。

200406胡屋E.jpg
フリーダムにて。

200406胡屋F.jpg
ステーキ丼。

200406胡屋G.jpg
愛してやまないFァミマ沖縄限定おにぎり。
posted by machi at 09:34| Comment(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月19日

第2398夜:現地の醍醐味【北谷(沖縄)】

 首里城の再建。最早単なる文化財の消失を超えた国家プロジェクトである。顔は完全に沖縄人だが生粋の神戸っ子である私もあの衝撃映像に心痛めた。数年前に足を運んだこともある。

 沖縄人にとっては心を痛めたという安易な表現では語りつくせないらしい。あの映像を見て「俺は琉球人なんだ!」とDNAレベルで何かが沸騰したという。幾人からもこの話をお聞きした。これは現地に毎月足を運んでいるからこそお聞かせいただける感情なのだろう。

 ある師走の夜。雪降る北海道富良野市から9時間かけて沖縄県北谷町へ。出会う御仁の半分以上が半袖だ。寒暖差は30度ほどだろうか。

 商工会では首里城再建支援Tシャツを1000円で発売中。安すぎだが、地方発送は実施していないという。北谷町にお越し頂き、現地で購入して頂くことが地元にお金が落ちる。廻り廻った再建へのパスポートである。

 私ももちろん捕獲。マッチョな米兵が多い街ゆえ、XLサイズもたっぷりと常備。しかし私、XLがピッチピチ。ちなみに北谷町商工会のノルマが2000着であるそうな。

 北谷山手通りミッション終了後、<一本松>でプチ忘年会。巨大なカワハギの唐揚や煮付が1人1匹。三枚肉とソーキの煮込みも豪快の極み。

 ナイチャー(沖縄以外)にとってカワハギは割と高級魚な部類のはずだが、ウチナンチュー(琉球人)にとってはあまりにも獲れまくる雑魚らしい。釣ってもリリースするという。

 唐揚も煮付も旨すぎて無言に。身が大きく上品で淡白。塩だけの味付けが心憎い。ヘチマピザもチーズたっぷりの絶品。これで700円台は安すぎ。Oリオンサザンスターの生は沖縄以外では見かけない。サザンスターの後は泡盛をボトルでガバガバ。現地の醍醐味を満喫する。

 23時前に沖縄市内の定宿に戻り、リカママのお店で30分だけと思ったら閉まってた。部屋で沖縄市胡屋地区の活性化を牽引するH瀬氏からオミヤで頂いたカップ麺を啜ろう。

 このカップ麺が衝撃だった。私が沖縄市滞在時に4回の3回は昼飯で訪れる沖縄そばの名店中の名店「根夢」が監修しているサンポー食品渾身の逸品である。自分自身が通っている店がカップ麺化されることは、我がコトのように衝撃的な幸せを感じる。

 部屋でお湯を沸かし、24時ごろ啜る。……。驚嘆、唖然、至福、絶句、天国。スープの再現力ハンパなし。有名店のカップ麺化は普通お店より味が数段堕ちるのが当たり前だが、常識を覆す逸品。サンポー食品、グッジョブ中のグッジョブである。

 これがあれば、もう〆にどこにも啜りにいかなくとも良い。沖縄県内、それもローソン限定という噂。しかもスーパーカップサイズ。神戸で売ってれば箱買いするのだが。

 本店で啜り、沖縄県内でその再現を啜る。ネット通販では味わえない、地元に足を運ばねば分らないお宝情報が満載。現地の醍醐味である。

200319沖縄@.jpg
首里城再建応援Tシャツ。

200319沖縄A.jpg
200319沖縄B.jpg
200319沖縄C.jpg
豪快な料理の数々。

200319沖縄D.jpg
沖縄中部滞在時に我が定宿もライトアップ。

200319沖縄E.jpg
絶品。見かけたらぜひ捕獲あれ。

(付記)
それから2週間後、神戸三宮のR−ソンでこのカップ麺を発見。まずは本土でこれを啜り、現地沖縄の本店で啜りましょう。
posted by machi at 19:10| Comment(0) | 沖縄県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする