2020年09月23日

第2527夜:録画days【stay-home】

 録画したドラマや映画。これらを緊急事態宣言期間の2か月間、一生分楽しんだ気がする。

 『魔女の宅急便』は今更ながら初鑑賞。展開は地味だが超名作。音楽も最高。

 『天空の城ラピュタ』。ラピュタは何度観たか分からぬほどだが毎回新鮮。1986年公開当時より今の方が遥かに評価高く人気があるように感じる。目玉焼トースト(ラピュタトーストというらしい)が旨そうだ。

 アニメの声は俳優よりもプロの声優の方が良い。箒や飛行石で空を飛べるなら、移動中の3密を回避できるのに。魔女ならぬ魔男になりたいものだが、私の場合は間男か。

 大林監督尾道3部作『時をかける少女』を最初から最後までじっくり観たのも初めて。もっと時を駆けているかと思いきや、あんまり駆けていない。VFXかCGか分からぬが特撮ショボすぎ感が1983年作品の味わい。昔と比べて現在の若手俳優は演技が上手と痛感。尾道は未踏だが行ってみたいものである。

 たぶん小学生の頃、この作品を少し目にして以来H田知世様の虜に。それから35年たっても今でも理想の芸能人はと問われたら瞬殺で原D知世様と即答。時を駆けられるなら新型コロナ発生前の某国のある都市に行ってコウモリを食べるな注意したいものである。

 『孤独のグルメSeason8』『深夜食堂』『極道めし』……。最近始まった『ワカコ酒Season5』『面白南極料理人』も。こんなドラマ観てたら外呑みしたくてたまらぬが、耐え忍ぶばかり。

 『下町ロケット』総集編一気鑑賞。もっと小さな町工場の話と思いきや従業員200人規模の思ったより大きな会社の話だったが、感動の極み。勧善懲悪の痛快さ。仕事に対する考え方に共感や反省。目の前の靄が晴れ、やってやるぞと力が湧いてくる大傑作。

 テレ東深夜の飯テロドラマ『ひとりキャンプで食って寝る』は奇数回が男性、偶数回が女性主人公のソロキャンプ。男性(Ⅿ恵さんの息子さん)は缶詰を喰いまくり、女性(K帆嬢)は釣りや山菜で自給自足。夏H嬢は演技上手でワイルドなのに透明感抜群。ファンになりました。

 学生時代バイク旅行でひとりキャンプの経験あり。その際、居酒屋とかで食べて呑んで旅館に泊まる方が私には向いていることを痛感。ゆえに働き始めてから泊りキャンプ経験ゼロ。

 第5話で男性主人公がテントを買って自室に張り、その中で鯖缶喰って酒を飲むシーンが。危なく私も買いに行って自宅の中にテント張ってさらにその中に引き篭もるところだった。

 余談だが、私は特殊体型ゆえジャストサイズがあまりなく、よってYシャツやチノパン、一部ジャケットなど衣類のほとんどがアウトドアブランドのLLビーン。そのすべてを神戸店で買っていたが、GW中に閉店したそうな。コロナ外出期間中、最も悲しい出来事。涙、流れるままなり。

200923ラピュタトースト.jpg
私も自宅で作ってみました。ラピュタトースト。
posted by machi at 06:56| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: