2024年05月18日

第3420夜:シークレット・スポット【上三川・佐野・栃木(栃木)】

 シークレット・スポット。訳せば「穴場」。お得感、淫靡感、優越感、レア感、背徳感が共存するキラーワードである。世の中には「あらゆる分野」に穴場は潜んでいる。

 ある残暑の午後。上三川町の中心部に茂る<旧生沼邸>を町役場の方々に特別に見学させて頂く。個人の所有物だったが、役場に三十数年前寄贈されたという。

 古民家だが、単なる古いという概念を超えている。広さも3,000uで食品スーパーや大きなドラッグストアが駐車場付きで進出できる広大さ。至る所に贅が尽くされている。

 持ち主はどれだけ金持ちだったのか。茶室もあれば、住居も。しかし大きすぎて持てあます。有効活用策がなかなか思い浮かばない。強烈無比な穴場と言えぬこともない。

 翌朝。30分以上早く佐野市役所に到着。7階の展望ロビーへ。まだ数度しか利用していないが、いつもガラガラ。佐野市内を一望しながらPC猿打できる。Wi−Fiまで飛んでいる。

 佐野駅前はファストフード系カフェがなく地味に困っていたが、一気に我が難題も解消。この穴場ほどオーパ!な気分はなかった。

 佐野ミッション終了後、両毛線で栃木駅へ。駅からミッション会場の市役所まで歩けば25分ほどかかる。その途中にスタバがある。ただしこのスタバ、いつも混み混み。コンセントのある座席もなかなか確保できない。

 栃木駅前観光案内所内のコワーキングスペース、ここも超穴場。各ブースにコンセント2ヶ、USB差し込み口も。学生が多く勉強している中でオヤジ(私)は浮いているが。

 この日は市役所まで行かず、<キョクトウとちぎ蔵の街楽習館>へ。商工会議所M戸氏のご案内で1か月後の貸店舗ツアー物件下見。驚愕だった。こんな穴場の極上物件があったのか。

 栃木駅から東武特急で北千住まで。東武改札内の<チキンディッシュ>で新幹線晩酌用のツマミを捕獲する。大宮なら駅1階の<日本一>の焼鳥や唐揚。北千住なら、ココ。

 焼鳥、弁当も旨いが、最強の穴場的ツマミが「ペッパースモークチキン」。軽く燻製しており香ばしい。しかし、鶏のぷりぷり感が横溢。味が濃いのでチビチビ齧りながら痛飲できる。

 ホクホク顔で捕獲。北千住から快速1本で東京駅。ロング缶4本、ポケットウィスキーを売店で捕獲。思っていたより空いていた新幹線で帰神。もう、呑むだけである。

 東海道新幹線の車内販売が4日後に終了する(とニュースにあった)。ロング缶を4本飲み干し。ポケットウィスキーを取り出した。売り子さんから缶ハイボールを買う。そして、カップにたっぷり氷を入れてもらう。

 缶ハイボールは飲まず、氷カップにウィスキーをドボドボ注いてロックに。東京から名古屋までの2時間弱は缶で、名古屋から新神戸までの1時間はウィスキーロック。

 この穴場的テクニックの賞味期限も後4日間である。

240518とちぎ@.jpg

上三川町中心部の広大な古民家。

240518とちぎB.jpg

佐野市宅所7階の展望ロビー。

240518とちぎA.jpg

貴重な飲食可能物件(2階)。

240518とちぎC.jpg

東武鉄道北千住駅改札内のお気に入り。

240518とちぎD.jpg

コレが特にお気に入り。

240518とちぎE.jpg

新幹線晩酌スタート。

240518とちぎF.jpg

もう見られない光景。

240518とちぎG.jpg

車内販売で氷をゲット。

posted by machi at 07:01| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月25日

第3384夜:落雷は秋の調べ【小山(栃木)】

 雷。理由はよく分からないが、栃木県は日本で最も雷が落ちるという。2023年夏に宇都宮市内で開通したLRTの愛称も「LIGHT LINE」。車体は黄色。雷をイメージしているそうな。

 4カ月ぶりに<東>へ。ホテルのエアコンが効きすぎて27度の除湿にしても寒いぐらいだった。日が沈んで幾分暑さが和らぎ、小山駅東口の定宿から西口呑み屋街への移動も汗をかくことなく実に心地よい。

 暖簾を潜るとほぼ満席。いつもの3人掛けテーブルにS氏が。氏とも4カ月ぶり。女将さんから「アンタ、どうしたのぉ、そんなにお腹が膨らんで」の声を聴きながら瓶ビールで乾杯。

 鰹刺身は絶対に外せない。白海老の唐揚も。豚ロースチーズ揚げの付合せであるポテサラも異様なまでに旨く、別途お代わり。軽く〆た小肌も粋。この日の漬物は胡瓜と山芋。これだけで無限に呑めてしまう。

 ハイボールをヤリながらS氏の近況に耳を傾けていると、H場氏登場。いつもの<東>での飲み仲間が久々に揃った。

 談笑していると、いきなり店内が真っ暗に。停電のようである。ブレーカーが落ちたのか。しかし、停電にしてはあまりにも暗すぎる。

 ものの1分もしないうちに再び電気が灯った。エアコンだけはスイッチが切れたままなので(私が)付け直す。ブレーカーを上げたわけでもない。

 何事も無かったように飲み食いしていたら、再び停電に。どうやら店だけでなく周囲一帯が停電。2回目もすぐに回復。雷が近くで落ちたようだ。店だけでなく周囲一帯が停電になるとこれほど暗いのか。店内のカウンター客が停電の暗さに大喜びしている。

 私も旧知の常連さんらも続々と押し寄せた。時間は21時を回った。夜はこれからだが、49歳の夏の私は夜の持続力が皆無。長時間呑み続けられない。

 自分自身のポロシャツから発する汗臭さに耐えられなくなった。私だけ中座し、ホテルに戻る。地面が濡れているので、雨が降ったのだろう。通り雨だったようだ。そして、とんでもなく涼しい。打ち水どころでない。完全に秋の気配が来た。

 西口から東口へ向かう連絡通路には<Y野家>や<H高屋>がまだ開いている。H高屋の期間限定復活「肉そば」に惹かれたが、店内は満席だ。

 東口のエスカレーターを降り、定宿に向かう道すがら、H鳳大学1階が<711>。フラリ立ち寄り、麺類を物色。セブンプレミアムのカップ麺「カレーヌードルBIG」に惹かれた。

 部屋に戻り、ユニットバスに浸かっている間にポットで湯を沸かす。まだ22時のニュースは始まっていない時間帯。ヌードルに湯を注ぎ、3分待って啜り込む。いやはや旨い。カミナリ色の天国である。

 翌朝は下野市役所へ向かう。小山から2駅隣。路線検索で時刻を調べたら、列車遅れ表示が。代行輸送なる不穏な4文字も視界に。昨晩、雷の影響からか、線路上に倒木があったらしくダイヤが大幅に乱れている。外は強い雨。

 とりあえず小山駅に向かおうか。動いていなければ、タクシーか。宇都宮市のLRT、芳賀町方面だけでなく小山ルートも切り開いてくれないか。

240325東@.jpg

小山の至宝。

240325東A.jpg

鰹刺身。

240325東B.jpg

自家製漬物。

240325東C.jpg

小肌。

240325東D.jpg

白海老唐揚。

240325東E.jpg

停電。

posted by machi at 06:28| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年03月24日

第3383夜:昭和オヤジのスタバ飯【栃木(栃木)】(後編)

 レジ前に行列が。この店、老若男女でいつも混んでいる。モバイルオーダー推奨POPが。席から注文して受け取るシステムらしいが、私には火星語にしか思えない複雑怪奇である。

 豊富なスタバのメニューで、私はいつもドリップ珈琲。ただ、めったにないがこの日はアイスコーヒー。一番大きな「Vサイズ」に。

 ショーケースのケーキやサンドイッチ、ドーナツが視界に入った。ここで、昼飯にするか。

 一生に一度しか訪れない街で、貴重な一食を全国チェーン店で済ませるなど普段ありえない。しかし、栃木市の蔵の街は月2回ペースで足を運んでいる。

 人生初のスタバ飯。しかも、オヤツ休憩でなく昼メシ。ミスドでは朝食を喰ったことあるが、昼と夜は未経験。スタバでドリンク以外の固形ブツを頼むことも初めてだ。

 念のためラーメン、カツカレー、カツ丼、レバニラ炒め&ライスなどがメニュー化されているか確認…。1oも気配を感じなかった。

 よく分からなかったのでドーナツにした。昼飯ゆえ、腹にたまりそうだったから。ただ、レジとショーケースが離れており、正確な商品名を注文できない。気づけば私の後ろに行列が。暑さとは違う種類の汗が流れてきた。

アヅマ「あの、紅茶のドーナツ?」

店員さん「(笑顔で)アールグレイミルククリームですか?」

アヅマ「??? ええ、ああ…」

店員さん「(笑顔で)お会計、○○○円になります!」

アヅマ「いえ、あのそれと、もう1ヶ。アレ…」

店員さん「(笑顔で)アールグレイミルククリームを2つですか?」

アヅマ「いえいえ、その横の…」

店員さん「(我慢強い笑顔で)クッキー&クリームですか?」

アヅマ「??? ええ、ああ…」

店員さん「(安堵の笑顔で)お会計、○○○○円になります!」

 ドーナツを2ヶとVサイズのアイスコーヒーを受け取る。かなりの量だ。すると店員さんはダメ押しを決めてきた。

店員さん「今日は暑いので、お代わりされるとお安くなっております。今日の珈琲は●●ですっきりした味わいです!」

 ドーナツを喰う前からお腹いっぱいになった気がした。やっぱり昭和オヤジの昼飯は町中華である。

240324栃木スタバA.jpg

昭和オヤジの令和メシ。

posted by machi at 08:57| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする