2020年05月15日

第2444夜:「マルちゃん正麺」食べ比べ【stay-home】

 「マルちゃん正麺」。ノンフライ麺とも違う生麺感覚で、ここ数年の即席めん業界最大最強のヒット商品と推測される。革命者は東洋水産様。前職の神戸新長田時代、「ぼっかけカレーラーメン」などを共同開発させていただき、たいへんお世話になった一流メーカーである。

 他の大手インスタントラーメンメーカーも似たような袋麺で追従しているようだが、マルちゃん正麺の牙城は揺るぎない。個人的にはインスタント独特の腰のナサも愛しているのだが、初啜した時の食感は忘れられない。脳天に雷が直撃したかのような衝撃だ。

 麺ばかりクローズアップされるが、スープの旨さも秀逸。これで1食100円以下なのだから恐れ入る。味噌ラーメンなど札幌のクダラナイ店より遥かに旨く、そこそこの店と充分に互角の勝負。具なしでも満足感高しだ。

 醤油、塩、味噌、豚骨の4種類から試してみた。麺はすべて一緒でスープの味だけ異なると安易に考えていたら、大きな間違いだった。茹で時間が異なっていた。

 抜群に旨かった豚骨は2分間、味噌は4分間。豚骨ラーメンは極細麺。札幌味噌ラーメンは太め。この芸の細かさに思わず心震えてしまう。塩と醤油も言わずもがなの高レベル。

 長年愛し続けてきた袋麺。「サッポロ一番(しょうゆ・味噌・塩)」「日清出前一丁」「明星チャルメラ」「エースコックワンタンメン」、「マルちゃんカレーうどん」「日清チキンラーメン」あたりが不動のレギュラー。これに「マルタイ棒ラーメン」「ハウスうまかっちゃん」あたりが代打の切り札として常にベンチ入りしている。

 カップ麺まで入れると収集付かないが、この不動のメンツ(麺ツ)を凌駕しそうな勢いがマルちゃん正麺は有している。具は入れず、麺とスープの極みを存分の味わうべき完成度だ。

 私は指定の茹で時間が3分なら2分半という具合に、少し固めにしている。粉末スープは火を止める10秒前に投下。かき混ぜてから火を止める。器に移し替えたり胡椒振りかけたりネギを散らしている間に伸びてしまうので、30秒から1分ほど短めでちょうどよい。

 定番の4味を試した後は、『冷し中華』。ゆで時間5分の間に魚肉ソーセージを細切り。4分少しで火をとめ、ザルに移して冷水を注いでシメる。皿に移し、タレをぶっかける。ソーセージを乗せ、冷蔵庫から紅生姜、練り辛子、ごまをぶっかける。啜る。……。麺のコシとリアル感は凄まじい。すっぱいタレも絶妙。発泡酒が実に合う。

 「うどん」「カレーうどん」も発売された。特にカレーうどんは、従来のマルちゃん袋麺を30年以上啜り続けた我が血肉が沸騰しかけた旨さ。しかし、麺のコシも見事だしスープのトロミ具合も絶品だが、シャバシャバしたスープと油で揚げたヘニャヘニャの定番味もやはり魅力的。正麺シリーズを食べ比べて、改めて歴史ある定番の実力を再認識した。

200515マルちゃん正麺豚骨醤油味@東洋水産.jpg
シリーズではコレが一番好き。

(付記)
この死蔵ストックは「正麺」が発売されてからたぶん1〜2年以内。今やすっかりスーパーの定番に。ちなみに、最も愛する袋麺は「サッポロ一番しょうゆ味」であります。次が「チキンラーメン」。
posted by machi at 14:11| Comment(0) | あ〜ほボイルド | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: