2022年05月23日

第2934夜:VIEERAで昼メシ【小倉(北九州)】(その2)

◎パンチョ(2021年9月■日):ミートソース(スパゲティ)目玉焼きメガ

 台風が北九州を直撃した翌日の正午。土曜でも店内中々の賑わい。先日はナポリタン目玉焼きのメガ。今回はミートソースの目玉焼きトッピングのメガ。

 「ナポリタンとミートソースだけあればいい」
 「ソースが少ないミートソースは許さない!」

 店内ポスターやメニューに踊る荒ぶるキャッチに深く首肯しながら前夜呑み過ぎ(ステイホテル晩酌)からの水がぶ飲み。

 ブツ降臨。ド迫力。粉チーズたっぷり、紙エプロンも装着。一心不乱に食べ進める。これまでナポだけでミートは初めて。

 ワタクシ、ミートの方が好きと自覚した。メガでも飽きずに完食できる。この日は「8の日」ゆえ、次回使えるトッピング無料券を頂けた。

 トッピングの有効期限は9月30日まで。12日しかない。その救済策なのか、10枚集めれば一皿無料、30枚でロゴ入りタオル、50枚でTシャツ。

 8の付く日は月に3度。月3回通うとして50枚集めようとしたら1年4カ月。私はしかも神戸市民ゆえ、ハードルはさらに上がる。これから8の付く日限定で北九州への出張を画策する。

220523パンチョ@.jpg
私のとって西日本最高級の絶景。

220523パンチョA.jpg
ミートのメガ。目玉焼トッピング。

◎簾(10月*日):河豚カツレツセット

 VIEERAでは『フジヤマ55』『パンチョ』が我が2強ゆえ、全店制覇を意気込むも他の店を選択する心の余裕が欠けている。しかし、この日は定食気分だった。

 奥まった場所の<簾>は恐らくビエラ初進出。お隣の下関が拠点らしいが何故か思いっきり牛タン押し。牛タンといえば、仙台。牛タンが凄まじく高騰しているニュースを目にする。

 メニュー及び注文はすべてタッチパネル方式。ランチ限定メニューはどれも1000円は軽く超す。1,200〜2,500円の間。牛タンと刺身のセットもあった。牛タンはともかく刺身が盛合せになると、どうしても口に入れられない苦手なネタがある。

 タッチパネルをいじっていると、多分唯一の1000円以下セットメニュー発見。「河豚カツレツセット」。私だけでなく、恐らく山口県民以外は下関といえば「ふぐ(河豚)」ではないか。

 好ましい。しかも一番安い。不思議な世界観に首を傾げつつパネルを操作。本場下関ゆえ、ふぐも安いのか。

 セット降臨。ライス、味噌汁、サラダ、漬物、そして大き目の河豚カツが4切。

 丁寧な仕上がりである。薬味が妙に充実している。塩、胡麻、辛子、ソース、ポン酢おろし、そして粉チーズ。店員さんはいろいろな味でお試し下さいと丁寧なご対応。ライスと味噌汁はお代わり無料らしく、タッチパネルの「注文履歴」から操作できるそうだ。

 中3日ぶりの北九州。久々の中華(王将)以外の昼メシ。まずは味噌汁。‥‥‥。旨い。しっかり出汁が効いている。味噌汁が旨い店は丼も定食もハズレなし。〔次夜その3〕

220523簾@.jpg
奥まったところに。
posted by machi at 07:10| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: