2020年06月15日

第2466夜:第4の麺択肢【宮古(岩手)】

 たぶん本州最東端の立ち喰い駅そば。それは岩手県宮古市の宮古駅(JR・三鉄)である。キュッと魚介の旨味が効いたキリっとした出汁が二日酔いに最高の薬膳となる。

 後日知ったがいろいろとあったらしい2019年「いわて絆まつりin宮古」の前夜。宮古市末広町商店街ミッション終了後、深夜2時まで3軒ハシゴしながら鯨飲。翌朝は当然のごとくこってりとした二日酔いである。

 ホテルをチェックアウト。時間は朝10時過ぎ。こんな朝昼兼用は魚介の効いた宮古ラーメン一択である。他の選択肢が思い浮かばない。しかし、宮古のラーメン店の多くが11時オープン。バス乗車時間が11時過ぎ。残念ながら時間が合わない。

 宮古駅そばにするべ。この店は何故か「にゅうめん(そうめん)」があり、うどん、そばに続く第3の選択肢を提供してくれる。これまで何度啜ってきたか分からない。ある意味で宮古のソウルフードの一つなのかもしれない。

 2019年3月下旬。宮古駅は大きな変革があった。三鉄とJRは同棲し始めた。ホームや切符売り場も共通に。ただし切符売り場は三鉄とJRが別々。このあたりの縦割り感が生みの苦しみを感じさせる。

 宮古駅そばはJRの管轄だっただろうが、そもそも本数が少ないため営業時間も異様に短かった。いつ何時でも啜れるモノでもなかった。

 前置きが長くなったが、バス乗車前に突撃すると、うどん、そば、にゅうめん(そうめん)に続く第4の選択肢が出現していた。「宮古ラーメン」(480円)である。「宮古ラーメン」のノボリが頼もしい。

 宮古ラーメン、三陸鉄道全線開通を記念し定番メニュー化したらしい。定番三銃士よりプラス30秒ほど余分に待ち、ブツを受けとる。プ〜ンと煮干し風味のスープが香る。

 胡椒をパラリし、まずはスープ。……。毛細血管が喜んでいる。五臓六腑に染み込む。血液がスープになる。ちぢれ気味の麺にスープが絡む。
啜りこむ。……。官能の喉ごし。チャーシューも大きくて頼もしい。480円の楽園に浸りながら、麺1本、スープ1滴残さず羆啜。

 宮古ラーメンは(宮古市内の)スーパーで買うことができる。メーカーはハニー様と小笠原様の二強。私はいつも<ミヤビル>か<玉木屋>で大量捕獲し、自宅で楽しんだり宮古ラーメン好きに発送している。

 ふと気づいたが<宮古駅そば>、営業時間もグッと延長し18時までに。そばもにゅうめんもステキ。本州最東端の立ち蕎麦、ぜひお啜りあれ。ラーメンもね。

200615宮古駅そば@.jpg
三陸の宝物。

200615宮古駅そばA.jpg
頼まずにいられない。

200615宮古駅そばB.jpg
二日酔いの早朝に無敵。
posted by machi at 11:55| Comment(0) | 岩手県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: