2021年10月26日

第2794夜:謎の杉並木を抜けて【日光・鹿沼(栃木)】

 日光杉並木。日光市の今市と鹿沼・宇都宮方面を結ぶ壮麗稀有なパワースポットである。電車(日光線・東武線)では味わえない。かといって歩いたり自転車という立地でもない。車で駆け抜けるとそのスケールに圧倒される。

 2020年度から日光とも御縁を頂くようになり、電車ではなくクライアント氏たちが宇都宮から車で乗せてもらえる際は、杉並木を通る。天下御免の世界遺産・日光東照宮ほどの知名度はないが、杉の本数だかなんだかは世界一という。

 7月下旬、割と混んでいるJR日光線で宇都宮から今市へ。車窓から杉並木が小さく見える。日光線、新幹線より混んでいる。

 杉並木を眺めながら、宇都宮駅で捕獲した駅弁「日光杉並木」をツマミに日光の地酒(日光誉)720mlをその2週間前に新幹線車内で帰神中に堪能したことを思い出す。

 日光市今市エリアでミッション終了後、県庁に戻られるS氏に途中の鹿沼まで送って頂く。

 S木氏は世界一の杉並木を抜けるかと思いきや、角度を変えた。その先には確かに杉並木らしい風景が広がっているものの、違和感がある。ナビにもはっきり映っていない。

 日光杉並木が「陽」なら、この謎の杉並木は「陰」。負のオーラが満ち溢れている。夏の盛りなのにもの寂しい。車もほとんど走っておらず、至る所で通行止め。

 この道はどこに出るのか。異世界に続いているのではなかろうか……。幾分の不安を抱えていると、見慣れたコンビニが。メイン道路に出たようである。

 S木氏に鹿沼商工会議所で下ろして頂き、M越氏と合流。まだ日も明るい18時頃から<パブリックハウス 六本木>へ一直線。

 こんな早い時間の六本木入りは初めてだが、一切陽光が入らないのでいつ来ても安定した怪しくも落ち着く暗さ。今や私にとってこの店は「帰ってきた」感すら濃厚である。

 M越氏と4時間近く話し込みながらマスター絶品のアテと生ビールをグイグイ。鰹のたたき、一覧するだけで鮮度の良さと旨さが視界から伝わってくる。「鰹にはこれ」と旨し地酒をサービスして下さる。この店もある意味で「異世界居酒屋」(未読コミック)。

 ママ降臨。この店に足を運ぶたびにママがボトル(角瓶)をサービス。気づけばあっという間に22時。

 この夜の宿は小山。鹿沼から小山まで宇都宮経由で1時間ほどかかるが、この店(六本木)から鹿沼駅までは歩いて20分以上かかる。タクシーがすぐ手配できない。

 ママが鹿沼駅まで送って下さり、終電を2本乗り継いで小山に23時半ごろ着。宇都宮終点は深夜1時を回っても電車あれど、宇都宮から東京(小山)方面は10時台が最終である。

 この日は杉並木を電車から眺めながら日光へ。日光から謎のもう一つの杉並木を潜り抜けて六本木へ。何となく語感が似ている杉並木と六本木。どちらも私にとってはかけがえのない栃木名物である。

211026今市鹿沼@.jpg
今市エリアの新たなシンボル。

211026今市鹿沼A.jpg
もう一つの杉並木。

211026今市鹿沼B.jpg
鹿沼の鹿鳴館<六本木>にて。
posted by machi at 07:27| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: