2020年07月06日

第2479夜:そらいちで朝ラー【旭川空港(北海道)】

 そらいち。2019年度にリニューアルされた旭川空港内のフードコートである。ラーメン店、カレー店、海鮮丼店など8店舗ほどが軒を連ねている。

 2017年度あたりから富良野ミッションのために旭川空港を頻繁に利用するようになったが、タイミングがあまり合わず空港内で飲食したことがなかった。

 2020年1月下旬の激シバれな朝8時前。富良野からバスで1時間かけて旭川空港到着。航空会社の窓口開始時間まで40分の待ち時間。

 前夜(というより7時間前)富良野で濃厚海鮮えび味噌ラーメンを麺1本、汁1滴残さず熊啜。あまり空腹感もないのだが、この日は夕方まで固形物を口にできるタイミングがない。

 私は朝起きればまずは珈琲を飲まねば1日が始まらない。どこかで珈琲を飲むべ。フードコート近くに「朝食やってます」というノボリが。

 「そらいち」初潜入である。入口入ってすぐに「朝ラー」というあまりにも眩しく惹きの強い文言が眼球を叩いてきた。

 フェロモンに吸い寄せられる蛾のごとく近寄る。……。そこは<梅光軒>という梅園。旭川ラーメンを全世界に発信し続けている大名である。これまで新千歳空港店で啜った経験がある。

 朝7時55分から注文可能になる朝ラーは3種類限定。「かけラーメン(具はネギだけ)」500円、「醤油ハーフラーメン」600円、「醤油ラーメン」800円。迷うことなく「醤油ラーメン」である。朝7時55分開店という時間設定も芸が細かい。

 早朝から梅光軒を啜ることのできる有難さ。旭川空港を利用する頻度も増しそうだ。

 私は2番ブザーを手渡されていた。1番ではない。すでに啜っている御仁がおられる。名も知らぬがかなりの実力者かもしれない。麺道の黒帯とお見受けする。

 ブザーが音を上げて震えた。ブツを受け取る。胡椒をパラリし、テーブル席へ。立ち蕎麦屋さんの朝ラーも旨い。しかし、専門店の朝ラーはオーラが異なる気がする。

 まずはスープ。……。動物系と魚介系のWスープが旭川系の真骨頂。全国のご当地ラーメンの中でも私はかなり愛している部類。麺も中太ちぢれで絶妙の絡み。メンマも太い。ネギも朝に爽やか。貴重な1枚のチャーシューをいつくしみながら齧る。

 最後のフィニッシュに向かっていると、もう1枚チャーシューが浮上してきた。思わず笑みを漏らしながらおでこを叩いた。‘やられたね’というボディランゲージである。

 満腹感もどこへやら。汁1滴、麺1本我が眼前から滅失。食器を返却し、航空会社フロントへ。ちょうど営業開始時間に。いいことありそうな、活力に満ち溢れた旭川の朝である。

 フードコートでは3店舗が朝食を展開している。細かいメニューは未確認だが、カレー屋と丼屋だった。次回は朝カレーか、朝丼か。やっぱり旭川醤油ラーメンか。かけとハーフでないことだけは強い確信が生まれた。朝からたっぷりとフルスペックである。

200706旭川空港@.jpg
朝からノボリが眩しい。

200706旭川空港A.jpg
頼もしい朝メニュー。

200706旭川空港B.jpg
夢中で熊啜。

200706旭川空港C.jpg
リニューアルされぐっと便利で豪華に。
posted by machi at 09:01| Comment(0) | 北海道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: