2023年02月04日

第3100夜:きままに福福【田辺(和歌山)】(後編)

 かぶりつく…。単なる豚肉ではない。フワフワとした旨みと濃厚なコクが加わっている。

 旨い。しかし、私はフォアグラのような肝臓ではあるが、フォアグラそのものをほとんど食べたことがないのでせっかくの味が分からない。豚に真珠、猫に小判、アヅマにフォアグラである。

 深夜1時に近づいてきた。両隣は塩ラーメンを注文。私は塩よりも圧倒的な醤油派。しかし、さすがに喰い過ぎて麺が入らないかもしれない。しかし、醤油スープは飲みたい。ハイボールのツマミにチャーシューは齧りたい。

 醤油ラーメンのラーメン抜きを注文。一瞬戸惑った顔をされたが、笑みを浮かべられた。初めてお会いしたが、たっぷり20時から1時間話し手(若社長)と聴き手(アヅマ)の関係ゆえ許される(だろう)無法。

 私は過去、田辺で明け方3時か4時まで開いている<一吉>へ行けば、カツカレーうどんのうどん抜きを注文する。それも夜中1時頃。オトコの本能が「ヌキ」が頼ませるのか。

 ブツ降臨。透き通った醤油スープにチャーシューが沈んでいる。ネギが鮮やか。啜る…。五臓六腑と毛細血管に沁み込む。日中の蒸し暑さから夜は肌寒くなり秋の気配濃厚な深夜1時。

 若社長は福福を5年ほど前にオープンした後、田辺市域に紀南初の横浜家系ラーメン店を開業。市役所の移転を見越して唐揚げ専門店もオープンさせた。

 創業の店「福福」では醤油と塩の2種類ラーメン。ここに家系が加われば……。

 私が愛してやまないご当地ラーメン御三家が喜多方、佐野、横浜家系。宮古、旭川、酒田、北九州あたりが続く。田辺に来たら<きまま>で馬喰鯨飲し、<福福>で絶品中華をツマミにハイボールを鯨飲し、横浜家系で締める…。全身フォアグラ化間違いなしである。

 翌朝。自宅より遥かに眠りが深い。6時半起床。ユニットバスで酒を抜き、1階で無料朝食バイキング。ここの朝食は温かく心こもっている。エサ感皆無である。

 8時15分に会議所N本氏がお向かえに。30分で白浜空港。時間に余裕があれば、昨晩話し手を務められた女性氏が創業した駅前商店街のパン屋さんに飛び込みたかった。次回の楽しみに。

 空港へ向かう途中、草むらに話題の統一な協会の巨大ビルが屹立していた。今まで気づかなかった。新たな観光名所なのかもしれない。

 飛行機は1年半以上ぶり、J●Lは2年半以上ぶり。登場手続や各種検査のやり方を忘れていた。コロナ前は毎月どころか毎週のように飛行機を利用していたのに。 

 9時20分テイクオフ。1時間ちょっとで羽田着予定。1年半ぶりの飛行機、よく揺れた。この揺れが懐かしい。ゆりかごのような気分になり、テイクオフ直後から爆睡。着陸した衝撃で眼が覚めた。

230204田辺J.jpg

フォアグラ入り。

230204田辺K.jpg

麺ヌキ。

230204田辺L.jpg

気づけば手前の御両人とは古い付き合いに。

230204田辺M.jpg

定宿から。

230204田辺N.jpg

喰い過ぎ。

230204田辺O.jpg

コロナ禍以降、初JAL。

posted by machi at 11:10| Comment(0) | 和歌山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2023年02月02日

第3099夜:きままに福福【田辺(和歌山)】(前編)

 <福福>。紀州屈指の歓楽街・田辺味光路にて遅くまで営業する中華居酒屋である。

 まだ蒸し暑い秋の夜。約1年ぶりに紀伊田辺へ。10年近く続く恒例の年2回の田辺入り初日である。秋が来たなと感じるわが風物詩。帰ってきた感すらある。

 駅前商店街を歩いて我が田辺の定宿<アルティエホテル>直行。フロントでは受付氏が笑顔で「あっ、どうも。いつもありがとうございます」。名乗る前からルームキーを手渡して下さる。帰ってきた感じ、増し増しである。

 19時から2022年度田辺創業ゼミ開講。初回はおそらく8年連続ぐらいで毎年私が担当。前半は私の漫談。メインの後半は田辺市内で創業されたお二人と私のトークセッションも定番。

 今年度はともに30代前半の男女。男性は田辺地域で5年間で3店舗経営で30人を雇用。女性は5年間で2店舗経営で10人を雇用。

 どちらもお若いが、素晴らしい。戦略を練りつつ展開してきた男性氏と、ノリと勢いで創業した女性氏。両極端だが、それが良かった。二人ともスムーズに的確に話されるから時間が余った。

 21時終了。ブラブラ歩いてお楽しみの<きまま>。ママの明るく元気そうな顔を見るとこちらも元気に。帰ってきた感、特盛増し。

 連合会T中副会長。まちづくり会社O崎専務、会議所N本部長と麦焼酎のソーダ割にママの手作り梅干落としをジョッキで鯨飲。チーズハンバーグが白眉。他にも煮物、揚物、最高である。何かの白身魚の酢〆が目を剥く上品さと美味さだった。

 時間は23時に。次月の予約をして店を出る。もう一軒。紀南最強の歓楽街・味光路はモロのバカウィルスの影響を被っているようで、外は人が歩いていない。飲食店も2回転しないので早じまいが目立つ。スナックからも歌声が聞こえてこない。

 そんな中でも夜中1時、2時まで酔客のために暖簾を出し続けているのが、中華居酒屋<福福>。2時間前、私と創業希望者の前でトークセッションして下さった31歳若社長が経営する。社長、お店におられた。私はハイボール。両隣は生ビール。

 かなり満腹だが料理を注文。トークセッション登壇の女性氏がこの店のオススメとされていたのが「レタスの湯引き」「麻婆豆腐」。美女のオススメを頼まぬ選択肢はない。

 レタス湯引き、シンプルだけど奥深い。味が重層的。麻婆はぐっつぐつ。ダチョウ倶楽部の皆さまも絶対NG。小皿に取り分けて少し覚ましてから味わう。麻辣が激しい本格派。ライスぶっかけも旨そうだが、ハイボールが凄まじく進む。

 頼みたいメニューがあった。「フォアグラ入り黒酢酢豚」。全く想像つかない。頼まずにいられない。オーナーや両隣と談笑していると、降臨。4つの塊、迫力である。〔次夜後編〕

230202田辺@.jpg

2022年度も開講。千客万来。

230202田辺A.jpg

若き創業者。すでに完全な経営者に。

230202田辺B.jpg

<きまま>で乾杯。

230202田辺C.jpg

安定の絶品おばんさい。

230202田辺D.jpg

白眉のチーズハンバーグ。

230202田辺F.jpg

私のサラダ。

230202田辺E.jpg

ママの本領発揮。何かの白身魚の酢締め。

230202田辺G.jpg

いざ2軒目へ。

230202田辺H.jpg

レタスの湯引き。女性大人気も超納得。

230202田辺I.jpg

マグマ。

posted by machi at 07:25| Comment(0) | 和歌山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年02月20日

第2875夜:きままにドサンコ【田辺(和歌山)】

 どさん子。北海道民を表す「道産子」である。しかし、ひらがな+漢字の「どさん子」になると、私にとってはラーメンチェーンの「どさん子」である。

 二十数年前、4年間だけ札幌に住んでいた。十数年前から全国各地でラーメンを啜り歩いている。しかし、この一大ラーメンチェーンに足を運んだことはなかった。

 理由は2つ。私の普段の生活圏にこのお店が無いから。もう一つは、北海道系ラーメンは北海道で啜りたいから。コロナ禍以降、北海道入りする機会が滅失。再訪の見込みがたたない。

 11月中旬の日曜日の正午過ぎ。紀伊田辺に到着した私は、ブラブラ歩きながら商工会議所へ。途中、昼メシを腹に入れるつもりだった。

 前から<どさん子>の存在に気付いていたが、これまでタイミング、時間帯、気分、様々な要因で足が向かなかった。私が知る限りだが、田辺駅付近で昼に、それも日曜にラーメンを啜れる店をあまり知らない。どうせなら、入ったことのない店が良い。

 8泊9日の西日本シリーズ2日目。ここは紀南田辺だが、どさん子童貞を捨てる良い機会かも知れぬ。スーツケースを引きずりながら、未知なる北海道の引き戸を開けた。

 店内は常連風の若者が独り。カウンターの陣取り、メニューを見る。当然のごとく「みそラーメン」を注文するつもりだったが、思わず目を剥いた。550円。安すぎないか。

 麺類は10種類ほどあり、最安値の醤油ラーメンなど480円。感涙悶絶の昭和価格。札幌で進化系味噌を啜ろうとしたら、1000円は下らないかもしれない。

 チャーシューを追加トッピング。小ライスも合わせる。普段ラーメンを啜る際、ライスはあまりセットで頼まない。しかし、横浜家系と味噌系はライスが欲しくなる。

 店内備え付けのスポーツ新聞を読みながら水で喉を潤していると、ブツ降臨。コーンの黄が眩しい。ワカメ、メンマ、そしてチャーシューが身を寄せ合っている。

 胡椒をパラリし、まずはスープ。‥‥‥。オーソドックスな王道の味噌味。しっかりと味わい深く重層的。飽きの来ない常食系である。チャーシューも私好みの肩ロース(たぶん)。麺を啜り切り、スープを飲みながらライスを頬張る。ライスも、小でなく中サイズだ。

 常連風は店に入るなりメニューも観ず「ロースーメン」「カレー焼飯大盛」など注文していく。ロースーメンが何か分からぬが、なにやら旨そうである。カレー焼飯の値段は500円だった。これも安すぎないか。

 女子高生らしき3人組が入店。漏れ伝わる会話から、この店は初めてらしい。メニューを見て「うわぁ、安っす!」と驚いている。高校生でも安いと感じる正義と実直。

 女子高生たちはラーメン大盛にトッピングを追加したり、餃子も注文。実に心強い。日曜の昼に、難波や梅田や三宮でなく、地元田辺のラーメン屋で大盛を注文する女子高生たちの日常と青春。オヤジの私までウキウキと弾んだ気持ちで商工会議所へ。

 恒例の貸店舗ツアー。私が担当して7,8年になるだろうか。今回はどの物件も極上だった。私が借りたいぐらいの店も。特に駅前の物件は住みたくなった。

 ツアー終了後は<きまま>。帰って来た感ハンパなし。最終的に7人になり、楽しく呑み喰い。ママの料理も絶品。2か月前にお願いした「ジンジャーまん」、最強に旨し。

 2軒目はフィリピンのママが切り盛りするスナック。ボックスが空いていたけど超満員。それも、客が若い。

 年に1回の田辺貸店舗ツアー。終了後は毎回<きまま>と決まっているが、開始前は<どさん子>が我がルーティンになりそうである。

220220田辺@.jpg
パンダ列車@

220220田辺B.jpg
パンダ列車A

220220田辺A.jpg
パンダ列車B

220220田辺C.jpg
コスパ無敵級。

220220田辺D.jpg
年1〜2回の恒例。

220220田辺E.jpg
ママがオミヤに「ジンジャーまん」。
posted by machi at 09:52| Comment(0) | 和歌山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする