2018年01月24日

第1873夜:寝る前の新習慣【蕨(埼玉)】

 ヨーグルト。乳製品に関してはチーズとバター(特にレーズン)を愛するが牛乳は苦手。ヨーグルトにもこれまで1gも興味がない人生を歩んできた。

 ある晩秋の夜。埼玉県蕨市の蕨駅にほど近い居酒屋で多様なメンバーが集まって呑み会が実現。呑み放題コースで楽しく痛飲。呑み放題なのににホッピーが、それも外・中両方含まれていたことに深く感動する。

 2軒目は蕨JCメンバーが経営するバー。蕨の飲食店はどこもよく流行っている。T窪氏に以前連れてきて頂き、今回で私は2回目。楽しい時は流れるのも早い。ディタソーダ、ジントニック、バーボンソーダ、スコッチのロック。バーでは甘めから徐々にハードに移行していくのが私の流儀だ。

 終電車があったので急いで駅へ。わずか1駅だが、呑み会をご一緒させていただいたデザイナーのF旗氏も我が西川口の定宿と同じ方角。氏とホテルの前で分かれ、ホテルの部屋へ。

 F旗氏はスリムな体型を維持されている。健康と体型維持、若さの秘訣をお聞きした。太らないためには「腹八分目」。腹八分目を心掛けるとスポーツなどせずとも痩せて健康になるらしい。そして、「寝る前のヨーグルト」。理屈はよく分からないが、免疫力が上がって風邪を引かなくなるらしい。これを毎日継続するととにかく体に良いらしい。

 部屋に戻り、何となく氏との会話を思い出す。今夜もたくさん呑んだが、それほど馬喰していない。よって小腹が空いている。つまり「腹八分目」状態だ。しかし、ヨーグルトがない。私はそもそもヨーグルトを食べる習慣など1oもないが、試してみようか。

 ホテルを出て駅前のコンビニに向かう。しかしその途中、深夜2時まで開いている横浜家系ラーメン<壱角家>の灯りが視界に飛び込んできた。小腹どころか大腹が空きだした。

 フラフラと店内へ。期間限定の味噌ラーメンに白髪ねぎをトッピング。このラーメン、生姜をたっぷり利かせているという。そのキャッチに惹かれた。その時風邪気味だったの私にとって、ネギと生姜は最重要摂取食材。しかも、味噌。明らかに温まりそうだ。ライス無料で付けますかと問われ、激しく首肯する。

 ブツが運ばれてきた。さすがの迫力である。スープを啜る。確かに生姜が効いている。体の芯から温まる。ネギのシャキシャキも好もしく、血管内の血液が熱くたぎり始める。スープも家系独特の風味が香り絶品だ。

 ガンガン啜り、飯を頬張りながら数時間前にお聞きした健康法と体型維持のコツを思い出す。私は日々鯨飲馬喰の痛風オヤジ。明日の夜から寝る前にラーメン啜りを止め、ヨーグルトにしよう。そんなことを誓いながら麺1本、汁1滴、米1粒残さず胃の中に収めた。

180124蕨懇親会@.jpg
懇親会。

180124蕨懇親会A.jpg
ヨーグルトのはずが何故か……。

posted by machi at 17:59| Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: