2021年07月10日

第2722夜:黙啜の向こう側【小山(栃木)】

 <一品香>。清涼と自信と不動を感じさせる屋号のラーメン店である。ただのラーメン店でない。小山商工会議所にほぼ隣接している、行列のできるラーメン店である。

 ある熱くも寒くもない最高クラスの快晴の正午すぎ、今やすっかり盟友となった小山商工会議所S氏とこの店へ向かう。向かうと言っても、会議所から徒歩20秒。決してわかり易い立地ではないが、広大な駐車場はほぼ満車。入口の前で行列ができている。

 至る所に注意表示がある。写真撮影禁止。マスク着用必須。「黙食」という過酷な2文字熟語が迫力満点である。最初に券売機でチケットを買う。並び方にも様々なルールがある。客への躾が厳しいお店のようである。

 普段の私なら「しゃぁーしー店だな(注:北九州弁)」と絶対を足を運ばないが、店から溢れるオーラが私を捉えて離さない。地元人100%の行列が店優位を決定づけている。実力があればどんなことも許される世界でもある。

 私はチャーシューメン950円を選択。20分ほど待ってカウンターへ。たまたまレジのすぐ隣の席で、焼豚などが別売されている。焼豚の切れ端とメンマで650円セット。まだ実食前だが絶対にハズレがないという確信が湧いた。帰りの新幹線晩酌用のツマミで購入。笑みが漏れる。

 行列は途切れることなし。「黙食」というよりも、客は一心不乱で夢中に啜っているから会話どころではないかもしれない。会話しても注意されないし、何となく楽し気な雰囲気も充満。

 ブツ降臨。比喩ではなく、瞳にハートマークが生まれた。美しい。

 条件反射でスマホを構えた。客やスタッフが写り込むような店内撮影は厳禁だが、商品のみの撮影は許されている。たまにすべてを禁止する店もあるが、この臨機応変さが実に好もしい。念のために店員さんに撮影の許可を得る。笑顔で「どうぞ!」。

 チャーシューが迫力満点。スープは透き通っている。麺は太い。佐野ラーメンに似ているが、店内のどこにも佐野と書かれていない。この店のオリジナルなのだろう。

 胡椒パラリ。……。まずはスープ。黙食ならぬ「黙啜」ルールを忘れ、思わず声を発した。「うまい!」。あっさりの深層にどこまでも深い旨味が溶け込んでいる。常食系の極北。毎日啜れる。

 麺はツルツルのモチモチ。スープとのカラミも抜群。メンマも太くて味わい深い。チャーシューは分厚く大きい。噛みしめるほどの味わいが深まる。私はチャーシューメンだが、さらにチャーシュー増しや増し増しもあるようだ。

 餃子は巨大。1ヶで満腹になるほど。S氏が5ヶ注文して下さり、私が3ヶも食べてしまう。 

 気づけば汁1滴残っていなかった。唖然呆然。先に席を立って外へ。行列はさらに伸びている。令和3年どころか、マイベストチャーシューメンに出会えたのかもしれない。

210710小山@.jpg
細やかなルール。

210710小山B.jpg
マスク必須。黙食の徹底。

210710小山A.jpg
写り込まない様に慎重に。

210710小山C.jpg
許可を頂いて撮影。最高の旨さ。

210710小山D.jpg
巨大。
posted by machi at 10:28| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: