2022年05月10日

第2925夜:新幹線改札内のVIPルーム【小倉(北九州)】

 新幹線ラウンジ。私が知る限り、山陽新幹線(博多〜新大阪)では小倉駅と博多駅しか存じ上げぬ何故なら、JR西日本ゴールド会員特典として利用できるラウンジがこの2駅しかないから。

 オミクロンが世界を席巻し、再び新幹線がガラ空きモードになった1月下旬。朝8時過ぎに会津若松駅を発ち、郡山で東北新幹線に乗り換える。車内で郡山名物という「クリームボックス」を珈琲で流し込む。

 大雪でかなり遅れて東京駅着。11時半の東海道新幹線に乗車。広島を超えたあたりで、駅弁を使うことに。郡山駅弁「麓山高原豚」。紐を引っ張る加熱式である。

 引っ張って5分。蓋を開ける。湯気が立ち上る。福島のブランド豚らしい。角煮、しぐれ煮、みそそぼろ、炙りベーコン、あぶり豚で白米を覆いつくしている。

 これは完全に酒の肴駅弁だった。味付けが濃い。一品がどれも見事な仕事っぷり。肉系駅弁は冷えるより温かい方が旨いことを改めて思い知らされていると、小倉に到着した。乗車前は大幅に到着遅れる見込みとアナウンスあったが、まさかの定刻到着。

 この夜の門司港ミッション開始は19時。お宿は旦過市場に近接する馬借の小倉第二の定宿(Cラウンパレス)。そこまで歩いてチェックインし、また駅に戻るのが面倒。

 改札出て、どこか駅近くの喫茶店でPCするか。すると新幹線改札内のラウンジが視界に。狂ったように新幹線移動な私はJRカードを確か1年ほど前にゴールドに切り替えていた。ラウンジが無料で使えることを思い出す。

 ちなみにこのカードはJRだが、厳密には「西日本」限定。使えるラウンジは小倉駅と博多駅のみ。私は博多駅を利用しない。

 その他の特典として、私が利用しない駅構内の店のわずかなカード割引。そして、新幹線車内販売でホット珈琲を買うと、サイズを無料でLに。ただし、カード年会費で元を取ろうと思えば、1年間で数百杯飲まねばならない。

 一度、静岡あたりで車内販売でコーヒーを買った。Lサイズにしてもらおうとしたら対応してくれない。このカードは「西日本」ゆえ、博多〜新大阪間限定のサービスだった。

 年会費の元を取らねばならない。VIPルームに突入‥‥‥。

 誰もいない。ソファー&テーブルが2セット。そして、パソコンデスクが一つだけ。飲み物もない。洗面台が隅っこに。ソファーテーブルに日経新聞が1部だけ無造作に置かれている。

 パソコンデスクにはコンセントが2ヶ。パソコンと資料を広げる。‥‥‥このデスクが超絶に快適。改札内のコンビニの珈琲飲みつつ90分間全集中。素晴らしい秘密基地を発見。究極のシェアオフィスである。

 門司港に向かおうとしたら人身事故で大幅なダイヤ乱れ。何とかミッション開始1分前に会場入り。早く北九州に着きすぎて危うく遅刻しそうになるマヌケっぷりである。

220510新幹線@.jpg
謎の郡山名物。知りませんでした。

220510新幹線A.jpg
東北新幹線車内。

220510新幹線B.jpg
東海道新幹線車内。

220510新幹線C.jpg
小倉駅新幹線改札内の隅にひっそりと。

220510新幹線E.jpg
ラウンジ@

220510新幹線D.jpg
ラウンジA

220510新幹線F.jpg
これまで壁側のテーブル席でPC猿打。
posted by machi at 08:36| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: