2012年06月12日

第497夜:雨空に咲く笑顔の花々【宮古(岩手)】

 ‘子供たちの元気と笑顔’。2012年6月9日から2日間開催された宮古の初夏の風物詩(?)「宮古あきんど復興市」のテーマ(たぶん)である。

 日本列島が梅雨入りし、二日間ともあいにくの雨。特に二日目は土砂降り。もちろんアーケードなど何処にもないのだが、我が商店街のS香理事長はイベントをはじめどんな事業でも中止、延期、見合わせという概念を1ミリもお持ちでない剛の者。雨天決行または中止の問合せが相次いだが、出演者自身が辞退した例を除いてすべて予定通り決行された。

 目玉企画は岩手チルドレンの心をつかんで離さない正義のヒーロー「鉄神ガンライザーショー」。豪雨など関係なく子供や家族連れが会場に殺到。ガンライザー氏、イベント主催者と敵には滅法強いのだが、雨には滅法弱いとお聞きしていたので、一抹の不安があった。

 9日13時、ショーが決行された。拍手が起きる。開始と同時に雨脚が強まる。そんな中、敵キャラ・パッカー大佐の軽快なMCが雨空に冴えわたる。キュウリのマスクをかぶった緑スーツの怪人の中年腹も微笑ましい。大佐とキュウリが会場で大暴れしていると、ヒーローが登場。キレのあるアクションで敵キャラたちを蹴散らす。握手会は途切れることのない行列だ。

 私が担当していたのは「街なか潮干狩り大会」。1トンの川砂を木枠にぶち込み、宮古産が壊滅なので熊本産のアサリをばら撒く。アサリも長旅のためか、海砂ではなく川砂のためか、海水ではなく水道水のためか弱っており、砂に巻いても潜らない瀕死状態。ゆえにスコップで埋めていく。制限時間は10分。幼児100円、大人300円だ。

 小さなバケツとスコップを手にした子供たちが砂遊びのように潮干狩りを楽しんでいる。ニコニコ目を細める両親や祖父母たち。これは子供に鉄板にウケるイベントである。

 隣のブースではアサリ汁を1杯100円で販売されている。私はイベント前日も初日終了後も鯨飲し、ヘロヘロの二日酔い。アサリのエキスがたっぷり詰まった極上の汁が、酷使した肝臓と冷え切った体と荒ぶる心に沁みる。ちなみに潮干狩り担当の私はアサリを当分見たくもないので、アサリ汁のアサリ抜きネギ多め、というタフな注文だ。キョトンとされましたが。

 中央通商店街おでんせ市では、青森県むつ市からご当地コロッケが登場。熱々でボリュームたっぷり、ホクホク。蕩けるチーズがポイントだ。実に旨かった。イベントフィナーレはN●K復興支援ソング「花は咲く」の大合唱だ。

 豪雨と寒さの中、びしょ濡れになりながら懸命に頑張って下さった大勢のボランティアの皆さま方。応援出店して下さった青森新町商店街様。イベント応援に駈けつけて下さった全国商店街支援センター様。同日開催の復興チャリティイベントで宮古の物産を大量に仕入販売して下さった北九州市の皆さま方……。他にも大勢の皆さま方に支えられて無事終えることができました。おかげさまで、被災商業地に笑顔の華が満開です。本当にありがとうございました。

120612宮古あきんど復興市2012初夏@.JPG
降雨をものともせずお客様が来訪

120612宮古あきんど復興市2012初夏A.JPG
敵を蹴散らすガンライザー氏。子供から大人まで大人気。

120612宮古あきんど復興市2012初夏B.JPG
大好評「街なか潮干狩り大会」

120612宮古あきんど復興市2012初夏C.JPG
びしょ濡れになりながら懸命に元気に頑張って下さったボランティアの皆さま方

120612宮古あきんど復興市2012初夏D.JPG
初日終了後、青森新町商店街の皆さま方と二次会。マイクから流れるのは、もちろんあの名曲「津●海峡 冬景色」。

東朋治フェイスブック⇒http://www.facebook.com/#!/tomoharu.azuma

posted by machi at 07:15| Comment(1) | 岩手県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
このバカコラムにおける私のアサリに対する認識について、街なか潮干狩りの第一人者・宮古市末広町商店街S香理事長様より御指摘をいただきました。以下、いただいたコメントを転記させていただきます。S香理事長、アサリ関係者の皆さま方、御迷惑をおかけいたしました。これからもあさり汁やボンゴレ、あさりの酒蒸しのお世話になりたいと思います。がんばろう、アサリ!

(以下、S香理事長さまより)
「アサリ」は汽水の塩分の薄い砂を好みますので、砂は「川砂」で全く問題はありません。
干潮時は乾いた砂中で数時間過ごしますので砂は少し湿っているだけで十分です。
また通常でも行動は活発ではなく、まして箱から出して撒いてすぐに動くことはありません。
したがって決して瀕死の状態ではなく、あれは全く正常で健康な個体です。
なおアサリが自然に生育している環境は実はヘドロ混じりの砂で、今回のアサリは一晩位砂中にいても全く問題はありません。
実は前回も同じような指摘があり、専門家に確認したので間違いはありません。

Posted by アヅマ@二日酔い at 2012年06月13日 09:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: