2021年11月13日

第2806夜:美女の流儀【春日部(埼玉)】

 Y子氏。武蔵国随一の不動産美女であり、春日部市NEXT商店街PJの不動産部会長である。

 体感温度40度越えの朝。春日部駅西口のスーパーで新幹線晩酌用の地酒を買い、踏切を超えて東口へ。初めて渡る。ひっきりなしに東武が走るので開かずの踏切と言われている。

 踏切界隈を初めて歩く。ここにルーディーズが、ここにこんな店が……。面白い。

 11時過ぎに<寿タバコセンター>へ。店主のK子氏からキンキン冷え冷え缶コーヒーをご馳走になり、ラッキーストライクを2箱買ったら2箱おまけして下さる。

 店奥でK子氏と紫煙を燻らせてから、<けいらく>でY子氏と合流。ランチデートである。

 Y子氏は私に4つの選択肢を投げかけた。そのままけいらくで中華メシ。行列の出来るラーメン屋、出汁の効いたそば屋、そして7月にオープンしたフレンチ。

 けいらくに惹かれたが、前夜と今夜もけいらく中華。昼も食して3連単もよろしいが、目先を変えてみる。けいらくを待合せ場所にしてしまい申し訳なさを噛みしめながら店を出る。

 私がお願いし、向かった先は7月にオープンしたフランス料理<mohawk>さん。オッサン1人ではかなりのハードル。美女同伴ならそれなりにハードルも下がりそうだ。

 予約せねば入れない人気店だった。Y子さんの顔で何とか入店。一人で切り盛りするマスターは汗ダクダクで奮闘。

 ランチ時間は3種類のメニュー限定。2種類のコンフィ(骨付き鶏・豚バラ肉)が1200円。特製ビーフカレーが1500円。総菜3品にミニサラダ、スープ付。

 プラス100円で唐揚げが、300円でオムレツもトッピング可能。ランチドリンクもプラス100円。フレンチの相場が全く分からないが、かなり安いのではないか。

 1か月前にY子さんがこの店の料理をテイクアウトして私のステイホテル晩酌用に差し入れして下さった。その時は料理名がわかっていなかったが、今思えば豚バラ肉のコンフィだった。よって、鶏かカレーで迷う。

 せっかくなのでフレンチに寄せたランチを美女と楽しみたい。私は「骨付き鶏のコンフィ」に。左隣のY子さんはオトコ前に豚バラ肉だ。

 お客がひっきりなしに入ってくるが、予約していないため片っ端から撃沈。それほど目抜き通りにあるわけでないし、看板も目立たない。腕が確かなら、値段と味が絶妙のバランスなら、立地は関係ないと考え直させられる。

 コンフィ、降臨。骨付き鶏、箸でちぎれる柔らかさ。そして、とんでもなく旨い。「油煮」という低温調理技法らしい。

 骨付き鶏を箸だけで、手づかみすることなくきれいに完食できたのは初めて。冷たいスープも爽やか。ライスとタレを絡めると官能スプラッシュだ。

 お客どんどんゆえ店を出て、<BORDER CAFÉ>でホット珈琲。居心地のよい空間である。どちらのお店もY子氏プロデュース。抜群のセンス。エアコンの凉しさに恢復する。

 1時間ちょっとのランチデート。普段昼飯は独りまたは濃厚なオッサンばかり。そしてラーメン、かつ丼、カツカレーが8割。それが、緊急事態宣言下、美女と2人、フレンチという今後残り少ない我が生涯にラストになりそうな非日常3連発である。

211113春日部@.jpg
春日部フレンチ。

211113春日部A.jpg
我が生涯最初でたぶん最後の「コンフィ」。

211113春日部B.jpg
抜群のセンス。
posted by machi at 08:51| Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月12日

第2805夜:「テイクアウト」考【大宮(埼玉)】

 F士そば。関東最大手(たぶん)のセルフそば(立ち蕎麦)である。

 コロナ第5波直撃中の遅い酷暑の15時頃。大宮駅東口駅前のアーケード内の<富Jそば>へ激遅昼メシに。妙な時間だけどしっかりお客はひっきりなし。

 思いっきり入口に「大きいカレーコロッケそば」の告知が。私は見たことないが『科捜研の女』というドラマとコラボしているようだ。

 なぜこのドラマとコラボしている理由は定かではないが、「大きいコロッケシリーズ完結編!衝撃の最終実験の果てにたどり着いた答え」とある。科捜研でウワサを検証したそうな。

 そのウワサとは「カレーコロッケは夏が売れ時期?冷めても旨い?」。ちなみにこのコラボメニューは「冷し」である。

 毎週または隔週ペースで関東入りしているとはいえ、埼玉(春日部)と栃木(鹿沼・小山・日光)には私が知る限り「富士Sば」は駅近くにはない。一期一会を大切に。貴重な一食だが、立ち蕎麦ワンコイン以内は一つの正義であり、憲法であり、良心。ボタンを強めに押す。500円である。

 私は調理熟女にチケットを渡しつつ小声でつぶやいた。「冷しではなく、温かいそばで」。

 熟女は一瞬、動きが止まった。この日(8月5日)は体感温度40度。店内客はざるそばが制圧している中、温そば。しかも冷し専門メニューを温にチェンジする蛮勇と無法。

 熟女はコンマ0.5秒後に快諾。水を飲んでいる間にブツ爆誕。恭しく受け取る。

 デカい。当社(冨士そば)比2倍の大きさという。普通のコロッケそば、430円。

 カレーコロッケ、冷たく大きいゆえ、汁に浸ってもソリッド感を維持している。齧りつく。冷たい食感と温かい出汁が絶妙。出汁はこれぞ富士そBの味。麺と汁のカラミも王道。

 コロッケを半分食べて終えた後は汁に浸して崩す。その間は麺に集中。最後は汁とコロッケの残骸を一気に飲み干す。

 私の正面ポスターには「できたて、テイクアウト」とある。「店内と同価格!」とも。

 コロナ前、テイクアウトは割高な印象があった。容器代などを勘案すると納得していた。ところがコロナ以降、テイクアウト同価格が当たり前に。それどころか、割安の店も増えた。

 私はコロナ以降、家庭の主婦〇〇人に聴いた。「テイクアウトは利用しますか?」。

 1位は応援している店なら利用する。2位は最初は利用したが最近は利用しない。

 2位の理由をお聞きした。テイクアウトと店が同じ値段なら、持ち帰って盛り付けたり別途洗い物が発生すればその手間が無駄。外食は主婦にとりその手間も含めた値段とのこと。

 その他意見として、家庭で容易に再現できるモノはテイクアウトしないそうだ。容器がしょぼいとガッカリするとも。

 コロナでテイクアウトの価値が逆転した。もとに戻る日が来るのだろうか。

211112富士そば@.jpg
謎のコラボ。

211112富士そばA.jpg
頼まずにいられない。

211112富士そばB.jpg
写真よりも実物はインパクト大。

211112富士そばC.jpg
複雑な世である。
posted by machi at 07:52| Comment(0) | 埼玉県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月11日

第2804夜:やくなら酒器も【多治見(岐阜)】

 『やくならマグカップも』。多治見市内のあらゆるところで見かけるポスターである。アニメ風の美少女たちが陶芸しているシーンである。

 まん延防止を免れている7月中旬の多治見の夜21時。少女ではなく30〜40代の若手というには少々無理が出てきた陶芸家たち&多治見まちづくり鰍n口社長と多治見駅前の<とり源太>。

 いぶりがっこチーズ、地鶏山賊焼、天むす、天ぷら横綱盛……。豪快と繊細とジャンクとシュールが絶妙に同居。何喰っても旨し。この店、中部屈指かも。

 陶芸家さんたちの生態や作品姿勢などをお聞きすると、陶芸関係でなくまちづくりの仕事で良かったと二十数年このシゴトしてて初めて実感する。

 2軒目はすぐ横、というかすぐ裏の激ヤバすぎる<やぶれ傘>。商店街から路地の遥か奥の防犯灯のような灯りが灯るイチゲン1万%辿り着き不可能な隠れ家居酒屋。店内は純本格炉端風。閉店間際だから入れたらしいが、普段は予約しなければ入れない超人気店という。

 私の横に座る若手陶芸家の野趣あふれる作品(猪口)に酒を注いでヤる。お通しがたっぷりの八宝菜。途中から相当なパンチ力のあるママも合流。

 ママは豪快極まりない、若手陶芸家たちの絶大なる支援者。風雪を刻んだ豪快っぷりに横に座る私の肩は竦めっぱなしに。

 店内の食器は(たぶん)すべて多治見の陶芸作家から購入した逸品ばかりらしく、絶対に割ることはできない。緊張強いられつつ24時過ぎまで満喫。多治見の夜、ディープである。

 それから2週間後。21時過ぎから岐阜県多治見市中心市街地に屹立する一番星・ヒラクビルの対面<huralito>。

 生の後はハイボール。おばんさい的な料理がしみじみ旨い。鰹たたきや岩牡蠣は寿司や刺身に合うというかなりレアな日本酒で。魚介の旨さが口の中でさらに膨らむ。

 懇親会は野郎より美女の数の方が多い。私にとってはレアなシチュエーション。浮かれて必要以上にテンション向上。

 2軒目は我が多治見の定宿(ホテルトーノー)真隣の<楽らく亭>。ドラム缶居酒屋。ホッピーが嬉しい。もつ焼も充実。アジフライもサクサク。アジフライ醤油かソースか問題。私はその日の気分によるが、日本酒なら醤油、それ以外ならソース。

 2週間前に足を運んだ<やぶれ傘>のママご一行もご来店。マスターの見事なワンオペぶりにプロの凄み。

 メンバーは寝たり起きたり。深夜1時半ごろお開き。部屋に戻って瞬殺爆睡。多治見のほどよい距離感が心地よい。この夜でまだ三夜だが、すっかりファンになった。

 まちづくり会社O口社長、社員の皆さま、全6回のアヅマ祭りご参加の皆さまに心の底から多謝。緊急事態宣言やまん延防止再発令が相次ぐ中、除外地・多治見で遅くまでソトノミできる有難みをじっくり噛みしめた。

211111多治見@.jpg
街じゅう萌え萌え。

211111多治見A.jpg
豪快。

211111多治見B.jpg
名古屋圏らしさ満喫。

211111多治見C.jpg
イチゲン辿り着きまず不可能。

211111多治見D.jpg
<やぶれ傘>にて。

211111多治見E.jpg
極上の逸品。

211111多治見G.jpg
女子率高め。

211111多治見F.jpg
岩牡蠣に感涙。

211111多治見H.jpg
宴の顛末。
posted by machi at 09:58| Comment(0) | 岐阜県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月09日

第2803夜:警報と痛風の跫【北九州(福岡)】(後編)

 酒も呑まず鰻丼だけさっと食べた私と同じタイミングで、入店も同じタイミングだったサラリーマン氏もお会計。氏は生を2杯以上飲んでいたはず。うらやましい昼メシである。コロナ警報発射間近に備え、居酒屋で呑みだけする魂胆か。私も負けていられない。

 その夜。数年ぶりに新旦過の<ラムちゃん>へ。豚塩ホルモン、懐かしの旨さ。幾分臭みも残っているが、やっぱり好き。コロナ以降、我が最愛の札幌<七厘>に行けない不遇ゆえ、早く七厘会を復活させ豚塩ホルモン40人前注文したい気分充満。

 2軒目は久々に<ムーラン>。コロナ対策らしきことにようやく取り組んでいた。超絶プレミアム焼酎をガバガバ。気づけば深夜1時。5日後から北九州もまん延防止ゆえ呑めなくなる。

 力ラーメンや丸和前ラーメンの誘惑を振り切り小倉第二の定宿(クラウンPレス)へ。ビールやチューハイ呑みながら五輪中継に夢中だった翌朝。いったん北九州を離れ、2日後、再び北九州に還る。朝昼兼用は北九州折尾名物「東筑軒かしわめし」。100周年記念復刻掛紙が超クール。

 令和3年7月とプリントされているので、今月限定と推測。安定感のある抜群の旨さ。夢中でかっこむ。酒のツマミにも好適な九州屈指の有名駅弁である。

 北九州の酒友・K本氏プレゼンツ超絶ディープ門司港鯨飲ツアー(前夜参照)翌日。昼過ぎから北九州屈指の話題スポット・モノレール香春口三萩野駅すぐ「黄金市場商店街」で2年ぶりの商店街(貸店舗)ツアー決行。コロナ緊急警報の跫(あしおと)が大きくなってきた。

 正午に北九州市小倉北区・黄金市場商店街事務所で作業していたら警察の方が2名。商店街の入口でひき逃げがあったから防犯カメラを確認させてほしいとおっしゃる。大事件ではないか。

 私も一緒に見せて頂いたら、まあ、ひき逃げと言えばひき逃げだけど運転手が気の毒な感じ。ひき逃げられた方は元気満点かつ真に香ばしい。防犯カメラを観て、いかに「一葉」にお客様が吸い寄せられているか、画像が鮮明すぎて猫すら悪さできないことを痛感する。

 明後日(月曜)から北九州市もまん延防止に。小倉の街なかは呑み収め客で空前の賑わいというウワサゆえ、濃密で汗ダクダクな黄金ミッション終了後、小倉を避けて門司駅前へ。

 <お福>で何とか座席確保成功し、日本最高金賞受賞唐揚や麻婆をツマミに生、チューハイ、メガハイ。至福。ソトノミのシアワセが店内中に充満している。

 門司駅前も呑み収め客で大賑わい。すり抜けるように穴場を目指し<町子>へピットイン。満腹だけど天ぷらなど料理たっぷり。

 呑み収めは久々に<アンジェリーク>。我が西郷バカボトルが知らぬ間にメキシカンハットを被っていて思わず微笑。タクシーが久々になかなか捕まらない夜。

 不要不急で香ばしいヨゴレまちづくり屋な私も延期やキャンセル続出なパっとしない夏に。しかし、北九州で呑み収めできたのだから余裕で乗り切れそうである。

211109北九州G.jpg
新旦過の飲食街。

211109北九州H.jpg
久々のラム肉&塩ホルモン。

211109北九州I.jpg
プレミアムをガバガバ。

211109北九州J.jpg
超クール。

211109北九州K.jpg
警察の方も気の毒である。

211109北九州L.jpg
呑み収め@

211109北九州M.jpg
呑み収めA

211109北九州N.jpg
呑み収めB

211109北九州O.jpg
呑み収めC
posted by machi at 10:40| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年11月06日

第2802夜:警報と痛風の跫【北九州(福岡)】(中編)

 鰯の白子、食べたくてたまらなくなり悶絶していると、我が10年以上の戦友クライアント氏が趣味の釣りで大きな鯵を釣り上げた際、「鯵」の白子に勝るものはないとかぶせてきた。鯵の白子は、鯵の旨味がすべて凝縮された絶品であるそうな。さらに悶絶度が増す。

 鰯でも鯵でも、とにかく白子が食べたい。すると隣に座る私より数歳若い最年少のU島氏は、両方の白子を食べたことがあるとドヤ顔を決めてきた。悔しさに身もだえした。

 U島氏がスマホチェックで我らに日本のメダルラッシュを伝えつつ、同時に福岡県が「コロナ警報」発令ロックオンしたニュースを速報してきた。当然のごとく北九州市も射程圏内。

 いつ警報が発射されるのか。この日(月曜)から日曜までの7日間は北九州(若松・小倉)→神戸→多治見→北九州(門司港・小倉)。

 ようやく我が北九州の夜の日常が戻りつつあると歓喜の束の間。翌日以降のステイホテルな香ばしい予感が充満し始めた。余裕こいて隙だらけの心に、コロナ警報が風雲急を告げてきた。

 この日の翌日、2回目接種終了後から一週間が経過する。これで免疫獲得と喜びもつかの間、真偽分からぬが私が打って頂いたファイザーは3回打たなきゃ効果薄めと同行氏たちから知らされる。二重のダメージである。

 モデルナ接種者の体験談よりファイザーは副反応超弱めだと喜んでいたら思わぬ落とし穴。モデルナは副反応キツめだが2回で済むという。「良薬は口に苦し」は不変の真理と痛感。

 余談ついでに、ファイザーしか分からぬが周りの反応をお聞きしても、副反応は男性がほとんどなく、女性の方がキツいような気も。

 23時半ごろホテルに戻り、爆睡した翌朝。三陸沿岸等で台風が直撃らしいが、北九州は平和で無風。コロナ警報の風雲急だけである。個人的には台風警報の方がコロナ警報(それに伴う飲食店営業自粛)の方が危険度が高すぎる。

 午後、小倉へ。思いっきり空腹というわけではないが、小腹程度は減っていた。

 何喰おうかと迷いつつ魚町サンロードを旦過方面へ南下していると、24時間海鮮居酒屋チェーンの「うな丼」が視界に。暑い夏、コロナ禍を吹き飛ばすには、鰻である。

 時間は14時半頃。店内はカップルなどが昼呑みを楽しんでいる。私は同じタイミングで入ったサラリーマン氏は私の前の席なのでよく分かるが、生ビールを旨そうに飲み干しお代わりしている。仕事の早終わりなのだろうか、羨ましい。

 私は3時間後にミッション。冷たい水と熱いお茶を交互に呑みつつ「うな丼(吸物付)」989円。

 7月に入り、浜松や多治見といった鰻の有名処で昼飯に絶品鰻を満喫してきた。小倉にも名店あり。チェーン居酒屋うな丼、値段は4分の1程度だし、味その他は比較にならぬが十分な満足感。1000円以下で鰻がたっぷり味わえるのだから生産者様やお店に感謝である。〔次夜後編〕

211106北九州F.jpg
posted by machi at 06:53| Comment(0) | 福岡県 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする