2024年02月29日

第3368夜:味の龍王戦【多治見(岐阜)】

 竜王戦。将棋の八大タイトルの一角である。将棋は駒の動かし方だけはかろうじてしているが、二手先すら読めず、対戦相手をこれまで一度も「詰めた」ことがない私だが、将棋マンガや将棋小説(ミステリ)はたまに読む。

 朝からWi−Fiビンビンな多治見駅前の定宿に籠りオンライン会議。岐阜に居ながら栃木(下野)とオンラインできる人類の進化っぷりに改めて驚愕と戦慄したら、腹が減ってきた。

 時間は正午前。たじみDMOのO口社長&M井側用人が定宿まで迎えに来てくれ、昼飯へ。向かった先は<味の龍王>。サッポロラーメン店である。

 私の多治見の昼飯は「鰻」と決めている。これまで10回は堪能しているはず。鰻でない場合は、入り時間が遅い時や昼のラストオーダーが終わってしまった時。

 12泊13日目の最終12泊目の昼。私から<龍王>をリクエスト。両氏から昨晩、この店の「冷やし中華」の画像を見せられたから。画像、圧倒的な原色。芳醇な熱帯が写っていた。

 店内はL字カウンターのみ。時間は11時半で満席。少しだけ待って店内へ。メニューはO口氏と同じ夏季限定の「ピリ辛冷やし中華」の大盛(2玉)。ちなみに特盛は3玉とある。

 トッピング欄に「チャーシュー(国産・自家製)」が。冷やし中華にトッピングできるか店員さんに聞いてみたら笑顔で快諾。

 4,5名で切盛されているが、すべて女性。年齢層も50歳は幅がありそうだ。最若手も最高齢(目視です)も見事な役割分担でキビキビ動かれている。外観と屋号で、ややこしそうな頑固おやじの店と思い込んでいた。このギャップがタマラナイ。

 ブツが眼前に。圧倒的な熱帯である。芳醇な原色の花々の生命が躍動している。

 チャーシューの分厚く熟れた花弁が満開。たっぷりのレタスの緑、大きくカットされたトマトの赤、錦糸卵とコーンの黄、刻み海苔の黒、そしてピリ辛味噌の朱。

 麺が全く見えない。辛子だけでなくマヨネーズがたっぷりと淵にこんもり。さらに「良かったらどうぞ」と巨大マヨのチューブがカウンターに置かれた。

 まずは茶褐色の花弁から…。湿り気を帯びた歓喜の吐息が口から洩れた。濃いのに上品。脂のノリも乱れ気味なのにどこか清楚。チャーシューメンが食べたくなった。

 一通り野菜を味わう。サラダを食べている感覚。ようやく麺を見えてきたところで、辛みそやマヨも一気にぐちゃぐちゃ。啜り込む。…。エロさが増した。情熱と羞恥、官能と放天、背徳と甘美。ジャンクなのに芯が通っている。

 2玉、凄まじい。啜っても減らない。途中、O口氏に勧められ酢で味変。舌がキュっと引き締まり、リフレッシュな味わいに。

 気合で啜り切った。カウンター越しの厨房はすべて女性。コチラ(カウンター)側はすべて中年男性。

 カウンターという盤を挟んだ、オンナとオトコの竜王戦ならぬ龍王戦。圧倒的な旨さと迫力の前に、私はなすすべもなく投了。

 1年後か数年後か、もし再び挑戦権が与えられるなら、味噌ラーメン大盛にチャーシューとコーンをトッピングという戦法でいく。いや、大盛でなく、特盛か。

240229多治見中華@.jpg

大人気店。

240229多治見中華A.jpg

芳醇の熱帯。

posted by machi at 08:42| Comment(0) | 岐阜県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月19日

第3358夜:屋内キャンプ【多治見(岐阜)】

 キャンプ。アウトドアに興味なく、ビアガーデンよりビアホール、屋外バーベキューよりも屋内焼肉な陰キャの私だが、キャンプの雰囲気を味わってみたいときはある。

 ただし、暑い夏も寒い冬も、中途半端な春や秋もご遠慮申し上げる。室内でキャンプ気分を味わえたら、それに勝るものはない。

 たじみDMOpresents「アヅマ祭り」シーズンV(全3回)2回目の夜。ほぼ2時間ソロコンサート状態ゆえノドがカラッカラ。車で分譲しながら向かった先は<8 CANP>。飲食店が集積した建物の2階に10名でキャンプイン。

 店内が何となくアウトドアである。キャンプな雰囲気である。屋号がそれを体現している。照明はランタン風、イスは折り畳みレジャー風、壁紙は丸太小屋風。灼熱の夜、涼しい店内でキャンプ気分を味わえる。グランピングより素晴らしいでないか。

 車の御仁もいるのでソフトドリンクが10名中6名。呑み放題は無理で単品注文かと思いきや、嬉しく予想を覆してきた。ノンアルを含むソフトドリンク呑み放題と、ソフトドリンクを含むアルコール呑み放題が混ざっても構わないという。

 呑み放題は赤色の凄まじく丈夫な紙のリストバンドを装着。ドリンクは生ビール以外セルフサービスである。

 全員揃ったので乾杯。生が吸い込まれていく。ハイボールはセルフ故、ウィスキーたっぷりの濃い目が旨い。氷の入ったクーラーボックスがキャンプっぽい。

 料理メニューも豊富そうだが、1人2000円程度でおまかせに。最初はかぼちゃチップス。これには驚かされた。塩加減と甘みが絶妙で止まらない。

 キャンプ料理では決して味わえそうにない凝った小鉢が4皿。なかでもクリームチーズいぶりがっこが精妙。香ばしさとマイルドが同棲している。

 談笑しながらハイボールを自分で作る。10人の中では私がぶっちぎり最年長。若手どもに私のハイボールを造らせてもよいが、自分自身でDIY。アウトドア精神と言えないこともない。

 目玉焼とベーコン、ピザ、ポテトフライ…。皿のボリュームが上がってきた。テンションもその動きに同機する。

 最後の真打として登場したのが、私が料理に加えてと店のママさんにお願いした「トンテキ」。圧倒的ボリュームである。ソース味がジャンク感を高めている。キャンプ料理っぽくもあり、豪快はビアホール料理でもある。ハイボールのピッチが加速する。

 アッという間に呑み放題時間終了。お会計も思った以上に安かった。私にとっては不便な屋外より数倍魅力的な、室内で味わえる無双の屋内キャンプである。

240219多治見C.jpg

ヒラクビルにてアヅマ祭。

240219多治見D.jpg

屋内キャンプ場。

240219多治見E.jpg

呑み放題の証。

240219多治見F.jpg

呑み放題コーナー。

240219多治見G.jpg

屋外キャンプでなかなか呑めない生ビール。

240219多治見H.jpg

これ、絶品でハマりました。

240219多治見I.jpg

目玉焼きが好き。

240219多治見J.jpg

絶対にハズせない。

240219多治見K.jpg

ボリュームも満点。

240219多治見L.jpg

岐阜県名物?トンテキにもハマりました。

posted by machi at 07:35| Comment(0) | 岐阜県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2024年02月17日

第3357夜:鰻が取り持つ連携プレイ【多治見(岐阜)】

 役割分担。組織上社会生活を営む上で欠かせぬ要素である。会社のプロジェクト、集団キャンプ、家庭内…。役割分担がビシっとキマり機能すれば、モノゴトは何倍、何百倍にも効果は跳ね上がる。

 土用の丑から4日後の正午過ぎ。名古屋から多治見に向かう普通列車内。メッセンジャーアプリ「たじみDMO」グループにDMOのO口社長から連絡が入った。午前の用務が早く終了したため、鰻メシに参加できるという趣旨だった。

 12泊13日の5日目。前夜は北九州門司駅前で絶品焼肉と豆腐チゲをたっぷり吸収。しかし、タフな炎夏の移動を乗り切るには鰻は外せない。

 O口社長が参加できぬ代わりに側近・M井氏が私の鰻メシに付き合ってくれる役割だった。ペアが、トリオに。真に結構なことである。

 彼らが選んだ店は多治見最強の人気店<うな千>。私は多治見と御縁を頂き3シーズン目。シーズンごとに必ず1度は足を運ぶ。ただし超絶人気のため行列必死。鰻料理はすぐに出てこない。出てきたら逆に不信。

 炎天下、外で並ぶのは避けたい。ようやく入ってもかなり待たされるのも少々辛い。香物や骨煎餅などをツマミにビールや酒をヤレるなら待つのも一興だが、ひたすらPC猿打せねばならず、夜は多治見の夏のアヅマ祭り(2023年度は全3回)ゆえ、酒は御法度。

 多治見駅到着30分ほど前からO口社長、M井側用人と私のチャットが始まった。2人で驛まで来て私を拾うのでなく、社長が店に行って並び、側用人は私を拾って店に向かうという。

 見事な段取りである。これぞ、役割分担の見本である。私は店に着く頃、ちょうど入れるかもしれない。炎天下で殺人光線を浴びずに済むかもしれない。

 社長から再度連絡が。思ったよりも行列が少なく、店に入れてしまったという。私はまだ列車内。到着まで10分以上ある。

 独りで席に着いた社長はただ待つことなど許されるはずもなく、鰻丼の「上」で良いかと、眠たいことを尋ねてきた。私はすかさず「特上」と返信。

 そんなことをしているうちに、多治見駅到着。M井氏が改札前まで迎えに来てくれていた。そのまま車で<うな千>へ。並ばずに入れるという奇跡を噛みしめていると、奥の座敷で社長が一人でスタンバっていた。

 熱いお茶を飲みながらアヅマ祭りの打合せをしていると、ブツ降臨。蓋を開ける。極上が5切れも積み重なっている。店内に入って5分ほどでなかろうか。出来立てが踊っている。

 吸物で心を落ち着かせ、山椒パラリ。まずは一切れ齧る…。パリパリでジューシー。濃い目のタレが脂の旨味を受け止める。やはり、いつ食べても本当に旨い。ご飯も普通盛りらしいが、鰻に負けずミッシリである。

 鰻をよける場所がない。さらにご飯の中から2切。さすが特上。どこを食べても鰻がこんにちは。ゴールドラッシュ状態が尽きることなくフィーバータイムが続く。。

 速攻で食べ終えて彼らの拠点・ヒラクビルの<喫茶わに>へ。絶品うなぎの後の熱く香ばしい珈琲の旨さ、昼うなぎから珈琲の連携は、美濃屈指の天下布武である。

240217多治見@.jpg

店頭に行列がない奇跡。

240217多治見A.jpg

天国。

240217多治見B.jpg

楽園。

posted by machi at 09:56| Comment(0) | 岐阜県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする