2021年10月11日

第2786夜:やらまいか【浜松(静岡)】

 やらまいか。静岡県浜松市エリアの方言で「とにかくやってみよう」「やろうじゃないか」を意味する(らしい)。浜松市は「やらまいかスピリッツの街」を標語にしているという。

 実にポジティブで前向きな方言である。加齢とともに「やらまいかスピリッツ」が日々減退している私には耳に痛い言葉でもあり、気合を入れ直してもらえるパワーワードでもある。

 梅雨真っただ中の7月中旬の夜。浜松駅前で1時間だけ喉を潤してから駅前のクールでスタイリッシュなビジネスホテルにチェックイン。荷を解いてから歓楽街(田町)へ向かう。

 コロナ禍以降から浜松(舘山寺)と御縁を頂くようになり、何回か浜松で呑んだ。そのほとんどが駅構内。田町という繁華街へは初めて味を運ぶ。なかなかの充実度。さすが昔は家康公の、今は大企業(Sズキ・Yマハなど)の城下町である。

 <じねん>という割烹居酒屋の暖簾をくぐる。カウンターには高校同級生で浜松在住のC氏が。氏と数年ぶりのサシ呑みである。C氏は20時に予約入れてくれていた。緊急事態やまん延防止以降、20時に店を予約という今までの当たり前な行動が最早新鮮である。

 しっとりとした雰囲気の店。カウンターの紳士淑女は皆さま上品な雰囲気。我らアラフィフオヤジ2人も静かに生で乾杯する。

 生の後は浜松の地酒を3種類。それ以外に「女泣かせ」という演歌風の艶っぽい酒も。エシャロット、鰹刺身、焼竹輪、鯛粗炊やステーキなどに舌鼓。

 C氏と呑むと、高校時代の話はあまりせず「今」の話で弾むから心地よい。

 23時から全世界リモート会議に参加するという多国籍企業勤務のC氏と別れ、駅前ホテルに戻る。22時半にもなっていなかったのでホテル正面の居酒屋に飛び込む。店内は若いサラリーマンやカップルでなかなかの賑わい。一軒目とは異空間である。

 ツマミに浜松餃子と名物らしいホルモン炒め。酒は、ホッピー。注文すると、ホッピーが来る前に乾杯の注意書きを読んでおくように店員さんから言われた。

 一人ゆえ乾杯する相手もいない。注意書きを読む行為の意味も訳も分からない。読まずに軽くスルーしていたら、ホッピーが運ばれてきた。

 何故か女性店員さんはグラスを置いた後も動かない。そして、いきなりとんでもないことを言い出した。

 「私が『やらまいか!』と叫んだら‘大きな声’で『おいしょお!!』と叫んで下さい」

 えっ?はぁっ…?。何そのローカルルール……?。チョッ、おまっ!

 店員さん「やらまいかぁ!」
 アヅマ「お、お、おいしょぉ〜……」

 これが注意書きの内容なのか。消え入るような声で語尾が震えた。壮絶に恥ずかしい。

 「やらまいか」の意味は後日知った。「おいしょお!」は推測つけどいまだに分からない。私には「やらまいか!おいしょお!」スピリットを醸造できないようである。

211011浜松@.jpg
風流。

211011浜松A.jpg
鮮烈。

211011浜松B.jpg
奇策。

211011浜松C.jpg
王道。

211011浜松D.jpg
典雅。

211011浜松E.jpg
旧友。

211011浜松F.jpg
溺愛。

211011浜松H.jpg
名物。

211011浜松I.jpg
錯乱。

211011浜松G.jpg
恐怖。
posted by machi at 04:10| Comment(0) | 静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: