2021年01月07日

第2601夜:とちぎコーヒーフェスティバルinおやま【小山(栃木)】

 とちぎコーヒーフェスティバルinおやま。9月26日に小山駅西口エリア(まちの駅思季彩館・祇園通り)で開催されたイベントである。

 このイベントの存在を私が知ったのが前日(小山商工会議所S氏より)。少なくとも、コロナ禍以降「フェス」と称されるイベントは私にとって初である。

 フェス当日。私は15時半に5〜10分間のミッションのために宿泊先の宇都宮から小山入りする必要があった。電車で約30分。西口のイベントをついでに視察できる機会が訪れた。

 我がミッションの2時間前に小山入り。当日は天気予報では終日雨のはずだが、強烈な晴れ女が居られるようで見事にギリギリ保っている。

 小山市内だけでなく栃木県全域から珈琲をこだわり抜いた名店が複数出店。本格的な移動式ピザ釜やどら焼き専門店、カレー専門店などがひしめいている。珈琲店の前はどこも行列である。

 会場で商工会議所S氏や市役所H場氏とお会いし、S氏に香ばしい珈琲をご馳走になりながら談笑。途中、S氏にフェス実行委員長や栃木の地酒蔵元「若駒酒造」の女将さんをご紹介頂く。

 若駒酒造の蔵はドラマ『仁-JIN』のペニシリン工場のロケ地。仁は全世界で配信されているようで、アフリカからも観光客が蔵を訪れるという。

 この話をコロナ前に聴いていたら全くピンと来ていなかったが、外出自粛中に再放送ドラマを初めて鑑賞して激ハマリ。すかさずコミックを全巻揃えたほど。思わず身震いした。ぜひ見学してみた位。『仁』の世界に溺れたい。

 S氏にスィーツ系ピザをご馳走になる。そして、我が小山ミッションに多大なご協力を賜っているエスティラインのS藤先生とも遭遇。ついでにミッションの打合せをさせて頂く。

 S氏にミッション会場まで車で送って頂く。終了後、今度は市役所のW邊氏に再度まちの駅(思季彩館)まで送って頂く。今夜も宇都宮のホテルで晩酌。昨晩は日光セット。今夜は小山セット。店内を物色する。

 小山は地酒の蔵元が数多い。その中でも先ほどお会いした若駒酒造さんの純米吟醸酒「小山評定(720ml)」捕獲。そして小山市内の深川フーズファクトリーさん製造のポテチ。

 メインディッシュは……。<おとっぺ>の「あらびきソーセージ」である。私は宇都宮のホテルで独り小山フェスを決行予定である。

210107小山珈琲フェス@.jpg
コロナ禍で初めて私が視察したイベント。

210107小山珈琲フェスB.jpg
3密対策も万全。

210107小山珈琲フェスA.jpg
S氏とH場氏と。

210107小山珈琲フェスC.jpg
S藤先生と。

(付記)
宇都宮駅前ホテル部屋での独り小山フェスの顛末は前夜参照。
posted by machi at 10:28| Comment(0) | 栃木県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: