2022年05月09日

第2924夜:パッション【会津若松(福島)】

 小山商工会議所青年部(YEG)。栃木県内屈指に活動活発な若手経済人組織である。

 オミクロンが世界を席巻する1月中旬。YEGを中心とした約10名のご一行が会津地方最大最強商店街・神明通り商店街を視察されることに。

 ちょうど同じ日、前夜に栃木県内(鹿沼)で雑魚寝して会津若松へ向かう私は、朝8時半過ぎにまちの駅新鹿沼宿までYEGご一行様バスに迎えに来て頂き、便乗して雪降る会津若松へ。インターで3回ほど休憩しながら3時間で到着。

 那須を超え福島県に入ったあたりから路面が白くなり、郡山インターからトンネルを抜けたあたりからはっきりと雪国になった。

 バスは市役所に停車。アイスバーンに注意しつつ総勢15名で神明通り<桐>さんへ。

 私はこれまでこの店でソースカツ丼、煮込みカツ丼(一般的な卵とじ)を食してきた。我が3大昼メシはラーメン、カツ丼、カツカレー。私はカツカレー定食に。小山チームはほとんどがソース系丼である。

 私のカツカレーが最初に降臨。なめこおろし、味噌汁、漬物を従えて。卓上のソースを垂らしスプーンで喰らいつく。分厚い揚げたて。ルーは家庭的な私好み。あっという間に完食。

 14時から<ハジャイ>で小山meets神明通り商店街に同席。神明通りD平理事長の講話もキレキレ。視察後の小山チームの質問もさすがの着眼点でアタシは首肯の連続。

 理事長が3階建てのビルを側近で購入した話も度肝抜かれる。ちなみに、小山チームの視察テーマ&キーワードは「パッション」であるらしい。確かにパッションが溢れている。

 16時、小山チームは東山温泉郷へ。私はこれからが本番。2年越しの「空き店舗ゼロプロジェクト」。コロナ禍の2021年度だけで7店舗が新規出店した成果報告会を終える。

 神明通り商店街理事長&専務理事のツートップたちと超人気店<TARO食堂>。私はお初。目くるめく絶品料理のつるべ打ち。今年一番度肝抜かれたかも。絶対に再訪を誓う。

 馬筋煮込、鰤照燻製、鱈白子天ぷら、奥会津牛のかいわれ巻、豚タン照焼、馬指貫炒め、漬物…。料理の説明を店員さんから耳にしたがうる覚え。

 馬、鰤、鱈、牛、豚、そして馬。山と海。天と地。攻と守。どれもプロの技である。会津と御縁を頂き5年ほど。とにかく1品あたりの量が多いことに今更ながら気づく。

 メガハイボールや地酒をヤっていると東山温泉に泊る小山チームの事務方ツートップが下向。小山の御両人とは小山駅で毎月呑む間がら。会津で酒席を共にするシュール感。

 2軒目は4人でスナックへ。ハイボールさらに鯨飲。豪雪を踏みしめながら部屋に戻ると深夜1時。コインランドリー利用可能時間(深夜1時)に間に合わず爆睡。

 翌朝も会津は大雪。電車が遅れそうなので予定より100分ほど早くホテルを出て会津若松駅へ。吹雪で眼が開けられない。

 8時18分ごろ出発の在来線はほぼ定刻通り郡山着。ところが東北新幹線は遅れている。乗り換え6分が20分に。よって改札内で天玉そば立啜。

 郡山駅新幹線改札内でも喜多方ラーメンを啜ることができるなら、もっと私のパッションも跳ね上がるのだけれど。

会津若松@.jpg
磐越道に入ると雪国に。

会津若松A.jpg
<桐>さんのカツカレー。

会津若松B.jpg
TARO@

会津若松C.jpg
TAROA

会津若松D.jpg
TAROB

会津若松E.jpg
TAROC

会津若松F.jpg
TAROD

会津若松G.jpg
TAROE

会津若松H.jpg
2軒目。

会津若松I.jpg
翌朝。郡山駅新幹線改札内にて。
posted by machi at 11:03| Comment(0) | 福島県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする