2020年07月01日

第2475夜:若松高まる みんなまる【若松(北九州)】

 まちなか活力向上事業。北九州市が若松区の中心商店街エリアをモデル地区に低未利用地や遊休建物を利活用することで地域の資産価値向上を図る民間主導ワークショップ型のプロジェクトである。

 新型コロナの影響で開始がずれ込み、本格的にスタートするのは令和2年度からだが、令和元年度の終わりにプロローグがスタートした。私も総合アドバイザーとしてお手伝いすることに。

 北九州市からは商業担当だけでなく河川、建築都市、国家戦略など「駆け込み寺」状態で様々な事業に関わらせていただくようになった。

 令和2年1月には門司港エリアにも1日限定とはいえミッション遂行。小倉南区を残して他6区はすべて濃淡強弱あれどミッションとして関わる光栄を頂いた。神戸市民ですが。

 北九州市内で天国に一番近そうな若松とは2011年度から御縁を頂き、途中1年のブランクは空いたが様々な課題や研修事業に取り組んできた。

 2019年度は空き店舗対策。一定の成果を上げたものののまだまだ改善余地があり、余地があるということは素晴らしく伸びしろがある。そんな視界良好な令和元年度若松ミッション成果報告会終了後、いつものメンバーで<TOMATO>へ。

 痛風の調べが地の底から踝に伝わってきたので、私は乾杯からハイボール。数杯開けた後、久々にこの店で焼酎をボトルで。

 ドレッシングが絶品なサラダ、香ばしく食欲をさらに喚起させるガーリックトースト、柔らかく上品な旨味溢れるヒレカツ。馬刺しは焼酎に無敵だ。

 野菜とあさりがたっぷりのかに鍋。出汁が旨し。連発してホルモン鍋。鍋というより、炒め。独特の韓国風な味付けがたまらない。

 残った汁でうどんを焼く。S本シェフの腕がしなる。私は生卵を追加し、すきやき風に味わう。……。悶絶。残った生卵でさらに玉子焼き。旨すぎる。毎回異なる料理で期待を絶対に裏切らぬ。

 2軒目は月曜だったので<ルシアン>でU島氏と24時まで。まっすぐホテルにチョッキして爆睡。翌朝、大浴場を独り占め。色々乗り継いで福岡空港へ向かった。

 若戸大橋無料化で若松は一気に活気づき始めた。しかし、無料化だけが原因ではない。若松商店街連合会の侍たちをはじめ、若松を愛してやまない様々な方々の努力と愛情と根気強い活性化への継続が下地にある。

 若松はさらに高まってきた。「みんなまる」も近い。私もさらに高まるために、若松に九州支店を構えようか。

200701若松@.jpg
今年度は新たに計画づくり。次年度に本格着手いたします。

200701若松B.jpg
馬刺し。

200701若松A.jpg
美味し。

200701若松D.jpg
200701若松E.jpg
200701若松F.jpg
変幻自在。

200701若松C.jpg
メガ。

200701若松G.jpg
スナック。
posted by machi at 17:48| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: