2022年12月07日

第3057夜:ホテル戦争の流儀【春日部(埼玉)】

 Sーパーホテル春日部。2022年4月に春日部駅東口にオープンした新たなランドマークである。オープン後4カ月ずっと満室続きという夏の夜、ホテルと様々なコラボを展開する東商連(春日部駅東口商店会連合会)様のご配慮で宿泊可能に。

 これまで西口の<ホテルカスカベ>が我が定宿だった。春日部でココ以外に泊るのは初めて。不思議な感覚である。今秋には西口に私が年間最も利用するホテルチェーン(T横イン)が屹立予定。春日部ホテル戦争が勃発している。

 初のスーパーなホテルに宿泊する当日の午後。私は栃木県下野市に居た。石橋商工会で打合せ後、石橋駅前をフィールドワーク。空き店舗調査である。

 余談だが、この数年、空き店舗マップ専門の「一人Zンリン」状態が続いている。石橋調査終了後、市役所の方々に自治医大エリアと小金井エリアを車窓案内して頂く。

 ミッション終了。小金井駅から久喜駅へ。東武に乗り換えて春日部へ。まだ多少明るい時間に降りる。2019年から3年間通ってきた懐かしさがこみ上げる。

 東口から驚くほど近い。私はSーパーホテルに関しては年に1,2度利用するかどうか。春日部店の驚きは、ウェルカムドリンク。カクテルやハイボールまである。

 部屋で荷を解き、大浴場でドボドボの汗を流したかったが、時間なし。すぐホテルを出て歩いて1分ほどの春日部最強のチャイニーズレストラン<けいらく>へ。これほど宿から近いとは。

 貸切だった。休みなのに特別に開けて下さった。店内には春日部のラスボス・東商連O川会長が鎮座。ご挨拶し、私も会長と一緒に生ビール。そして、いつの間にか同世代若手が10名ほど集結。2021年度まで3年間お世話になった春日部NEXT商店街プロジェクトの懇親会である。

 半年前の最終回はコロナで制限かかり打ち上げできなかった。近況を聞かせて頂く。皆さま、変わらぬ大活躍ぶり。O川会長、G一先生、飯Yリーダーはじめ皆さまに心から多謝。

 超絶ハッピーにハイボール鯨飲。クリームチーズ醤油漬と魔性の無限ループ。2軒目はK子氏&飯Y氏と久々に西口定宿隣のラウンジへ。途中からあんまり記憶なし。

 翌朝。壮絶な胃もたれ。かなり呑んだが、そんなに喰ったっけか…。ダストボックスが荒れている。枕元には身に覚え無き『こち亀』が。

 嫌な予感がしてスマホの画像を見る。まぜめんを喰っていた。チーズ量2.5倍というトルティーヤも。財布にはR−ソンのレシートが。ホテルからすぐ近くにそういえばあった。

 珈琲飲みに朝食会場へ。満席である。9割が女性で、カップルや子連れの家族多し。ドゲン系作業着など一人もいない。空腹感ゼロだが、せっかくなので物色。

 Sーパーホテルの朝食は無料だが充実。おかずをいろいろ取り、それに合わせてライス2杯。大満腹。春日部駅8番ホームの立ち食い朝ラーメン計画が破綻した。

221207春日部@.jpg
駅東口の新たなランドマーク。

221207春日部A.jpg
ウェルカム。

221207春日部B.jpg
大充実。

221207春日部C.jpg
ありがとうございました。

221207春日部D.jpg
駅西口のラウンジにて。

221207春日部E.jpg
記憶なし・その1。

221207春日部F.jpg
記憶なし・その2。

221207春日部G.jpg
無料朝食バイキング。
posted by machi at 11:07| Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: