2021年09月08日

第2767夜:戒厳令下の4泊5日【北九州(福岡)】(前編)

 大容量ビジネスリュック。最低でも30g以上の容量を誇る我が出張時の必須アイテムである。コロナ禍以降、何となくだがスーツケースをゴロゴロ引くことに引け目を感じてしまう。大容量ビジネスリュックの出番が増加している。

 私は2泊でも7泊でも荷物の量はあまり変わらない。リュックはいつもパンパンで悲鳴を上げている。大容量ビジネスバックはあまり実店舗で販売されておらず、ネットで買わざるおえない。カバン類は絶対に目で見て手にして確かめて買いたいのだが、止む負えぬ。

【1泊目】

 何度目が思い出せない福岡県の緊急事態宣言解除予定前日まで、私は4泊5日で北九州入りした(折尾→門司港→小倉→若松)。最初の3泊が小倉の、最後の1泊が若松の定宿である。

 神戸からミッション開始時間の3時間以上早く北九州へ。小倉で乗り換えて折尾へ移動中、ネットで6000円程度だった大容量ビジネスリュック、そのファスナーがついに修復不能なほど壊れてしまった。

 以前からずっと調子悪かったが、騙し騙し使っていた。限界点を突破してしまった。

 帰路ではない。4泊5日の始まりである。緊急事態である。

 両手で抱えつつ戸畑で緊急下車。駅前の<イ●ン>へ。アウトドア系リュックしか大容量が思い浮かばぬ。…。売っていなかった。

 ビジネスバッグコーナーへ。一般のビジネスバッグでは荷物を収容しきれない。入りそうなリュックは……。1つだけあった。しかし、ぶっ壊れリュックの一回り小さく見える。値段は税込約7500円。試しにパッキングすることはできない。しかし、選択肢は他にない。

 一か八か。購入。値札などをすべて外し、すかさずベンチに移動。荷物を詰め替える。

 ……。ぴったり収まる。ポケットも多く収容能力にまだ余裕あり。前より使いやすく、値段も変わらない。このリュック、全く同じサイズと型を複数購入を決意。我が一生を伴走して頂くために。

 快適な気分で折尾へ。駅前にキッチンカーが2台出現。今年度着手し、10年計画となりそうな折尾ミッションを商連の皆さまと喧々諤々。

 帰路に戸畑で途中下車。大容量リュックを買った下のフロアで総菜と酒を買い込む。酒は「天心」の新商品。ホテルに戻ってシャワーを浴び、ニュースを観ながらステイホテル晩酌。GW前に自宅のTVがぶっ壊れて以来、じっくりとTVニュースを鑑賞する。

210908北九州@.jpg
折尾駅前(北口)にキッチンカー出現。

210908北九州A.jpg
1泊目のステイホテル晩酌。

210908北九州B.jpg
天心。

【2泊目】

 午前中、コンビニで資料スキャンついでに、コレット改めセントシティ地下のスーパーで総菜と酒を大量に買い込む。昼は昨晩喰い切らんかった中華総菜とライスを部屋で。

 午後から門司港へ。栄町周辺の呑み屋はシブい店が多い。現在門司港周辺では「G」が作戦進行中ゆえ、鉢合せして撃ち殺されんようにせねば。

 2日目の夜もステイホテル晩酌。初日はイ●ン。2日目はルミ●―ル。TVニュースはひたすら緊急事態宣言解除とまん延防止への移行を特集している。

 まん延防止中、19時アルコール提供終了なら、我が北九州でのライフスタイルでは(夜ミッションが9割以上)到底呑みになど行けぬ。まん延防止解除予定が待ち遠しい。
 
 関西でシゴトが全くなく、自宅滞在時は独りで呑みにも行かぬため、私は自宅のある兵庫県よりミッション先の他県が気になる。〔次夜後編〕

210908北九州C.jpg
レトロでクールな門司港駅。

210908北九州D.jpg
激シブな一角。

210908北九州F.jpg
2泊目のステイホテル晩酌。
posted by machi at 09:06| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: