2021年01月18日

第2607夜:会津ラーメンの謎に挑む【会津若松(福島)】

 会津ラーメン。喜多方ラーメンは日本屈指の知名度を誇るが、喜多方はそもそも会津地方。喜多方とは別に「会津ラーメン」を唄う店が会津若松市内(私は駅前しか知りませんが)に存在する。喜多方と会津のラーメンは別物なのか。気になって夜も眠れない日が続いたような気もした。

 「会津喜多方」は会津の中心・若松から車で20分程度。以前、神明通り商店街の方に懇親会席上でラーメンの違いをお聞きしたが、そもそも私の質問の意味が分からないとのことだった。

 残暑消え去った9月下旬の遅い昼。会津若松駅前でラーメンを啜ることに。喜多方系を攻めるつもりが、以前から気になっていた「会津ラーメン」を試すことに。

 向かった先は駅前の創業120年<Ⅿルモ食堂>。以前ソースカツ丼を頂いたが、今回は会津ラーメンに挑戦。店内は前にもまして昭和感が増している。掛け値なしに時が止まっている。

 静寂の中、水を飲みながら昭和熟女に「会津ラーメン」と迷わず注文。厨房へ伝達される。

 待っている間、ぼんやり壁面メニューを見渡す。うどん、そば、定食、丼、カレー、一品料理などの食堂ゆ豊富なラインナップの中、ラーメン類を凝視する。

 「会津ラーメン」は800円。醤油味で山菜が入っていると但し書きが。ところが基本と思しき中華そばは600円。チャーシューメンが850円。みそラーメンは650円で最高値が謎の半カレーラーメン900円。半カレーが良く分からない。会津ラーメンは値段からして副将格といえる。

 嫌な予感がした。聖地喜多方ではメニューにわざわざ「喜多方」と表記していない。会津っ子がわざわざ「会津」と表記されたメニューを頼むとも思えない。観光客向けなのか。

 ブツ降臨。……。シブいビジュアルである。チャーシューが4枚ほど乗っているのは嬉しい誤算だが、山菜が妙に多い。中央に鎮座するナルトが螺旋の軸を形成し圧倒的存在感を放っている。

 スープを啜る。……。醤油というより塩ラーメンに近い。枯淡の味わい。味も激シブ。中華そばより250円も高いその違いが分からない。山菜だけで250円なのか。麺はツルツルモチモチな喜多方系。これは喜多方ラーメンですと言われたら私は納得して首肯するかもしれない。

 謎は深まるばかり。気づけば完食。定番の「中華そば」を次回は頼まねば違いが分からぬ。しかし最高に旨い喜多方ラーメンをスルーすることにそもそも勇気がいる。

 電車出発までの時間つぶしでスーパー銭湯を満喫し、心地よく腹が減った翌昼。前日に引き続い<マルモ>で中華そばを啜って会津ラーメンとの違いを調査するはずが、定休日なのか閉まっていた。気持ちを切り替えて1年ぶりに訪れた駅隣接の<Ⅿるたか食堂>へ。

 この店は「喜多方ラーメン」とはっきりと唄っているが、別途「会津山塩ラーメン」のノボリがはためいている。いったい「山塩」とは何なのか。

 1年前はその存在に気付かなかった「会津山塩ラーメン(ゆで卵付)」をセルフなので厨房まで取りに行く。ビジュアルは美しい。淡麗の極み。吸い込まれそうな透明感である。

 さっそく挑む。……。スープはしっかりと塩っ気あり。麺は喜多方系のツルツルモチモチ。この店もナルトが存在感たっぷり。ちなみにマルモのように山菜は入っていない。

 会津山塩とは「大塩裏磐梯温泉から湧き出る温泉水を煮詰めてつくる」らしい。「ミネラル成分を含む、まろやかで優しい味」らしい。

 ちなみにこの店の喜多方ラーメンが680円。絶妙に旨しだが会津山塩ラーメン1000円はかなりの割高。山塩の仕入れ値が高すぎるのか。美味かったのに気分は落城寸前の鶴ヶ城である。

210118会津ラーメン@.jpg
100年(120年?)の風格。

210118会津ラーメンA.jpg
魅力的。

210118会津ラーメンB.jpg
枯淡のシブさ。

210118会津ラーメンC.jpg
「山塩」が気になる。

210118会津ラーメンD.jpg
ゆで卵がサービス。

posted by machi at 10:22| Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月17日

第2606夜:菩薩の湯【会津若松(福島)】

 <富士の湯>。会津若松駅前に屹立するスーパー銭湯である。

 エスニック料理を思う存分満喫しながらプレミアムな数種類の地酒を鯨飲した翌朝。すっきり起床。酒も全く残っていない。旨い地酒は鯨飲しても翌朝に残らないという。

 朝6時からテンション高くPC猿打。急ぎのメドがついた。春日部の夜ミッションまで自由。 10時チェックアウトしても電車まで2時間待ち。

 私が泊まった<駅前フジグランドホテル>が経営しているっぽいホテル横の駅前スーパー銭湯(富士の湯)無料入浴券(館内浴衣・タオル大小付)を頂いた。このホテルでは毎回無料入浴券を頂けるのだが、タイミングが合わず使ったことがなかった。

 ちなみにミッション先である神明通り商店街に隣接する<中町フジグランドホテル>ではチェックイン日限定の館内飲食店の生ビール1杯無料券を頂けるのだが、ミッションを控えた身でとても利用できるタイミングは永遠に訪れない。

 この日は6泊7日の6泊目。それまでの5泊はユニットバスゆえ疲れがたまり気味。スーパー銭湯10時開店直後に突撃。何故かすでに風雪を刻んだご老人たちが数名浴槽に浸かっている。館内すべてがコロナ対策万全だった。

 最初に体と頭を洗い、露天風呂へ。天然温泉100%源泉かけ流し。突き抜けるような青空。気持ち良すぎる秋晴れ。いつまでも浸かっていられそうだ。

 ぬるめの壺湯、いかにも効きそうな薬湯、炭酸泉…‥。サウナに入るとビールの誘惑に負けるので我慢。

 冷たい冷水を風呂上りに流し込み、5分間100円の世界初らしいエアーハンドマッサージャーでハンドマッサージ。蕩けた後、さらに100円10分の骨盤&足つぼ同時マッサージで昇天。

 3階建ての館内は設備大充実。1日余裕で過ごせそうな娯楽っぷりなのに450円という一般銭湯価格に驚愕。菩薩のような経営者様に敬服。これから時間があれば必ず立ち寄りたい。屋外には無料足湯も。観光客にも絶対的オススメだ。

 コロナ以降、スーパー銭湯とはいえ温泉は初。ユニットバスばかりだったので疲れぶっ飛び。6泊7日最終ミッションに向けて鋭気満点に。

 駅舎併設の食堂で会津山塩ラーメンを啜り、これで1000円はちょっと高かったかなと心に残尿感を刻みながら改札内へ。

 ホームに向かいながらスーツケースを転がしていると、キュッキュと引っかかってスムーズにコマが動かない。……。コマが砕けていた。

 この2,3年、私のスーツケースが壊れて使い物にならなくなる日や痛風が発症する日は、何故か必ずチョッキと会う日である。菩薩の恩恵も施設外までは届かないようである。

210117会津若松菩薩の湯@.jpg
宿泊客に進呈。

210117会津若松菩薩の湯A.jpg
駅前にそびえる「会津富士」。

210117会津若松菩薩の湯B.jpg
エアーハンドマッサージャー。

210117会津若松菩薩の湯C.jpg
足つぼ&骨盤マッサージ。

(付記)
今朝は5時半に目が覚めた。1月17日。中年以上の兵庫県民にとっては忘れられぬ阪神・淡路大震災から26年目である。朝5時46分、自宅で黙祷させて頂きました。皆さま、今夜もご安全に。
posted by machi at 05:56| Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年01月14日

第2605夜:エスニック料理は会津地酒で【会津若松(福島)】

 一気に(日本人)観光客が溢れだした2020年9月下旬。郡山からJRで会津若松へ向かう。途中の猪苗代駅はホームから落ちるんじゃないかと心配になるほど高齢山歩き客で溢れている。

 月イチ恒例の会津若松神明通りミッション終了後は、これまた恒例の会津商人館1階にあるD平理事長&イケメン息子氏が切り盛りする日本一入りにくいエスニック料理&コミュニティカフェ<ハジャイ>へ7人で。

 この夜の料理は理事長お任せではなく、各々が好きなメニューをガンガン注文。私は海鮮春巻をリクエスト。

 私はこの1年間、これまでめったに口にしなかったエスニック料理専門店に足を運ぶようになった。それも、毎月である。ただし、それは会津若松市神明通り商店街・會津商人館1階の<ハジャイ>限定。かなりその魅力と奥深さにハマってきた。

 サクサクの海鮮春巻きを堪能し、鉄板の空心菜炒めに身もだえ。特殊な激辛更新料や甘酸っぱいソースなどを駆使し、白身揚げ、春雨サラダ、海鮮サラダ、唐揚、鶏もも焼きなどに頬っぺたを落としていく。

 エスニック料理は野菜をふんだんに使うようで、普段野菜(特に生)を食べない私にはヘルシーの極北。ドロドロに汚れた血がサラサラにフレッシュに確変していく実感がある。

 いつもはキンキン冷え冷えで、会津地方でこの店でしか呑めぬという黒生ビールを数杯。その後はデキャンタで日本酒を頂いている。銘柄はお店お任せなので種類は分からなかった。

 この夜は組合が私のためにクチアケされているがプレミアム感満載の地酒一升瓶を5本も持ち込まれていた。ラベルのある酒が4本、ないものが1本。すべての銘柄を試す。

 ……。サラリスッキリないくらでも呑めそうな辛口、豊潤でどっしりと風味豊かな旨口。どれも個性的である。途中から酔いも回り、我がバカ舌では違いが分からなくなった。ふと気づけば2本ほど空になっていた。

 黒生をチェイサーに地酒を鯨飲していると、シメ系が大量に運ばれてきた。掛け値なしに絶品かつ定番メニューではない「鶏チャーハン」。これは魔性である。

 チャーハンに空心菜炒めを載せてワシワシ頬張ると、磐梯山まで鼻息で飛んでいきそうになる。ガパオライスも目を細める奥深さだ。

 神明通り商店街の皆さまは本当に仲がいい。単なる飲み会だけでなく、登山や釣りなど様々なレクリエーションも楽しまれているようである。

 この一体感と、ヨソモノを拒まない懐の深さが会津地方最強商店街を形づくっている。理事長は毘沙門天のごとき豪快な御方だが、菩薩のような懐の広さと器のデカさが魅力満点である。

210114会津若松ハジャイ@.jpg

210114会津若松ハジャイA.jpg

210114会津若松ハジャイB.jpg

210114会津若松ハジャイC.jpg

210114会津若松ハジャイD.jpg

210114会津若松ハジャイE.jpg

210114会津若松ハジャイF.jpg

210114会津若松ハジャイG.jpg

210114会津若松ハジャイH.jpg
毎月ありがとうございます💛
posted by machi at 09:57| Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする