2021年02月09日

第2623夜:縁プラス【田辺(和歌山)】

 <エンプラス>。紀伊田辺駅前に2020年8月オープンした様々な機能を兼ね備えた田辺の新たなシンボルかつ交流かつチャレンジ拠点(たぶん)である。

 蒸し暑いほどの陽気だった秋の午後。約1年ぶりに紀伊田辺着。この数年は秋から冬にかけて2回ほど訪れるのが我がルーティンである。

 駅舎が新しくリニューアルされ、駅前商店街はアーケードが新築。駅前はクールでスタイリッシュなのに温かみ溢れる分類不能な拠点施設(タナベエンプラス)が。

 コロナ禍オープンというある意味で最悪の時期の船出だがすっかり定着している模様。田辺駅前はすっかり22世紀のメトロポリスである。

 <タナベエンプラス>1階はcafé&ショップにマルシェスペース(2,000円)。チャレンジキッチンも。1階まるごと借り上プラン(4,000円)とcaféと並行営業するプラン(2,000円)の2種類に分かれている。芸が細かい。

 2階はコワーキングスペース(レンタルスペース)やミーティングルームが。田辺駅前にPC猿打できるようなcaféが無かったので便利そうである。

 1階のショップスペースで田辺<ボイジャー>のクラフトビール4種類計6本購入。翌日のオンライン呑み会に投入予定。楽しみが極北に。

 この日は「おいしいごはん展」が開催されていた。お米で出来た様々な商品(熊野米・米粉パン・ポン菓子・おかき)やごはんのお供(梅あぶら・平飼いたまご)、器や雑貨(曲げわっぱ・お茶碗・箸置き等)が並んでいる。

 私は「平飼いたまご(6ヶ入)」600円を購入。かなりの放蕩ぶりである。生卵掛けご飯を満喫するつもりだが、そもそも自宅にいないことに買ってから気づく。ゆえに米など炊かずせいぜいレンジでチンなパック飯。熊野米の炊きたてと抱き合わせたいが叶わぬ夢。

 ゆで卵にしてボイジャーで頂くか。しかし小瓶とはいえ6本は重い上に、生卵が割れる可能性も。出張中の買物としてはイカれている。

 エンプラスで開催された創業ゼミに24歳で独立した住宅塗り替え専門店蒲田建装の30歳社長、駅前のアメリカンダイナーを6年前に起業した元教員の30代オーナーのお二人の話を拝聴。私も色々質問させて頂く。これぞ起業の醍醐味である。

 21時半ごろ、7年通い続けている<きまま>へ約1年ぶりに。ママから「痩せてたら心配したけど、ふっくら太ったままやから安心した」と謎の誉め言葉を拝受。

 揚げたて天ぷら(太刀魚・牛蒡)、ポテサラ、胡瓜蛸酢、玉子焼、味噌田楽…‥。肉まんを皮から手作りするママの絶品手料理を心行くまで満喫。田辺に来れば麦焼酎炭酸割にママの極上手作り梅干投下が無敵。24時半まで痛飲する。

 翌日。北九州へ帰る前にいったん神戸の自宅へ立ち寄り、で1ヶ100円の生卵を贅沢に2ヶもパック飯に投下。旨すぎて悶絶する。

 田辺(商工会議所)と2010年から御縁頂き、2年ほどブランクあったが11年目。特に創業担当とのN本氏とは7〜8年コンビ状態。感謝の気持ちがボイジャー級。まさに「縁プラス」である。

 住宅の塗り替えを検討の方は田辺市上屋敷の「ペイントハウス蒲田(蒲田建装)」へ。アメリカンダイナーを楽しみたい方は紀伊田辺駅前「ハングオーバー」へ。田辺で起業、創業、出店される場合は田辺商工会御所への入会を忘れずに。

210209田辺@.jpg
新たなシンボル。

210209田辺A.jpg
日本で一番新しい新築アーケード。

210209田辺B.jpg
一番大好きなクラフトビール。

210209田辺D.jpg
愛してやまない<きまま>にて。

210209田辺C.jpg
<きまま>は我が家。

210209田辺E.jpg
極上をテイクアウト。重かったけど。

posted by machi at 08:00| Comment(0) | 和歌山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年04月11日

第2417夜:雨音は創業の調べ【田辺(和歌山)】

 雨音はショパンの調べ♪。私が小学生ぐらいの頃のヒット曲である。当然当時はこの曲を知ることもなく、恐らく知っていても小学生男子にはその良さが分からなかっただろう。

 この数年、有線が流れている居酒屋で呑んでいると、80年代ポップスや歌謡曲をよく耳にする。私と同年代、または少し上の世代がオーナーの店が増えているのだろう。耳を傾けると懐かしさのあまり長居してしまいそうになる。

 『雨音はショパンの調べ♪』もある夜、居酒屋で数十年ぶりに耳にした。それ以来頭の中でリフレインを繰り返している。思わず口ずさんでしまう。配信という機能が中年オヤジ(アヅマ)には分からないのでCDを買おうと考えているが、古すぎて売っているのかもよく分からない。

 令和元年も残り10日間を切ったある師走の日曜日の朝。前夜に鶴橋で泊まり、天王寺駅構内でモーニングセットを腹に入れ、特急で紀伊田辺へ向かう。車窓から見える自転車に抜かれるほどの牛歩っぷりだ。そして、どんよりと曇って雨が降り続いている。

 私の座る指定席の真後ろは、そのちょうど一週間前に栃木県鹿沼市でご一緒した我が関西の酒友・和歌山出身のN岡一級建築士。たまたまとはいえ恐るべし偶然である。この日のミッションは午後イチからの和歌山県田辺市中心市街地にて先週に引き続きこのペアで挑むことに。

 紀伊田辺着。田辺商工会議所内<レイン>で珈琲を飲んだ後、創業希望者の集いである。田辺の創業関連に関わらせて頂き7年ほどか。私が前座を務め、真打のN岡氏が充実を極めた最高の講義を決めて下さる。ここまでは第1部である。

 第2部は全9物件を回る貸店舗ツアー。田辺商工会議所N本氏が段取りし、私が引率のサポート。現地OJT解説はN岡氏だ。

 私は田辺に限らず貸店舗ツアーの引率を初めて7年ぐらいになる。しかし、これまで雨の経験はなかった。氷雨降る中、傘を差しながら2時間近く歩く。創業希望者も我々事務局側もテンション下がり気味だが、創業希望者の夢を叶えるべく雨音が聞こえる貸物件で全力解説する。

 無事終了。田辺の定宿にいったん荷物を置き、氷雨降りしきる中ブラブラ歩いて2か月ぶりに<きまま>へ。日曜定休なのに店を開けて下さったママに感謝しつつ8人で喰って呑みまくる。

 外に出る。雨が上がったようだ。それから数人で日曜だが空いているスナックへ行ったのだが、私はカウンターに座った瞬間寝落ちしたらしい。しかも2時間以上寝ていたらしい。

 深夜1時半ごろ、歩きながらホテルへ戻る。寝起きゆえか意識がまだ朦朧としている。半分肩を担がれた状態である。私はひたすら同行氏たちに謝っていた記憶がある。K藤氏の「疲れとんねやろ。気にするな」という励ましの声も何となく覚えている。

 意識朦朧のまま、耳ぃ〜を〜ふさ〜ぐ♪。「雨音はショパンの調べ♪」が冒頭から脳内リフレインし始めた。

200411田辺A.jpg
氷雨降る中、貸店舗ツアー。

200411田辺B.jpg
<きまま>にて。

200411田辺C.jpg
自家製梅干を投下した麦焼酎の炭酸割。<きまま>では私はこれ一択。

200411田辺@.jpg
(蛇足)天王寺駅構内のモーニング。
posted by machi at 15:49| Comment(0) | 和歌山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年12月30日

第2348夜:こだわらないこだわり【田辺(和歌山)】

 田辺創業ゼミ2019。数年前から紀南最大最強都市・和歌山県田辺市の田辺商工会議所からお招きいただき、年2〜3回お手伝いさせて頂いている私にとっては秋の田辺の風物詩である。

 2019年度の田辺創業ゼミ(全5回)第1回目は10月20日の13時開校。私は前夜、長崎県長崎市に居た。朝6時のバスで長崎空港に向かい、8時の●NAで伊丹空港へテイクオフ。

 A●A、頑張って下さり定刻より10分も早く到着。駐機場までも実にスムーズ。座席も可能な限り前方に変更していたことも功を奏し、本来乗れるはずのなかった新大阪行きバスに乗車成功。おかげさまで紀伊田辺行き特急乗車の25分前に新大阪駅に到着できた。

 神様から与えられた貴重な時間を1分1秒無駄にできない。在来線ホーム<麺家>の朝定食340円に間に合う。そばを頼んだのにうどんが出てきてしまったが、ご愛敬。生卵と昆布佃煮をライスにぶっかけ醤油を垂らす。かけうどんに天かすと七味とすりごまをぶち込んだ。

 13時ギリギリに田辺商工会議所着。創業ゼミ2019の初回は政策金融公庫課長様のご講義、不詳・アヅマの漫談、そしてメインである創業経験者2名のパネルディスカッションだ。

 たまたまだが2名とも田辺圏域のcafeオーナー。男性のS氏は<バニラカフェ><カフェアルマ>、オープンしたばかりの<カフェミミ>を経営する紀南地方でcafé開業を目指す者にとっては知らぬ者なきカリスマ経営者。そして女性のF島氏はお隣の上富田町で<産直café エフノカッテ>を経営。F島氏は田辺創業ゼミ第1回(2014年)の受講生だった。

 お話をお聞きする。それぞれにこだわりがある。しかしS氏の「こだわりのなさ」に感銘を受けた。この表現も正確に伝えきれていない我が筆力の無さが歯がゆい。

 終了後、S氏が「実験」として位置付けている、2日前にオープンした図書館前の3店舗目<café Mimi>を見学させて頂く。さっそく流行っている。

 従業員が働きやすい、この店で働いてみたいという店づくりを目指されていた。よって営業時間は11時から18時だが、さらに短くすることも考えているという。溢れんばかりのアイデアを具現化させる氏の4店舗目以降にも大注目だ。

 田辺の定宿<アルティエホテル>に荷物を置いた後、ぶらぶら歩いて<きまま>へ。ママは相変わらず豪快な笑顔。来年(2020年)創業30年になるという。日曜定休だが特別に開けて頂く。

 ママの手作り絶品小料理をツマミに麦焼酎の炭酸割にママお手製の梅干を投下。これが最高に爽やかで旨い。

 ママの数種類の手作り調味料を味見させてもらう。味噌、これだけで酒の肴になる。そして我らに味噌の感想を聞き、もっと改善したいという。創業30年、70歳になっても探求心旺盛だ。

 グイグイやりながら談笑していると、ラグビーW杯「日本vs南アフリカ」が始まった。思わず熱が入る。南アフリカ、さすがだった。日本代表は日本中を感動に渦に叩き込んだ。間違いなく2019年度のMVPだ。 2軒目は3人で安全安心安定の<一吉>へ。途中から記憶が全くない。

 私は「理論のない理論」という禅問答のごときいい不明なフレーズ十数年前から使ってきた。要するに、今現在は理論を持っていても、将来どころか明日、もしかしたら素晴らしい感銘を受ければ1分後にも平気でこれまでの理論を捨てて新しい理論に飛びつくという趣旨である。

 まちづくり屋は変化対応業である。常にアンテナの感度をビンビンにし、常に最善と思しき一手を打ち続けねばならない。しかしオヤジになるにつれ、アンテナの感度がどんどん下がってきてしまった。

191230田辺⓪.jpg
コスパ抜群。JR西日本で見かける<麺家>の朝定食。

191230田辺@.jpg
田辺創業ゼミ2019。

191230田辺A.jpg
受講生懇親会ではS氏の焙煎珈琲がお振舞。

191230田辺B.jpg
センスの塊。

191230田辺D.jpg
191230田辺C.jpg
191230田辺E.jpg
191230田辺F.jpg
<きまま>のママのきままな絶品料理。

191230田辺G.jpg
毎年ありがとうございます。
posted by machi at 18:25| Comment(0) | 和歌山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする