2022年09月11日

第3011夜:チェーン居酒屋の進化過程【会津若松(福島)】

 目利きのG次。S木屋でおなじみのMンテローザグループが数年前から展開している海鮮網焼き系の新業態居酒屋である(たぶん)。日本中のそこそこの規模の街の駅前はどこにでもあるイメージがすでに定着している。

 私は夜にこのチェーン店を利用することはない。出張先での懇親会に選択肢に入らない。ただし、昼のランチは別。ライス&味噌汁食べ放題のマグロ3種盛定食はかなりお気に入り。

 一気に暑さがうなぎ登りな6月下旬の夜。会津若松のウォール街・神明通り商店街D平理事長とサシ呑みすることに。

 森羅万象、強弱剛柔話題豊富な理事長とお話は何よりの勉強。理事長は私(48歳)より5つほどご年配なだけだが、歩んできた人生の厚みがヨゴレな私とは全く異なる。

 どこに呑みに行こうかとなった。2人だからどこでも入れるだろう。呑み会に参加できない商店街役員にオススメを尋ねたらチェーン居酒屋(目利きのG次)を薦められた。理事長はこれまでチェーン居酒屋そのものに足を踏み入れたことがないとおっしゃる。

 私もめったに行かない。しかし、稀に出張先にて独り飲みを強いられる際、そこそこの規模の街なら駅前にチェーン居酒屋がある。ゆえに、足を運ぶ。ただし、G次ではない、

 働きだした直後、つまり大学卒業直後の鉄鋼会社での新人研修時代はチェーン居酒屋に同僚たちと足を運んだ。しかし、商店街や市場の活性化のお手伝い的仕事に従事するようになり、思いっきり遠のいた。遠のくどころか、10年以上入ったこともなかった。

 学生の頃、社会人1年目などはとにかく安ければよかった。一番安い焼酎をボトルで頼み、ツマミはポテトフライか軟骨唐揚。楽しかったが、美味しいと思ったことはなかった。

 40歳を超えたあたりで稀に一人で足を運ぶように…。ただし、首都圏での放置プレイ時限定。驚かされた。素晴らしく美味しくなっている。メニューの充実も、きめ細かいサービスも。何より、店主や女将に気を使わなくて済む。新聞や漫画雑誌も気兼ねなく読める。

 そのようなことを理事長にお伝えする。理事長は承諾。コロナ禍のチェーンの現況を知るという崇高なテーマを胸に2人で<目利きのG次>へ。

 飛び込む。広大な店内に、客は2組程度。従業員が見当たらない。「すいませ〜ん」と大きな声で叫ぶも、何の反応もない。奥に進むと、厨房まで来てしまった。

 ようやくバイト女性を発見。店内ガラッガラ。一応「2人ですけど」と申し上げたら「ちょっとお待ちください。聞いてきます」。……。いろいろとスケールがデカい。

 着席。プラス1700円で呑み放題に。理事長と私なら2時間で充分にモトは取れる。

 銀次のウリは、網焼きコンロで自分で海鮮などを焼けること。鯨刺盛合せに、浜焼(帆立・蛤・海老・烏賊・ししゃも)。エイヒレやじゃこ天も焼く。充分に旨い。つぶ貝バター焼は必須。

 生ビールから生搾りレモンサワー、そしてジムビームハイボール。呑み放題ゆえ、普段頼まない生搾り系も召還。甘さゼロタイプゆえさっぱりと旨い。ハイボールはかなり濃い。

 理事長からお聞きする森羅万象に首肯するばかり。含蓄とユーモア。器量と度量。商売のセンス。理事長とサシ呑みは初めて。感謝しかない。

 〆のマグロ&いくらこぼれ寿司を頬張り、呑み放題時間終了。満足感を胸に腹に店を出たけど、心に残る一抹の残尿感は何だろう。

220911会津若松@.jpg
会津での初チェーン。

220911会津若松B.jpg
生絞り。

220911会津若松A.jpg
鯨刺身盛合せ。

220911会津若松C.jpg
浜焼き。

220911会津若松D.jpg
ウィンナーも。

220911会津若松E.jpg
たっぷりな「こぼれ」。
posted by machi at 05:40| Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年08月03日

第2985夜:道場のシステム【会津若松(福島)】

 米沢牛。日本中にブランド牛は数あれど、米沢牛は屈指の知名度を誇っているように感じられる。久々の強烈な円安(2022年6月上旬現在)で輸入牛も高騰しているだろうが、和牛、それもブランド牛はますます高値の華になりつつある。

 そんな米沢牛が信じられぬほどリーズナブルに味わえる店(そもそも相場を知りませんが)、というか道場が会津若松市内の呑み屋街に屹立する。その名も「ほるもん道場」。福島県で1番メニュー数の多い焼肉屋らしい(看板に記載)。

 日中は汗ばむが夜は冷え込む季節の南東北屈指の観光地かつ大都市・会津若松。最大最強商店街である神明通りでは空き店舗ゼロPJシーズンUが開幕中。何十回と足を運んでいる会津若松のそんな夜、神明通りの理事長たちと前述の焼肉屋<ほるもん道場>へ。

 会津若松市内で焼肉は初めてである。会津に限らず、ミッション先であまり焼肉店に足を運ぶ機会は意外とない。焼肉を喰いに行くというより懇親がメインになるため、焼肉は焼くことに忙しく、席移動も容易でないためかもしれない。

 割と頻繁に足を運ぶのは、北九州一住みやすい街で存在感を放つ黄金市場商店街の若旦那衆と赴く門司駅前<太平楽>ぐらいか。この店もフラリと入れない、予約必至の超絶人気店である。

 壁面および卓上メニューに目を向ける。牛、豚、鶏、羊、鰐……。精肉やホルモンなど確かに圧倒的な品揃えに目移り。中でも「赤字必至」とあるのが、米沢牛。

 コテツ、センマイ、ハツ、ホルモン、ハチノス、シマチョウ、レバー…。ホルモン類は300円代から700円代。カルビやなども800円代から味わえる。米沢牛でない牛メニューなら300円代でカルビが味わえる。豚系はほぼすべて300円代である。異様に安い。

 呑み食べ放題コース発見。ひとり4,000円。しかし、オッサンになった昨今、食べ呑み放題はモトが取れない。食べ過ぎると酒が進まず、呑み過ぎると食が進まない。片方に寄せるしかない。

 さらに驚きのコースがあった。「単品コース」である。肉類を独り2皿以上頼めば、アルコールが1杯目と2杯目が380円に、そして3杯目以降無料という。さらに、ライスとソフトドリンク、枝豆と小鉢がサービスされる。独特すぎる幸せシステムである。

 痛風がようやく治まったばかりの私は最初から最後までハイボール。痛風には精肉は問題ないもののホルモン系はかなり危険。しかし、私は様々な部位のホルモンが大好物ゆえ、こんな機会を痛風で逃すわけにはいかぬ。道場で弱気な性根を叩き直さねばならぬ。

 めったに味わえぬ米沢牛を思いっきり満喫。米沢牛はもちろん旨いが、バカ舌の私には普通の牛や豚も大満足に旨しであった。2次会は十数年来の我がクライアント様とホテルで部屋呑み。気づけば深夜1時半。少しは道場で性根を鍛え直していただいたのかもしれない。

220803会津若松@.jpg
福島一の、品ぞろえ。

220803会津若松A.jpg
入門の書。

220803会津若松B.jpg
強力な安さ。

220803会津若松C.jpg
豊富な武器類。

220803会津若松D.jpg
目移りの魅力。

220803会津若松E.jpg
壁にはランキングが。

220803会津若松F.jpg
ガンガン焼きます。

220803会津若松G.jpg
どんどん焼きます。

220803会津若松H.jpg
セン刺し、好き。

220803会津若松I.jpg
隣は「恐竜ビル」。怖すぎ。
posted by machi at 08:28| Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月19日

第2974夜:阿修羅の道【会津若松(福島)】

 約200m。私が会津若松入りした際にホテル、ミッション会場、懇親会場を繋ぐおおよその距離である。コンパクトの極みだが、神戸から7時間かけて訪れるという旅情気分はゼロである。

 電車で会津若松駅までたどり着き、ミッション会場まで歩くと20分以上かかる。しかし郡山からバスに乗ると、神明通り商店街に隣接する定宿すぐ近くまで移動できる。

 雨の日、雪の日、痛風の日にはバスが極めて便利。電車に比べて本数は圧倒的に多く、電車より思いっきり空いている。車内Wi−Fiも完備。所要時間もあまり変わらない。

 ツーフーが完治しない夕刻。郡山駅前からバス車中で爆睡。起きたら会津若松駅前。客の大半は下車。私だけアーケードのあるミッション先の神明通りで下車。バス停から徒歩50mぐらいで定宿チェックイン。この日は雨だった。そして痛風。バスの有難さにしみじみ感謝する。

 コロナ前年の2019年から御縁を頂き、コロナ禍の2年間を神明通り商店街は「空き店舗ゼロプロジェクト」に取り組んだ。この日(2022年4月下旬)から空き店舗ゼロプロジェクトのセカンドシーズンが始まる。新たな二年間のキックオフである。

 初回終了後は<のり平>さんという居酒屋で懇親会。宮古で1軒目として一番通った店の屋号と同じ。懐かしさがこみ上げる。コロナ以降、宮古との御縁は滅失してしまった。

 この夜の酒席の話題の一つが「道(まち)の駅」の収益性とパワーについて。この店をはじめ市内数店舗が「まちの駅」の看板を掲げている。私の知っている「まちの駅」と趣が異なっている。

 痛風発症中故、1杯目からハイボール。焼鳥、刺身などに舌鼓。愁眉だったのが「鰊(にしん)の山椒漬」。普段にしんを口の出来ることは滅多にない。海に面していない会津地方の郷土料理という。私は会津地方と御縁を頂いて5年目になるが、この郷土料理は口にした記憶がない。

 口に運ぶ‥‥‥。山椒はそれほど強烈ではないが、臭みを取り、風味を与えている。身がしまっている。そして、何よりも旨い。チビチビとやっていたら、痛風だが日本酒でヤリたくなった。 

 メニューに「もっきり+こぼし」が。380円。しかも、会津の地酒。安すぎる。たっぷり零れている。口をグラスに寄せて啜る。旨い。にしんの山椒漬を口に運ぶ。目尻が下がる。

 卓上の山椒漬をすべて私の眼前に集めて独り占め。会津っ子はいつでも食べられるから。

 22時閉店解散。痛風かつ2軒目に行くパワーなく、定宿から最も近いコンビニへ(7-11)。旅先のホテルで独り飲みする際、地元スーパーや専門店が開いていなければ、コンビニになる。中でも私は7-11を選ぶ。その街独特の郷土料理が意外なほど充実しているからである。

 缶ハイボールのロング缶とポケットウィスキーをかごに。この店舗でこれまで会津名物のソースカツ丼、(会津)喜多方の有名店が監修したレンジでチンする塩ラーメンに目尻を下げてきた。

 この夜は山形名物冷しラーメン発見。その横に「冷やし中華」が積まれている点も芸が細かい。しかし、私はあまり冷やし系を好まない。

 ハイボールのアテっぽい、それも福島ナイズされた逸品が欲しい…。発見。「なみえ焼そば」。福島県浪江町の名物で、ひと昔前のB級グルメブームの際にその名を目にしたことがあった。宿の同じフロアに電子レンジがあることを思い出した。温めてもらわずそのまま持ち帰る。

 5階大浴場へは足が痛むので我慢し、部屋のユニットバスに湯を張る。凝りを解し、電子レンジへ。温め完了。足は痛いが、こういうことには我慢を惜しまない。

 缶ハイボールをカシュッと開け、グビビビビ。旨い。なみえ焼そばの定義が全く分からない。スマホで調べたら分かるかもしれぬが、面倒くさい。太麺で、ソースの色は濃い目。別に茹でられたモヤシがたっぷり。

 啜る。……。濃い目だが上品。ハイボールに好適。『ワカコ酒』『大衆酒場ワカオ』『山と食欲と私』という大好きなコミックの最新刊を読みながら。

 翌朝。神明通りの事務所に向かう途中、事務所に隣接している蒲生氏郷公の墓所。しばらく工事中だったが、目を剥いた。入口の両脇に巨大な阿吽の阿修羅像が建立。私の移動用Tシャツも十数年前に奈良で買った激ダサ阿吽な阿修羅像。奇遇というか、妙な縁。

 痛風足を引きずる帰路は、私にとって修羅ならぬ阿修羅の道である。

220719会津若松@.jpg
会津の郷土料理らしい「にしんの山椒漬」を会津地酒で。

220719会津若松A.jpg
独り2次会は「なみえ焼きそば」。

220719会津若松B.jpg
蒲生氏郷公の墓所を警護する阿吽像。いつの間に出来たのか。

220719会津若松C.jpg
たまたまですが、私のこの日着用していた、10年以上前の奈良市内で捕獲した激ダサTシャツ。
posted by machi at 08:50| Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする