2020年03月20日

第2399夜:私に似た男【小倉(北九州)】

 3人。世界で自分自身に瓜二つな人物の数であると言われている(気がする)。余談だが、似ているどころではなく自分自身と出会ってしまったら、それはドッケンベルガー現象である。私のようなムー系には幼稚園レベルの基本知識だが、御存じない良識人はご検索を。

 私はこれまで濃いめの小太りな著名人たちによく似ていると言われ続けてきた。しかし、雰囲気や顔が似ているという程度で、ウリ二つまではいかない(と思う)。これまで私自身、私と見間違うほどの他の2人に会ったことはなかった。平成が終わるまでは。

 令和元年の師走。北九州小倉にて3か月ぶりの旦過市場ミッション終了後、4人でつい最近オープンしたらしい平和町付近の7種類の手羽先&ポテトフライ&おにぎり&キャベツ食べ放題&呑み放題2500円のお店<奇跡の手羽先>へ。わさびマヨやみかん味という変わり種も食べ放題。店内は超絶に満員である。

 生で乾杯し、レモンサワーをギガジョッキで頼んだらピッチャーが。そのまんまピッチャーに口をつけてゴックゴク。気づけば空になったので、第2弾は同じサイズのハイボール。ジョッキ8杯分+生1杯が90分で我が体内に滅失。

 今回は中年オヤジ4人でこの店に突撃。店内超満員の活気で、9割が20代と思しき若々しさ。我らオヤジ4人は平均年齢をグッと上げている。その4人の中のお一人が、3カ月前の旦過市場ミッションの際にご一緒した北Q州市役所のS貝係長。酒の呑み方も豪快なナイスガイである。

 ところが御仁、気の毒だが私とあまりにも顔が似ている。衝撃を喰らった。お会いする前から氏の部下の若手どもが私に似ているとディスっていたが、せいぜい雰囲気ぐらいかなと思っていた。……。甘かった。鏡を見ているかのとごき激似。妙に落ち着かない気分になる。

 ツーショット写真を何枚も納めたくてたまらない。世界に3人いるはずのそっくりさんの中で、この御仁は間違いなくそのお一人。普段オッサンのワンショット写真など絶対に撮らないが、思わず何枚も激写。

 2軒目は久々に<ムーラン>へ。M渡アニキの超絶激レアプレミアム焼酎をロックでガバガバ。特に「正木」という芋焼酎がスィーティー。マスターが作ってくれるリンゴバター炒めやリゾットとの相性無敵。

 ちなみにこのリンゴバター炒め、昔どなたかからリンゴを頂いた際、マスターの味を再現しようと思いたちキッチンに立ったが、胡麻油で塩コショウ炒めに何故かしてしまいあまりの不味さに絶望したことがある。

 M渡氏から鹿児島土産でS郷隆盛氏の小銭入れを頂く。私は沖縄顔とビギ●のボーカルとか矢野兵頭のH頭氏とか吉本新喜劇K畑座長とか西郷さんそっくりとか言われ続けているが、S貝氏との激似ぶりと比べたら全く似ていない(ような気がします)。

 S貝氏との出会いは、まさに「奇跡」。私があと20s痩せたら見分けつかないこと必至。基本的な骨格も似ているだろうから声まで似ているような気が。あと1人と出会って3人で呑む奇跡を味わいたいものである。

200320小倉@.jpg
念願のツーショット。左の紳士がS貝氏。シャツの色もかぶり気味。

200320小倉A.jpg
お店は大流行りも納得のシステム。

200320小倉B.jpg
ギガジョッキ(ピッチャー)を呷る「私」。

200320小倉C.jpg
200320小倉D.jpg
200320小倉E.jpg
S貝氏を何枚も激写。

200320小倉F.jpg
<ムーラン>にて。

200320小倉G.jpg
リンゴバター炒め。焼酎に好適。

200320小倉H.jpg
似ているけど……。
posted by machi at 09:00| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: