2021年09月09日

第2768夜:戒厳令下の4泊5日【北九州(福岡)】(後編)

【3泊目】

 3日目もステイホテル晩酌。ちなみに、酒を普通に提供している飲食店は凄まじく流行っていた。闇営業でもなんでもなく、白昼堂々。

 この夜のメインは旦過市場<くろせ>の閉店間際特売総菜。抜群に旨い。冷え冷え発泡酒が進む。フォアローゼスを痛飲する。

210909北九州F.jpg
買物の愉悦。

【4泊目】

 3日間お世話になった小倉の定宿をチェックアウトし、若松へ。途中、戸畑で途中下車。イ●ン2階の大容量ビジネスリュック捕獲現場から歩いて30歩ゾーンにて、謎のマスクイン機能付き激ダサパーカーを2200円で捕獲。

 このイオ●の2階紳士服売場、デザイン性はともかく3L〜5Lサイズが異様に充実していて重宝。4泊5日の中、2日もイ●ン戸畑で買物している。

 なぜ捕獲したのか、戒厳令中の若松ではU島氏のお店(八百屋)店内でサシ呑みする。彼の店のエアコンの効きっぷりが半端ないから。私はデブの寒がりという業を背負っている。

 若松の麺友・U島氏と九州唯一の<山岡家>で気合の醤油ネギチャーシューメン大盛+煮卵。エナジーフル充電後、若松ミッション(創業支援と空き店舗対策のコラボ)。ある意味で爽快なほどすべて緊急事態宣言中に計3回開催。

 どうなることやらと不安もあったが、予断許さぬも大団円な気配充満。若松商店街の底力、北九州商工会議所の半端ない献身っぷり、北九州市役所の全面協力に心の底から驚愕と感謝。

 ミッション無事終了後、U島氏の店舗(八百屋)でテイクアウト焼鳥や彼の手料理(ヤリイカ焼・蜆汁)などでサシ鯨飲。最後は泥酔で若松の定宿へ。

210909北九州H.jpg
若戸大橋を渡って。

210909北九州G.jpg
エアコン対策の激ダサパーカー。マスクポケット付き。

210909北九州I.jpg
九州唯一の<山岡家>(たぶん)。

210909北九州J.jpg
器用な男。

210909北九州K.jpg
みなと祭り。

210909北九州L.jpg
神戸から持参。伍魚福祭り。

210909北九州M.jpg
旨すぎ。

【帰路に着く5日目・戒厳令解除前日】

 北九州はド快晴。ホテルの部屋から見える若戸大橋も煌めている。翌日の戒厳令解除をお天道様も祝福している。そして、帰路に4泊5日のうち3回目となった<イ●ン戸畑>へ。

 1階のスーパーでご当地系カップ麺9ヶ、鶏たたき、中華ドラゴンの総菜をたっぷり捕獲。今夜も自宅晩酌の肴と、ステイホーム用の備蓄食。どうせステイホームなら、ご当地カップ麺で少しでも旅先気分を味わいたいものである。

210909北九州N.jpg
これ、大好物。

210909北九州O.jpg
自宅で九州気分満喫予定。

【戒厳令が解除されてから5日後】

 スマホに着信があった。093から始まる市外局番。北九州市内だろうが、登録していない番号。

 ……。戸畑警察署だった。名刺入れが届いているという。

 名刺入れには私の名刺が大量に入っているから私を持ち主と判断し、名刺に携帯番号を入れているので掛けてきて下さったのだろう。

 警察は、1点だけ疑問を感じていたようだった。それは、なぜ戸畑に落ちていたのか。私の名刺には北九州の痕跡はない。

 4泊5日のうち、3日も戸畑に足を運んだのだから、そのうちのどこかで落としたのだろう。名刺にはこれから「(北)九州支店」の所在も記しておかねばならないようである。
posted by machi at 04:29| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: