2020年11月24日

第2570夜:復興支援は焼酎で【黒崎(北九州)】

 <肴や>。「エルトン」のK奈ママが2020年3月というコロナ禍真っただ中に黒崎の歓楽街でオープンさせた小料理屋である。

 オープン当初はテイクアウト中心を余儀なくされたようだが、外出自粛も解除され、第2波に北九州市単独で襲われたがどうにか克服し(たぶん)、落ち着きを見せ始めた7月中旬。表参道新天街ミッション終了後、8人で乗り込んだ。私のリクエストである。

 生で乾杯。料理はお任せである。様々な絶品料理が運ばれてくる。何を喰っても旨し。さすがとしか言いようがない。酒は焼酎に切り替えることに。

 今年は地球上でコロナ禍が猛威を振るっている中世のペスト以来の大騒ぎだが、日本では数年前から梅雨時期は長雨による豪雨、秋は史上最大級の台風に被害に列島が襲われている。エリアの違いはあれど、毎年である。

 2020年の梅雨は九州(特に福岡県南部と熊本県)が悲惨な目に。熊本は数年前に大地震が、福岡県南部は3年前にも豪雨に襲われている。コロナとのダブルパンチである。

 黒崎の有志も物資支援等で現地で大活躍された。さすがである。その際のお話を聞かせて頂く。

 私は自分でいうのも何ですが、専門というか得意分野は「被災商業地域の復旧復興のお手伝い」である。ただし火災のような人災や今回のコロナのような特需もない目に見えない細菌戦は不得手。そもそも得意なヤツなどあまりいないだろうけど。

 豪雨被災地の状況を聞かせて頂きながら杯を呷っていると、入E氏が「焼酎で復興支援しよう」と言い出した。この店には豪雨被災地が蔵元の焼酎が何本か置いてあるという。

 まずは芋・麦・麦麹・米麹を原材料としたハイブリッドな「耳納」。福岡県朝倉市の蔵元である。これを一升瓶で。すでにクチアケされていたが、ほとんど残っていた。ママが女気を見せてたった●000円で提供して下さる。ほぼ原価じゃなかろうか。

 コロナ禍でボランティアの受入も困難を極め、復旧も進まない。毎年のような災害とコロナで報道も少ない。私のようなヨゴレ呑んだくれに出来ることは、焼酎を鯨飲し応援することだけ。

 あっという間に一升瓶が空いた。2本目は「源流の蔵」。球磨焼酎の一升瓶である。コロナ禍での水害など目も当てられないが、一日も早い新生を祈念しながら鯨飲。8人で店に入ったが、実質は6人でわずか2時間程度の間に一升瓶が2本。その間にビールなども喉に入れている。

 2軒目は当然のごとく<MICKEY>へ5人で。いつもは浜省のPVを流してもらうが、なぜかこの夜は80年代洋楽POPSモード。

 私が最も愛する洋楽アーティストはマドンナ様である。マテリアルガール♪やライク・ア・プレイヤー♪などテンションが最高潮になる。同行氏たちはトップガンやフットルースの主題歌に浸る。

 コロナ禍は別にすれば自然災害に異様に強い北九州市の凄みを痛感しながら、〆に何も啜らずに我が愛する定宿で泥酔爆睡した。

201124黒崎@.jpg
頼もしい皆さま。

201124黒崎A.jpg
被災地の焼酎。

201124黒崎B.jpg
夜も更けて。
posted by machi at 07:59| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: