2021年10月17日

第2788夜:1杯10,740円のシウマイラーメン【鹿沼(栃木)】

 シウマイラーメン。シウマイの街として日本中の話題をこれから独占する栃木県鹿沼市<ラーメン山いち>さんの新メニュー(たぶん)である。お値段は740円とリーズナブルである。

 夏の盛りの正午過ぎ。JR鹿沼駅到着後、盟友・Ⅿ越氏と合流して麺ドライブ。向かった先は<山いち>さん。タフなボクサーのごとく奇跡(必然)のカムバックを果たし約1ヶ月ぶり(たぶん)営業を再開された。店内は再開を待ち望んでいたお客で大賑わい。満席ゆえ外で少し待つ。

 メニューが豊富で新商品も続々世に送り出す山いちさん。何を啜ろうか……。シウマイの街・鹿沼を牽引すべく「シウマイラーメン」のPOPが。これしかない。

 ワンタンも追加トッピング(3ヶ160円)。シウマイとワンタン。ラーメンという小宇宙で織りなされる中華点心の宴。醤油、塩、味噌の中から味噌(プラス100円)を選択。鹿沼孤高の味噌職人・K渕氏の味噌である。

 K渕氏とはその9か月前、鬼怒川温泉の豪華ホテルで同部屋だった。私は掛け布団を掛けずに寝るクセがある。K渕氏は何度も私にふとんを掛けて下さったそうだがその都度間髪入れずふとんを蹴っていた(らしい)。もう二度と私の隣で寝ないと誓われたと人づてに話をお聞きした。

 ふと店内を見渡した。……。店内POPに衝撃のラーメンが紹介されていた。「修(シウ)ちゃんシウマイラーメン」。お値段、何と10,740円!思わず目を剥いた。

 修ちゃんとは、鹿沼出身のプロボクサー・Y野修一郎選手。吉N選手を全力応援している山いちさんでは、Y野選手の世界戦挑戦を応援すべくトランクスワッペン募金を募集しており(目標20万円)、10,740円のうち10,000円は募金になるという。

 ……。4分ほど迷った。蛮勇を振り絞り、人生最初で恐らく、間違いなく最後となる1万円越えラーメンにチェンジを決意。少し声が震えていたかもしれない。樫渕味噌味に確変し、ワンタンも追加していたので合計11,000円のシウマイ&ワンタン味噌ラーメンである。

 待つ間、これまで体験したことのないテンションが襲ってきた。私はこれから、1万円を超えるラーメンを啜る。その非日常、非現実性に武道館でフルボッコされたポンコツボクサー、または延長15ラウンド(古い)を戦い抜いてEイドリアンと叫ぶイタリアの種馬の気分に。

 ブツ降臨。値段だけでいえば世界戦である。まずは味噌スープ……。深い、どこまでも深い旨味がジャブを放ってくる。麺は喉と舌へ猛烈なストレート。シウマイとワンタンが織りなす左右のアッパーに歓喜のノックアウトである。当たり前だが汁1滴残せなかった。

 その後の鹿沼ミッション(創業サロン)、60分の予定が150分という長期戦に。11,000円ラーメンのご利益か、会心の一撃を放つことができた。

 それから2、3週間後、Y野選手から私のSNSに直接御礼のメッセージが届いた。感激である。Y野選手の更なるご活躍、日本のどこかから全力応援である。

211017鹿沼山いち@.jpg
目を剥いた。

211017鹿沼山いちA.jpg
1滴も残せない。

211017鹿沼山いちB.jpg
全力応援。

211017鹿沼山いちC.jpg
その後も絶好調。

(付記)
それから3か月後、<山いち>女将さんから吉野選手の写真入り地酒を頂いた。多謝。

211017鹿沼山いちD.jpg
posted by machi at 10:09| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: