2024年02月26日

第3365夜:半月の夕【会津若松(福島)】

 満月の夕(ゆうべ)。神戸が誇るパンクバンド「ガガガSP」様のヒット曲である。

 ガガガの皆さまには神戸新長田時代大変お世話になった。20年ほど前に発刊したが全く売れなかった我が拙著の帯に推薦文を寄せてくれたのが、ガガガのボーカル・コザックM田氏。我がバカ本に帯を書かせてすいませんでした。

 ここは本当に東北か。にわかに信じられぬ殺人光線の余熱がやまぬ会津若松・神明通り商店街の夜。商店街の皆さまは完全に酷暑のイベント疲れ。私もこの夜で12泊13日の10泊目。疲労も蓄積されている。

 順調極まりない神明通り商店街ミッション終了後、D平理事長がお疲れなのに私のメシ吞みに付き合って下さった。向かった先は理事長が統べる神明通りアーケード下の<十六夜>。テーブルが1席だけ空いていた。なかなかに繁盛している。私は初ダイブである。

 呑み助の心が分かってらっしゃるメニューに惚れる。生で乾杯。昼間にドボドボ失った水分が瞬殺で補給される。真水の数百倍以上の浸透力である。

 お通しは、小さな小鉢に揚げ出し豆腐のような物体…。目を剥いた。「かつ煮」だった。

会津地方で「カツ丼」とはソースカツ丼を指す。一般の卵とじかつ丼を「煮込みカツ丼」と区別する。その煮込みの「アタマ」だった。

 少量といえ、これほど意外性とパンチ力を兼ね備えたお通しは極めて稀。お通しの旨い居酒屋、味噌汁の旨い定食屋はハズレなしは天地創造からの理である。

 生の2杯目をお替りし、鰹刺身や蛍烏賊沖漬を堪能。大好物である会津の郷土料理「ニシン山椒漬」は残念ながら売切れていたが、満足度の高い逸品がつるべ打ち。竹輪の磯辺揚げもサクサクして初めての食感。家庭ではできないプロの技。

 驚愕のメニューがあった。唐揚である。理事長がメニュー見ながら「唐揚の半月」と注文していた。何のことか分からなかったが、量のことだった。半月は鶏の唐揚が4ヶ、三日月は2ヶ、満月なら6ヶ。

 2人で唐揚4ヶなど何の問題もない。問題は、数でなく大きさ。フライドチキンより遥かに1ヶが大きい。4ヶ分のサイズがありそうだ。

 レモンをきゅっと絞り、何もつけずそのままで…。ジューシーで柔らかい。生姜が効いている。軽く胃に消えた。圧倒的なプロの技である。これで税込660円は安すぎる。

 ハイボールの後は、地酒(末廣)の冷酒150mlをクイクイ。理事長の豪快過ぎる武勇伝や神明通りの、会津の、福島のための粉骨砕身ぶりをお聞きする。ほれぼれする。これぞ、漢である。とてもここには書けない話ばかりだけれど。

 理事長はチューハイを、私は地酒をひたすら。冷酒が3本目に差し掛かった頃、出汁巻玉子降臨。黄色が眩しすぎる。熱々出来立てを口に運ぶ。神戸人の私には嬉しすぎる甘さゼロの塩味。すかさず冷酒で追いかける。満月は十五夜だが、至福の十六夜である。

 大満足で店を出る。我が定宿は神明通り商店街に隣接している。居酒屋から歩いて3分も掛からない。空を見上げればアーケードで月は見えない。

 ホテルの入口で見上げようとしたら、猛烈な便意が襲ってきた。上など向いてしまえば下から漏れてしまう。括約筋を全集中させ、内股で自動ドアを開いた。

240226会津若松@.jpg

愛してやまない定宿「中町フジグランドホテル」

240226会津若松A.jpg

神明通り商店街。

240226会津若松B.jpg

お通し(手前)最高。

240226会津若松C.jpg

鰹刺身は鉄板。

240226会津若松D.jpg

「半月」唐揚。

240226会津若松E.jpg

安定の磯辺揚げ。

240226会津若松F.jpg

頼まずにいられない。

240226会津若松G.jpg

地酒がススム。

240226会津若松H.jpg

部屋に戻って大浴場上がりに。

posted by machi at 07:40| Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年01月16日

第3337夜:疲労回復トントン拍子【会津若松(福島)】

 <豚トン拍子>。会津地方の商都・神明通り商店街に20235月に、まさに「トントン拍子」にオープンした焼とん居酒屋である。焼とんといえば、私にとってはホッピー。会津でこの2大巨頭を味わえるポテンシャル無限大な期待の星である。

 酷暑の栃木市を発ち、会津若松市降り立った時、はっきりと涼しさを感じた。北関東と南東北はこうも違うのか。10度下がった体感だが、暑いことには変わりなし。

 ぐったりしながら歩く。疲労感が半端ない。いくら暑いとはいえ、まだ出張の2日目。へばっている場合でない。何かが足りない。…。塩分か。汗かきすぎた。バタバタしてこの日はコンビニのパンを齧っただけ。時間は15時過ぎ。ミッション開始まで1時間弱…。

 この時間に空いている塩分チャージ可能店は…。あった。<空山NEO>である。この店は2年以上ぶり。豊富な味のバリエーションがあり、このバカブログでも全種類制覇を試みたバカ記事があるはず。この店は喜多方進化系を自称。喜多方そのものを長らく啜っていない

 店内は最も閑散な時間帯だが、店内は数組の客が。冷たい水を飲み干し、迷わずに「空肉盛」(喜多方醤油チャーシューメン)。やはりシンプルな醤油にとどめを刺す。

 店のマンガ棚の『中間管理職トネガワ』を読みながら、あまりの面白さに全巻オトナ買いするか迷っている(帰宅後、全巻買いました)と、ブツ降臨。

 胡椒パラリ。スープから…。うむ。しかし、前の味を忘れてしまった。麺もこんなに太かったか。値段も少し値上げしたようだが、昨今の原材料高を勘案すれば全く問題なし。気づけば汁も完飲。塩分、フルチャージである。体力気力も漲ってきた。

 全国各地で40度近い激暑だったが思ったよりも涼しかった会津若松の夜。神明通り商店街のA田氏&S藤氏と<豚トン拍子>へ。S藤氏のお店と掛け値なしに真隣である。店内はかなりフレキシブルな内装と言える。

 生で乾杯。2杯目からはホッピー。セットで約600円弱。ソトは500円以上だが、ナカが70円と激安。ソト1:ナカ3が比率の私には極めて嬉しい価格である。

 ポテトフライ、玉子焼を頼み、後はおまかせで串焼20本。どか〜んと降臨。タレ焼は一味で、塩焼は会津の辛子味噌で味わう。旨い。遅い昼にチャージした喜多方進化系醤油チャーシューメン(空肉盛)で恢復したエナジーがオーバーヒートしそうである。

 談笑し、喰って呑み、いい具合でお開きに。部屋に直行し、ローブに着替えて大浴場へ。誰もいない貸切状態。

 プラカップに氷をたっぷり入れて部屋に戻る。買っておいた缶チューハイを注ぐ。わずかに残っていた残滓な疲労も完全に霧消した、至福の風呂上がりである。

240116会津若松@.jpg

通し営業の貴重店。

240116会津若松A.jpg

やっぱりコレ。

240116会津若松B.jpg

新オープン。

240116会津若松C.jpg

ホッピーが嬉しい。

240116会津若松D.jpg

好きなものばかり。

240116会津若松E.jpg

豪快。

posted by machi at 09:52| Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年12月26日

第3319夜:たまたま會津浪漫号【会津若松→南会津(福島)】

 會津浪漫号。地方ローカル鉄道の雄・会津鉄道が誇るお座敷観光トロッコ列車である。ネーミング程度は耳にしたことはあったが、その存在を観たこともなかった。興味もなかった。私は強いて言えば「食べ鉄」「呑み鉄」ゆえ列車そのものや景色には1gも関心がない。

 ある夏の午後。神明通り商店街から汗だくになりながら30分歩いて西若松駅へ。栃木駅まで切符を買う。途中の会津田島から栃木までは特急だが、それまでの1時間は普通列車だ。

 ところが駅員さん曰く、この日は普通列車でなく、会津田島駅まで臨時トロッコ列車という。しかも、全席座席指定らしい。当然に追加料金が発生する。

 しかもこの列車、事前予約制という。そんなことは知らない。駅員さんに「特別に発券しますけど、次回からは予約してくださいね」と怒られながら切符を受けとる。お座敷列車など混んでいるだけで興味もないが、次の普通列車は3時間後。お座敷に上がるしかない。

 続いて駅員さんからどの席が良いかと聞かれた。普通の電車と思っていたので何の予備知識もない。空いているところならどこでもと伝える。

 それよりも、会津田島から浅草行の特急座席を確保できるか心配だった。この日は日曜日。田島の次は栃木屈指の観光ゾーン・鬼怒川。満席かもしれぬ。

 座席が取れなければ、私が栃木入りできるのはかなり夜遅くに。特急を何時間も待たねばならない。普通電車なら深夜になる…。1席だけ空いていた。ギリッギリ。私は、持っている。

 入線まで20分。駅前の<ベニマル>で晩飯を買う。今夜は日曜。栃木駅前はチェーン店しか開いていないだろう。駅前の定宿で部屋呑みだ。酒はホテル近くのコンビニで買えばよい。

 会津名産の大根漬(みそ)、喜多方「風」カップラーメン、弁当など購入。ホームに行くと、ちょうどトロッコ列車が入線してきた。乗り込む。座席チケットを見る…。1列目Aとあるが、どこか分からない。車掌さんに聞くと「お座敷ですね」。

 よく見ると「お座敷席 1列A席」。3両編成で、1つは窓のないトロッコ。こちらが大人気である。1つは展望車両。見た目は普通の指定列車だが、かなり埋まっている。

 そして、靴を脱ぐお座敷車両。私はここだった。客は女子大生3人組だけ。彼女たちが首からぶら下げているニコンにかなりの鉄分を感じる。

 私は裸足にスリッパとなった。素晴らしい解放感である。窓は大きく広い。何度も乗った会津鉄道の車窓。しかし、私はじっくり見たことがない。いつもパソコン猿打しているからだ。

 要所要所、絶景スポットで緊急停止する。鉄橋の上など。車内アナウンスもたっぷりと観光案内。車内は売店もある。珈琲300円はともかく、缶ビール330円、缶チューハイ210円は車内販売価格として激安。思わず買いそうになったが、猿打せねばならない。

 客は車窓を眺め楽しそうである。いろんな車両をいったり来たりしている。私はひたすら同じ席に陣取り、景色を見ようともせずパソコンに向かう。数時間前に実施した空き店舗ツアー参加者アンケートを集計しながら。風情も何もない。

 女性の車掌さんが来られた。切符のチェックと想い、座席指定券を渡そうとしたら、逆に切符を渡された。「お座トロ展望列車 乗車証明書 会津浪漫号」。本日の日付(5.6.25)も。思わずはにかんでしまった。

 夢のようにゆったりした1時間10分のお座敷列車旅も終わりが近づいてきた。会津田島到着後、わずか3分で浅草行特急(リバティ)に乗り換えねばならない。

 到着まで残り8分ほどで車内アナウンスが流れた。先ほどのゆったりした観光案内口調と異なり、緊張感を含んだ声色である。

 「お客様にご連絡申し上げます。ただいま入りました情報によりますと、浅草行特急リバティのトイレが故障しているとの情報が入りました。特急乗換のお客様、中ほどの車両のトイレを利用されてからご乗車ください」(原文ママではないが、大意はこんな感じ)。

 ゆったりまったりの夢空間だった車内に緊張が走った。1つしかないトイレにいつの間にか行列ができていた。あとわずかで到着する。夢の浪漫電車、終着駅手前で阿鼻叫喚の地獄と化した。

231226会津鉄道@.jpg

入線。

231226会津鉄道A.jpg

テーマパークのよう。

231226会津鉄道B.jpg

お座敷列車。

231226会津鉄道C.jpg

乗車記念。

231226会津鉄道D.jpg

絶景@

231226会津鉄道E.jpg

絶景A

231226会津鉄道F.jpg

人気車両。

posted by machi at 08:10| Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする