2020年09月09日

第2519夜:両面とも表【岡山(岡山)】

 タイムサービス。桜満開な2020年4月上旬、神戸から岡山へ向かう途中、姫路駅でわざわざ途中下車して<えきそば>へ。平日限定タイムサービス中(14:00〜17:00)で天ぷらえきそばが330円に(380円)。啜らずにいられない。汁1滴残さない熊啜。

 表町商店街ミッション終了後、諸事情で一人呑みに。せっかくなので商店街内の居酒屋を物色。

 西大寺町のビル前に看板が。<萬唐屋>。奥まった所にあるようだが、入り口がどこか分からない。引き戸があった。そこに名刺より小さな箸袋サイズの張り紙がピンと止められていた。<萬唐屋>。屋号通りのバンカラスタイルに怯む。しかし、グイッと引き戸を開けた。

 マスターが一人カウンターに。店内は広く2階もある。コロナの影響で客足が途絶えたようで、客は私だけ。

 カウンターに着座し、まずは瓶ビール。アサヒとキリンを聞かれ、普段は何故かキリンだがアサヒの気分だった。世の太平を願うなら麒麟に来てほしいが、まずは朝日が昇ってほしい。

 お通し3種をツマミにマスターと談笑。移転を含めて30年以上居酒屋を続けているという。その長き居酒屋人生の中で、2020年の春ほど客足が途絶えたことはなかったという。岡山最大の歓楽街・中央町も閑古鳥が凄まじい勢いで繁殖しているという。

 メニューは豊富である。しかし、一人なのでそれほど食べられない。本日のオススメを観る。刺身、和食、洋食、中華。カレーもある。どれも呑んだくれの心震わせるセクシーさだ。

 ビーフカツがあった。980円である。洋食屋より安い。個人的には「ビフカツ」と呼称したい。マスター曰く、いい肉が入ったそうで自信作であるという。楽しみである。

 ハイボールに切り替えてグビグビやっていると、ブツ降臨。大きい。分厚い。デミグラスの掛かり具合が官能的である。はだけた浴衣のようである。

 口に運ぶ。……。これ。これである。柔らかい。ビフカツは霜降りであってはいけない。脂で揚げるのだから。分厚い。ほのかにレア。デミも見事な深み。噛みしめるほどに赤身肉の上品な旨味が溢れだし、溺れそうになる。

 たっぷりと満喫した。牡蠣と言えば広島、三陸、厚岸あたりかもしれないが、岡山の日生も牡蠣どころ。カキオコ(お好み焼き)が有名だ。牡蠣バター焼きを注文。もうシーズンが終わるのでラスト牡蠣。これはラッキーである。

 程なくして、大振りのプリプリが降臨。口に運ぶ。……。ワヒャーと唸った。海のミルクが弾けだした。そこの山のミルク(バター)が絡む。絶妙の火加減。お店にとってはタイヘンだが、コロナ不況でマスターの絶品料理とトークと店を独り占めできる幸せを味わう。

 2軒目は<コイン>。3回目である。私はラフロイグを入れている。店内は先客が2名。70年代の懐メロを唄っている。今夜はバーではなくカラオケスナックモードのようだ。

 岡山人は割と人見知りらいしのだが、先客たちも私に色々話しかけてくれる。岡山といえばママカリ、桃太郎、千鳥、マスカットぐらいしか思いつかないが、黄ニラが有名らしい。白桃も外せないという。

 先輩二人が帰られて入れかわりで、見た目と雰囲気から明らかに美容師と分かる50代の御仁が。グデングデンである。

 現在進行形で付き合っている彼女とけんかと仲直りを繰り返しているそうで、この夜は喧嘩モード。ママから電話しなさいと説教されている。

 私にもすさまじい勢いで唾を飛ばしながら立ったり座ったりと話しかけてくる。ママは酔っ払いから私を守ろうと全力を尽くしてる。しかし、これが呑み屋の、場末の醍醐味である。

 コインという店の屋号の意味が分かった。バーとしての面と、場末スナックとしての面。私にとってはどちらもが表町の表面である。

200909岡山@.jpg
これを啜らずして姫路駅を素通りできぬ。

200909岡山A.jpg
入りにくさの極北。

200909岡山B.jpg
私が知る限り、世界最小の看板。

200909岡山C.jpg
「麒麟」に来てほしいけど、今は「朝日」が昇ってほしい。

200909岡山D.jpg
ビフカツ。頼まずにいられない。

200909岡山E.jpg
プリプリ。

200909岡山F.jpg
<コイン>にて。
posted by machi at 14:07| Comment(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月30日

第2511夜:検索と嗅覚【岡山(岡山)】

 検索。私がネットで検索する際、ほとんどが訪問地でのラーメン情報である。

 ある3月の生暖かい午後。岡山は寒くないが霧雨である。岡山では初めて路面電車で田町駅下車。いつもの駅前定宿が満室のため、表町商店街に一番近そうだった<岡山Sクエアホテル>へ。それにしても新型コロナで宿泊施設大打撃中に満室とは見事である。

 そのホテルから一番近そうなラーメン屋を検索。……。発見。<ラーメンDかいち>。二郎系インスパイア店のようである。店内はカウンターで7名も座れば満席か。

 券売機の前で佇む。大きく分けてラーメンとつけ麺の2種。つけ麺は私の視界にも入らんのでラーメン一択。並が200g、大が300g、特大が400g。そして、トッピング(別料金)がある。

 二郎系の特徴として「無料」トッピングがある。野菜を思いっきり「増し増し」にできること。とても飲み干せない濃厚スープ。極太麺。量を増やし過ぎると食べきれない恐れがある。

 ここは初めての店ゆえ「並」で妥協。年齢不詳の笑わない感じの職人肌の店主にチケットを渡す。すべて「普通」に。麺大盛やトッピングが有料の場合は残してもギリギリセーフだが無料トッピングを残すことは絶対にご法度。これは譲れない天地の法則である。

 ぼんやり水を飲みながら待つ。店内は30〜40代と思しき男性3名。一心不乱に啜っている。

 我がブツ降臨。すべて普通。量も並。それでもモヤシたっぷり。ニンニクだけは増し増しにしたかったが、この後ミッションを控える身。世間は新型コロナ一色のご時世なのでマスク着用のままミッションかましても許されるだろうが、自分自身で窒息するかもしれぬ。

 スープは二郎系にしては薄めでマイルド。全部呑み切れないが、私好み。二郎系初心者には最適だろう。モヤシをまずなかったことにして、太麺に全力で挑む。

 この太さとコシは濃厚スープでなくては釣り合わなぬ。チャーシューも分厚い。背脂が良い仕事をしている。汁は5分の1ほど残したが、麺1本残さず桃太郎啜を決める。

 初めて利用するこのスクエアホテル。設備もサービスも大充実。ミッション先からも近い。これから岡山表町ミッションの際の定宿に定める。

 広域型商店街ゆえ新型コロナ自粛が深刻な岡山最大最強の表町商店街ミッション終了後、Y部氏とサシ呑みを決行。

 昭和レトロなラーメン居酒屋だがオープンして1年ちょっとな独特の世界観を放つ<桃T郎商店>へ。ジャンボ串カツや餃子をメガハイでやり、店主の奥さんとも話し込む。

 Y部氏はネギ中華そばを旨そうに啜っている。私も惹かれたが、何故か1軒目からラーメンを啜る気になれない。酒が進まないからか。〆には早すぎるという体内アラームゆえか。

 店内POP「児島デニム生地ラーメン」が強烈である。あまりにもラーメンからかけ離れたビジュアル。これぞSNS時代のラーメンといえよう。
 
 キャッチコピーの「ウキウキ♪」「わくわく♪」まではわかるが「食べづらい♪」が怖い。いつか試そうと思うが、これは一人ではなく誰かツッコミを入れてくる人がいないと寒いことになる。

 2軒目はバーとカラオケスナックが融合した独特の場末感を放つ<コイン>へ。2020年3月、10年前まえは神戸市内に何本あったか覚えていないほどあった我がキープボトルが20年ぶりに滅失。その反動でラフロイフをボトルキープ。テンション高めのママとも話し込む。

 24時ごろY部氏と別れてホテルに向かう道すがら。絶対に旨そうな「中華そば」表記が視界に。<山F士>という夜から深夜3時までしか営業しないラーメン屋へ。

 店内はまだ酔いの口なのか先客は1人だけ。「チャーシュー中華」召還。ビジュアルがぼっけえ美しい。思わず生唾。

 胡椒をパラリし、まずはスープ。……。最初あっさりすぎるかと思いきや、食べ進めるごとにコクと旨さ増す。シメに無敵系。チャーシューも味わい深く、刻み葱が最高のアクセント。ぼっけぇ旨い。岡山はちぢれ系ではなくストレートな麺が主流のようである。

 岡山ラーメンの定義はないそうだが、何となく以前<桃T郎商店>で啜った炙り中華そばとこの店のチャーシュー中華はビジュアルは異なれど味の系統は何となく似ている気がする。ラーメンのレベルが高い街は無条件で私にとっては素敵な街である。

200830岡山@.jpg
岡山の二郎系。

200830岡山A.jpg
ジャンボ串カツ。

200830岡山B.jpg
いつか挑まねばならぬ。「食べづらい♬」が笑わせる。

200830岡山C.jpg
<コイン>にて。

200830岡山D.jpg
入らずにいられない。

200830岡山@.jpg
間違いのない美。
posted by machi at 10:41| Comment(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月13日

第2501夜:フルーツタルトと玉子サンド【岡山(岡山)】

 深夜のケーキ。以前よりは甘いものを楽しむようになったとはいえ、ケーキ類はいまだ私にとってハードル高き女子力の象徴である。

 私が深夜に口にするスィーツといえば、バーやスナックでのウィスキーのツマミとしてのチョコレートやレーズンバター、クッキー程度。スナック終わりのラーメンモード全開の夜はまず固形物に手を伸ばさない。ゆえにデコラティブなケーキを口にする経験も記憶もなかった。

 新型コロナが世界中で猛威をふるい続けている最中の2020年2月中旬。沖縄から神戸空港経由で岡山へ直行する予定だったが、どうしても神戸市内の自宅に立ち寄らねばならず80分だけピットイン。18時半ごろ岡山へ到着する。

 駅前の定宿にチェックインせずそのまま備前最大最強の表町商店街へ。ミッション終了後、商店街の旦那衆と商店街2階のドイツ風パブへ。

 ビールの合う逸品をツマミに生とハイボール。かなりの老舗らしい。唐揚、ウィンナー、ザワークラフト、ポテトフライ、ピザ……。痛風ゆえ生は3杯、後はハイボールに。

 話題は神羅万象だが、新型コロナの話は2020年の2月3月は外せない。途中、岡山の奇祭「西大寺会陽」の存在を知る。1万人が裸になる500年続く神事であるという。イベント自粛要請などどこ吹く風。裸の男たち、頼もしい限りだ。

 Y部氏からスマホで動画を見せて頂いたが、令和元年になり一気に老眼が進みだした私には肌色の物体がたくさん蠢いているようにしか見えない。

 日本各地で昔から連綿と続く伝統行事、それも神事はたとえ死亡事故が出ようと翌年もしれっと開催されるところに歴史の重みがある。

 2軒目は永遠に店名を覚えられそうにない複雑なつづりのラウンジへ。ビルの2階にあるのだが、1階入り口横がケーキ屋。時間は23時ごろだったが思いっきり営業中である。

 このケーキ屋、何時まで開いているのか。店員さんもみな大学生ぐらいのお年の女性。元気のある歓楽街はケーキ屋や花屋、鮨屋などが深夜まで開いている。

 表町商店街のH谷川理事長にケーキ店に誘われた。同行氏たちは一足早くラウンジへ。理事長は私に好きなケーキを選べとおっしゃる。よく分からないのでフルーツタルトを選択。他にも理事長は10種類ほどケーキをお買いもとめになられた。ラウンジへの差し入れなのだろう。

 ハイボールをヤリながら談笑していると、ケーキが降臨。レディも我らオヤジたちも好きな種類を選ぶ。私は自分で選択したフルーツタルト。なぜ選択したのか分からない。女子力を向上させたいのだろうか。

 時間は深夜1時。翌朝は長野県に向かわねばならない。シメにY部氏とラーメン啜って帰ろうとしたら、理事長がさらにもう一軒と我らを引率。

 犬猿雉のごとく桃太郎についていくと、そこはお客ひっきりなし満席の明け方まで開いているバー。カルボナーラや絶品の玉子サンドがオススメという。どちらを選ぶか理事長に聞かれ、「両方」と答える。酒はジントニック(レモン)をチェイサーにラフロイグである。

 深夜12時半のケーキはかなりの背徳だが、深夜2時のカルボナーラや玉子サンドも相当な背徳である。

200813岡山@.jpg
目移り。

200813岡山A.jpg
深夜12時半のフルーツタルト。

200813岡山B.jpg
深夜2時の玉子サンド。
posted by machi at 09:08| Comment(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする