2020年02月04日

第2372夜:カマタ行進曲・第二楽章【蒲田(東京)】

 蒲田。JRと京急、東急が乗り入れし、羽田空港からも極めて近い利便性の良さマックス級の街である。洗練されておらず、ガサツで卑猥な空気も漂っている。呑み屋も密集し独特の魅力を放ち続けている。もし私が都内に住むなら、蒲田は間違いなく筆頭候補に挙がるだろう。

 懇親会のない関東の夜かつ翌朝に早い便で羽田から飛ぶ際は、蒲田で泊ることが多い。我が蒲田の定宿ももちろん、JR蒲田駅から徒歩5分にある<T横イン>である。

 ある晩秋の朝。岩手県宮古市からバスで2時間15分かけて盛岡へ。フェザン地下の<柳家>2号店直行。いい具合にカウンターが空いていたので「担々麺こまち」。

 濃厚なごま味噌。ピリ辛の絶妙。挽肉もやしもたっぷり。太麺のモチモチした旨さは言わずもがな。体の芯から暖まる。これが食べたかったんだと一人でほくそ笑みながら首肯する。

 盛岡から東京まで新幹線。そこからバスで水郷潮来ICへ90分間。行方商業協同組合のH本氏に送迎して頂いたミッション終了後、再び水郷潮来ICからバスで再度90分かけて東京駅へ。

 バス車内は珍しくガラガラ。さすがに疲れてPCする気になれず、カバンからダルマ(Sントリーオールド)を取り出し、行方会議で頂いたお茶菓子をツマミにラッパ呑み。五臓六腑に染み渡る。クタクタのシワ無し空気頭がじんわりと弛緩し、ほどけていく。

 東京駅に戻ったのが22時前。後は京浜東北線でお宿の蒲田まで20分。ところが乗車中に人身事故が発生し、もう一息という品川駅で電車が動かなくなった。絶望の後、すかさず京急に切り替えた。私も関東に詳しくなったものである。

 京急蒲田駅は初の下車。駅前からJR方面へ向けて立派なアーケード商店街が伸びている。

 さすがに空腹を覚えた。蒲田に無事辿り着けた安堵感も溢れている。ホッピー&焼とんをヤリたく商店街へ向かうと、間髪入れず商店街入口付近に発見。

 予備知識なく飛び込んだが、大当たりだった。

 本鮪ヅケねぎまみれ、玉子たっぷりマカロニサラダ、焼とん屋のレバーパテ(バケット付)、そして芝浦直送鮮度最高もつ串。ホッピー4杯、カチワリ赤ワインがあっという間に滅失。

 私への殺し文句は「ねぎまみれ」「玉子たっぷり」であることを実感しながらホテルへ向かう道すがら、愛してやまない<喜多方ラーメン坂内>の灯りが。

 迷わず飛び込むと、もう売り切れてしまったという。釈迦入滅級のショックである。他の店へ足を運ぶエナジーも滅失した。

 肩を落としながらホテルへ行進。24時にチェックインし、泥のように眠りこんだ。

 翌朝。6時半始動。年間100泊以上というT横ヘビーユーザーの私だが、おそらくココは1号店。いわゆる聖地である。他の東横とサービスのスタイルも微妙に異なる。実に味わい深い。

 1階でパンやドリンクを部屋に運んで食べるスタイルである(ロビーが狭いから)。ふと気づいたが、アメニティもロビーではなく部屋に設置されている。部屋は幾分狭めだが、その分安い。無料サービスの新聞を部屋で読みながら、スィーツ系のパン3ヶを珈琲2杯で流し込む。

 それから数週間後。蒲田駅でわざわざ用もないのに途中下車し、<坂内>へ脇目もふらずに行進。チャーシューメンでリベンジを果たす。壮大なレクイエム。カマタ行進曲・第二楽章である。

200204蒲田@.jpg
盛岡駅フェザン地下<柳家>の「こまち(担々麺)」。お気に入り。

200204蒲田A.jpg
バス車内にて。

200204蒲田B.jpg
200204蒲田C.jpg
大当たり。

200204蒲田D.jpg
T横インの1号店らしい。「聖地」であります。

200204蒲田E.jpg
リベンジ。最高。
posted by machi at 07:26| Comment(0) | 東京都 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: