2021年11月04日

第2801夜:警報と痛風の跫【北九州(福岡)】(前編)

 若松高まる みんな二重まる。令和2〜3年度の若松商店街空き店舗対策タイトルである。

 貸店舗ツアーやDIY体験会が思いっきり緊急事態宣言とガチンコ。期間限定お試し出店も半分以上はぶつかってしまったものの、7月26日、何とか無事に完遂できた。

 その前日に福島県の会津若松からいったん神戸に立ち寄ってから福岡県の筑前若松へ。特に鉄チャンでも特定のテーマ旅マニアでもないが、これも奇遇である。

 4人で<TOMATO>。サラダ、蒸し豚&キムチ、エビチリ、馬刺……。生2杯の後は、店に2ヶしかないメガハイジョッキの一つを独占し超絶ハイピッチで鯨飲。

 メインディッシュはホルモンチゲ鍋。適度な辛さが嬉しい。汗がじんわり噴き出してくる。暑い夏こそ、暑くて辛い料理を。〆の雑炊もたまらない。私は鍋〆は麺派だが、この夜は米派の軍門に喜んで下る。

 時間は21時半過ぎ。まだ宵の口である。我が行きつけの九州支店(スナックショコラ)は月曜定休日ゆえ私は初ダイブとなった<酒友愛>へ。広々とした個室をあてがっていただく。

 我らが入店すると同時に11人の団体客が飛び込みで。皆さん、ソトノミできる喜びを思う存分噛みしめられているようである。

 第4波以降、栃木県(鹿沼・小山)と岐阜県(多治見)で私はソトノミを満喫していたが、埼玉県内や福岡県内はステイホテル。しかし7月26日時点で、福岡県は制限がゼロに。久々に飲食店でのソトノミを北九州市内で満喫する。

 ピリ辛チョリソーのアヒージョ、ハイボールのピッチを倍加させる。オイルに浸すバケットも安定の旨さ。煙草ついでに席を立ち、、初対面のマスターとも少し話し込む。

 マスターが白玉が入った蜂蜜やシナモンを振りかけたデザートピザを振舞って下さる。1軒目が韓国風旨辛料理。2軒目がチョリソー(辛口ソーセージ)ゆえ、タフな1日を〆るデザートピザが嬉しく愛らしい。家庭で再現無理。ソトノミだからこそ味わえる極上の非日常である。

 呑み会の席上、何故か白子が話題になった。私も白子は大好物。結果として、痛風持ちである。

 白子はいつでもどこでも食べられるわけではない。さっと湯どうししてポン酢か、天ぷらか、軽くあぶってレモン塩が定番か。

 ダントツ身近な白子は「鱈」で、神戸新長田の愛してやまないタンク筋<すし天>では春先に「鯛」の白子が入っていると炙ってもらう。

 「河豚」の白子も味わったことはあるが、数年に1度あるかないか。しかし、少なくとも経験だけはある。

 A部会長が「鰯」の白子をご賞味されたお話をされた。鰯に白子などあるのか。凄まじく小さいらしいが、希少極まりない珍味とおっしゃる。〔次夜中編〕

211104北九州@.jpg
期間限定お試し出店。若松商店街(エスト本町)にて。

211104北九州A.jpg
久々。

211104北九州B.jpg
暑い夏こそ、辛い鍋。

211104北九州C.jpg
〆は雑炊。

211104北九州A.jpg
チョリソーがハイボールを加速させる。

211104北九州E.jpg
デザートピザ。微笑みの味。
posted by machi at 07:00| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする