2020年10月19日

第2545夜:重と丼の距離【浜松(静岡)】

 重箱。おせち料理や仕出し料理で活躍する高級感みなぎる日本の伝統食器である。

 神戸から新幹線ひかり号で藤枝に向かう途中(注:2011年のことです)、浜松で在来線に乗り換えねばならない。その際、私に1時間ほど時間の余裕が生まれた。時間は午前11時を過ぎた頃。少し早目の昼食を腹に入れることにした。12時には在来線に乗らねば目的地に間に合わない。

 浜松を代表するB級グルメといえば今や「浜松餃子」。土産なら「うなぎパイ」。これらB級ご当地グルメを凌駕する浜松超A級グルメは、うなぎである。

 浜松は「日本のかおり百選」とうものにも選ばれているそうだ。日常生活の昼食で(自腹で)鰻屋の暖簾を潜るのはかなりの蛮勇を要するが、異邦人である私には普段の感覚がマヒしている。

 観光案内所に最も近く、11時にすでに開いている<丸浜>の暖簾を潜った。風格とカジュアルさを兼ね備え浜名湖養魚漁港直営店らしい。すでに店内は観光客と思しきお客が席に着いている。

 私は定番の「うなぎ重」(肝吸い・漬物付)を注文した。確か2400円程度だったように思う。他にも白焼など心躍るメニューが心に飛び込んでくるが、午後から藤枝で会合を控えており、アルコールは当たり前だが厳禁。

 鰻屋でビールや酒をヤレない辛さは筆舌に尽くしがたい。うな重を肴にぬる燗をチビチビやるのは、間違いのない人生の至福の一つである。

 心乱れながらメニューを再読すると、「うなぎ丼」があった。2000円程度。酒が呑めないなら、丼でワシワシかきこむ方が昼ランチには相応しい。ただ、高いメニューを安い方に変更したい旨を申し上げるのは、自腹で鰻屋の暖簾を潜る以上に胆力が必要である。

 アヅマ「あのぉ…、先ほどのうな重、丼に変えてもらうことはまだできますか…?」

 店員さん「はい!大丈夫ですよ!(厨房に向かい)先程のうな重、丼に変更お願いしま〜す」

 鰻のヌメリのような粘着質の恥ずかしい汗が私の額を流れた。10分ほど待っただろうか。漆塗り風の容器に包まれ、うなぎ丼が運ばれてきた。

 フタを開けた。大きい。そして蒲焼特有の殺人的魔力を秘めた世界最強の香りがプワ〜ンと飛び込んできた。涎を堪え、目をつむる。私の口の端はニヤリと吊りあがっている。

 まずは尻尾のところを箸で千切る。柔らかい。蒲焼のみを口に運んだ。……。上品な脂のコク、タレの甘辛、焼き目の香ばしさ。ウギョーと叫ぶそうな歓喜が口の中で溢れた。

 山椒をパラリと振りかけ、ワシワシと口に頬張っていく。タレがホカホカご飯に絡む。口直しの漬物がサッパリ感を増長する。肝吸いの上品さに思わず目をつむる。私は、天国を見た。

 違いは研究不足でよく分からないが、一般的に丼モノは重モノよりに安いように思う。うなぎ丼の方が値段的にはお得だが、酒で一杯となると風情の軍配はうなぎ重に上がりそうだ。

 うなぎ丼は昼。うなぎ重は夜。重と丼の間に横たわる距離は浜名湖の対岸より離れているが、浜松うなぎはその距離を一気に縮める魅力と魔力を秘めている。

浜松うなぎ.JPG

(付記)
これも2011年に書いたと思しき死蔵ストックから。全く覚えていない。来週の月曜(10月26日)、約10年ぶりに浜松へ。ただし中心部から離れていると思しき温泉街へ。前日に栃木県(小山市)からいったん神戸の自宅の夜に戻り荷物を詰め替えて当日は朝から家を出て浜松へ。翌日は福島県(会津若松市)へ。鰻や餃子を喰らう時間があれば幸せでありんすが…。、
posted by machi at 06:47| Comment(0) | 静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年10月18日

第2544夜:369の餃子物語【浜松(静岡)】

 浜松餃子。「浜松市内で作られた餃子である事」というアバウトで壮大稀有な定義を持つ浜松が誇るご当地B級グルメである。餃子は宇都宮の専売特許ではなさそうだ。

 私が好む料理ベスト3からランクダウンしたことのないメニューは、餃子である。マイベスト1に登りつめる日も多い。ただ、神戸っ子の私にとって浜松餃子はなじみが薄い。

 乗り換えで浜松に訪れた際、浜松餃子を味わう時間が生まれた。私は浜松駅構内の観光案内所を訪れ、「2011年度版 浜松餃子マップ」(浜松餃子学会発行)を入手。戦略を練るべく、バッと広げた。そして、ぶっ飛んだ。369店舗も紹介されているではないか。

 私は途方に暮れた。餃子探訪に与えられた余裕はわずか40分。マップを分析するだけで時間切れになりそうだ。

 駅近くにチラチラと浜松餃子と書かれたPOPやノボリを見かけた。私は駅ビルにあるレストラン街の一軒<五味八珍>に飛び込んだ。中華ファミリーレストランだ。

 いろいろなセットメニューがあったが、私は浜松餃子一本勝負に出た。ビールが欲しいところだが、午後の仕事に差し支えるので涙を堪えて断念。中華料理店で餃子と水のみを注文することはかなり勇気を要することを知った。

 待ち時間に備え付けのメニューを見た。浜松餃子のウンチクが語られている。たまたま入ったこのお店、一日の餃子生産量13万戸という、浜松の<王●>というべき巨大店だったようだ。定番の浜松餃子が味わえそうだ。

 運ばれてきた。12ヶの餃子で円を描くように盛り付けられている。福島の円盤餃子は引っ付いているようだが、こちらは1ヶづつ独立。割と大き目で、中央に「茹でもやし」がこんもりと盛られている。

 まずは何もつけずに口に運んだ。……。あっさりと、深い。豚肉と野菜の旨みが濃い。皮の薄めながらもモッチリとした歯ごたえも嬉しい。実にいい仕事ぶりだ。

 今度は酢のみをつけて口に運ぶ。サッパリ感が際立ち、食欲を倍加する。続いて餃子タレにラー油をたっぷりと垂らし、グングン口に運ぶ。濃厚なのに食べ飽きない。茹でもやしも箸休めとして渋い脇役を演じている。ビールと合せることが出来るなら…。

 浜松餃子、奥深し。第2次大戦前より親しまれていたようで、腰の座った歴史がある。浜松は「天然の餃子ミュージアム」とマップに唄われているが、見事に言い表している。

 市内369店舗(マップ掲載のみ)で繰り広げられる浜松餃子。お店の数だけ味とドラマがある。浜松に訪れた際は一店でも多く制覇していきたい。浜松うなぎと迷うところだが。

201018浜松餃子.JPG

(FB)
前夜同様、2011年の行動と思しき。1gも覚えておりませぬ。
posted by machi at 13:20| Comment(0) | 静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月25日

第2385夜:奇跡の夜【熱海(静岡)】

 熱海の奇跡。その同名著書が3刷され台湾で翻訳出版される(2019年11月20日現在)ほど世界的に注目を集めている奇跡の街。それが熱海である。

 その著者である奇跡の人をはじめ岩手の雫石、北海道の帯広を再生させている方々が熱海へ集い、その極意を直接お聞きできる催しがあった。

 私は昨年度(2018年度:茨城県水戸市)に続き対談形式の聞き手としてクライアント様からご指名を頂いた。「アヅ子の部屋」続編である。

 熱海の前はほぼ毎週新幹線で素通りしていたが、上陸は初めてだった。また、恥ずかしながらこの指名をお受けするまで熱海は神奈川県と思い込んでいた。静岡県だった。

 11月下旬の暖かすぎる平日の11時ごろ。駅構内も駅前商店街も人でごった返している。後から知ったが、この日は普段と比べてかなり人が少なかったという。

 そんな熱海が十数年前は寂れていたとは改めて信じがたい。一人の男とその男を支える仲間が起こした奇跡を目の当たりにする。

 商店街は干物塩干店から漂う香ばしい香り、和菓子屋が奏でる出来立ての湯気、旨そうな地魚を取り扱う飲食店、土産物売場でびっしり。酒の肴が溢れる商店街を狂おしい気分で抜けながらミッション会場である温泉ホテルへ。

 贅沢すぎる懐石弁当を頂きながらの昼食会の後は、静岡県の女帝・M田姐さんの開会挨拶、主催者を代表して商店街振興の神様によるオープニング講演の後、アヅ子の部屋3連発である。

 タフなミッション終了後、十数人で奇跡の発火点・熱海銀座商店街へ。その2階にある海鮮居酒屋で懇親会。生の後は焼酎を鯨飲。

 刺身盛合せに息を呑む。鮮度最高の鮪、鯵などを従えて君臨するのは「金目鯛」。高級魚のなかの高級魚、居酒屋で提供される魚としても王様級である。一般の店ではだいたい時価。しかしこのお店は呑み放題付きコースで5500円。圧倒される。

 金目鯛をさっそく口に運ぶ。……。思わず膝を打つ。首肯しながら目をつむる。ねっとりした甘みの上品を極めた淡白、皮の弾力も好ましい。官能的な肌、じゃなかった舌ざわりである。

 続いて「金目鯛のしゃぶしゃぶ」。熱海の夜が祝祭に包まれる。野菜を先入し、さっそくシャブシャブ。ポン酢にチョン付け。……。刺身鮮度の金目鯛を湯にくぐらせる贅沢。桃色の肌がわずかな時間で白粉をまとい、熱海芸子の風情だ。ポン酢の酸味が絡み合い、情念の炎が灯る。

 真打が登場。「金目鯛の煮付」である。とんでもないデカさ。歓声が上がる。熱海の夜に聖者が降臨。奇跡が起こった。私は目玉部分のトロトロを独り占め。……。私の体もトロトロに蕩けた。脂っこさ、臭みゼロ。白身の上品なホクホクと、一緒に煮込まれた大根などの野菜も抜群。

 焼酎のスピードを加速させていると、揚物の盛合せ。圧巻、そして奇跡の2時間である。

 まだ20時半前。せっかくの奇跡の夜、まだまだ楽しみたいが地理感が全くない。予備知識も情報もない。しかし、頼もしい男がいる。S岡県庁のK山氏である。

 氏とはこれまで2,3回酒席をご一緒した記憶がある。氏の後を追い、向かった先はイタリアン。6人で陣取り、お店おすすめの赤ワインの後はひたすらハイボール。ピザも迫力あり旨し。プチ赤ウィンナー祭りも決行する。

 最後は3人で坂道を登りながら駅方面へ向かう。そのうちの一人である昭和の男前がグデングデン。大きな声で何か叫んでいる。呂律も回らず、足元フラフラのまま車道で謎のタップダンス。強引にホテルにチェックインさせても大きな目をキラキラ光らせながら後を追ってくる執念はターミネーターのごとし。正直、怖かった。

 最後は駅前のチェーン居酒屋へ2人で。お相手は我がクライアント氏であり、私が神戸新長田を離れてからフリー稼業を続けていられるのも、野垂れ死にせずに何とかメシを食っていけるのもこの御仁のおかげ。恩人の中の恩人である。

 恩人のおかげで、私は「特定の組織や地域に属さず、商店街や中心市街地活性化のお手伝いしかしないフリーの仕事」だけでメシを喰っているという奇跡のような幸運に恵まれている。最後は泥酔しながら駅前の<T横イン>にチェックインし、泥のように眠る。

 なかなかヘビーな二日酔いの朝。せっかく熱海の来て温泉に泊まらないというバカっぽさ。愛してやまない<東Yイン>だが、もしかしたら熱海だけはユニットバスが温泉かも。

 浴槽に湯をためるべく蛇口をひねった。……。奇跡は起きなかった。

200225熱海@.jpg
豪華な懐石昼食。

200225熱海F.jpg
会場びっしり。

200225熱海G.jpg
アヅ子の部屋2019。

200225熱海A.jpg
キンメ第1弾。

200225熱海B.jpg
キンメ第2弾。

200225熱海C.jpg
キンメ第3弾。

200225熱海D.jpg
2軒目のピザ。

200225熱海E.jpg
隙あらば日本中で赤ウィンナー祭り。
posted by machi at 09:42| Comment(0) | 静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする