2021年07月19日

第2728夜:知らぬ間に聖火リレー【会津若松(福島)】

 聖火リレー。福島県をスタートし日本全国をランナーが駆け抜ける、一生に一度拝見できるかどうか分からぬ一大パレードである(2021年3月26日時点では全国を走破予定)。

 2021年3月26日。緊急事態宣言は発令されていないものの慎重に慎重を重ねていた会津若松市に3カ月ぶりに足を運んだ。令和3年になり出禁状態がようやく解除された。

 郡山からバスで15時前に神明通り商店街着。途中、渋滞もなくスムーズ。バスもガラガラだ。

 バスを降りると、イベント会社のトラックが1台路上に停まっていた。スタッフパスを首から吊り下げた人が何人かちらほら。何かイベントを開催中なのか。

 商人館の入口に「神明deなぞとき」というチラシが貼られていた。3月26日から28日までの3日間で、時間は11時〜15時。このイベントだったのか。ちょうど終わった時間帯だった。

 イベントを見学できずほろ苦い気分で神明通りに隣接する定宿に荷物を入れ、商店街の奥まったところで調査や作業に勤しんでいた。

 18時過ぎに商店街の役員や市の職員が商人館に集結。皆さんスマホの画像で盛り上がっている。……。17時半ごろ、神明通りを聖火リレーのランナーが走っていたらしい。

 全然気づかなかった。一生に一度の体験を逃した。私は、神明通りの「ナゾ」を解けなかった。観覧自粛を呼び掛けていたからあまり人もいなかったのか。

 10人で商人館1階<ハジャイ>で懇親会。3カ月ぶりの絶品エスニック料理。戻り鰹の刺身、鮮度無敵。たっぷりニンニクを絡める。〆のチャーハンまで全力で駆け抜ける。

 黒生ビールが染み込む。4杯ほど空けた後は、越乃寒梅を独りで一升瓶の半分。さらに地酒を追加呑み。23時頃ホテルに戻り、落ちるように眠り込んだ。

 翌朝。チェックアウトぎりぎりまでPC猿打。シャワーを浴びるのを忘れるほどである。

 ホテルから駅へ向かう道すがらに<あいづ塩蔵2429>が奥まった異空間に屹立している。この地元食材を使ったcafé&パブの経営者が、まちづくりのミューズ・稲Ⅿ姐さん。

 姐さんにご挨拶し、珈琲をご馳走になる。聖火リレー、姐さんは手を振って応援していたそうだ。一生に一度を逃した悔しさが再度こみ上げる。

 料理などしないのでどう調理したらよく分からないが、会津若松産の葉物野菜や塩バター飴などお土産に購入。街なかからは聖火リレーの残り香は1gも残っていない。いつもの日常だ。

 姐さんに駅まで送って頂き、速攻で切符と駅弁とカップ酒買って11時8分の電車にギリギリ乗り込む。郡山で新幹線に乗り換えて、駅弁と地酒で独り慰労会。コロナ禍で激動だった我が2020年度のすべてのミッションが完遂したからだ。

 こんなご時世でもたっぷりと様々なご依頼を皆さまから賜り感謝の一念。コロナ呆けが治らずサボリ気分が全く抜けないままだけど。

210719会津若松@.jpg
さすがのイベント。

210719会津若松A.jpg
この状態から1時間半後に聖火リレーが通ったとは信じられぬ。

210719会津若松B.jpg
まずは黒生ビール。

210719会津若松C.jpg
鰹の刺身、大大大大大好き。

210719会津若松D.jpg
ほぼ私一人で呑みつくす。

210719会津若松E.jpg
〆まで全力フィニッシュ。

210719会津若松F.jpg
あいづ塩蔵。

210719会津若松G.jpg
レトロでクラシックな非日常空間。

210719会津若松H.jpg
激動の2020年度のシゴト納め。
posted by machi at 09:26| Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: