2020年08月28日

第2510夜:続・お義父さんと呼ばせて【名古屋(愛知)】

 名古屋めし。あんかけスパ、きしめん、エビフライ、手羽先、カレーうどん、鉄板ナポリタン、ひつまぶし、味噌カツ、台湾ラーメン、小倉トースト、鍋焼うどん、ういろう……。

 思いつくまま列挙してみると、独特の濃さと世界観が横溢している。私もハマっているモノとそうでないモノがはっきりと分かれている。

 ある4年に1度しかない閏年の11時ごろ。盛岡駅フェザン地下<ひっつみ庵>でかつ丼を頬張る。ミニにゅうめんや生野菜、香の物がついて990円だが、何故か5%引きで940円。

花巻のブランド肉(白金豚)使用で「人気ナンバー3 迷ったらこれ!」。……。ナンバー3とは微妙なPOPであるが、確かに旨かった。少々硬い肉 質だった大満足。この時点で濃いめの料理はすでに満ち足りていた。

 腹も心も満たされたまま、新幹線2本乗り継いで神戸へ帰る。西に向かうに連れ、雨脚が強くなり始めた。その途中、名古屋で途中下車し、上様改めお義父さんと密談を兼ねて酒席をご一緒させて頂く光栄に恵まれた。

 上様の最側近である老中筆頭格(大老)S氏、若手の譜代大名O口氏も合流。新型コロナで疲弊した地域経済に少しでも貢献すべく名古屋メシを大満喫することに。

 まずは名古屋手羽先2強の一角<風来坊>へ。たっぷりと手羽先をハイボールで流し込む。途中の巨大手羽先が余計というか、圧巻だ。

 続いて手羽先相撲における東の大横綱<世界の山ちゃん>へ。手羽先75本を一気に注文。ホッピー痛飲しながら食べ比べる。……。どちらが好きかと問われれば、私の軍配は山ちゃんに。

 途中、詳細を省略するが、上様に婿入りすることになった。これで私も岡崎幕府の一員である。

 3軒目へ向かう途中、巨大な名古屋のシンボル「ナナちゃん」のお股をお義父さんと下から覗き込んだ後、味噌カツで著名な<矢場とん>へ。

 わらじ味噌カツとメニューにないカツカレーライスのライス抜きでルー多めを召還。カツカレーライスのライス抜きは私の必殺技。ハイボールに無敵である。店員さんの柔軟さも好もしい。

 〆は名古屋駅構内の<味仙>へ。新型コロナなどどこ吹く風。名古屋は大賑わいで行列ができているほどである。

 この日何本目か分からぬ手羽先にかじりつきながらビール。そして、ピリ辛というより激辛よりな台湾ラーメン。ビールで舌を冷やすごとに辛さが増すという不思議。

 汗を頭皮から滴らせながら、ミンチ肉を独特な穴あきレンゲですくいながら、汁1滴残さずシャチホコ啜。

 お義父さんたちとお別れし、22時半前の新幹線でチョコをツマミにウィスキーをストレートでヤリながら帰神。お義父さんたちに多謝。

 今度は神戸の名産を携えて、ネクタイして、岡崎の<みどりや>へ正式に挨拶に伺わねばならない。「ナナちゃんを私にください」と。

200828名古屋@.jpg
盛岡駅地下にて。

200828名古屋A.jpg
上様のもとへ参勤交代。

200828名古屋B.jpg
風来坊。

200828名古屋C.jpg
山ちゃん。

200828名古屋F.jpg
矢場とんでメニューにない「カツカレーライスのライス抜き」。

200828名古屋G.jpg
味仙。

200828名古屋H.jpg
台湾ラーメン。

200828名古屋D.jpg
ナナちゃん。

200828名古屋E.jpg
ナナちゃんの×××。

200828名古屋I.jpg
お義父さんと呼ばせて。
posted by machi at 13:21| Comment(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

第2324夜:豊かさとは何か〜第5回まちゼミサミット〜【岡崎(愛知)】

 第5回まちゼミサミット。聖地・岡崎で開催される3年に1度程度の夢のまちづくり祭典である。全国400地域に広がりを見せる「三方よし」のまちゼミは最強の活性化ツールとして21世紀以降の日本の商店街活性化を牽引してきた。

 私はまちゼミの実践者でもなく詳しくもないのだが、過去4回のうち2回登壇させて頂く栄誉を頂いている。極端に言えば、サミットに時しか岡崎に足を運ぶ機会もない。

 一方、なかなか普段なかなかお会いできない御仁や以前お世話になった方々と同窓会のように旧交を温めることのできる、私のようなフリーの自由業者にとっては貴重な機会でもある。

 まちゼミの伝道師として日本中の商店街に元気と笑顔と勇気を与え続けてきたのが、愛知岡崎幕府のⅯ井征夷大将軍。私は畏怖と敬意をこめて「上様」と崇めている。上様のご尊顔を拝謁できるだけでも岡崎へ足を運ぶ値打ちはおつりが余るほどにある。

 私は8つある分科会の中の「まちゼミからの新たな取り組み、持続可能なまちづくり」をテーマにした分科会に参加。しかし私は何も話せることがないので、尾山台まちゼミ実行委員長であるイケメンの若大将・T野氏といつもエレガントな岡崎のA野女史のお話を拝聴する。

 T野氏からは持続可能を実現するための業種業態どころか属性を超えた人との繋がり、そして「豊かさとは何か」を考えさせられた。天野さんからは長年にわたるまちゼミ実践者としての進化っぷりを学ばせて頂いた。

 同じテーマだが登壇者2名への質疑内容を微妙にアレンジした分科会を2回繰り返した後、私は大急ぎで埼玉県春日部市へ戻らねばならなかった。昨晩は20時30分に春日部を発ち、今日は20時30分から始まる春日部会議に間に合わせねばならない。

 ド派手なTシャツで揃えている美魔女3人&ジェントルマン1人で構成する鹿沼まちゼミAチームが東岡崎駅までレンタカーで送って下さることに。Aチームはそのまま名古屋で宴会、Bチーム(男性2名)は引き続きサミットに参加という。オンとオフのメリハリ、力の入れ加減と抜き加減、絶妙の押し引きが素晴らしい。まさに「持続可能な」皆さまである。

 ゴルゴ刈ゆえ存在しない後ろ髪を惹かれつつ鹿沼チームに深く感謝し、名鉄に乗り込んで名古屋へ。必死で新幹線ホームに向かうと、5分の待ち時間が生まれた。

 この5分は天からの豊かなご褒美。しかも私が乗車する15号車の真ん前が立ち食いきしめん屋。しかも珍しく空いている。神が私に啜れと叫んでいる。

 一番人気の「かき揚げ(玉子入り)きしめん」のボタンを押し、水をセルフで汲んでいる間に着丼。一味をパラリし、鰹節の舞を愛でつつ一気呵成にシャチホコ啜。玉子入りは黄身をつぶして絡めると少し冷めるので一気食いに適している。

 きしめんと豊かさを噛みしめながら甘さを抑えキリっとした出汁を啜り終えると同時に新幹線が入線。立ちきしめん屋を出て7歩程度で新幹線に乗り込んだ。

 私のような生活&仕事スタイルは決して持続可能とはいえないが、少なくとも心は豊かである。財布と口座は貧相ですが。

191124岡崎サミット@.jpg
気勢を上げる猛者たち。

191124岡崎サミットA.jpg
分科会にて。

191124岡崎サミットB.jpg
鹿沼の皆さまに心から感謝。私は、果報者です。

191124岡崎サミットC.jpg
名古屋駅ホームにて。スルー出来ぬ魔性。
posted by machi at 07:05| Comment(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月19日

第1971夜:ソウルフードは北京飯【安城(愛知)】

 ソウルフード。生まれ育った地、長年生息した地で慣れ親しんだフードである。口にすると様々な思い出が走馬灯する。特に幼少から青春時代にかけての味が多いような気がする。好みもあるだろうが、その土地の人の大半が口にしたことがある逸品であることが多い。

 ちなみに生まれも育ちも現在も神戸市民である私のソウルフードは「吉兵衛のかつ丼」である。神戸新長田っ子だが、そばめしは私にとってソウルフードではない。どちらかというと「水原のねぎすじ焼」が我がソウル。ちなみにソウルソースは「ばらソース」。他にも想い出の味はあるが、多くの店が後継者不足は阪神大震災などで廃業や移転を余儀なくされた。

 西三河地方唯一の新幹線駅を有する愛知県安城市民のソウルフードは何か。中心市街地活性化を牽引するまちづくり会社「安城スタイル」の皆さまと意見交換した際、安城名物は何か問うた。皆さん首を傾げていた。これといった土産物や複数店舗で味わえるご当地料理はないらしいが、<北京>という店の「北京飯」が名物であることをご教授頂いた。試さねばならぬ。

 ある3月の13時過ぎ。新幹線三河安城駅で下車。メイン駅は安城駅なので一駅離れている。駅から少しだけ歩いて<北京本店>へ。かなりデカい城のような店だが、行列ができている。大人気だ。客回転は良さそうで、10分ほど待ってカウンターへ。接客も好もしい。

 安城市民のソウルフードという「北京飯」を大盛に。そして「安農餃子」を追加する。この聞きなれぬ餃子は地元の農業高校の生徒が育てた豚肉を使用しているそうな。これも名物か?

 「北京飯」降臨。宇宙船のごとき煌めきを放っている。北京飯とは、ふわふわトロトロ玉子焼きの上に豚の唐揚がたっぷりトッピングされた中毒必至の逸品。旨いことは自明の理だ。丼の縁に「安城名物」とプリントされている。溢れんばかりの自信である。

 レンゲで掬って口に運ぶ。……。黄金色の花が咲いた。黄河沿いに文明が生まれた。そして、昼間なのに月が昇った。思わず刮目し、感嘆の吐息が漏れる。天津飯とも異なる独特の世界観。家庭では絶対に再現不可能な究極丼だ。

 夢中でかきこむ。時を忘れる。豚肉の唐揚もコクがあってサクサクで天晴。醤油を少し垂らしても旨いだろう。餃子はあっさりと濃密が同居した気合の一品。

 3分の2ほど腹に入れたあたりで、一気に苦しくなった。大盛、ボリュームが半端ない。付け合わせのスープでリフレッシュしながら完食する。店を出る。行列の長さが増している。

 その夜、<知覧>という沖縄を含めた九州料理が熱い人気店で最後の懇親会。黒崎名物赤ウィンナー、とろ鯖塩焼、揚げたてさつま揚げ、島らっきょう天ぷら、ラム串焼…。どれも絶品。メガハイボールも爽やかだ。

 2軒目はS本氏とY田氏と<目利き●銀次>。安城呑みは計4回とも最後は銀次。毎回ガラ空きの安定感が頼もしい。

 この日は全4回になる我が安城ミッション最終回だったが、安城に用事は無くとも三河安城駅で途中下車してしまいそうである。安城市民のソウルフードを腹に入れるために。

 西三河地区では三河安城駅に新幹線の「ひかり号」を停めてもらう運動を展開しているそうである。誠に結構なことで全力応援させていただくが、毎月10回以上新幹線を利用している私はもし「のぞみ号」を停める運動に発展したら、例え北京飯がより身近になっても全力で反対させていただく所存。これ以上停車駅が増えれば困るからである。

180619安城@.jpg
安城名物「北京飯」。

180619安城A.jpg
新名物?の餃子。

180619安城B.jpg
まちづくり会社「安城スタイル」T田社長(女性)を囲んで。
posted by machi at 09:25| Comment(0) | 愛知県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする