2020年04月13日

第2419夜:一輪の花【守山(滋賀)】

 T貴族。安さとボリュームでサラリーマンをはじめ酒飲みの心をつかんで離さないウルトラ居酒屋チェーンである。しかし、私はこれまで1回しか足を踏み入れたことはなかった。

 ある年末の17時。守山駅前の<鳥K族>へ石G氏と足を運んだ。朝昼呑みの習慣がないらしい守山らしく、17時は客皆無。しかしあっという間にほぼ満席に。

 確かに安い。ボリュームもたっぷり。人気の理由は分かる。しかしイスに根が張りそうな石Gを急かし、1時間で切り上げてもう一軒行くように指令する。

 氏が向かったのが駅前の新しいホテル1階の奥まった分かりにくい立地の小料理屋<花一輪>。トリキもこの小料理屋もI上氏が所属するまちづくり会社「鰍ンらいもりやま21」がサブリース。MM21、設立当初の10年以上前から御縁を頂いているが、年々パワーアップしている。

 <花一輪>、かなりいい雰囲気だ。美人女将は飲食未経験で創業1年らしいが思いっきり上客を掴んでいる。値段も良心的。

 私は地酒を熱燗でヤリながら特大エビフライ、地酒の粕汁を満喫。大皿のおばんさいの肉じゃがも味が染みて旨し。イチゲンが常連になる理由を体感できる。私も守山に再訪したらこの店がファーストチョイスになるだろう。次回はボトルを入れよう。

 屋号の通り、まさに守山駅前の隠れた奥に咲く可憐な一輪の花のような店。実力のあるステキな店は立地を選ばない好例だ。

 12月に新たにほたる通り商店街にオープンした海鮮炉端店も広めのお店だが満席。私自信、自分が創業をお手伝いした店が満席で入れない時ほど嬉しいことはない。それが5回連続で断られたりすると少々微妙な気分になるけれど。

 I上氏は帰路に。時間はまだ19時半。決して空腹ではないが、守山駅前の天一でこってり締めを企んだが満席で入れない。電車の都合もあり待たずに断念。

 新快速に乗った瞬間爆睡。起きたら三ノ宮の手前。慌てて降りる。地下鉄方面に向かっていたが、急に角度を変えて<希望軒>へ。かなりの混みっぷりだったがカウンターが一席空いていた。啜ってという神の啓示。いや、主治医のお墨付きと言い換えるべきか。

 今朝は年に1度の健康診断だった。15年診て頂いている先生から「合格!」と力強い一言。服用している血圧と尿酸値以外は何一つ異常ないらしい。特に胃カメラ画像を観ながら私の食道、胃、十二指腸がいかにきれいかを力強く力説。

 自分の内臓を朝からたっぷりと映像で観たので、守山の1軒目は焼肉屋を石上から提案されたがさすがにスルーしてしまう。赤センマイにしか見えないからだ。

 この店に来たらチャーシューメンを頼まずにいられない。ラーメン鉢の淵をチャーシューが覆いつくしている。普通ならチャーシュー1枚か2枚。この店のチャーシューメンはまさに満開。これを適時丼に落としながら味わうのがたまらない。

 さらにテンションを上げてくれるのが、生にんにくとすりつぶし器。誰にも会わない昼や夜しかぶち込めない。この夜はなじみのスナックに顔を出そうと思ったが、にんにくの誘惑に負けた。

 鬼の首を取ったように5片もすりつぶす。後半は自分ですり下ろしたにんにく、ニラキムチ、海苔を大量投下し、狂乱の熊啜。

 もっこす、第一旭、希望軒、みなとや……。守山が花一輪なら、神戸は豚一面である。

200413守山@.jpg
ほたる通り商店街。

200413守山A.jpg
商店街の楽しみ方展@

200413守山B.jpg
商店街の楽しみ方展A

200413守山C.jpg
T貴族。

200413守山D.jpg
旨しエビフライ。

200413守山E.jpg
粕汁最高。

200413守山F.jpg
<希望軒>のチャーシューメン。

200413守山G.jpg
(蛇足)<第一旭>のCラーメン。
posted by machi at 09:16| Comment(0) | 滋賀県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: