2022年01月03日

第2842夜:在来線ホームの立啜きしめん2020【名古屋(愛知)】(後編)

 「かけ」きしめんが360円。カレーが640円。単純計算で売価280円のレトルトをぶっかけている計算になる。280円といえば、私が愛してやまないカレーLEEシリーズのスーパー小売価格より幾分高額。そこそこのレベルなのだろう。逆に期待が高まってきた。

 たっぷりの葱を載せてブツ着丼。冷凍を湯がき、幾分の出汁とレトルトのぶっかけ。見た目だけなら自宅で余裕で再現できそうである。

 唐辛子をパラリし、まずはカレー汁。……。想像の遥か斜め上を行っていた。レトルトっぽさ皆無。辛口でスパイシー。極上出汁と絶妙にベッドインしている。

 平打ちきしめんの表面積でカレー汁を絡めとる。どしりとした至福。ごはんをぶっかけたくなる衝動に駆られながら、汁1滴残さないシャチホコ啜。我が下種な勘ぐりに反省する。

220103名古屋駅きしめんG.jpg

🍜2021年9月●日

 11年ぶりの名古屋駅在来線きしめん、5回目で2021年啜り納めである。

 朝7時過ぎ、多治見から名古屋駅に入線。8番ホームではなかった。何番ホームであったかは敢えて秘す。

 ワンコイン、定番のかき揚げ(玉子入り)、みそ、カレーとビルドアップしてきたきしめん旅の掉尾は、「名古屋コーチンきしめん」。

 価格は他の追従を許さない890円である。その次の価格帯がみそ、カレー、海老天の640円ゆえ、250円の開き。まさに25馬身ほど差がついている。

 ノーマル(かけ)が360円。世界屈指のブランド鶏・名古屋コーチンのトッピング値段は890円-360円=530円。本体(きしめん)よりも遥かに高い。チャーシューメンでもあり得ない設定。もはや空前絶後のSFである。

 麺大盛(1.5玉)が110円。在来線ラストきしめん、いっそのこと、キリの良い1000円にしよう。アラフィフオヤジの魅力が詰まった渾身のブルジョアジーである。

 ドヤ顔で年輪を刻んだ職人オヤジにチケットを渡す。オヤジは何も話さず一瞥しただけ。

 メニュー写真がないのでビジュアルが分からぬ名古屋コーチンきしめんに期待と不安に胸を高まらせる。1分ちょっとでオヤジは気だるそうに無言で着丼。

 コーチン、小さめが3切。期待より不安が正解だった。1切あたり約176円。

 気を取り直して出汁。……。こんなに薄味だったか。これは私のバカ舌の記憶違いだろう。

 コーチン、歯ごたえがあり噛みしめると旨味がにじむ。出汁にコーチンの旨味が溶け込んで鴨南蛮的確変を期待していた私の修行不足。薄味のまま確変せず不動。ブレない一杯である。

 1000円のブツを汁一滴残さず滅失させる。割と大きめの声で「ごちそうさま」とオヤジに声をかけるが、全くの無反応。ちなみに客は私一人だけ。職人は寡黙な方が味わい深い。

 敗戦処理投手の気持ちを噛みしめながら店を出る。私の在来線きしめん旅2021も完結。

 ホームを見渡すと<住よし>以外にもありそうだ。1つのホームに2か所きしめん屋がある線も。これから在来線でのきしめんは、かき揚げ一択。血涙を流しながら心に誓った。

220103名古屋駅きしめんH.jpg
posted by machi at 07:15| Comment(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月02日

第2841夜:在来線ホームの立啜きしめん2020【名古屋(愛知)】(中編)

🍜2021年8月△日

 梅雨時期に戻ったような雨模様。九州を中心にそこらじゅうで豪雨。多治見も朝から雨模様。ホテルの部屋から駅前の温度計が見える。24度。真に涼しい。

 9時半すぎの快速で名古屋駅。8番ホーム下車し<住よし>直行。2週間に1度のお楽しみ。

 肌寒いので「みそきしめん(玉子入り)」。かき揚げトッピングを断念。ここは王道ストレート。

 甘み皆無の八丁味噌、奥深し。椎茸などの煮込み根野菜に潜む、ひとかけらの鶏肉がお宝。八丁味噌出汁、玉子と絡めると官能倍増。あっという間に熊啜。涼しいとはいえ、真夏の八丁味噌きしめんも味わい深いものがある。

220102名古屋駅きしめんD.jpg

🍜2021年8月×日

 多治見から9時前の快速で名古屋駅。ホームに降りて<住よし>直行するが、違和感が。券売機が店内にある。店頭POPのデザインが違う。パラレルワールドに迷い込んだか。迷い込んだ世界はコロナなど無ければいいな……。

 8番でなく、10番ホームだった。改めて左右を見渡すと、少なくとも5つ以上あるホームの同じ場所に<名代きしめん住よし>が屹立。新幹線ホームと外観デザインは異なる(色基調)が、在来線はオレンジとグリーンが基本色。これが鏡にようにズラリ。見間違うこと確実である。

 券売機と対峙。当たり前だが、いつもの8番ホームと一緒。これまでワンコイン、かき揚げ(玉子入り)、みそという他のボタンの4倍以上ある3大プッシュを制覇。今回私が押したのは「カレーきしめん」である。

 名古屋名物数あれど、地味で目立たぬがカレーうどんも名物の一つ。その麺が、きしめん。まさに名物の二乗、進化のハイブリッドと言えぬこともない。

 きしめん調理歴50年といったタタズマイの厨房熟女にチケットを手渡す。紙コップのセルフ水を飲みながら調理過程を眺める。たまたま私のカウンター越しからよく見えた。

 今更気づいたが、きしめん、思いっきり冷凍である。1袋4〜5ヶ入。包装は無地で、スーパーで見かけるタイプと酷似。冷凍であれだけのコシができるのか。考えようによっては、うちたてを瞬間冷凍し鮮度とコシを維持する技法といえる。SF映画の冷凍人間のようなものである。

 湯で上がったきしめんを丼にうつし、少し出汁を注いだ。そして、思いっきりレトルトカレーの封を切ってぶっかけ始めた。

 思わず目を剥いた。あけっぴろげである。堂々とし過ぎである。レトルトは住よしオリジナルなのだろうか。白無地ゆえ一抹の期待を載せる。思いっきりクク〇カレーやボ〇カレーなどが印字されていたら複雑な気持ちだったかもしれない。〔次夜後編〕

220102名古屋駅きしめんE.jpg

220102名古屋駅きしめんF.jpg
posted by machi at 08:16| Comment(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年01月01日

第2840夜:在来線ホームの立啜きしめん2021【名古屋(愛知)】(前編)

🍜2021年7月〇日

 2010年頃に名古屋駅5番線ホームの立啜きしめんを啜ってから11年。新幹線ホームでたまに啜ることはあったが、在来線とはすっかりご無沙汰に。そしてコロナ禍な2021年7月中旬。多治見からの帰路に下車した8番ホームの朝8時半。在来線きしめんに11年ぶりの対面。

 「ワンコインきしめん(500円)」。在来線ホーム限定メニューである。在来線は天ぷら揚げたて。海老天と卵で500円のお得感。かき揚げ+卵は590円。かき揚げより安い海老天というパラレルワールド。

 さらに摩訶不思議な現象が。通常メニューに海老天+卵があり、640円。(たぶん)同じ内容で140円の違い。首をかしげながら絶品を啜りつつ5番ホームに目をやると、ふきっ晒しでなくなっていた。コロナ禍ほど密閉空間よりも、吹きっさらし。

 11年ぶりに在来線で啜り、同じ会社(名代きしめん)でも新幹線ホームより在来線の方がか旨く感じる。地元人の日常にさらに近いからか。吹きっさらしでなくても。

🍜2021年7月×日

 多治見から快速で名古屋。多治見からの電車は8番ホームに入線するらしいことが2度目で理解。そのまま2週間前に満喫した<名代きしめん>直行。前回は在来線限定ワンコインきしめん。今回はかき揚げ玉子入りきしめん麺特盛(2玉)である。攻めの姿勢を失ってはならぬ。

 かき揚げをプシュプシュ揚げる音が聞こえる。在来線は天ぷら揚げたて。この魅力には抗えぬ。冷めた天ぷらは出汁を冷やす。揚げたてはさらに熱々に。私はどんな暑くてもホットコーヒー、そして熱々のラーメンやそば。冷しは頼まない。

 ブツ降臨。さすがの迫力である。湯気でかつおぶしがダンスしている。七味を多めにふりかけ、啜り込む。この甘さを極限まで締め出した切れのある濃い口が最高。かき揚げもジューシー。衣がモロモロし始めると旨さが増す。

 啜り始めた時に同じタイミングで、店内のラジオからオリンピック平泳ぎ女子決勝が聴こえてきた。ラジオも激シブ。昭和中期のデザインである。まだしっかりと働いているのもすごい。

 私が半分ほど啜り終えた時、100メートルを折り返した。世界記録ペースという。何故か私もスイッチが入り、金メダリストよりも早く啜り切ろう、汁を飲み干そうという気になった。

 トップは世界記録をキープしたまま終盤に。私もペースを上げる。汗が噴き出してきた。

 まもなく選手はゴール。私もフィニッシュ体制に。後は汁を飲み干すだけ。ゴクゴク……。

 私が汁を飲み終えて器をカウンターに戻した0.1秒後、選手がゴール。私の方がタッチの差で早かった……。宇宙一空しい独り名古屋五輪である。〔次夜中編〕

220101名古屋駅きしめん@.jpg
在来線8番ホーム。

220101名古屋駅きしめんA.jpg
在来線限定。

220101名古屋駅きしめんB.jpg
ワンコインの愉悦。

220101名古屋駅きしめんC.jpg
特盛の快感。

(付記)
新年あけましておめでとうございます。N清食品様が「年明けうどん」を長年仕掛けられているので、きしめんで便乗。このままいけば、2022年中に3000夜突破しそう。コロナ禍以降、北は会津若松(福島)、南は飯塚(福岡)とギュッとコンパクトな行動範囲に。本年もボチボチとこのバカブログを更新してまいります。これからも御贔屓に!このバカブログをご笑覧の紳士淑女にとってステキな1年になりますように。
posted by machi at 11:00| Comment(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする