2016年05月08日

第1448夜:天下無双のオンナ富士【富士宮(静岡)】

 赤富士。山頂に雲間が掛から見通し抜群の黄昏時、夕日が御山を照らし山頂の白が赤く染まる貴重かつ希少な自然の奇跡である。富士宮駅前商店街のアンテナショップ<フジサンサンマルシェ>で打合せ中、休憩がてら外に出ると富士が赤く染まっていた。

 2016年1月より浅間大社を抱える日本最強B級グルメの街・富士宮に御縁を頂いて3度目の訪問日に初めて富士山頂を拝むことができた。これぞ絶景。見とれてしまう。地元の方は特に珍しいものではないようだけど、日本人としてのDNAが騒いでくる。

 快晴の青空に屹立する白富士も天晴。日が落ちきる寸前の夜の黒富士も神秘的。駅前ホテルの窓から富士山を一望できる。窓が額縁のようである。窓という透明のキャンパスに描かれた朝日を浴びる御山は神々しさすら感じられる。私の腐りきった心と体も浄化されそうだ。

 打合せ中、市内の小規模作業所の方々が心を込めて作られた食パンが大量に差し入れされる。よく見ると、「富士登頂」と印字された紙袋もステキである。これを持ち歩いていたら富士山を登頂したと勘違いされそうだ。山登り自体に全く興味のない私は生涯登頂することはないだろう(山岳ミステリは大好物ですが)。

 帰宅した夜、パンを試してみた。バターの香りが豊潤で何もつけずとも焼かなくとも旨い。トーストすると旨さ倍加。アヒージョ缶詰を熱してオイルに浸せば最高級の酒の肴だ。

 ミッション終了後、商店街連盟M田会長と事務局サポート女性2人の計4人で浅間大社近くの小料理屋<のん紀>さんへ。この店、シブい。ミッション終了後に私一人が女性3人に囲まれて呑む機会など10年に1度かもしれず、柄にもなく緊張を強いられる。

 ママとM田会長のクロスマシンガントーク二人の女性も圧倒されている、というか慣れている。私がくちばしを挟む隙など皆無。この後で会長が予約して下さった天ぷら屋を訪ねるので食量はセーブ。生を3杯呑み、焼酎を湯割で。

 張り出されたメニューが見事な定番ぶり。メニューに「焼そば」とある。わざわざ「富士宮やきそば」と表記しないところが地元風情100%である。

 会長の同級生の店<天達>さんへ。富士宮唯一かもしれない本格カウンタースタイル。私は熱燗で。この燗の付け具合が絶妙である。おちょこを選べるのも嬉しいおもてなしだ。

 お通しは鮪やまかけ大盛。マスターが揚げたてをどしどし眼前に。海老、茄子、椎茸、アスパラ、たまねぎ、牡蠣、かき揚……。寿司と天ぷらはカウンターで味わいたい。時にはツユで、時にはレモン塩で。揚げたてを頬張り、熱燗で追いかけ、時折ビールでノドを潤す。会長もアルコールでますます口が滑らかに。マシンガンどころか連射バズーカだ。

 御飯、赤出汁、漬物が出てきた。宴の終わりも間近。私は満腹なので赤出汁だけいただく。お会計で驚愕。大都会の高級天ぷら屋の5分の1程度。富士山が噴火したほどの衝撃だ。

 会長とマスターとのトークバトル(9対1で会長優勢)にマスターの奥様も参戦。奥様は会長と女性同士で意気投合。マスター、反撃を試みるも秒殺で轟沈。反論を早々と諦めている。

 富士宮には様々な顔を魅せる日本一の富士山がある。白富士、赤富士、黒富士、小規模作業所のパン富士。そして雲を突き破り大気圏まで飛び出しそうな天下無双のオンナ富士である。

160508昼富士@富士宮.jpg
快晴の昼富士。

160508夕富士@富士宮.jpg
神秘的な赤富士。

160508夜富士@富士宮.jpg
存在感のある夜富士。

160508朝富士@富士宮.jpg
神々しい朝富士。

160508富士山パン@富士宮.jpg
何もつけずでも旨い、富士山をかたどった小規模作業所さんの食パン。

160508天達@富士宮@.jpg
揚げたて天ぷらがドシドシとカウンターに。

160508天達@富士宮A.jpg
天下無敵のオンナ富士。


posted by machi at 07:40| Comment(0) | 静岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: