2022年05月22日

第2933夜:VIEERAで昼メシ【小倉(北九州)】(その1)

 VIEERA小倉。小倉駅構内の中2階ようなところにあった小倉駅ナカひまわりプラザがコロナ禍に半年以上リニューアルをかけて2021年7月に再オープンした物販&飲食ゾーンである。

 旧ひまわりプラザ時代、この飲食ゾーンに頻繁に足を運んだ。そのうち8割が<フジヤマ55>。後はラーメン店や餃子店で、半数以上は未踏だった。

 毎月どころか毎週のように、コロナ禍でも隔週で小倉駅を利用している私にとって、昼メシの選択肢が増えることは大歓迎。

 リニューアル後、継続店と新規参入店が入り混じる。新規参入組の中でもスパゲティ専門店<パンチョ>は以前から都内で愛用していたので、私にとっては超弩級の衝撃。記念すべきリニューアル後の一発目は<パンチョ>直行。目玉焼きナポリタンのメガ(600g)を思う存分満喫。

 食べながら、私は決意した。生まれ変わったVIEERAの飲食ゾーンを制覇することを。

◎フジヤマ55(2021年8月〇日):小倉二郎(ラーメン)+麺大盛・小ライス・生卵

 つけ麺が圧倒的メインだが、私は濃厚魚介豚骨ラーメンがお気に入り。券売機と対峙したら、そのボタンがない。ラーメンはこれと二郎系の2種だったが、二郎系一択に。切なさがこみ上げる。

 カウンターに着座。カレー粉が卓上から消えているかわりに、醤油が。小ライスと生卵1ヶは終日無料、ランチタイムは麺大盛無料という嬉しいサービスは健在である。

 久々のフジヤマ二郎、怒涛のイッキ喰い。5分で完食。生卵に醤油を垂らし、ライスにぶっかける。ミッションを控えていたのでニンニクは控えめに。次回は思う存分ニンニクを投下予定。

 それから1ヶ月後。遅めの昼に濃厚魚介豚骨つけ麺大盛&トッピング全部のせ+小ライス・生卵)。1年ぶりの55つけ麺。ワタクシ、これからは汁よりコッチ寄りになりそうであります。

220522ヴィエラフジヤマ55@.jpg
地元民からも大人気。

220522ヴィエラフジヤマ55A.jpg
小倉二郎系。

220522ヴィエラフジヤマ55B.jpg
ド派手に行こうぜ!

◎吉蔵(2021年9月●日):カツカレー

 久留米系ラーメンのコチラにも何度か足を運んだことはあるものの、この数年はすっかりご無沙汰。味もあまり覚えていない。全店制覇を決意せねばスルーしていたが、久々にダイブ。

 券売機に対峙。ランチタイムはセットが豊富。シンプルで定番の久留米ラーメンにするっちゃねとボタンを押そうとした刹那、「カツカレー」が視界に。こんなメニューがあったのか。

 数量限定とある。私は期間限定、数量限定、先着××名というキラーワードに弱い。

 久留米ラーメン店で敢えてラーメンを外す蛮勇。まあ、以前啜ったことがあるので大した蛮勇でもない。チケットを渡すと店員さんはラーメンと思い込んでいたようで、麺の硬さを聞かれた。

 ブツ降臨。はっきりと旨そうである。小さめの皿にたっぷりも好感度高し。福神漬はないが卓上の紅生姜は入れ放題。

 カツ、熱々のサクサク。ルー、甘めだがかなり重層的。中華料理店のカレーは美味いという古今東西の真実が舌の上で広がる。これはハマり味。新たな地平が眼前に開けた。〔次夜その2〕

220522ヴィエラ吉蔵@.jpg
久留米系だそうな。

220522ヴィエラ吉蔵A.jpg
ハマり味。
posted by machi at 08:37| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: