2020年07月07日

第2480夜:第1回ヘソの臭いコンテスト【岡山(岡山)】

 <Tなか屋>。岡山県最大最強の歓楽街・中央町(たぶん)の人気居酒屋である。

 ある1月下旬の土曜の22時頃。表町商店街の桃太郎たちとこの店へ。料理もドリンクも超絶のスピードでサーブ。味もボリュームもスピードも満足度高し。

 生の後はハイボール数杯。途中から面倒になり2杯づつ。春日部で学んだ二進法である。角煮もトロトロ。唐揚サクジュワー、胡瓜漬もキリリ。大満足である。

 2軒目は1か月前にY部氏と足を運んだスナックへ向かうと閉まってた。一人無料案内所状態のY部氏に3人でついていく。まさに犬猿雉気分である。

 途中「ファミリービル」という1gもファミリー感がないスナックビルをスルーし、向かった先はどこかのママの誕生日を祝うバルーンアートでびっしりなビル2階の<Kつやま>。トンカツ屋みたいな屋号だが、ママが勝山というエリアのご出身だそうである。

 店内超満員の大賑わいだが、入るなり「ヤベッチ〜」という黄色い声援が飛ぶ。さすが常連と思いきや、つい最近数年ぶりに顔を出したところらしい。さすがの存在感である。

 ウィスキーをハイピッチでヤリながらレディたちと談笑。店内はお洒落なのだが、豪快極まりないママと美人なのだが場末感が香ばしいレディたちというアンバランスが秀逸である。

 気づけば深夜2時。お開きというタイミングで、隣に座る若い場末レディが男女問わずヘソの臭いフェチであることを宣言。いきなり「第1回Kつやま杯ヘソの臭いコンテスト」が強行された。

 私もYシャツをズボンから引き揚げ、汚いヘソ周りを露出。その一週間前に北海道富良野市で図腹師に腹をペインティングされ、へそ踊りを踊らされたことを何故か思いだす。

 ヘソフェチレディ、私の小汚い腹とヘソが見えた瞬間、何の迷いも躊躇いもなくヘソに鼻を近づけて思いっきり密着。音をたてながら何度もクンクン。……。いったい何のプレイなのだろう。

 私の対面の御仁も同じようにヘソの臭いをクンクンされているビジュアルは、とてもそのまま修正なしにアップできる画像ではない。

 ヘソ臭いフェチ場末レディは我らオヤジ4人のヘソの臭いをかぎまくった後、その勢いでカウンターで呑んでいる高齢者2名にも突撃。同じように臭いを嗅いでいる。呆気にとられた。

 運命の結果発表である。1位になれなくともよい。せめて最下位だけは絶対に避けたい。オトコとしての余計なプライドか。これほど緊張感のある結果発表はいつぶりか。

 結果は……。我らオヤジ4人の中で、アヅマ最下位。心の底から轟沈落胆な深夜3時である。

 タクシーで駅前ホテルに戻る。ホテルのすぐ横の商店街で「におい展」なるポスター発見。夕方は視界にも入らなかった。私もヘソの臭いで出展しようか。

 翌朝、ユニットバスで何故かいつも以上にゴシゴシとヘソを洗ってしまった。

200707岡山@.jpg
バースデーバルーンが来館者を圧倒。

200707岡山A.jpg
嵐の前。

200707岡山B.jpg
緊張の一瞬。

200707岡山C.jpg
修正なしにはアップできないビジュアル。別に御仁は脱いでいないのですが。

200707岡山D.jpg
私もへその臭いで出展しようかな。
posted by machi at 09:27| Comment(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: