2020年11月11日

第2560夜:風の谷のアヅシカ【八尾(大阪)】

 『風の谷のナウシカ』。1980年代前半に劇場公開されたジブリの超絶ウルトラ傑作アニメである。ネットで検索していたら、この作品、よくわからないアニメの2本立てだった。ジブリ作品、特に初期の作品は時を経るにつれて評価が公開当時よりも高まっている気がする。

 緊急事態宣言が開けて1か月以上が経過した7月上旬の土曜。用事が予定が早く済み、河内八尾へ。会計事務所の先生方と打合せなのだが、時間が余り過ぎて3時間ほど余裕がある。特に喫茶店でPC猿打せねばならぬ急ぎ案件もない。

 そういえば、近鉄八尾駅前のショッピングモール内に映画館があった。ちょうど良いタイミングで何か放映しているか。

 梅田から環状線で鶴橋を経由し、八尾へ向かう途中にスマホで検索。ちなみに途中の近鉄電車で後ほど打合せさせて頂くA部先生とばったり。

 八尾のシネコンでは座席数を半分に削減して公開していた。しかも、何故か昔のジブリ作品ばかり。その中でちょうどタイミングドンピシャだったのが『風の谷のナウシカ』。しかも、再上映のためか、サービスデーだったのか分からぬが1100円だった。

 たしか小学生の頃、TVかビデオだかで観た記憶がある。内容はほとんど覚えていないが、巨大なやどかりような物体が走り回っていたはずだ。劇場では初めて。コロナ騒ぎでもないとスクリーンで観ることなかった傑作かもしれぬ。

 コロナの影響でドラマやスポーツも昔の名作や名勝負を多数放映していた。令和になり、さらに時間展開の速さに追いつかなかったので、ふっと立ち止まる感じも悪くない。

 前方のど真ん中に座る。劇場内が暗転。予告編前の企業CMが始まった。

 ……。おや、見たことのある御仁が超アップで出ている。思わず目を剥いた。八尾のA戸氏の会社だった。社長のA戸氏も出演している。何の予備知識なく観てしまったので唖然。引き続きも2社ほどが私も知っている会社だった。

 冒頭でこんなのをかまされたら、肝心の本編が始まっても内容が頭に入ってこない。後半になってようやく物語世界へ。

 ナウシカ嬢、活発で可憐で、字義通り虫も殺さない少女である。しかしオヤジを殺された際にブチ切れて敵兵は大勢殺戮。

 ナウシカ嬢、もっと小さな少女と思っていた。確かに少女っぽいが、もしかすると女子大生ぐらいの年齢だったのかもしれない。周りがみんな「姫」と呼んでいるし、殺されたオヤジ(王様)もかなりの老齢。小学生ぐらいだったら孫になってしまう。

 いつも肩の上に乗っているテンちゃんやガッちゃんみたいな生き物を空気の悪い場所で隠すとき、胸のファスナーを開いて胸の谷間へ。すっかり隠れた。ナウシカ嬢、巨乳だったのか。

 小学生時代はただただ感動した記憶あるが、三十数年の間に私もすっかりヨゴレてしまい、本筋と関係ないところばかり気になる。しかし、当時以上にH石譲氏の音楽が心に響き渡る。ところどころシンセサイザー全開なのも80年代テイスト。最後は感動して泣きました。

 興奮冷めやらぬまま、大阪総合労務会計事務所の先生方へ。先生方のご尽力で、まさかの某給付金の対象に。申請手続きも厚かましくお願いしてしまう。私がグズグズしなければ掛け値なしにネットで10分ほどで完了だ。

 当初は対象になると思っていなかった。喜んでいいのか微妙なのだが、私のような俗物は頂けるものは何でも頂く。しかし、金は天下の回りもの。昔から思っていたことだが、特にコロナ以降、自分のためではなく人のために金を使えば利息がついて返ってくることを痛感した。

 先生方と<えん>へ。コロナなど関係なく流行っている。どんどんお客が来るが満席で入れない。絶品料理に生ビール、地酒などを堪能。2軒目は<わっちょい>。焼鳥が絶品である。

 先生方とお別れし、阪神なんば線の終電乗車。神戸市民の私にとって、阪神なんば線は快適極まりない風の谷。ナウシカ嬢が乗っていたパラグライダーのような気分で鶴橋から尼崎で乗り換える。あまりの心地よさに爆睡。よく乗り過ごさず目的地の板宿で目覚められたものである。

名作
八尾@.jpg

<えん>にて
八尾A.jpg

八尾B.jpg

八尾C.jpg

八尾D.jpg

<わっちょい>にて。
八尾E.jpg

八尾F.jpg

八尾G.jpg

いつもご指導ありがとうございます。
八尾H.jpg
posted by machi at 11:34| Comment(0) | 大阪府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月24日

第2487夜:角打ちと野球帽【十三・京橋(大阪)】(後編)

 この店の我がメインディッシュは190円の肉吸。肉うどんのうどん抜きである。お椀サイズなのでちょうど良い。鹿沼人たちも「おいし〜い」と唸っている。ただし東日本の濃い口醤油かつお節鰹系ではなく、西日本の薄口醤油昆布系でなければ再現は難しいだろう。

 その勢いのまま、十三駅東口へ。ディープを極めた<イマナカ>へ。瓶ビールとウーロン茶以外は各自すきなドリンクを冷蔵庫からセルフで持ってきてもらうシステム。ツマミはコンビーフを温めマヨネーズたっぷりだ。

 鹿沼人はシステムが分からず戸惑っていたが、我らが入るや否や一斉にカウンターで呑んでいたバッタもんのキャップ帽をかぶった歯の無いオヤジたち数名が鹿沼人たちに話しかける。
 
 鹿沼の女性陣も負けずに応酬。り―ダーのU野氏はすっかり常連たちと意気投合。リーダーはキャップ帽をかぶれば完全に十三イマナカ人の雰囲気を醸し出している。

 上下作業着ドカジャンの正統派スタイルで関西弁の私にマスターが話しかけてきた。「なんで栃木の皆さんがうちの店なんかに?」。……。そらそうだ。理由は一つ。鹿沼の皆さまに呑みの世界は広くて深いことを知って頂くためである。

 阪急とJR環状線で京橋へ。駅前商店街でグランシャトーのテーマソングを耳にしながら私が最も大阪系で好きな串カツ屋<鳥の巣>へ。梅田地下店は数え切れぬほど通っているが、京橋店は初めてである。

 タルハイをヤリながら牡蠣、アスパラなど鹿沼人が口にしたことのない串をガンガン頼む。コの字カウンターがシブい。皆さんさすがに満腹で苦しそうだがこれも勉強である。

 5軒目は<二升五合>。この店も京橋に来れば立ち寄らずにいられない。サービス価格の大瓶をヤリながら特製玉子焼。最年少レディのYカ嬢が最後までビールに付き合って下さった。

 皆さまは慣れぬ立ち飲み、めったに歩かない鹿沼人だがたっぷりと電車&徒歩視察のためさすがにお疲れ気味。ウーロン茶が多数を占めている。

 時間は18時前に。まだまだ夜は長い。しかし私もかなり酔ってきた。明日は鹿沼近くの宇都宮をスルーして会津若松に早朝から行かねばならぬ。

 お宿が難波の皆さまとお別れし、一人<天下一品>でこってりチャーシューメンのスープ増量を狂啜。酔いで満腹中枢が破壊されている。

 翌朝。7時半すぎにしては妙に空いている新幹線に乗り込み東京経由で郡山へ。途中、鹿沼からほど近い宇都宮を通りすぎる。鹿沼チームは関西を満喫中の時間帯である。

 車内で昨日の狂乱を振り返る。8人で5軒ハシゴし、喰って呑んで、一人5000円弱。1軒当たり一人1000円弱。……。鹿沼で実現できるだろうか。

200724神戸大阪J.jpg
2軒目は十三の肉屋直営立ち呑み。

200724神戸大阪K.jpg
肉吸絶品。

200724神戸大阪L.jpg
3軒目は十三の角打ち。

200724神戸大阪M.jpg
京橋へ。

200724神戸大阪N.jpg
4軒目は私が好きな串カツ屋。

200724神戸大阪O.jpg
大好きです。

200724神戸大阪P.jpg
5軒目は京橋の立ち呑み。一人を除いて皆さんお疲れ気味。

200724神戸大阪Q.jpg
最後は一人で天一へ。
posted by machi at 12:48| Comment(0) | 大阪府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年07月22日

第2486夜:角打ちと野球帽【十三・京橋(大阪)】(前編)

 「ようこそ!神戸・大阪へ!大歓迎!!栃木県鹿沼市植野グループ御一行様」。

 朝6時、自宅のプリンターで上記の文言をプリントアウト。10時前に神戸空港へ。コンビニのマルチコピー機でA3に拡大し、2番到着口で掲げて待つ。

 程なくしてU野グループ御一行7名様が2番到着地から出場。私の歓迎POPに皆さま苦笑。一度やってみたかったことが実現した。

 2019年度、鹿沼の中心商店街では「やどかりプロジェクト(仮称)」が発足。詳細は控えるが、議論の過程において、様々な店舗運営システムを勉強したい、視察したいという流れに。

 新型コロナウィルスが全世界を席巻しつつある2020年2月上旬、1泊2日の行程で鹿沼チームが茨城空港経由で神戸空港へ。私はフライトなしで神戸空港に出向くのは初めて。上下作業着にドカジャン、手ぶらという正統派ディープ商店街視察スタイルでお出迎えする。

 それにしても、静かである。ポートライナーも空いている。新型コロナのためかC国人観光客激減のご様子だ。

 阪神三宮から新開地へ。師匠特権で新開地まちづくりNPO藤S事務局長を呼び出し、マップを配ってもらうついでに挨拶を強要。

 新開地に限らず、神戸市内の商店街は大店法の名残から(詳細は割愛しますが)水曜定休が多い。新開地商店街の競艇舟券売場も休みなので普段より静か。

 商店街内の関西2番目らしい常設落語寄席小屋を通り過ぎ、湊川・東山商店街へ。はみだし陳列もここまで吹っ切れれば壮観。正直者がバカを見る生き馬のごとき激烈な生存競争。商売っ気が少なくおっとりした栃木県民の目にどのように映っただろうか。

 昼食は新開地地下の<よつばや>へ。生ビール、チューハイ、ウーロン茶など各々好きなものを呑みながら串カツ、おでん、明石焼。

 串カツでは「紅生姜」が好評。「蒟蒻」を鹿沼で実現できるか真剣に話し合っている。明石焼はソースを塗って出汁に浸す神戸長田スタイルを指南。そもそも明石焼を口にしたことのない方にはキョトンかもしれない。

 阪急電車で十三へ。栃木弁で皆さん談笑しているとあっという間に到着。特急なのに追加料金がいらないことに驚かれている。当たり前すぎて地元人には気づかないことがこの世には溢れている。

 十三のションベン横丁を一周し、私が愛してやまない<切り立て牛肉専門店 ヤマキ商店>。立ち飲みである。何度も通っているが、鹿沼人に肉屋の立ち飲みを味わって頂きたい。

 瓶ビールなどを各自スキにやりながら揚げたてのミンチカツ、ハムカツを頬張る。牛皿も酒が進み過ぎる。〔次夜後編〕

200722神戸大阪@.jpg
一度やってみたかった。

200722神戸大阪A.jpg
ポートライナー独占。

200722神戸大阪B.jpg
新開地まちづくりNPOのF坂事務局長より。

200722神戸大阪C.jpg
視察開始。まずは新開地商店街(神戸市)。

200722神戸大阪D.jpg
メトロ神戸(地下街)でランチ。

200722神戸大阪E.jpg
明石名物。

200722神戸大阪F.jpg
阪急電車に飛び交う栃木弁。

200722神戸大阪G.jpg
十三駅前にて。

200722神戸大阪H.jpg
揚げたて。

200722神戸大阪I.jpg
焼きたて。
posted by machi at 13:11| Comment(0) | 大阪府 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする