2020年09月01日

第2513夜:四日熟成と三年熟成【鹿沼(栃木)】

 チャーシュー。ラーメン好きであるかどうかに関わらず心震える魅力満点の響きを有するスターである。私の体はラーメンと酒で出来ているが、ラーメンを頼む際は9割以上の確率でチャーシューメンを召還する。バラよりも脂身の少ないロースが好みである。

 私には、夢があった。それは絶品のチャーシューをブロック(塊)で入手し、自分で好きな厚さ、好きな量を切り分けて思う存分満喫することである。ただし食品会社のパウチものではなく、専門店が総力をこめた‘絶品’であることが譲れない希望。特に旨しラーメン店なら最高である。

 ある氷雨が降り続く3月上旬。神戸の自宅事務所に引き篭もりPC猿打してたら宅急便が。

 送り主は平成の終わりから令和にかけて凄まじくお世話になり酒席も数多くご一緒した栃木県鹿沼市の<スキップ>オーナーのⅯ子氏。中味は……鹿沼が誇るラーメンの名店<山いち>さんの超絶絶品チャーシュー。それも巨大な塊で。

 <山いち>女将のA子氏の鹿沼愛溢れるラッピングやM子氏のご子息を吹き出しで登場させる飛び出る絵本のごとき仕掛けに感激。各界で活躍する鹿沼スターたちの応援パンフ入り。

 <山いち>さんでラーメン啜るたびに、絶品すぎるチャーシューを酒のツマミに思う存分味わいたいと願っていた。感動の絶頂である。こんな旨い肴がたっぷりあれば、ますます自宅に引き篭もってしまうこと鬼の如し。

 早速切り分ける。慎重に、慎重に。チビチビ大切に刻もうと思うが、もう1枚、もう1枚…。酒は同じく栃木の日本酒で。小山市まちの駅で捕獲したその名も「この酒小山のコシヒカリ」。

 一口齧る。……。スモーキーな旨味が口の中で溢れる。噛みしめるほどに旨さが増す。口内は彫刻屋台が乱舞。チャーシュー6切れで地酒1本(720ml)が空になった。

 このチャーシューをインスタントの袋麺に載せると、そのヘンのやる気ないラーメン屋の1000倍旨い逸品に確変する。

 私は自宅滞在時はほぼ毎日インスタント麺を食するが(袋麺が好き)、一番のお気に入りは「サッポロ一番しょうゆ味」。ただでさえ旨いポロイチ醤油がさらに大化けする。味噌派か塩派かを問うCMが流れているが、私は醤油派である。

 山いちチャーシューを塊で頂いてから約1週間後の木曜日。M子氏とYスシ氏と13時過ぎに<山いち>へ向かった。貴重な定休日なのに店を特別に開けて下さるという。

 着後、入口見て驚愕。アヅマの貸切POPが。感謝感激と申し訳なさががっぷり四つである。

 ノンアルコールビールをジョッキで注いで頂き、絶品の水餃子と焼餃子を平らげた後は1年半越しの悲願であるK渕氏の味噌を使った「三年熟成味噌ラーメン」。

 こんな熟成味噌は初めて。そのへんの味噌ラーメンを100万年置き去りにする深すぎる熟成っぷり。三年熟成味噌に、四日熟成チャーシューが絡む。手間と労力と時間が作り上げる奇跡の一杯である。

 チャーシューは4日かけて作り上げるそうだ。麺に合い、酒に合い、ご飯に合う。この4日間熟成チャーシューを味わってしまえば、もう引き返せない。

 マスターがさらにチャーシューや特殊な葱もトッピングサービスして下さる。マスターと女将さんに感謝感激昇天。本当にありがとうございました。私は、果報者です。

200901鹿沼@.jpg
最高の贈り物。

200901鹿沼A.jpg
地酒にも合う(小山ですが)。

200901鹿沼B.jpg
袋ラーメンが旨さ万倍に。

200901鹿沼C.jpg
<山いち>本店。

200901鹿沼D.jpg
感激と恐縮。

200901鹿沼E.jpg
ノンアルも最高。

200901鹿沼F.jpg
熟成の極み。

200901鹿沼G.jpg
葱も甘し。
posted by machi at 08:05| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月24日

第2507夜:泉町の魔法の言葉【宇都宮(栃木)】

 「餃子通り」。餃子好きにはたまらない響きを放つ通りである。

 ある2月下旬の昼。宇都宮駅からブラブラと県庁方面へ歩く。途中、以前から気になっていた「餃子通り」へ。それほど餃子店でびっしりという感じではないが、一部の店では行列も。客層はたまたまかもしれぬが大学生っぽいのばかりだ。

 予備知識なく<ロイヤル>というお店へ。店内は年輪を刻んだご夫婦(たぶん)で切り盛りのご様子。カウンターに陣取り、メニューを見る。

 オリジナル焼餃子(350円)を軸に海鮮焼餃子、スープ仕立て水餃子、黒毛和牛餃子も。「昔ながらの醤油ラーメン」がわずか500円。オリジナル焼餃子と醤油ラーメンを召還する。

 店内TVも新聞も新型コロナウィルス一色。明るい話題なくゲンナリしていると、サラダが運ばれてきた。健康に気遣ったサービスなのだろう。年配店主たちこその気配りといえる。

 餃子は私好みの大きさ。一口サイズよりも大きなタイプを愛している。まずは醤油とラー油だけで。……。肉汁飛び散る。野菜もたっぷりで旨さとヘルシーが同居。餃子残り4ヶは酢醤油で。

 ラーメンも昭和の王道醤油。チャーシューもしっかり味濃いめ。スープ一滴残さなかった。

 大満足で店を出る。先ほどは行列で気づかなかったが、対面店舗は思いっきり大きく「佐野ラーメン」ノボリが。これは次回攻めねばならない。

 令和元年度の栃木県庁ラストミッション終了後、A利銀行先輩後輩コンビであるM越氏&T塚氏とユニオン通りの<もつたじ>へ。私は2回目である。

 地域課題解決型創業支援補助金を活用して令和元年にオープン。すでに人気店の様相である。私も宇都宮で一番好きな串焼屋である。接客も抜群。何故かハイボールも半端ない旨さ。料理はいわずもがな。ホッピー常備も嬉しい。

 この店ではタン、ハツ、レバーの「冷製肉三種盛」は外せない。限定メニューから串焼(鶏つくね・アゴ・ハツモト・焼きガツ・ギンガワ)召還。煮込み豆腐も。どれも酒が進み過ぎる。お客もひっきりなし。串焼から辛味噌で味わう寄居スタイルなのも嬉しい。

 大満足で店を出る。まだ21時。雨が降ってきたので泉町にてポン引き氏の引率で1時間ほど雨宿り後、ラーメン〆を希望した私の意向を組み、同行氏たちは超有名店らしい<中華園>へ。

 途中、ポン引き氏たちに声をかけられるたびに栃木県民のお二人は「これから中華園」と答える。するとポン引き氏はすごすごと退散。「中華園」と発すればこれから〆に入るからもうオネエチャンのいる店にはいかないという言外の意味が込められている魔法のワードであるらしい。

 店内、地元率1000%。ジムハイで乾杯し、搾菜、ニンニク芽炒めで談笑。名物らしいジャンボ餃子、圧巻。昼のジャンボとも味が異なる。〆はワンタンメンを全力でフィニッシュ。昼も夜もジャンボ餃子な至福の雨の夜である。

200824宇都宮@.jpg
餃子通り。

200824宇都宮A.jpg
予備知識なく初ダイブ。

200824宇都宮B.jpg
コスパ良し。

200824宇都宮C.jpg
絶品@

200824宇都宮D.jpg
絶品A

200824宇都宮E.jpg
いざ、泉町へ。

200824宇都宮F.jpg
雨宿り。

200824宇都宮G.jpg
A利銀行の先輩と後輩。

200824宇都宮H.jpg
餃子旨し。

200824宇都宮I.jpg
全力でフィニッシュ。
posted by machi at 11:17| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年08月22日

第2506夜:ホテル真裏の金の鶏【小山(栃木)】

 創業目前セミナー〜超実践編〜。令和2年2月22日という数十年に1度の222な日の午後、新型コロナの影響を受けながらも自粛要請発令前だったので小山市立中央図書館の小会議室で決行された創業ゼミである。

 定員は15名で事前申し込みは25名。天候不順や新型コロナで当日キャンセル続出と高を括っていたら、まさかの30名。会場はびっしり満員でイスしか並べられずな大盛況。

 終了後、市のW邊氏、商工会議所S氏、県産振センターT塚氏の小山まるごと創業プロデュース事業事務局チームでプチ打ち上げ。創業目前セミナーだけでなく、今年度の小山ラストミッションの打ち上げも兼ねている。起業家フォーラムでご一緒したS藤先生も特別参戦。

 メガハイを鯨飲していると、御縁なかった小山で約8か月間やり切った安堵感から、かなりレロレロに。途中、栃木県内でコロナウィルス感染者の速報が。知事が緊急記者会見されるという。

 我らの話題の中心は、栃木県内のどこかということ。情報が小出しにアップされていく。どの市で発症者が出たか推理合戦が始まった。

 もしこれが前日なら、今昼のアヅマ祭(創業目前セミナー)も中止を余儀なくされていただろう。県内最大都市の宇都宮か、圧倒的観光客数を誇る日光か。何となくだが、鹿沼という声は上がらなかった。

 さらに数杯重ねていると、栃木県南部と出た。南部といえば、小山……。栃木市も小山と並ぶ県南の大都市らしい。さあ、どっちだ。……。

 ファイナルアンサーを待つ間にそれぞれの代行タクシーが到着。小山ミッションは2020年度も続くが、このメンバーでは最後の夜。小山最強創業支援チームで取り組めたことに心から感謝。

 皆さんとお別れし、小山のラスト〆はホテル真裏で10歩程度のラーメン店<めんへら>へ。今朝、たまたまホテル外の喫煙コーナーで煙草吸ってたらその存在に初めて気づいた。

 我が小山の定宿はほんの少し移動するだけでコンビニに行くことすら躊躇われるほどの呼び込みが溢れている。面倒なので周辺を散策したことがなかった。しかし、ホテル真裏なら呼び込みと顔を合わせることもない。

 券売機と対峙。ここは素直に一番人気の「金の鶏中華 特製全部入り」。この店、近すぎて今まで存在に気付かず。まさに灯台下暗し。しかも絶品。ドシドシ地元客が押し寄せるのも納得。

 翌朝。コーヒーを飲みながら9時よとちぎテレビで私が何故か主役の10分ほどのドキュメンタリー鑑賞。朝から暑苦しい我がデブ顔がアップなのでご覧になられた栃木県民の皆さまに申し訳ない気持ちでいっぱい。

 栃木県庁様から「創業プロデューサー」という肩書を頂戴しているが、番組キャスターがその活動や役割を説明。初めてそうなのかと自分のミッションを理解した始末。

 北関東の皆さま、創業・起業・開業・移転・事業承継・多店舗化・第二創業するなら栃木県で(できれば鹿沼か小山か日光で)。成功という名の金の鶏は、卵を小山か鹿沼か日光で生むからである(はず)。

 ホテルをチェックアウトして、久々に神戸へ戻る。小山駅12番ホーム<きそば>で天ぷらそばと対峙。全部啜り切る前に電車が入線。2020年度も小山に足を運び続けろという麺の神様からの金の卵ならぬ金のお告げだったのかもしれない。

200822R1ラスト小山@.jpg
昨年度はたいへんお世話になりました。本年度もたっぷりお世話になっております。

200822R1ラスト小山A.jpg
我が小山の定宿の真裏。

200822R1ラスト小山B.jpg
深夜の背徳。

200822R1ラスト小山C.jpg
200822R1ラスト小山E.jpg
200822R1ラスト小山D.jpg
朝からすいません。

200822R1ラスト小山F.jpg
鹿沼市「中華料理嘉蒂」Oオーナーも特別出演。

posted by machi at 10:53| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする