2021年01月12日

第2604夜:カクテルの街【宇都宮(栃木)】

 カクテルの街(町)。こんなステキな街がヨーロッパではなく日本国内に存在する。東京?横浜?神戸?北九州?会津若松?宮古?沖縄?どれも大外れ。正解は……栃木県宇都宮市である。

 北関東屈指の大都市・宇都宮は「餃子の街」である。もう一つピンとこないが「プロスポーツの街」であるらしい。それ以上にピンとこなかった3つ目の顔が「カクテルの街」だった。

 餃子日本一の覇権を浜松と激しく競り合っていることは、私のような餃子偏愛まちづくり屋にとって基礎中の基礎知識。ちなみに京都市も日本屈指の餃子シティ。1000年の都は奥が深い。

 宇都宮駅改札内の日光線ホームへ向かうエスカレーターの壁面に「プロスポーツの街」「カクテルの街」と書かれている。国民誰もが認めているのか、自称なのかは分からない。たとえ自称でも「カクテルの街」というキャッチの魅力は褪せることなし。

 9月の一気に肌寒くなってきた夜。鹿沼ミッションを終え、22時半ごろ宇都宮へ。同行の若手エース・S木氏とバーで軽く一杯ヤることに。

 かなり呑み歩いているっぽい氏が向かった先は、北関東最大の歓楽街(たぶん)・泉町。呼び込みをかき分けながら<パイフのけむり>へ。マスターと息子さんで切盛りしているっぽい、創業40年を超える老舗バーである。

 壁面のゴルゴ巨大タペストリーに圧倒される。2代目(息子さん)が私の顔を見て「ゴルゴ?」と問いかけてきた。

 歴史を積み上げた風格がある。しかし重さ一辺倒でなく、どこかポップな雰囲気も醸し出している。

 私はバーではギネス、スコッチ、バーボンをヤることがほとんど。しかしここはカクテルの街。「ギムレット」を召還。2杯目はラフロイグの10年ではない見たことなき上物だ。

 バーに煙草はつきものだが、禁煙嫌煙の流れには抗えぬ。私は四半世紀「ラッキーストライク」。しかし最近、電子タバコに必死で慣れようと努力している。電子ならOKな場合があるからだ。

 パイプは吸ったことないが、パイプでなくても煙草のケムリは夜を彩る必須アイテムだったはず……。時の流れに身をまかせ♪ながら深夜1時半までS木氏と話し込む。

 緊急事態宣言中から、再度鯨統一郎先生の著作に改めてハマりだした。年間数冊も発刊する多作の鬼才。私は中でも鯨先生のバーミステリ―シリーズがお気に入り。

 大傑作の『邪馬台国はどこですか?』に代表される歴史の謎を解き明かす<スリーバレー>(バーの名前)。美貌の女子大生が中年オヤジトリオのマニアック極まりないサブカル蘊蓄に耳を傾けながら犯罪を暴く安楽椅子探偵ものの<森へ抜ける道>(バーの名前)。

 私も20〜30代前半まではバーに足しげく通った。最近は足が遠のいている。カクテルの街でバー巡りしながら夜の社会復帰を目指さねばならない。

210112宇都宮パイプのけむり.jpg
posted by machi at 08:23| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: