2022年08月10日

第2991夜:ダイリRPG【門司(北九州)】(前編)

 RPG。ロールプレイングゲームの略語である(はずである)。私はゲームをしないのでよく分かっていないが、ドラクエがその代表作か。主人公が旅をしながら仲間を増やしつつ様々なアイテムをゲットし、最後に敵を倒す。「仲間を増やす」点も大きなポイントなのだろう。

 すっかりコロナが話題に上ることも激減し、公的機関に所属する皆さまの呑み会人数制限も完全撤廃された気配が濃厚な5月下旬。3カ月ぶりに北九州一住みやすい街・香春口三萩野の須弥山である黄金市場商店街へ。空き店舗ゼロPJシーズンVの開幕である。

 訪ねて驚愕。聞いて驚嘆。昨年度プッシュした貸店舗がいつの間にかすべて滅失していた。出店希望の相談も後を絶たないという。

 コロナ禍において、北九州市内の商店街で最も被害が軽微だった黄金市場商店街。凄まじいポテンシャルである。シーズンVは更なる高みを目指すべく、新たなアプローチを採用する。別角度から高難度ミッションのクリアに臨む。

 2年間、最大でアヅマ訪問22回を数えるシーズンVの初戦も無事終了。黄金終わりは、ルーラ(タクシーかお酒を嗜まないO中氏の運転)で門司駅前の大里(ダイリ)地区へ。どれほどステージを積み重ねても、城下(黄金エリア)を出てからのダイリは必須ルートである。

 今回は野郎4名、美魔女1名のゴレンジャー状態(私はもちろん黄レンジャー)。タクシー1台では無理ゆえ、2台に分乗。

 ダイリでは平均で3つのステージをクリアする。第2ステージは<もぐもぐ>、ラストステージは<アンジェリーク>と不動のプログラムが編まれているが、第1ステージはメンバーや人数次第で盤面が変わる。

 この夜は私は初めてだった<路>。カウンターで5人、小上がりで4人程度の超人気店である。この店の名店っぷりは青レンジャー(N川青年部長)から耳にしていた。予約必至という。

 小上がりをゴレンジャーで占拠。桃レンジャー(私とほぼ同世代の某組織の美人係長)が醸し出す癒し系オーラが場を桃色に染める。普段の1軒目は野郎率100%な海賊の宴会である。

 赤レンジャーはもちろんS開会長。ちなみにこの日の緑レンジャーは旦過市場のT中氏。火災見舞いのお礼のゲスト参戦である。

 もつ鍋がドカンと鎮座している。出汁も、野菜も、〆のうどんも旨すぎる。間に挟まれるウィンナーや唐揚も魔性の味わい。ハイボールは濃い目。焼酎ロックはチェイサーかと思うほどナミナミとたっぷり。目尻が下がり、口角が上がる。

 満腹になったので、レーズンバター召還。私は蒸留酒(ウィスキーや焼酎)のロックやストレートでレーズンバターを肴にすることを昔から愛している。ファーストステージ、最高の滑り出しである〔次夜後編〕

220810大里@.jpg
たっぷりなもつ鍋。

220810大里➁.jpg
レーズンバターと蒸留酒(焼酎)。愛してやまない組合せ。
posted by machi at 07:43| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする