2020年02月06日

第2374夜:朱桃色のラベンダー畑【富良野(北海道)】

 ラベンダー。近年は岩手県宮古市の中央通商店街でもラベンダー関連の事業に力を入れている。しかし全世界的にみて、ラベンダーとしてば北海道である。それも、富良野地方である。厳密にいえば、たぶん美瑛あたりである。

 富良野でも初雪を観測したというある晩秋の午後。ミッション開始の2時間も前に富良野入り。気合が入り過ぎなのか空回りしているのか、単なる航空機とバスの時間の都合なのか自分でも混乱しながら、ミッション先である新相生商店街のY田専務と打合せ&雑談。その際、凄いことをお聞きした。富良野、もはや北海道の枠を超えた世界都市として大ブレーク必至である。

 令和元年10月下旬、富良野市長を団長とする中国の深圳市(人口約1200万)への視察団(12名)に新相生商店街から4名が自己負担して参加。中国どころか世界屈指の大企業である「Tンセント社」からウィーチャット(ペイ)など先端のIT技術を学んできた。

 中国は国策として2022年北京オリンピックに向けてスキー人口を3億人とする計画を掲げており、同社と富良野市が提携して2022年までに約100万人の富裕中国人を富良野へ訪れさせ、スキー体験だけでなくスキー場経営、ペンション経営のノウハウ取得に向けて提携が進んでいるという。すでにANA中国便で富良のPRキャンペーンがが始まっているらしい。

 一方、富良野の宿泊キャパシティは数千人にとどまっており、今後中国からの観光客が押し寄せることを考えると早急の官民一体となって策を講じなければならないという。

 新相生商店街のおもてなし事業も方向性は合致しているが、欧米人ではなく中国人向けの対策を急ぐ必要がある。組合加盟店でウィーチャットペイ導入へ向け早期着手している。

 そんな全世界注目の富良野では、私が訪れた日に隙間スィッチなる歌手のコンサートがあったらしく、後日知ったが我が定宿も女性客で溢れかえったそうな。商店街理事長(楽器屋)もCDを売りに行って会えずだった。

 若手商業者が多数参戦の新相生商店街ミッション終了後、ベテランたちと名店<千成>でラムしゃぶ。たっぷりのラム肉で美しい朱桃色のラベンダー畑が楽園を築いている。ラムといえば焼くイメージだが、この店のラムしゃぶは我が羊感を180度転換。

 あっさりと淡白で、しかしほのかに野性的。このクセがたまらなく極上。羊肉の油膜がキラキラと浮く。これが旨味が詰まった極上の出汁になる。ラーメンをぶち込み、とりわけた後に好みで塩コショウすると、落涙抱擁の地殻変動だ。

 私はラベンダー畑など行ったことも近づいたこともないが、1年中咲いている<ニューラベンダー>には毎月訪問。この夜も我が欠かせぬルーティン。ママから地酒をオミヤに。多謝感激な深夜1時。スーツケースは酒だらけだ。

 ラベンダーで視察団の一員だったN川氏やN村氏からお話をさらに聴く。どちらも実業家だが、ビジネス感どころか人生観すら影響を受けられた模様。

 私も行ってみたかった。来年(令和2年)の4月には絶対どこか外国に行くべ。私のシワ無し空気スカスカ頭では、何も吸収できないだろうけど。

200206富良野@.jpg
ラムしゃぶ。焼きより好きかも。

200206富良野A.jpg
〆ラー。最強。

200206富良野B.jpg
2軒目はもちろん<ニューラベンダー>。

200206富良野C.jpg
ママ、地酒のオミヤありがとうございます。
posted by machi at 14:27| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月05日

第2373夜:蕎麦屋のチャーシューメン【富良野(北海道)】

 初雪。2019年度旭川空港で、富良野で体験した。11月6日の出来事である。

 2019年度最初の初雪を富良野に降り注いだ日の14時頃。旭川空港からバスに乗り込み富良野駅手前の十字街着。気合が入り過ぎているのか、空回りなのか、ミッション開始の2時間も前に富良野入り。

 ほどよい空腹である。<山岡家>は深夜の切り札である。迷わず向かった先は<小玉家>。豊富極まりないそば類や丼もののメニューが大充実の超人気店。店内はかなり広く、めちゃくちゃ詰めれば400人ぐらい入れそうである。

 私は2度目である。1回目は勧められるまま「カツ丼セット(かつ丼&かけそば)」を満喫したが、その味の旨さとボリューム満点ぶりに度肝抜かれたことがある。

 その時、私の目の前では新相生商店街理事長と副理事長が2人ともラーメンを啜っていた。その時に妙に旨そうだった様子が鮮明に記憶に残っていた。

 メニューをよく見るとカツカレーもある。カレーうどんは蕎麦屋の定番ゆえカレーライス系をメニュー化することは珍しくない。むしろ一般的かもしれない。

 しかし、ラーメンとなると話は別。そのためにスープも麺も別に仕込まねばならない。チャーシューやメンマなど他の蕎麦屋定番メニューに転用できないだろう。

 この日は朝から小玉屋さんのラーメン一択モードだった。再度メニュー熟読。醤油と塩があり、700円。チャーシューメンは900円。ここは迷わずチャーシューメン(醤油)である。

 ぼんやり店内のTVを観ていると、ブツが降臨。思わず生唾を呑む。ルーブル級のビジュアルである。

 ラーメン丼の色は青磁が一番映える。そしてナルトの桃と葱の緑が鮮烈。チャーシューもたっぷりで私好みのロース仕様。メンマも十分にある。黒い食材は木耳だ。

 胡椒をパラリし、まずはスープ。……。濃い目の醤油鶏ガラ。そしてそば屋らしい和テイストも感じさせる。凄まじく旨い。麺もモチモチでスープに絡む。チャーシューは噛みしめるほどに旨味が溢れる。木耳のコリコリも嬉しい食感。気づけば麺1本、スープ1滴残さず熊啜だ。

 大満足で外に出る。11月上旬なのに雪が降り出した。遠くを見ると山はもう雪景色。富良野の冬が始まる。しかし、店に入る前に感じた寒さがない。むしろ心地よい。旨すぎるラーメンを全力で啜ったからだ。これでいつでも冬眠可能である。

 昼の2時に旨し富良野の蕎麦屋さんのチャーシューメンを啜った12時間後の深夜2時は、我がソウルフード<山岡家>のネギチャーシューメンが不動。これは天地開闢からの不変の法則である。

(付記)
それから約1か月後。このお店で今度は「塩チャーシューメン」を熊啜。我が「塩」の中でオールタイムベスト級の旨さと衝撃。私が毎月通う<ニューラベンダー>の熟女レディとこの店は醤油も旨いが「塩」であることに二人激しく一致した。

200205小玉家@富良野@.jpg
醤油チャーシューメン。メトロポリタン級。

200205小玉家@富良野A.jpg
深夜2時前の誘惑。

200205小玉家@富良野B.jpg
塩チャーシューメン。ルーブル級。
posted by machi at 08:14| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年01月25日

第2365夜:デンジャラスな日々【美唄・新千歳空港(北海道)】

 美唄やきとり蕎麦。この2,3年の我が自宅で啜る年越し蕎麦である。美唄市中心市街地のライフライン・コアびばい内の食品スーパーでレトルトパウチされた美唄やきとり(5本セット)と美唄の名店<福よし>さんのインスタントそばを一緒に煮込む。これ、最高である。

 ある晩秋の夕方。コアびばいでこのコンビを5セット買い込んだ。約10連泊中の最終日だったゆえ、明日は帰神できる。よって大量買いが可能に。やきとりは冷凍庫にぶち込んでおけば問題ないだろう。これで私の年越し自宅が整った。

 美唄ミッション終了後、3回に2回は通っている<三船>へ7人で。美唄やきとり、さすがの安定感。刺身鮮度のタチポン(鱈の白子)が悲鳴絶叫級の極上。

 痛風持ちの私にとって鳥モツと白子はラスボス級の戦闘力だが、知ったことじゃない。デンジャラスなプリン体を尿酸値の上昇を防ぐ薬で抑え込む。科学の力は万能。まさに令和時代の痛風対処方と言えよう。

 2軒目は市役所の若手らと私は初ダイブだったスナック<ミリオン>。深夜1時半ごろホテル帰還。妙に健康的な美唄の夜である。

 翌朝。新千歳空港のJ●Lカウンターで領収書を発行して頂き、飛行機に着席。ぼんやりしていると、離陸直前に領収書を発行して下さったカウンター女性が血相を変えて小走りで私に歩み寄ってきた。領収書の記入ミスがあったので差し替えてとおっしゃる。ご苦労様です。

 関空着陸後、機内アナウンスで「22Hにお座りのアヅマさま、領収書をお渡ししたいので係員にお申しつけください」。

 先ほど頂いたのだが……。怪訝な表情で申し上げると、今度は金額を間違えたので追加料金と領収書の差し替えをよろしく。……。ちなみに、追加料金は10円。ご苦労なことです。

 それにしても、空港の手荷物検査場が令和元年の秋から異様に厳しい。その日は洗濯ローテーションの関係で素肌の上にフリース、その上にジャケットというバカっぽい着こなし。

 手荷物検査強化後、上着は脱がねばならなくなった。経験済ゆえスムーズに脱着。するとキリリと引き締まった表情の女性が眼前に登場。

係の女性「フリースも脱いでくれませんか?」
アヅマ「……。すいません、ハダカです」
係の女性「(絶句)」
アヅマ「(沈黙に耐えられずファスナーに手をやる)」
係の女性「脱がなくていいです。その代わり手で全身ボディチェックさせてもらえますか?」

 さすが、2か月ほど前に手荷物検査場に刃物を持ち込んだバカをスルーしてしまい大ニュースになった新千歳空港。万全の体制だが、私は全身をガチで激しめに触られたので妙なススキノ気分に。私のだらしないたるみ切った体を触らねばならぬ女性係員も気の毒の極みである。

200125美唄@.jpg
最強ダッグ。

200125美唄A.jpg
鮮度良し。

200125美唄B.jpg
痛風持ちには最悪だが、最高。

200125美唄C.jpg
大好きです。

200125美唄D.jpg
今年3月にオープン予定らしい。選択肢が増えて楽しみ。
posted by machi at 17:51| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする