2019年05月16日

第2193夜:ぶっ翔んで埼玉【Cinema】

 『翔んで埼玉』。パタリロの原作者が三十数年ほど前に出版した埼玉ディスリ漫画である。私は2016年に一度だけ御縁を頂き、2017年から2018年にかけて本格的に御縁が深まった。正確に言えば、深まったというレベルではない。1年のうち最も埼玉県内に滞在している。

 蕨、ふじみ野、越谷、寄居、そして川口。年間3か月ほど埼玉ではないだろうか。自宅のある神戸よりも遥かに埼玉県内で宿泊している。

 この漫画が近年話題になっていた。コンビニでも売られていたので、2018年に読んでみた。確かにディスっているが、世界観が独特過ぎてあまりついていけなかった。

 そんな問題作が実写映画化された。

 2019年2月下旬、何日もひたすら埼玉関連の資料を神戸市内の喫茶店をハシゴしながらPC猿打していた。頭の中は埼玉一色である。

 たまたまその年の正月、TVとDVDデッキが同時にぶっ壊れ、1か月半以上も動画を見る生活から離れたまま。集中して観たのは、埼玉県蕨市内の約3分間の商店街PR動画程度である。

 久々に動画、それも映画観て気分転換したかった。しかし、埼玉ディスり映画を仕事モードと離れて楽しむことができるだろうか。

 この2年間、私はほぼ埼玉県民である。単身赴任の方を除けば、私は150万神戸市民の中で埼玉に足しげく通ったベスト5位には入っている自信がある。気分が悪くならないだろうか。怒りを制御できるだろうか。

 神戸三宮の映画館へ。久々の映画館である。いつぶりかも覚えていない。20代後半から30代前半にかけて私は年間「映画館」で100本以上映画を見てきたが、40代半ばの現在、年に1〜2本程度という体たらくだ。

 映画は始まった。いきなり強烈である。埼玉県民の虐げられぶりが面白おかしくSFチックに繰り広げられる。美術セットや設定に何となく『ブレードランナー』のような世界観がある。

 漁獲高最下位(当たり前だ)、貧乳率1位、男の巨乳憧れ率1位、童貞率1位、夏に行きたくない1位、冬に行きたくない1位……。

 埼玉県民を捕獲するための様々な仕掛けに苦笑。都内に潜入するには通行手形がいるそうだ。

 話が進むにつれ、気づいたことがあった。埼玉は思いっきりディスられているものの、さりげなく都内の八王子や西葛西などもディスられている。群馬なんてある意味埼玉より悲惨な扱いだ。栃木や茨城などはディスりよりひどい「ほぼ無視」である。

 そして、埼玉の最大のライバルである「千葉」と壮絶なバトルが繰り広げられる。戦争勃発の前に、河原を挟んだ千葉と埼玉を代表する有名人紹介合戦に大爆笑。そして、戦争の結果は……。

 私が埼玉に通いまくり、かなり地理間も育まれてるからこそ笑えるネタが随所にちりばめられている。草加せんべいの踏み絵シーンも笑ったが、大宮代表と浦和代表が喧嘩を始め、与野代表が仲裁しようとすると「与野は引っ込んでろ!」。声を出して笑ってしまった。コバトンを模した‘埼玉ポーズ’はクセになりそうである。

 後日埼玉県民にこの映画のツボを聞いたら、私でも全く乗り遅れているポイントが山ほど隠されていたようで少しほろ苦い気分を味わった。

 キャストもセットも妙に豪華。主演のGA●KT氏が大熱演。近年観た日本映画では空前のスケール。Hなわ氏のエンディングテーマも笑わずにいられない。

 観終わって、壮大な埼玉賛歌であることに気づく。これほど凄まじい埼玉愛を感じる映画は私が存命中どこか、25世紀なっても制作されることはないだろう。

 どうせなら、埼玉県内でこの映画を鑑賞したかった。プライドの高さでは京都人に双璧な神戸人ではなく、埼玉県民に囲まれながら。

190516翔んで埼玉.jpg
posted by machi at 08:55| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: