2021年11月15日

第2808夜:チャレンジするなら貝づくし【岡山(岡山)】

 「まちなかチャレンジ!出店するなら表町」。表町商店街で2019年後半から空き店舗ゼロプロジェクトがスタート。本来は2020年度でミッション完結だったがコロナで3年越しの実行に。その第1回貸店舗ツアーが2021年8月上旬、体感温度40度な酌熱の午後に開催された。

 全く一般告知していないが5名から参加希望があり、ただ3名が不参加になったため岡山県立大学の優秀極まりない学生2名を私を含めた商店街オヤジたちが全力でアテント。ちなみに男子学生2名とも神戸出身。私も神戸人。妙な展開である。

 途中<キムラヤ>でアイス珈琲。私はどんだけ暑くてもホットと決めているが、根負け。

 商店街を改めて歩きながらじっくり物件を観る。チャレンジしてほしいが、表町は、特に天満屋に近くなればなるほど気軽にチャレンジできる環境ではない。

 今回のツアーでは市場に積極的に出ていない物件もご紹介。チャンレジできる環境が生まれる。表町、フトコロの深い商店街である。

 ミッション終了。岡山から新神戸まで30分。思いっきり日帰り圏内である。汗が噴き出た瞬間、乾いた感覚に見舞われる夕刻、ブラブラ15分歩いて岡山駅へ。
   
 岡山市内は緊急事態宣言もまん延防止も発令されていないが、アルコールは20時、飲食店営業時間は21時までと「要請」されている。倹約を強制する殿様の目を盗み「かくし寿し」なる工夫(頓智)を凝らしてきたDNAは流れているはずだが、遵守されているようだ。

 時間は18時。充分に時間はある。何故かコロナ以降ますます独りソトノミが億劫。駅弁コーナーは実食済がほとんど。チンチンに冷えた麦酒や発泡酒を早く喉にぶち込みたい。

 岡山から新神戸なら5〜10分間隔で新幹線は走行。あまり時間を気にせず売場を物色していると、「さんすて」2階の海鮮居酒屋の店頭に弁当が。残り少ない。

 何気なくチェック。……。一瞬で眼を奪われた作品があった。「瀬戸内(旨煮)貝めし」。アサリ、牡蠣、貝柱、帆立の旨煮(商品名)。ふんだんにたっぷりと広がっている。コメ部分が見えぬ圧倒的な貝の世界。キンピラ、玉子焼、サツマイモが脇を渋く固めている。

 私は魚介類で一番「貝」が好き。貝全般が好き。寿司や刺身の盛合せは頼まぬも、貝だけなら盛り合せる。牡蠣、栄螺、帆立、ホッキ、ツブ、トコブシ、浅蜊、蜆……。煮ても焼いても生でも愛している。アワビと赤貝は高級すぎてめったに口にできないけれど。

 手に取った。ずしりと重い。この重さが頼もしい。レジ袋2円も購入。後は、帰るだけだ。

 緊急事態宣言が発令されていない県では新幹線改札内でもアルコールは販売。発令中でも在来線改札内なら売っている。ほんの何秒でもいいからギリギリまで冷たいブツを捕獲したい。

 改札内に飛び込む。発車時間まで3分弱。売店でロング缶と通常缶を1本づつ。わずか30分の電車旅。こんなものだろう。

 3連休初日ゆえか思った以上に混んでいた新幹線車内へ。カシュっと開けて、ロング缶を一気の3分の2ほど飲み干す。

 人心地ついた。貝めしと対峙。……。動きが止まった。新神戸までわずか30分。3時間ぐらいツマミになりそうなメガトン級。慌ててがっつくシロモノでもない。

 ……。1分ほど考えているうちに、ロング缶が空になった。通常缶のプルトップを開ける。…。新幹線はあと20分で到着する。

 開封せずテイクアウトし、自宅晩酌に切替を決意。シャワーを浴びて汗を洗い落とし、日本酒のロックでじっくりやるか。この駅弁、岡山から東京までの3時間以上でもこの1箱で充分な迫力がある。その代わりに間違いなく泥酔するだろうけど。

211115貝づくし@.jpg

(付記)
自宅に帰り、スーパーで買った貝刺身の盛合せも追加。真夏の夜の秘貝である。

211115貝づくしA.jpg
posted by machi at 09:28| Comment(0) | 岡山県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする