2024年06月28日

第3444夜:春日部駅西口の流儀【春日部(埼玉)】

 春日部駅西口商店会連合会。2019年から3年間、春日部駅「東口」商店会連合会(NEXT商店街プロジェクト)の皆さまには超絶にお世話になってきた。ミッションとして直接御縁が無くなった2022年以降も継続して良くして頂いている。

 「西口」は飲食店が軒を連ね、我が定宿も西口。西口にはこれまで何度も吞み、寝泊まりしているが、西口商店会の事業者とはこれまで御縁が無かった。

 ある秋の夜。春日部市商店街連合会の正副会長会議に参加させて頂く機会があった。終了後、春商連(はるしょうれん)副会長であり、春日部駅西口商店会連合会Y崎会長が車で我が西口の定宿まで送って下さるという。会長のご自宅と我が定宿は目と鼻の先らしい。

 送って頂く。確かに近い。ちなみに我が定宿、西口商連に加盟したという。ますます我が定宿が好きになる。

 会長から呑みに誘って頂いた。どこかで呑もうと考えていたので渡りに船。喜び勇んで犬のように付いていく。向かった先は焼鳥屋。80席あるらしいが、2人が入れないほど満席。ひっかりなしにお客が訪れ、外で待っている。どれだけの人気店なのか。

 この店を諦め、会長はすぐ近くの串カツ&おでん居酒屋へ。ここもびっしりだが、カウンターをかろうじて確保。商工会議所T村氏も合流。生ビールが売切らしく、瓶ビールで乾杯。

 おでん盛合せ、串カツ盛合せ、ポテサラ、もつ煮込などを肴に私はホッピー黒を数杯。

 西口では数え切れぬほどこれまで呑んだが、西口のドンとご一緒できるとは光栄の極み。様々は話を聞かせて頂く。東口も凄いが、西口も凄い。これまでと違った夜になった。

 お開きとなり、歩いてすぐの定宿へ。荷物を解き、コンビニに向かう際、定宿から市役所へ向かう途中にラーメン店が新規オープンしていることを思い出した。

 鶏鬼と書いて<TRICKY>。鶏白湯系か。時間は22時だが、まだ電気がついている。入ってみると、感じの良いマスターが笑顔で迎えて下さった。

 券売機と対峙。左上の定番が「鶏ポタラーメン」。鶏ポタつけ麺、淡麗鶏そば、鶏二郎とあったが、ここは定番で。トッピングは普段ならチャーシューだが「鶏ワンタン」が気になった。3150円。ワンタンも大好物ゆえ、このコンビで決めた。

 店内のTVは戦後の金閣寺放火魔の特集ドキュメンタリー。始まったばかりらしく、夢中で観ていたらブツ降臨。レモンが添えられていた。味変アイテムという。

 スープはさらりなのに濃厚。まさに「鶏ポタ」の名に相応しい。麺は細めのストレート。スープに合う。ワンタンは豚とは違う鳥の旨味が溢れた。

 レモンをきゅっと絞る。全く異なる味になった。超絶にさっぱりスープに。これほどの味変は驚愕である。

 金閣寺放火魔の真相が近づいてきた。続きが気になる。券売機に向かい、予定していなかったハイボールのボタンを押した。

240628春日部駅西口@.jpg

ホッピー最高。

240628春日部駅西口A.jpg

ポテサラにソースを掛ける習慣は治らない。

240628春日部駅西口B.jpg

関西風の揚げたて。

240628春日部駅西口C.jpg

見事な当て字。

240628春日部駅西口D.jpg

学生を応援する店にハズレなし。

240628春日部駅西口E.jpg

レモンは最強クラスの味変アイテム。

240628春日部駅西口F.jpg

西口商店会の情報も常備。

posted by machi at 07:07| Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: